0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

2014-07-30 私、結婚式に招待されるのは好きなのですが、御祝儀を払うのが嫌いです。 [長年日記]

私、結婚式に招待されるのは好きなのですが、御祝儀を払うのが嫌いです。

I like to be invited wedding ceremony but I don't want to give a gratuity.

ケチだからです。

I'm stingy.

私が、週末の全てと睡眠時間を削ってようやく貰った原稿料の「数回分」が、他人の結婚式なんぞで搾取されるかと思うと、耐え難いのです。

I am unbearable of exploitation at other's wedding ceremony. To be more precise, I cannot put up with dispossession of my two or more manuscript fees at sacrifice of weekend holiday and sleeping time.

こういうことを公言しているおかげで、ここ十数年、結婚式へのお誘いは絶無となりました。

Thanks to these claims in public, the invitation to the wedding ceremony has been ZERO for a dozen years perfectly.

-----

しかし、極めて稀ですが、「招待して欲しい結婚式」もあります。

However, it is extremely rare, but there is also a wedding ceremony I want to be invited.

人生最良の時間を作ってくれた大学時代の友人や、職場で共に地獄を見てきた仲間であれば、―― そのパートナー(女でも男でも)の方を見たい。

I want to meet a partner of my friend who had studied and worked with me in college and company.

『一体、あなた、何考えているのですか』

I want to say one phrase,

"What are on earth you thinking?"

と、一言、言ってやりたくて。

# 言いませんけど。

I am not going to say that.

(続く)

(To be continued)