2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2018-08-01 この父の顔は、父を現わしていない。だれにも、この死に顔で、父を覚えていて欲しくない。 [長年日記]

父が死去した日、父は1月ぶりに自宅に戻ってきました。

On the day my father died, my father came back home for the first time in a month.

その日の夜、私は父の遺体の横で眠りました。

That night, I slept together next to my father's body.

通夜まで、祭壇の蝋燭の火と線香を絶やさない為ですが、最近は、火災予防の観点から、葬儀会社の人から「寝る前は、火を消せ」と言われていました。

I had to keep candles and incense until the wake, however, the funeral company had said "Before going to bed, please turn off the fire", for fire preventation.

その日は、台風12号という巨大台風が、地元を直撃することになっていましたが、別段気温が低い訳でもなく、暑い夜になりました。

On that day, a huge typhoon called typhoon 12 was supposed to hit the this area, but it was not a low temperature, and a hot night.

担当の方からは、『エアコンは、終日"ON"でお願いします』と言われていました。

The person in charge said to me that "please keep turning on the air conditioner all day.

この酷暑の中、生きている人間にエアコンは必須でしょうが、死んでいる人間には、もっと必要になります。

In this hot weather, air conditioners are essential not only for living people, but also for dead people.

遺体の劣化を防がなければならないためです。

It is because I must prevent deterioration of the body.

その夜、私は、必要以上にクーラーの温度を低めに設定して、酷く寒い思いをしました。

That night, I set the temperature of the cooler considerably low, and I felt a bad cold feeling.

(『冬用のふとんを使えばよかったのに』と、後日、親族から指摘されました)

(I was pointed out by my relatives at a later date, "you should have used a futon for winter")

-----

父の顔が、時間単位で、少しずつ変っていくのが分かりました。

I understood that my father's face gradually changed over time.

私が最初に見たときは、本当に眠っているような、温和な顔だったのですが、

When I saw his face for the first time, he had a mild face that really felt asleep,

次の日には、彫りが深くなって、精悍な顔になり、

The next day, the carving of his face got deeper, and became a fearless face,

死化粧を施された顔は、宝塚の男役のようでした(多分、口紅のインパクトが大きかったと思う)

The face with death makeup was like an actor in Takarazuka (probably, I thought the impact of lipstick was great)

―― 違う

"No way"

父の顔は、こうじゃない。

"His face is not like this"

この父の顔は、父を現わしていない。だれにも、この死に顔で、父を覚えていて欲しくない。

"This face is not his. I don't want anyone to remember my father with this his face".

-----

部屋の中には、デーサービスの施設で、父が誕生日を祝ってもらった時の写真が、飾ってありました。

In the room, there was a picture when my father celebrated my birthday in the facility of day service,

『どう考えても、この写真しかない。背景は、薄色の桃色のグラデーションがいい』と主張して、姉にも納得して貰いました。

I insisted that "No matter what I think, there is only this picture. The background is a light colored pink gradation", and I had my sister convince you.

父の人生は、波瀾万丈で、厳しく辛い局面ばかりで、息子の私から見ても、楽しいことが多くなかった人生だったようにも思えます。

My father's life was wild, and often struggling. I am afraid that there was few fun time for his life.

しかし、それでも、私の見えないところで、こういう笑顔ができる人であり、こういう笑顔ができる幸せな時も、きっと多くあったハズであると ―― 私は信じています。

However, I believe that he was a person who can smile like this, and there were a lot of happy times that such a smile can happen.