0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2014-07-10 「パパ。『電気が足りない』って、どういうこと。具体的にどれくらい足りない訳?」 [長年日記]

以前にも書いたと思うのですが、私がコラムを掲載している一番の理由は、

Previously I wrote that the reason why I continue to write columns

『娘たち、嫁さんの疑問に応える』為です。

is to answer the question of my family.

-----

最近のコラムで言えば、

As for some recent columns,

「パパ。『性同一性障害』って、どういうこと」

"Dad. What is "gender identity disorder"? "

―― 答えられない。

I could not answer it.

「パパ。『電気が足りない』って、どういうこと。具体的にどれくらい足りない訳?」

"Dad. What does "shortage of electricity" mean? How does it come short? "

―― 答えられない。

I could not answer it.

「パパ。『財政破綻』って、どういうこと。破綻すると何が起こるの?」

"Dad. What does "financial collapse" mean? What is going to happen after it? "

―― 全く、答えられない(これから調べます)。

I cannot answer it at all (I am going to try).

古いコラムでは、

According to an old column,

「原発事故は、どうして発生したの?」

"Why did the nuclear accident happen?"

などの質問もありました。

Etc.

-----

もちろん、なんか適当なことを言って、ごまかすことはできます。

Of course, I can make an irresponsible statement, and play them a trick.

私、大人ですから。

I am a person of ripe years.

ただ、私は自分が、ガッツ(胆)の底から「分かった」という感じの説明ができない時は、

However, when I could not explain the answer that I feel to understand from the bottom of my heart, I say to them that

『ちょっと待って。調べてくるから』

"Give me a time. Let me check"

と言って、その後、かなり一生懸命調べることにしていますのです。

And, I am supposed to read many information for life.

-----

ただ、私は、常に、何かの数字や喩えを使って、できるだけ楽しく、面白く話をしたいのです。

Still, I want to talk the information with using numeric and funny metaphor in order to have them enjoy.

彼女達に笑って貰えると、私が嬉しいし、幸せなのです。

"Laughing their tits off" makes me happier.

このコラムで使った「メイド」も、その一つです(長女に大ウケしました)。

The maid in this column is for the reason. (My senior daughter caught on greatly.)

このコラムで、「性同一性障害」を理解する方法として「痛み」で感じてみようとしたのも、その為です(嫁さんに、深くうなずいて貰えました)。

I tried to include the concept "pain" in order to understand "gender identity disorder" if for the reason. (My wife nodded deeply).

つまり、私の執筆するコラムは、100%「私の家族」に向いているのです。

In conclusion, all of my columns are made for my family's joy and interest.

-----

そして、

In addition,

■イラスト案を、長女が担当し、

- Senior daughter handles a concept of illustration.

■記載されている表やグラフの計算を、次女が担当し、

- Second daughter checks the calculation result of tables and graphs,

■誤字脱字、表現の妥当性を、嫁さんが担当し、

- My wife have charge of typos and expressions,

家族に「分かった」と言って貰えるまで、繰り返し修正を続けて、完成したコラムは、江端智一の著書ではありません。

- I have continued to modify the paper until they tell me "I can understand"

In conclusion, the columns is not mine but the Ebata's literary work.

江端家全員の共同著作です。

-----

ですので、原稿に対する報酬は、全て、

So the reward of the columns is going to change

■「○○塾の夏季講習の費用」

- Expense of the summer class of the private supplementary school

■「ファミレスのハンバーグ」

- Hamburger steak of the family restaurant

■「ディズニーランド」

- Disneyland

で、搾取されることになっており、その中で、私が自由にして良い(と私が決めている)ものは、

The reward was at my disposal seems to be

■「スーパー銭湯」

- Super public bath

■「中本の『北極ラーメン』」

- Hokkyoku ramen in Nakamoto

くらいです。