0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2018-08-19 なにしろ、この「うちのトコでは」を読んでいると、そのバックエンドに、著者である「もぐら」さんの膨大な勉強量と、山のように積み上げられた資料の山(山脈)が見えてきます。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

基本的には4コママンガなのですが、私としては、各巻の後半に出てくる、各地域独特の事件を取り扱った特別読切が ―― 本当に泣ける ―― のです。

Basically it is 4 comic manga, and as for me, the special reading which appears in the second half of each volume really can cry.

全ての物語が大好きなのですが、敢えて、私の好みの順番に上げるのであれば、

I love all the stories, but I dare to pick up my favorite story,

■石見銀山の世界遺産登録(第3巻)

- World heritage registration of Iwami Ginzan (Volume 3)

→ 先日、出雲大社で、私がはっちゃけた理由はこれ

->The other day, the reason why I am crazy is this at Izumo Taisha.

■本四架橋と阪神淡路大震災(第1巻)

- Four bridges between Honshu and Shikoku, and Hanshin Awaji Great Earthquake (Volume 1)

→ 震災ボランティアに参加したことを思い出しました

->I remembered participating in the earthquake volunteer

■大曲の花火大会(第4巻)

- Fireworks festival in Akita (Volume 4)

→ ベルリンの壁の話が圧巻

-> The story of Berlin Wall is masterpiece

■奇病撲滅(第4巻)

- Elimination of Strange Disease (Volume 4)

→ 技術に関わる一人の人間として胸に響く

-> moved to the story as an engineer

■日米親善の人形の歴史(第5巻)

- History of Japan-US friendly goods doll (Volume 5)

→ 近視的な国際的な憎悪の愚かさを説く

-> Stupidity of myopic international hatred

■よさこい祭り(第2巻)

- Yosakoi Festival (Volume 2)

→ 地域の発展や人間の生きる意義を問う名作

-> Masterpiece to ask about regional development and the significance of living

これは、本人の好みにも因ると思います(次女は「人形の話」が一番だ、と言っています)。

I think that this is also due to personal preference (the second daughter says "the story of a doll is the best").

-----

なにしろ、この「うちのトコでは」を読んでいると、そのバックエンドに、著者である「もぐら」さんの膨大な勉強量と、山のように積み上げられた資料の山(山脈)が見えてきます。

I can look at the enormous amount of study by Mr. Mogura who is the author, and stacked materials like mountains, reading these books

それらの膨大な情報から、ストーリーを組み立て、さらに擬人化まで落し込む(具体化する)というのは、ちょっと人間離れしている能力だと思えるのです。

I think that it is the ability to be a little away from humans, with assembling a story of "personification", from these enormous information.

-----

本当に好みは人それぞれで、「擬人化コンテンツ自体がちょっと・・・」という人(嫁さん)もいますが、私には、非常に受け入れ易いものです。

It is very easy for me to accept because of each person's preference, thought some people (my wife) say "personification content".

そして、私の知識の多くは、このような「擬人化コンテンツ」で頑張って頂いている方の努力で、得られているものが多く、そう考えると、感謝の気持ちでいっぱいになるのです。

Many of my knowledge are obtained by the efforts of those who are doing their best with "personification content" like this. When I think so, I will be full of gratitude.