2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2014-03-07 「『希望で始まり、絶望で終わる』『祈りで始まり、呪いで終わる』ような最終回」 [長年日記]

一昨日、「英語に愛されないエンジニア」の連載の、最終回原稿を脱稿しました。

The day after yesterday, I submit a final draft of the series of "An engineer who is never loved by English".

その話を聞いた、イラスト担当の長女が、酷く嬉しそうでした。

After listening to the above, my senior daughter looked like happy terribly.

何故か、と聞いたところ、

I asked her the reason, she said to me,

『絵を書くのはいいんだよ。でも、完成日をパパから期限を切られて、フォローされるのが辛い』とのこと。

"It it O.K. to draw illustrations, but hard to receive follow-up emails about deadline."

「ギャラを払っている以上、プロとして、納期と品質は厳守して貰う」というごく普通の社会人の常識は、中学生には辛かったようです。

It has seemed to be rough for her, as a school student girl, to keep promises both strict observance of both delivery time and quality, thought this is an ordinary common sense of business person.

江端:「じゃあ、もうイラストは止めるか?」

"Do you want to give up drawing?"

長女:「いや、そうじゃなくてね、パパのイラストのアドバイザー、コンサルタントとして続けるよ」

"No. But I can keep working as an illustrator like an adviser or a consultant.

―― おい。酷く、上から目線だな

―― Hey, girl! You are looking at me from height!

という言葉を、なんとか呑み込みました。

I could possibly keep the above phase.

ここで、ビジネスパートナーシップを清算するのは、双方にとって不利益です。

Breaking our business partnership, both of us will take disadvantages.

長女のかくラフ画(コンセプト図)があれば、私でも、一応絵を仕上げることができるようになりましたので。

Now I can complete the picture if she supplies me this draft line-work.

―― 利害で繋がる父娘。

Father and daughter connected by interest.

まあ、それも悪くはありません。

I think it is so-so.

-----

昨夜の深夜、ダイニングに降りていくと、長女がテスト前の一夜漬けの勉強をやっていました。

At the midnight of yesterday, when I head down to family room, she was cramming for an exam.

この定期テストが終了したら、最終原稿に目を通して貰って、イラストを描いてもらう約束になっていますので、ちょっとだけ、その話をしました。

After the exam, I promised her to start illustration with reading my final draft. So I told the contents.

長女:「で、どんな最終回になるの?」

"What kind of the final is coming?"

江端:「うーん、なんといったらいいか。あ、そうだ。敢えて言えば『マドキまどか』のような終わり方」

"Let me see... I dare say, it is like "Madoki-Madoka" isn't it?"

長女:「何だって?」

"What?"

江端:「『希望で始まり、絶望で終わる』『祈りで始まり、呪いで終わる』」

""Starting with hope, and ending with desperation" or "Starting with pray and ending with curse""

一瞬の沈黙の後、娘は言いました。

After a moment of silence, the daughter said

長女:「パパ。それ、やっぱり読まなきゃ、ダメかな?」

"Should I read the draft, after all?"