0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

2014-07-28 ―― 上から目線の物言いが、やけにムカツク [長年日記]

(昨日の続きです)

一方、統計関係の本で沢山紹介されていたので読んだ本が「ブラックスワン」なのですが、

On the opposite side, I read "black swan" that are popular among other books of statistic.

こういう書評は、卑怯なことは十分に分かった上で言いますが、

Thought I know well that this book review is cowardice,

―― 上から目線の物言いが、やけにムカツク

"That is disgusting that the author always have his nose in the air."

テクニカルライティング風に書かれていないので、分かりにくいことこの上ない。

It is difficult to understand the subject matter because the book is not written logically.

仮説と事実と感想と結論が、ぐちゃぐちゃに記載されているように見えて、読んでいて苦痛ですらありました(上巻の半分で、投げ出しました)。

I feel pain that this book describes hypothesis, fact, impression and conclusion

わざと、そういう作風にしているのかもしれませんが、残念ながら、私にはヒットしませんでした。

Though the author might make the book the above way on purpose, unfortunately I cannot accept it.

-----

「ヤバい予測学」

"Yabai prediction"

「ヤバい統計学」

"Yabai statistic"

「シグナル&ノイズ」

"The signal and the noise ".

「偶然と必然の方程式」

"The success equation"

いずれも、素晴しい本で、凄い勢いで読んでしまっていたところに、「ブラックスワン」で、ケチがついてしまった気持ちです。

The above books are wonderful and I complete reading soon. So I am afraid that "Black swan" brings me bad luck.