0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2017-01-29 (5)上記(1)~(4)の策定、立案、およびプログラミング教育の現場の教諭として、江端智一の雇用を強く推奨する。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

教育カリキュラムは、その具体的な題材を示してやるだけで良いのです。

What we should do is just to provide the concrete example with children.

例えば、

For example,

■アコムやプロミスを安直に使ったら、その結果、どのような借金地獄がやってくるかを、

If they use "ACOM" or "PROMIS" easily, what type of "debt hell" is coming to them.

■パチンコや競馬のシミュレーションで、ギャンブルに勝利する絶対原則が『ギャンブルをやらないこと』となることを、

If they try a gamble simulation like pachinko or horse race, they can understand the absolute principle is going to be "Not doing any type of gamble".

■放射性廃棄物(核のゴミ)が安全な状態になる期間が、マンモスが登場してから現在までの時間を10倍にした未来でも、まだ足りないことを、

If they calculate the time of radioactive wastes become safe, they will know that it is not enough that ten times of the period from mammoth's life to the present.

■理想の彼女/彼氏に出会う(運命の人に出会う)可能性が、人生をあと1000回やりなおして、なお、その"1回"が期待できるかどうかが危ういことを、

If they calculate the possibility of meeting an ideal girlfriend / boyfriend (meeting a person of destiny), they will know that it is doubtful whether the "one time" can be expected, even if we repeat our life more than 1000 times,

■宝くじに当る確率が、初めて行くスーパーマーケットで、目隠しをして歩きながら「特定のA社メーカーのB商品」を一発で掴むことと、同程度の確率であることを、

If they calculate the probability of hitting the lottery, they will know that it is the same probability to grasp "a product B of a specific A company maker" in one shot, while blindfolded and walking in a supermarket for the first time,

目上の人からの説教ではなく、

Instead of sermons from superiors,

自分で数字(パラメータ)を設定し、

Setting the numbers (parameters) yourself,

自分で計算式に展開し、

Expanding them to calculation form yourself,

自分でプログラムを作って検証すること

Making programs by yourself and verifying them

は、

are

単なる「実学」としてだけでなく、

Not only as mere "practical"

「冷静に現実世界を俯瞰する」手段として、

As a means of "looking down the real world calmly"

とても有用であると、私は思うのです。

I think that it is very useful.

------

では、私の提言を纏めます。

Finally, I compile my recommendations.

(1)義務教育プロセスにおける、プログラミング教育を支持する。

(1) I support programming education in the compulsory education process.

(2)しかし、プログラミング教育は、まず、スプレッドシートを題材としたものから出発する。

(2) However, programming education starts from subjects based on a spreadsheet.

(3)教育現場は、スプレッドシートを使わせる、強烈なモチベーションを発揮させるように、子供達を誘導する。

(3) The educational site will guide the children to demonstrate intense motivation to use the spreadsheet.

(4)その後、スプレッドシートで足りないと感じる子どものみに、プログラム言語を使ったプログラミング教育を実施する。

(4) After that, children who feel insufficient in spreadsheets will be able to receive programming education using programming languages.

(5)上記(1)~(4)の策定、立案、およびプログラミング教育の現場の教諭として、江端智一の雇用を強く推奨する。

(5) We strongly encourage employment of Tomoichi Ebata as a teacher at the site of formulation, planning, and programming education of (1) to (4) above.

以上です。

That's all.