0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2014-07-09 ―― 山深い禅寺で、厳しい戒律の中で、修行を続けている修行僧よりも [長年日記]

It is a continuation from yesterday.

ところが、この「因果」というものに、ほぼ毎日対峙している種類の人間がいます。

Some people keep being up against this "cause and effect" almost every day.

エンジニアです。

They are engineers.

エンジニアは、どんなに努力しようが、どんな工夫をしようが、そんなことは、全く評価されません。

Engineers are never going to be evaluated by their efforts and twists, those are perfect meaningless.

完成させて動かさなければ、徹夜しようが、体や心を壊そうが「何もしていないこと」と同じなのです。

If they could not complete and work something, it is the same "they don't do anything" even if they stay up all night and disturb a body and a heart.

従って、エンジニアは、いつでも、「動かない」モノに対して、それを動かす為の「原因」に立ち戻るしかないのです。

Therefore, the engineer cannot but return to "a cause" to make something work anytime, against the stuck.

-----

自動車のエンジン、モータ、配電システム、運行管理システム、その対象に差はありません。

There is no difference in the engine of the car, a motor, a supply of electric power system, and the other control system.

特にソフトウェア、つまりプログラムに関しては、この「因果」が明確です。

According to software, especially programming tasks, the "cause and effect" is very clear.

「動かないプログラム」「変な結果を出力するプログラム」は、ほぼ100%、そのプログラムを作った奴が「原因」を作っている。

About "stuck" and "outputting a strange result" program, the programmers make "a cause" approximately 100%.

(本当にレアなケースで、ハードウェア、OS、コンパイラに責任がある場合もあるけど、多くの場合、その可能性は絶無に近い)

(Though hardware, OS, compiler doesn't work with a really rare case, the possibility is near to emptiness.)

「私は正しく作った」という主張は、「正しくない結果」だけで、簡単に否定される ―― つまり「正しく作っていない」 ―― のです。

The claim "I made it perfectly" is going to be denied easily for their works, because it doesn't work well. That means that "You didn't made it"

-----

ですから、エンジニアくらい、仏教の基本理念「因果」を、刹那的に、日常的に、理解している人種はいない、と思うのです。

So I think that it is an engineer who can understand the basic idea "cause and effect" of the Buddhism daily and immediately.

多分、私達エンジニアは、

Maybe, we, engineers could stand up against "cause and an effect" with crying deeply and violently, more than

―― 山深い禅寺で、厳しい戒律の中で、修行を続けている修行僧よりも

A monk who keeps performing the ascetic practices Zen temple with severe religious precepts

日々、深く激しく慟哭しながら、「因果」と対峙している、と思えるのです。

-----

ただ、対峙しているモノが、「自分自身」ではなく、「ソフト、ハード、システム」と言う点で異なるのですけどね。

But there is one different point. An engineer keeps facing "software, hardware, and system" not "themselves".