0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2014-07-08 答え:『運が悪かった/悪いんだよねー』 [長年日記]

仏教の世界観において、「因果」というのは重要なコンセプトだと聞いております。

According to the Buddhism's understanding of the world, I heard that "cause and effect" is one of the most important concepts.

私なりの「因果」の考え方を、ざっくり纏めてみますと、

The followings are my rough understanding of "cause and effect" of Buddhism.

■「結果」には全て「原因」があり、その結果のみに拘泥してはならない。

"An effect" is loaded from all "a cause". We should not deeply attach effects.

■その「原因」にまで、遡って考えなければならない。

We have to back to the cause.

■そこまでちゃんとやらないと「幸せ」にはなれない。

If not, we cannot get a lucky break.

というものです。

これは、宗教固有の特殊な考え方ではなく、システマティックな考え方です。

This is not only religious doctrine but systematical thought.

良く考えれば当然の話なのですが、なぜ仏教が「因果」を強調しているかと言えば、

Though it is a natural story, I think that the reason why the Buddhism emphasizes this ""cause and effect" is that

―― これを実施できる人間がほとんどいないから

"Few people live such a life."

と言えそうです。

なぜか。

Why?

これが、凄く辛い作業だからです。

This is a harsh reality.

-----

問い:『なぜ、私は受験に失敗したのか』『なぜ、私は彼女に振られたのか』『なぜ、私は出世できないのか』

Question:

"Why I failed to entrance examination?" "Why I was jilted by my girl friend?" "Why I cannot ne promoted?"

答え:『運が悪かった/悪いんだよねー』

The answer:

"It is/was a just bad luck!"

で片づけるのが、楽に決まっています。

The answer must be easy for everyone.

-----

人間は、「原因」に立ち向うには弱すぎるのです。

Human being is too weak to face the cause.

少なくとも、私は、真実から目を逸らして生きてきました。

For me, I have lived my life withdrawing my eyes from the fact.

だから、私は、真に幸せにはなっていないでしょう。

So maybe, I cannot reach a real happiness.

『偽りの幸せの中で生きる』をモットーに生きている私を、仏教は、見事に批判しています。

Buddhism criticizes me perfectly, because I am living with the motto of "life in a false happiness".

さすがは、2500年を生き延びた仏教。非常に理に叶っています。

Indeed, Buddhism has survived over 2500 years. It is very reasonable.

(続く)

(To be continued)