0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

2014-07-31 「結婚式の司会者やるから、それで祝儀の代替としてくれ」 [長年日記]

昨日、「私、結婚式に招待されるのは好きなのですが、御祝儀を払うのが嫌いです」と書きました。

Yesterday, I wrote "I like to be invited wedding ceremony but I don't want to give a gratuity."

この矛盾を解決する手段として、

I often offered the followings in order to resolve the contradiction.

「結婚式の司会者やるから、それで祝儀の代替としてくれ」

"Could you think whether it is possible to work as MC (master of ceremonies) instead of a gratuity?"

というオファをすることが多いです。

-----

私、プレゼンとか司会とかするのが ―― 大好きです。

I like to do a presentation and work for MC.

あがったり、怖くなったり、声が出なくなったりしたことは、記憶にありません。

I have had no experiments to be nervous, fearful, losing my voice.

このようなことが、大嫌いな人が多い日本において、これが「債券的な価値」になり得ると気がついたのは、結婚式の司会者を頼まれるようになってからです。

Among many Japanese person who dislike to work as MC, I have noticed that these my characters are strong advantages for my life.

―― という訳で、私を招待したい奇特な後輩エンジニア諸君(が、もしいたら)

So, hear! Beneficent younger engineers who want to invited me to your wedding ceremony,

「祝儀」の代わりに「司会者という労働」という対価の提供でよければ、私は招待を受けることができます。

If you can accept my offer, I am glad to attend your wedding ceremony.

-----

という話を、嫁さんにしたら、

When I told my wife the above story, She advised me that

「司会者? もう『仲人(なこうど)』で受ける歳だと思うけどなぁ」

"MC? It should be "matchmaker" for your age."

と言われてしまいました。

(続く)

(To be continued.)