2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2017-08-09 ―― 血塗れになって散乱した自分の体のパーツを見ながら、最大級の激痛と絶望の中で死んでいく [長年日記]

I have contributed the result of "simulated diving suicide into train" over the course of 1/100 second unit.

そのコラムの中で、

In the column,

「飛び込み自殺」とは、

"Dive suicide" that

―― 即死することができず、

- is not killed instantly

―― 血塗れになって散乱した自分の体のパーツを見ながら、最大級の激痛と絶望の中で死んでいく

- is going to die in the greatest severe pain and despair, while watching parts of my body that became blood clotted and scattered

という可能性が高いことを、現役のお医者さんのアドバイス頂きながら、コンピュータを使って計算したものです。

I showed that the possibility is high, with being given some advice from an active doctor and being used a computer.

-----

実は、この手法、

Actually, I learned this method from the program of

"NHK Special, Impact of atomic bombardment for 10 seconds "

から学んだものです。

この番組は、

This program strongly gave me the fact that

「事象」を、「事後の結果」で認識するのではなく、「時系列のプロセス」で「見える化」することが、どれほど事象を正確に伝えるのかを ―― 鮮烈なまでに ―― 私に叩き込んだ番組でした。

"event" should be expressed by something "visible" in the "time-series process", not "posterior result", in order to tell the event accurately

そもそも、情報というものは、伝達時に、情報量の多くを欠損していく運命にあります。

In the first place, information is destined to lose much of the amount of information at the time of transmission.

「悲しい」だの「痛い」だの「辛い」などという形容詞の羅列は、その言葉をどんなに重ねても限界があります。

The list of adjectives such as "sad" is "painful" and "spicy", has limited power, no matter how many words it overlaps.

言葉では、話し手と聞き手の両者が、共有できる場(バックグランド)を持てないからです。

In words, both the speaker and the listener can not have a place (background) to share.

これに対して、「事象の時間断面を切り刻んで、それを全て開示する」ことは、共有できる場を強制的に作り出し、そこから逃げ出せない環境を提供します。

On the other hand, "chopping the time section of the event and disclosing it all" forcibly creates a sharable place and provides an environment in which nobody can escape.

私が、自分の著作の中で、―― それがどんなに拙いものであったとしても ―― 「シミュレーション」に拘る理由は、この「強制場」を作り出したいと思っているからで、

In my writing, why I am concerned with "simulation" - No matter how bad it is - is that I want to create this "forced field"

そして、読み手を「もう、逃げられない」という状況に追い込みたいと思っているのからです。

And I think that I want to drive the reader to the situation of "they can not escape anymore".

(続く)

(To be continued)