0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2018-08-24 現代の私達は、権力がなくても、理不尽に殺されることは(滅多には)ありません ―― もっとも、これからも「ない」とは言い切れませんが [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

一週間ほど比較的涼しい日々(といっても、気温30度の日を『涼しい』と表現する日が、自分の人生に登場するとは思いませんでしたが)が続きましたが、最近、また猛暑が戻ってきました。

Relatively cool days have continued for about a week, but recently the heat days has come back again.(However I did not think that I called the day of temperature 30 degrees "cool" in my life)

はっきり言って、エアコンなしでは、夜が眠れません ―― 眠れないだけなら良いですが、下手すると、命と引き換えになるかもしれません。

Frankly speaking, I cannot sleep well without air-conditioner. If not sleeping well, it might be no problem. However, I have to exchange for life.

『原発をこれからも維持・運営すべき』との信条を持つ人は、この「酷暑」を楯にして、持論を展開すれば良いと思います。

The person who has a creed of "Nuclear Power Plants are needed and we have to keep and manage them, should argue his/her article of faith with this "blistering heat" in this summer.

しかし、そういう論は、あんまり見かけません。

However I have never read such arguments before.

(実は、あまり一般には知られていませんが)、現在、我が国が『電力余剰の取り扱いで困っている』という状況にあることは、私達エンジニアの間では、常識です(これも、いつか、どこかで書きます)。

(To tell you the truth, it is not unknown thing, but) the present Japan is in trouble handling power surplus. This is the normal knowledge for our engineer. (I will write the column about this issue)

ですので、今や「酷暑」も「人質の価値」にはならないのかもしれません。

So, unfortunately, this "blistering heat" might not be a "value of hostage"

それはさておき。

Set it aside,

-----

ある思考実験をしていました。

Recently I have done a thought experiment.

徳川家康を、現代(の湿度の高い熱帯夜)に連れてきて、

When I bring Tokugawa Ieyasu to the present age (tropical night with high humidity) and ask him,

「江戸幕府の最高権力者の地位」と「エアコンのある日常」をどちらかを選べ ――

Choose either "the position of the highest authority of the Edo shogunate" and "the day with the air conditioner"

と尋ねたら、どっちを選ぶかなぁ、と。

Which will he choose ?

私なら、絶対に「エアコン」を取ると思いますが。

In my case, I absolutely choose "air conditioner"

仮に「エアコン」のありがたさを知ってしまったとしても、「権力」というのは「エアコン」を越える魅力があるのなぁ、と ―― そんな(本当にどーでもいい)ことを、ずっと考え続けています。

Even if he knows a comfort of air-conditioner, he might think that "power" is appeal to him more than "air-conditioner". I have thought nonissue for a long time.

-----

まあ、当時は「権力を失うこと = 即死」という状況にあったことを鑑みれば、この比較自体がナンセンスである、と言えると思います。

At the period, "Losing power" reaches to "instant death", so this comparison might be nonsense.

現代の私達は、権力がなくても、理不尽に殺されることは(滅多には)ありません ―― もっとも、これからも「ない」とは言い切れませんが

We, nowadays, are seldom killed unduly by others, even if we have no power. However, nobody knows in our future.

例えば ―― 大日本憲法が制定された時には、軍部が統帥権を楯に政府を無視するなど、想定していませんでしたし(文民統制ボロボロ)

For example, nobody knew that the armed services ignored Japanese government by the reason of invasion of supreme command( civilian control was broken perfectly) when Imperial Constitution of Japan was established.

日本国憲法が制定された時には、自衛隊が海外に派遣されることや、憲法9条の改正に現実味が帯びるなど、誰も考えていませんでした。

Nobody also knew territorial defense by the Self-Defense Forces, and the possibility of amendment of the Constitution, article 9, when Constitution of Japan was established.

-----

まあ、そういう面倒なことは、いったん、忘れるとして ――

Well let me forget all annoying things,

当時の状況に鑑みてみれば、私は、「足軽」よりもっと身分の低い「雑兵」だったと思います。

In view of the past period, I was just a "foot soldier" that was lower class of "infantry"

で、

「エアコンを使えない戦国大名」と「エアコンを使える雑兵」では、私は後者の方がいいな、とは、思うのですよ。

"A warring lord who cannot use air-conditioner" or "a foot soldier who can use air-conditioner". I think I like to be the latter.