0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

2013-08-14 『違うの! これは、私が自分でぶつけたものなの!! 夫とは、本当に仲が良いのよ!』

私の嫁さんは、どういう訳か、腕や脚を柱や壁にぶつけて、アザを作ることが多いようです。

空間把握力(?)が弱いようで、自動車でも車幅を把握するのが難しいようです(私も得意な方ではありませんが)。

私を駅でピックアップする際には、2車両ギリギリの車幅しかない山道を通過できず、一般道路まで大回りして、駅まで迎えに来てくれます。

-----

「それにしても『アザ』は見栄えが悪いだろう」と尋ねたところ、

嫁さんは、

「アザを手で隠して『違うの! これは、私が自分でぶつけたものなの!!夫とは、本当に仲が良いのよ! 嘘じゃないわ!』と言っているから大丈夫よ」

と応えました。

-----

嫁さんは事実しか話していないのに、私が冤罪を被っている気がするのは、何故でしょう。


2014-08-14 ―― さあ、このリストから「江端」という人格をプロファイリングしてごらんなさい

昨日、メールで、図書館に予約しておいた本の着荷連絡が届きました。

Yesterday, an arrival mail was coming from a city library.

■同性愛入門

- Introduction of homosexual

■同性愛を知るための基礎知識

- ABC for homosexual

■同性愛の謎

- Puzzle of homosexual

■キリスト教と同性愛

- Christianity and homosexual

ところで、図書館には、ユーザの貸与履歴の秘密を守るという義務があるそうです。

I heard that libraries has duties for saving user's personal records.

そのような履歴を、権力が手に入れれば、その人の、政治信条から性的嗜好まで、全てのプライバシーが晒される危険があるからです。

If the power get the information, they become risks to open privacy from the user's political gospel to the sexual preference.

-----

ただ、私の場合は、開示されても、あまりデメリットはないと思います。

In my case, I think that there is few demerit even if the information is opened.

借りている本のジャンルが、一時期に20冊以上を超え、それが1ヶ月か2ヶ月単位で、コロっと変わるからです。

I borrowed more than twenty books, and the book's categories changes frequently for one or two months.

最近で言えば、エネルギー、電力、税金、性同一性障害、結婚、出産、不妊、少子化、著作権、TPP・・・

Recently, I borrowed energy, electricity, tax, GID, marriage, birth, agenesis, declining birth rates, copyright, TPP,

―― さあ、できるものなら、このリストから「江端」という人格をプロファイリングしてごらんなさい、オーホッホッホ!

It is something that,

"Well, if you can, would you try to profile Ebata's character from the lists. Oh, ho, ho!"

てなもんですよ。

節操のない乱読家は、節操のないイデオロギーの持ち主なのです。

The person of desultory reading without the constancy is an owner of the ideology without the constancy.


2015-08-14 私も、「虐待は、親の誤った善意から始まる」ということは知っています。

父と娘を連れて、映画「日本の一番長い日」を見に行くことにしました。

I decided to go to watch a movie "the longest day in Japan" with my daughter and father.

日本の歴史を覚える上で重要かと思ったのですが、

Though I thought that it was important in learning the Japanese history,

―― 娘が嫌がっていまして。

my daughter doesn't want to go the movie.

ま、そりゃそうでしょう。基本的には辛気くさい話ですしね。

It is natural. Basically this is an irritating story.

私は、1967年度版を見て、ストーリ知っていますが、娘は、父が無理矢理連れていくというだけで、もう内容を察しているようです。

I already watched the edition in 1967 and knew the story. But she could feel the atmosphere of the movie, because of her father's behaviour.

-----

私も、「虐待は、親の誤った善意から始まる」ということは知っています。

I know, "the abuse begins with parent's misunderstanding wishes".

こういう、アホな親の馬鹿げた教育(洗脳)で、権力の手足になった奴や、過激派になった奴など、山ほど知っています。

I know too, that a lot of person who abuse power or become extremists, because of ridiculous education (brainwashing) of stupid parents.

同じ愚は犯したくないなぁ、とは思うのですよ。

I don't think that I want to do the same folly actions.

-----

で、嫁さんに相談してみました(嫁さんとは、1967年度版を一緒にみました)。

Well, I talked with my wife about it. (We had already watched an edition in 1967).

嫁さんは、『考え過ぎなんじゃないの?』とだけ言いました。

She said just "do you think too much ?"

うん、多分そうなんだろうと思う。

Maybe, she is right.

-----

―― 物事は、開始するより、撤収する方が遥かに難しい

"Withdrawing is much more difficult than starting"

I am called "Closer Ebata" in my company, I believe.

その娘が見る映画として、「日本の一番長い日」ほど相応しい映画はないと思うのです。

"The longest day in Japan" is the best movie the daughter should watch.

-----

ところで、これ(本木さんの演じる昭和天皇の玉音放送)、なかなか良いです。

字幕付き、というのは、「あ、その手があったか」という意表を付かれた感じです。


2016-08-14 「男って、殴り合いとした後、仰向けになって、笑いあって親友になるんでしょう?」

長女:「男って、ロングヘアーの、大人しげで、儚げな女の子がいいわけでしょう?」

Senior Daughter(SD):"Men like a woman who has long hair and is early-blooming, looks fragile doesn't them?"

江端:「男が基本的にバカなのは認めてもいいが、誰もが誰も、そこまでありきたりの架空の女子を好きになる、という決め付けは、女の見識の浅さを認めるようなものだぞ」

Ebata:"I know men are basically fool, however, your such branding is going to doubt women's wisdom."

長女:「男って、殴り合いとした後、仰向けになって、笑いあって親友になるんでしょう?」

SD:"After thumping, men are good friends each other lying on his back, with a laugh

江端:「そんな奴は存在しないし、もし本当に、そういう男がいたら、そいつはミジンコ程度の脳しかもっていない、究極の低能バカだよ。大人であろうと、子どもであろうと、一発でもパンチを入れたら、そいつの人生は、文字通り『終わり』だよ」

Ebata:"There is no such guys in the world. Even if he behave so, he is ultimate morons stupid with a brain of water flea. Whether a adult or a child, once hitting anyone, the guy's life is literally "the end"."

-----

私はマンガやアニメの世界観を楽しんでいますが、それは、現実とは完全に異なることを、子どもたちにはキチンを教え込んでおきたいと思っています。

I have enjoyed the views of the world of manga and animation, however, I will tell my daughters that it is completely different from the reality.

現実の世界においては、マンガやアニメの価値観が入り込む隙など、1mmもありません。

In the real world, there is no chance to join the views with real world.

「理由の如何に係わらず、暴力は、振った方が必ず負ける」が、法治国家の大原則です。

"Regardless of the reason, any person who uses violence must be lost" is the great principle of the rule of law.


2017-08-14 実家で、のん気に、飯食って、寝ているだけの、バカに。

体が怠くなると、「肉体なしに生きれない」ものか、と思うことがあります。

I sometimes think that when I feel tired, I want to know how to live without body".

パソコンの中で、生き続けられれば、ラクなのになー、と。

If living in my PC, I will make my body easy.

江端の人格が入ったパソコンは、人工知能なんかより、役に立つと思うのです。

I think that personal computers with Ebata's personality are more useful than artificial intelligence.

―― って、実家に戻る度に思います。

I think so, whenever I return to my parents house.

-----

帰省というのは、行く方も、迎える方も、『幸せになる人が少ない』イベントなのではないかと思います。

As for homecoming, I think that "few people who become happy" event for both people who go and welcome.

少なくとも、帰省には「ディズニーランド」のようなワクワク感がないのは、言うまでもありません。

Needless to say, at least, there is no excitement like "Disneyland" on homecoming.

■宿泊の設備(布団)の確保が難しい

- It is difficult to secure accommodation facilities (futon)

■イベントの立案が難しい

- It is difficult to plan an event

特に、

Especially,

■食事の量の見積が難しい

などと、そんなこと今更言うまでもないですが。

- It is difficult to estimate the amount of meals

-----

だから、帰省に対して、何の憂鬱もない奴は、基本的に

So, for those who do not have any melancholy against homecoming, basically

『何も考えていない、お気楽なバカ』

"They do not think about anything, and they are just easy fool"

であることの証明だと思います。

I think that it is a proof of the above.

-----

という訳で、本日の日記のURL。誰かに転送して良いですよ。

So, you may forward the URL of today's diary to someone.

実家で、のん気に、飯食って、寝ているだけの、バカに。

The fool, who just sleep, just eat, easily at parents house.


2018-08-14 ―― 矯正不能の馬鹿

以前、娘の通っている幼稚園の駐車に失敗して、エアコンの屋外機を破壊してしまったことがありました。

In the past, I failed to park the kindergarten where my daughter passed, and I had destroyed the outdoor unit of the air conditioner.

今より10年も前の昔のことですが、それでも十分猛暑の真夏の最中のことでした。

It was a long time, about years ago, but it was still in the middle of a hot summer.

私は青くなりました。

I got pale.

―― この猛暑の中に、エアコンのない教室の中にいたら、子どもたちが確実に死ぬ

"In this intense heat, if children were inside a classroom with no air conditioner, they definitely die"

私は事故の瞬間から、考えうる最速の速度で、保険会社に連絡して、対物保険を使って、エアコン室外機の「修理」 ―― でなく、「交換」を請求しました。

From the moment of the accident, I contacted the insurance company as fast as possible, using objective insurance. I requested "replacement" instead of "repair" of the air conditioner outdoor unit.

現時点では、エアコンの最速の稼動こそが最優先事項と考えたからです。

At the moment, I thought that the fastest operation of the air conditioner was the top priority.

-----

もちろん、私の方は、鬼のようなプレッシャーを保険会社に請求し続けていたのですが、幼稚園の園長ともコンタクトを取って、同じように保険会社にプレッシャーを欠けるようにお願いしました。

Of course, I kept asking the insurance company for maximum pressure, and I also contacted the kindergarten headmaster and also asked him the insurance companies to put the pressure.

園長:「そんなことをする必要はありませんよ」

Head: "I do not need to do that."

江端:「はぁ?」

Ebata:"Pardon me?"

園長:「1週間くらいエアコンがなくても、子供は、ガマンするべきなんですよ」

Head: "Even without air conditioning for about a week, children should bear them."

江端:「いやいやいや、子供が熱中症になったら、死亡の可能性だって・・・」

Ebata: "No, no, if the child is a heat stroke, the possibility of death ..."

園長:「ウチの子たちは大丈夫ですから」

Head: "Our children can do it."

私が、問答を5回ほど繰り返しても、ついに園長は意見を変えることはありませんでした。

Even if I answered the question five times, at last the director never changed his opinion.

―― あ、こいつは、話してもアカン奴だ

"Oh, this man is useless even if I talk"

と思いました。

I though him as one phrase,

一言で言えば、

―― 矯正不能の馬鹿

"Uncorrectable stupid"

こういう、近年の気候変動、子供の体質の変化に対する無勉強(不勉強ですらない)で、精神論を教育と取り違える時代錯誤の人間が園長をやっている事実に、心底恐怖を感じました。

I felt a bottomless fear of the fact of a person who never tried to study the recent trend of climate change, the change of the constitution of children, and had anachronism who misleaded psychology and education

もし、この馬鹿が、まだ幼稚園の園長をやっているとすれば、その幼稚園の子供の命は、真剣に危ういです。

If this idiot is still doing the kindergarten headmaster, the life of the kindergarten's child is seriously dangerous.

-----

もし私を個人的にご存知の方で、私の近辺にお住まいの方で、この幼稚園の名前を教えて欲しいというご希望のあるかたは、私にコンタクトして下さい。

If you personally know me, and who lives near me, and if you would like to know the name of this kindergarten, please contact me.

大声で教えます。

I will teach you loudly.

できましたら、口コミで拡散して下さい。

If you can, please spread in the word of mouth.

(続く)

(To be continued)


2019-08-14 『38度超えの屋外で、肉体労働してはならない』

昨日と本日、実家で、庭の整備をやっていました ―― 昨日の最高気温は38度超えでした。

Yesterday and today, I was doing my garden maintenance at my country home. By the way, yesterday's maximum temperature was over 38 degrees.

38度超えの屋外の土木作業は、正直どうかしているのですが、この温度では蜂も動くことができないようで、安全の観点から、強行しました。

I thought that the garden work outside of 38 degrees is out of common sense honestly, however, at this temperature, bees seemed unable to move. So I decided to force the work from a safety point of view.

蚊と蜂の攻撃、枝傷に備えて、長袖のシャツにGパンを着衣しました。

In preparation for mosquito and bee attacks and branch wounds, I wore jeans pants on a long-sleeved shirt.

雑草を取り除き、除草シートを敷設して、20kg入りの砂利袋を抱き抱えて10往復しました。

I removed the weeds, laid the weeding sheet, and carried 10 round trips holding a gravel bag containing 20kg.

当然ですが、麦わら帽子着用、2リットル入りのお茶のペットボトルを庭に配置しての作業となりました。

Of course, wearing a straw hat and placing 2 liters of tea plastic bottles in the garden, I was working.

-----

結論として、

In conclusion, I learned the lesson

『38度超えの屋外で、肉体労働してはならない』

"Do not work manually beyond 38 degrees"

という教訓を得ました、

10分毎にお茶を飲みながら作業をしていたのですが、何度か失神の危険を感じました。

I worked while drinking tea every 10 minutes, but I felt the danger of fainting several times.

視界が斜めに揺らいで見えて来た時、「ヤバイ」と思い、1時間毎に水風呂につかり、体力の回復を待って作業を続けました。

When my vision came to shake at an angle, I felt "bad". So, I took a bath every hour and waited for my physical recover. and I continued my work.

-----

もう一つ、

One more,

『コンテンツを聞きながら作業をする時は、そのコンテンツの内容にも留意すること』

"When working while listening to content, be careful of the content"

も重要だと実感しました。

is very important, I thought.

今回は、「足尾銅山鉱毒事件で、生涯を通じて政府と闘い続けた田中正造」のコンテンツを聞きながらの作業でした。

This time, I worked while listening to the contents, "Tanaka Shouzou who continued fighting the government throughout his life in the Ashio Copper Mine Poisoning Incident"

このような「絶対に諦めない人の話」を、38度超えの屋外の土木作業でをしながら聞くことは、『とても危険である』ということを教訓として得ました。

I also learned from the lesson of listening to such "story of a person who never gives up" while doing garden work outside of 38 degrees, is very dangerous.