0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-08-14 『違うの! これは、私が自分でぶつけたものなの!! 夫とは、本当に仲が良いのよ!』 [長年日記]

私の嫁さんは、どういう訳か、腕や脚を柱や壁にぶつけて、アザを作ることが多いようです。

空間把握力(?)が弱いようで、自動車でも車幅を把握するのが難しいようです(私も得意な方ではありませんが)。

私を駅でピックアップする際には、2車両ギリギリの車幅しかない山道を通過できず、一般道路まで大回りして、駅まで迎えに来てくれます。

-----

「それにしても『アザ』は見栄えが悪いだろう」と尋ねたところ、

嫁さんは、

「アザを手で隠して『違うの! これは、私が自分でぶつけたものなの!!夫とは、本当に仲が良いのよ! 嘘じゃないわ!』と言っているから大丈夫よ」

と応えました。

-----

嫁さんは事実しか話していないのに、私が冤罪を被っている気がするのは、何故でしょう。