2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2017-08-06 嫁さん:「残念だけど、そのロジックは成りたたない」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

双方の会話の立ち位置が違うようなので、きちんと話すことにしました。

We understood that we were not different positions, so we started to talk about this issue seriously.

江端:「シミのついた服を着衣することが、社会人としての信頼を低下させる行為であることは認める。しかし、アンダーシャツは、外部から視認できないよ」

Ebata:"I can understand that the shirt with red chili pepper sauce is going to make me lose the trust in our society. But who can notice stains on the stains ?"

嫁さん:「アンダーシャツは、デフォルトで、白一色であることに価値があり、『シミ付き』のアンダーシャツを着衣することは、自分自身にとって気持ち悪い状態である、と思う」

Wife:"I believe that any underware should be maintained as just one unified color, and I think that wearing such a shirt is uncomfortable for us"

なるほど。

I got it.

私達は、『世の中には、そういう考え方があるのか』と、双方で納得し、

We were sold each other, to know "there are many ideologies in the world"

そして、本件は、

Finally, this issue were decided as following.

―― その当事者である「私」が気にしないのであれば、そのまま放置しても良い、

"If I don't care of it, my wife leave the shirt to take its my course"

ということで、決着しました。

-----

江端:「まあ、これは一種の『検知装置』としても機能していると、前向きに考えることもできると思う」

Ebata:"Let us try another way. this way works as a kind of audit."

嫁さん:「?」

Wife:"What?"

江端:「つまり、私が、唐辛子のシミのついたシャツを捨てない、ということは、私の浮気の可能性が絶無であるという傍証となる、ということ」

Ebata:"This becomes a collateral evidence, that the possibility of my love affair is infinitely low, if I keep wearing such a shirt"

嫁さん:「残念だけど、そのロジックは成りたたない」

Wife:"Unfortunately, the logic cannot be done"

江端:「なんで?」

Ebata:"Why?"

嫁さん:「パパと浮気するような奇特な女性は、『ブラジャーに唐辛子のシミを付けていても、平気で日常を生き抜くことのできる女性である』と推認できるから」

Wife:"A praiseworthy woman who can love affair with you, will be guessed as a person who is able to survive everyday life, even if she get a stain of red pepper to her bra"