2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|

2019-01-17 ―― 甘いかな [長年日記]

ある月刊の漫画雑誌を手にした時、その一冊の中に「三国志」をネタにした連載マンガが"3つ"入っていて、ビックリしたことがあります。

When I read a monthly comic magazine, I was really surprised to know that the magazine included different three stories of "Three Kingdom"

「三国志ネタ」の強さを物語るものだと、感心しました。

I was really moved that the strength of "Three Kingdom" attractive,

先日「孔明のヨメ」(4コママンガ)の最新刊を読みました。

The other day, I read a four-panel cartoon whose title is "wife of Kongming bosom".

孔明が、軍師となるまで(?)の創作4コママンガで、大変面白いです。家族にも人気があります。

The story is about a young Chuko Liang Kongminig by the time he becomes an military ruler. Not only I but also my family also like the comics.

娘たちが、三国志の主要人物の名前を、スラスラ言えるようになれば、これからの彼女たちの人生に、色々役に立つだろう、と思っています。

If my daughters can speak names of person as words that roll off the tongue, I think this is to their advantage in their life.

例えば、「三国志の愛読者は、男性に多い」ということなどを鑑みて、男性と自分の好きな三国志キャラクターの話で盛り上がれる、とか

For example, according to "many males like Three Kingdom", they could warm up with males with drinking.

―― 甘いかな

Overly optimistic outlook ?

-----

「三国志」のマンガが多いのは、その魅力的なストーリに加えて、やはり、絵画として表現すると、その魅力が増すということにあると思います。

The reason why a lot of comics of "Three kingdom" has published, is, I think, the contents come to appeal when expressing the story through pictures.

このストーリーからの絵画への展開は、一種の「オブジェクト指向」といっても良いと思います。

The development from the story to the pictures, is a sort of "object oriented" technology.

人物(オブジェクト)を視認することによって、そのコンテンツへの理解が高まるのです。

Watching the person(object) by visibility, we can deeply understand the contents.

―― と、ここまでが前振りです。

Are you following me?

(続く)

(To be continued)


2019-01-16 ―― 誰が、そんな設定コストを払いたいと思うだろうか? [長年日記]

昨夜、娘(長女)のパソコンのチューニングを行っていました。

Last night, I turned up my daughter's PC.

当初はパフォーマンスアップを目的としていたのですが、Windows10の表示画面が、

At first, I worked for high-performance of the PC, however, the setting of display of Windows10 was , for example,

「Windowsの大きさをマウスで変えられない、思うところに移動できない」

"I could not change the size of Windows and and could not move it on my own"

などの、体験したこともない気持悪い(吐き気を催すような)設定となっていました。

disgustful beyond my experiences.

これを修正する手段がどうしても見つけられませんでした。

I could not fix the display at any cost.

そこで、全てを出荷状態に戻すことにしました。

Finally I decided to redo to the setting of factory shipment.

-----

出荷状態に戻すのは良いのですが、「使いもしないゲームソフト」「不要なセキュリティソフト」「必要のないクラウド共有環境」などが、デフォルトで付いてきて、これまた、気持ち悪い状態になります。

There was no problem to redo the setting, however, "Game applications" "Security software" and "Cloud environments" we didn't need at all, was going to be attached, and I came to feel bad again.

加えて「バックグランドに二桁を越えるアプリを常駐させる」とか「使いもしないFAX機能とかSCSIインターフェース機能が稼動状態としている」など、ふざけた初期設定に、本当に頭にきていました。

In addition, "more than ten application that were worked as background activities" and "FAX or SCSI interface functions that I don't know who needs" would get me angry really.

こんなものを常駐させておけば、パソコンのパフォーマンスを悪くし、引いては、ユーザの心象も悪くなるだろうに、パソコンメーカは一体何を考えているのか?

I cannot understand what the PC company think, because the settings will make the PC performance worse, and the users will also get angry to the company.

-----

まあ、何を考えているのかは、明らかなのです。

To tell you the truth, I know the company's intention.

要するに、そういう不要なアプリを予めインストールしておくことで、ソフト会社からお金を得ている訳です。

In short, the company can get money from the software providers for the pre-installing applications.

そのお金は、パソコンの値段にも反映して、低コストなパソコンの販売が可能となります。

The money will make the company provide the low-cost PC.

そして、ユーザは安価なパソコンを手にすることができる訳です

Finally users can get cheap PCs,

―― 「高性能」のハードウェアを、訳のわからん山のような"アプリ"と"設定"で「低性能」にさせられたパソコンを

that are going to be low-performance PC by meaningless and enormous applications and settings, even if the PC hardware spec is excellent.

-----

年末年始の休暇では、私は、Windows10の設定に、かなりの時間をかけて学習しました。

At the year-end through New Year holidays, I spent much time for Windows10 setting.

私は、このような設定作業が苦手ではありませんが、大抵の場合、多くの人にとって、パソコンの設定は「苦痛」そのものです。

I am good at working for the setting like this, however, I know that most of people feel pain.

そして、今回の長女のように回復不能な設定をしてしまうこともあり、最悪の場合、パソコンが起動しなくなるというリスクもあります。

However, some of them might do wrong setting like my daughter, and at their worst, the PC could not come to restart.

ならば、私のように「パソコン設定」ができる人間が、それを業務とするビジネスがもっと流行ってもよさそうなものですが、流行っているようには見えません。

I think that "the setting service or business" might be popular, however I don't know the story.

昨夜、ざっくりコストを計算してみたのですが、パソコン設定に必要なコストは、そのパソコンの購入費用とトントンか、下手するとそれ以上になるのです。

Last night, I calculated the total cost of the service, and I knew that the cost was going to be those of PC or more.

―― 誰が、そんな設定コストを払いたいと思うだろうか?

"Who wants to pay it for just the setting?"

-----

一方、スマホは、パソコンほど複雑な設定変更は必要とされておりません。

On the other hand, smartphones are not needed such complicated setting like PCs.

そもそも、スマホは機能も少ないですし、サービス窓口で、設定サービスを提供してくれるところもあります。

To begin with, smartphones don't have much function than PC, and the service windows are massive.

しかし、スマホでは、文章を書くことくらいはなんとなるかもしれませんが、エクセルの計算や、パワーポイントでのプレゼンを行うことはできません。

However, we cannot calculate by spread sheet or make a presentation material by smartphone.

現時点において、(英語から逃げることはできても)パソコンから逃げることは、無理だと断言できます。

At the present, I will tell you that we cannot run away from PC, even if we can run away from English.

-----

近年、未就労の若者のパソコン離れが社会問題となっています。

Recently, "not elder but youths don't use PC" become a societal problem.

私は、スマホの操作に慣れが若者が、「パソコンのばかげた初期設定」に嫌気が差しているからではないかと考えています。

I am afraid that they, who have become familiar with smartphones, come to feel disgust for the gnomish setting of PC.


2019-01-15 ―― 毎日更新する [長年日記]

私は、個人と町内会の2つのHPの管理・運営を行っています(今は、個人のHPのみです)。

I had managed HPs of for both private and NA(Neighborhood Association). Now I manage only the private HP.

私は、HPのカウンターの数が、実際の訪問者数と、かなりかけ離れていることを知っています。

And I know that the counter of HP top view is pretty different from those of real visitors.

ですので、私はプロバイダが提供するPV(視聴率(PV:page view))モニタを定期的にチェックしています。

So I have checked the PV(page view) monitor that the provider offers, regularly,

その経験から言えることですが、HPの視聴率(PV:page view)を一定数確保する方法は、

From my experiments, I think that the way to keep PV counts of HP everyday. is

―― 毎日更新する

"updating contents everyday"

この一言につきます。

It all comes down to the fact the above.

逆に言えば、内容の品質や量は、二の次と言えます。

On the contrary, the qualities and quantities of contents are back burner

-----

とは言え、この「毎日更新」というのが結構、難しいのです。

On the other hand, "updating everyday" is difficult considerablely.

特に週末も仕事をしなければならない時などは、丸々2日分記載できない、ということもあります。

Especially, at the weekend I have to work, all two days will be skipped.

もちろん、別の日に、滞った分を記載してフォローするようにしていますが。

Of course, I will write the blogs later at another days.

-----

先日、居間で次女と話をしてきた時のことです。

The other days, I talked with my second daughter(SD) at the living room.

次女:「パパのページは、『一週間の一度』の頻度でちゃんとレビューしているよ」

SD:"I have reviewed your HP once a week"

江端:「『毎日』レビューしろよ」

Ebata:"Why not reviewing it everyday?"

次女:「更新されていない時の『ガッカリ感』が大きいから、『毎日』はしない」

SD:"I don't review it everyday, because I feel disappointed when it is not updated.

と言われました。


2019-01-14 ―― 世界は、ようやく、ソフトウェアというものを理解し始めているのか? [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

共有プリンタ等を使っている会社(ほとんどの会社は使っているだろう)などは、半日くらい業務が停止されられたと思います。

I think that a company using a shared printer (most companies will use it), was suspended for about half a day.

今回の事故は、100%、マイクロソフト社の過失で、今回のトラブルによる被害総額は、おそらく、首都圏の人身事故によるそれを軽く超えていると思います。

In this accident, 100%, I think that the total damage caused by this trouble due to Microsoft's negligence is probably exceeding that caused by a human injury accident in the metropolitan area.

しかし、今回、私が調べた範囲内では、マイクロソフト社の過失でに対する怨嗟のメッセージが、―― ない、という訳ではないのですが ―― 私が予想した程には、ありませんでした。

However, within this range I examined, the messages of grudges against Microsoft's negligence, ----- I don't say "don't exist" ----- there was not as much as I expected.

人身事故に対する怨嗟(しかも、自殺した本人ではなく、鉄道会社に対する)のメッセージに比べれば、「皆無」といっても良いほどです。

Compared to the message of grudges against injuries, it can be said that "none exists.". Moreover, not to the person who committed suicide, but to the railroad company.

-----

もしかしたら、

Perhaps, I thought

―― 世界は、ようやく、ソフトウェアというものを理解し始めているのか?

"Is the world finally beginning to understand software?"

とも思いました。

『不具合を修正する更新プログラムは、別の(壊滅的な)不具合を発生させやすい』というのは、ソフトウェアの常識です。

Therefore, it is correct that "it can not be distributed unless you correct it, unless you have done enough tests."

それ故、『修正しても、十分なテストを行った後でないと、配布することができない』というのも、しかりです。

That is common sense of software that "updates that fix bugs are easy to generate another (catastrophic) defect"

このような、ソフトウェアの恐さや面倒くささを、世界が理解し出しているのであれば、それは、「革命的な前進」であると言えます。

If the world understands the fear and tediousness of software like this, it can be said that it is a "revolutionary advance".

でも、まあ、多分、そういうことではないんだろうなぁ、と思っています。

But, well, perhaps, I do not think it is such a thing.

-----

「マイクロソフト社に対する怨嗟のメッセージが少ない」ことの理由は ―― 多分、こんな感じ。

The reason for "there is little message of grudge against Microsoft" - probably, it is like this.

■部下に対して「おい! 動かないぞ!!」と、文句を言い

- "Hey! This doesn't work!" with complaining to his subordinates,

■情報システム部に電話して、「おい! なんとかしろ!!」と、文句を言い

- Calling the Information Systems Department and complaining "Hey! Somehow !!"

■プリンタ会社に対して「おい! 印刷できないぞ!!」と、文句を言い

- Complaining "Hey! I can not print!" to the printer company,

『そこに、怒鳴りつける相手がいれば、怒鳴りつけるだけ』という行動で完了した、

It was completed with the action, "If there is an opponent who can be shouted there, they can only shout at it."

-----

よくよく考えれば、これは、「人身事故」と同じロジックです。

If I think carefully, this is the same logic as "human injury".

人身事故を発生させた「当事者」を批判せずに(死者を批判すると、自分が批判されるから)、その代替として、「鉄道会社」に対して怒りをぶつける ―― と全く同じことです。

It is exactly the same, without criticizing the "person in charge" that caused a human injury ( Because criticizing the dead will be criticized), they are getting angry with "railroad company" as an alternative.

加えて、ソフトウェアの場合「KB4480970」が原因であることまで辿りつける人は、そうそういないと思います。

In addition, in the case of software, I think that no one can reach until it is caused by "KB4480970".

つまるところ、

In the end,

―― 世界は、今なお、ソフトウェアというものを理解していない

"The world still does not understand software"

と考えるのが自然だと思っています。

I think that it is natural to think about it.


2019-01-13 しかし、今回は、Windows Updateの更新プログラム(KB4480970)が招いた事故であり、私の無罪は確定です。 [長年日記]

先日、突然、リモートコンピュータの共有フォルダにアクセスできない症状が発生して、リモートに置いてある作業中のファイルで仕事ができなくなってしまいました。

The other day, suddenly I could not access the shared folder on the remote computer, and I could no longer work with remote working files.

その後、『Windows Updateの更新プログラム(KB4480970)に不具合が含まれいたこと』が原因であることが分かりましたが ―― 私は、正直かなり青ざめました。

After that, it turned out that it was caused by "Windows Update update program (KB 4480970) included a problem", however I became pale honestly.

私は、結構な頻度でコンピュータのOSなどに、変な仕掛けを組み込むので、コンピュータに不具合が発生した場合、その原因のほとんどは「私自身」であることが多いからです。

I sometimes embed funny programs into my computer operating systems quite frequently. When a problem occurs in the computer, most of the reason will often return to "myself".

しかし、今回は、Windows Updateの更新プログラム(KB4480970)が招いた事故であり、私の無罪は確定です。

However, this time, it was an accident invited by Windows Update update program (KB 4480970), my innocence has been definite.

-----

しかし、更新プログラムに、不具合を組込まれた、ということは ―― このOSを販売している会社が、自社の製品に対してコンピュータウイルスを仕込こみ、私たちの業務妨害をしたことと同じです。

However, distributing the update program that a problem was embedded, is that the company selling this OS, puts computer virus into their company products, and interferes with our business.

それは、世界のありとあらゆる場所でも、私と同じトラブルに遭っている人が大量にいる、ということです。

That means that there are lots of people in the same trouble as I am, in every part of the world.

I thought that

■今頃は、テレビのニュース速報で、「Windows Update(KB4480970)後に共有フォルダにアクセスできない不具合発生中」というテロップが流れて、

- By this time, breaking news on TV, the following telop has been shown "a problem has occurred that The shared folder can not be accessed after Windows Update (KB 4480970)"

■ネットではユーザからの怨嗟のメッセージが山ほど書き込まれ続け

- On the net, a lot of grudge messages from users continue to be written

■マイクロソフト社の株価が暴落し続け、社長が引責辞職の記者会見をしている

- the stock price of Microsoft continues to crash, and the president hold a press conference for the resignation

と思っていたのですが、いずれも私の予想は外れました。

However, my expectation has gone away.

(続く)

(To be continued)


2019-01-12 後輩:「江端さんは、コラムだけでなく、ブログ(日記)すら軽く読めないですからね」 [長年日記]

先日、帰宅後、次女から相談を受けました。

The other day, I got consultation from my second daughter after I came home.

次女:「パパ。学校の課題のことでブレストしたいんだけど」

Second daughter(SD): "Dad, I'd like to brainstorm with my school's tasks"

江端:「構わんが、テーマは?」

Ebata: "Hmm, how about the theme?"

次女:「『遺伝子操作の技術と倫理』」

SD: "Techniques and ethics of genetic manipulation"

江端:「あのなあ、パパが、そのネタでどれだけのコラムを書いてきたと思うんだ」

Ebata: "Well, Don't you know how often I wrote the column with that story?"

次女:「知っている」

SD: "I know"

江端:「じゃあ、先ずコラム読めよ。愛読者じゃなくても、家族の一員としてとして、義務感で読めよ」

Ebata: "Well, first, read the column. Even if you are not a love reader, as a member of your family, read with obligation"

次女:「パパのコラムは、読む前に『読むぞ!』という気合を入れないと、とても読み始められるものじゃないよ」

SD: "The dad's column can not be read very much unless I put in a spirit of" Read!" before reading."

-----

以前の話です。

It is a previous story.

後輩:「江端さんは、コラムだけでなく、ブログ(日記)すら軽く読めないですからね」

Junior: "Ebata-san's works, not only a column but a blog (a diary), are too hard to read.

江端:「そうかなぁ。そんなつもりはないんだけどな」

Ebata: "So? I do not mean that."

後輩:「テーマが重く、批判が辛辣な上に、表現も過激。理詰めで説教されているように感じことさえあります。少くとも『だれもが楽しく読めるブログ』ではないですよね」

Junior: "The themes are heavy, and their criticisms are bitter, The expressions are too radical. I even feel like being preached in a reasonable way. It is not a blog that "everyone can read with fun" is it?"

江端:「・・・じゃあ、どんなブログだったらいいかな」

Ebata: "... Then, what kind of blog should I write?"

後輩:「そりゃ、もう、昼のランチの写真をアップして、『お肉がジューシーで、とっても美味しかった! お店の雰囲気も最高!!』とだけコメントを付ける。これが、正しいブログの有り様です」

Junior: "Well, you upload the picture of the lunch in the day, and you just added a comment that" the meat is juicy and very delicious! The atmosphere of the shop is also the best!" This is the right blog's presence "

江端:「それは・・・私には難しすぎるな」

Ebata: "That's ... It's too difficult for me"

後輩:「ええ、江端さんには、未知の領域でしょうね」

Junior: "Well, it is an unknown area for Ebata-san"

-----

私の作品については、何故か、この手の話が多い。

For my work, there are many stories like above for some reason.


2019-01-11 『「メールが使えない」と言い放つ人間が、消えてなくなるのを待つ』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

町内会やPTAなどは、「関わりたくない組織No.1」で決定だと思いますが、私はこの原因の1つに、ITリテラシーの欠如があると考えています。

I think that "NA" and "PTA" is "an organizations that everyone don't want to be involved". I am afraid that one of the reason is "lack of IT literacy

情報伝達は、電子メールで10秒くらいで方が付きます(なんで、電話したり、自宅のポストに投函するんだ?)し、打ち合わせなどは、Skypeを使えば、スケジュールの調整は簡単で、会場の確保すら不要です。

"Distributing information" will be completed by E-mail, so I cannot understand why they try to call or post the mail. "Meeting" will be opened easily without schedule adjustment and room reservation.

この程度のIT化ができないのは、この程度のIT化に対応できない人間が、たった一人でもいると、ITのメリットを全員が享受できなくなるからです。

The reason why we cannot realize such simple works with IT, nobody can accept the merit, even if only one person who cannot work the process.

さらに、この問題を面倒くさくしているのが、

In addition, what the problem become complicated, is

―― 「メールが使えない」と平然と言い放つ人間が、組織のトップを占めている

"The person who unleashly say "I can not use PC at all", occupy the top of the organization

という事実です。

This is absolutely true.

-----

私は、今時「メールが使えない」などというセリフは、「私は字が書けない/読めない」と公言することと同じだと思っています(ちなみに、日本の識字率は99.0%)。

I think that saying "I cannot use PC at all" is same as, saying "I cannot read/write Japanese characters" (profit literacy rate of Japan is 99.0%).

故に、そんなセリフは「俯いて」「小声で」「恥しげに」独白するものだろうが、と思っています。

If I were you, I say such phrases with falling down,like shamefully monologue.

しかし、彼らには、その感覚が ―― 絶望的にない。

But they do not have that feeling - desperately.

おそらく、彼らは、ITリテラシーと無縁で生涯を終えるのでしょう。もちろん、それ自体は個人の問題で、私がとやかく言うことではありません。

Perhaps they will end their lifetime without IT literacy, but it is an individual problem, of course. I should not say anything about it.

ただ、それが「自分の問題だけで閉じる限りにおいては」です。

However, it is "as long as it closes as one own problem".

-----

いずれにしても ――

Anyway,

■「非効率」の限りを尽くして、スマホやパソコンを普通に使える世代に、膨大な負荷を与え、

- doing everything of "inefficiency", and giving a huge burden to generations (me) who can use smartphones and personal computers normally,

■組織を、着実に壊し続け、

- Continue breaking the organization steadily,

■ヌケヌケと『今や組織は存亡の危機にある。なんとかしなければならない』と言い放ち、

- saying "this organization is in danger of survival. It must be done somehow" with feigned ignorance

■現実に行動を起こす者に対して、ケチをつけることはできても、

- even though complaining to those (me) who actually take action,

■具体的な提案は何一つ出さず、対案も出せない

- no concrete proposal and counterproposal

ぶっちゃけ ―― 私は、そういう人間と一緒に仕事をするのに「疲れた」のです。

In the end - I'm "tired" to talk with such the persons.

-----

Amazonやメルカリを理解せず、そもそも電子メールすら使えないような人間に、『デジタルによる効率化を説く』ことは『全くの時間の浪費』ということを、この2年間で思い知りました。

In the past two years I realized that "preaching efficiency by digital" is "a waste of time" to people who can not understand Amazon or Mercari, even e-mails.

ですので、私は、自分の考え方の方を変えることにしました。

So, I changed my mindset.

(私の試算では)ほっておいても、あと10年もすれば、ITリテラシー絶無の人間は、今の半分以下になります。

Even if I leave it alone (in my estimate), in the next ten years, people with no IT literacy will be less than half of now.

『「メールが使えない」と言い放つ人間が、消えて無くなるのを待つ』

"I will wait for a person to say "I can not use PC" to disappear"

ただ、これだけで、良いのです。

is enough for me.


2019-01-10 ―― 今さら、IT化? [長年日記]

私は、今、政府が主導している「働き方改革」についての連載を続けていますが、ここにちょくちょく、組織の「IT化」のようなことが記載されています。

Now I am writing monthly columns about "work style reform" that the government is leading. I have noticed that there are topics about "Information Technology(IT)" in the papers.

―― 今さら、IT化?

"What can we do any more by IT ?"

と思っていましたが、我が国のIT利用率は「相当に遅れているかもしれない」と考えるようになってきました。

However, I come to think that "the level of IT literacy in Japan might be lower beyond my imagination"

町内会の仕事をしているうちに。

with working for neighborhood association(NA).

-----

今、社会人や学生(小学生を含む)で「パソコンやスマホでメッセージ交換ができない」ということは、事実上社会的な「死」を意味します。

Now, "no communication with PC or Smartphone" means the death of working people and students (including junior school students)

必要な情報が流れてこなくなるからです。

Because they cannot get any information from the community to live their life.

「子どもにスマホを与える年齢」について、色々な意見があることは知っていますし、スマホの所持は、様々な犯罪に巻き込まれるリスクがあることも知っています。

I know well that there are arguments about "proper age to start using smartphone", and the communication devices will give them a risk of crimes.

それでも、スマホは、単なるメッセージ送受信装置ではなく、ミュージックプレーヤーであり、テレビに代わるビデオプレーヤであり、そして、子どもの位置情報を把握する防犯装置でもあります。

However, a smartphone is not only a communication device, but also a music player, a video player, and a security equipment to get their accurate location information.

水道、ガス、電力、輸送と同様の「生活インフラ」です。

It is a"life infrastructure", that is same as water, gas electricity and mobility.

-----

この「事実上社会的な「死」」の例外が、いわゆる高齢者世代です。

This exception of "actual social death" is the generation of elder people.

彼らの一部は、IT機器が使えるメリットを実感できません。

Some of them cannot realize the merit of using IT devices.

IT機器は、使ってみないとメリットを実感できないもので、メリットを感じられない以上、デメリットも理解できません。

They cannot understand the merit without using IT devices. So some of them cannot understand the demerit either.

また、デジタルサービスについても、同様です。

Much the same is true on digital services.

アマゾンもメルカリもSNSも電子メールも使ってみないとメリットもデメリットも実感できません。

Nobody cannot feel both the merit and demerit except for using Amazon, Mercari, SNS and E-mail.

(続く)

(To be continued)


2019-01-09 ―― 別の世界線の私だったのではないか [長年日記]

一昨年前、リフト営業時間後のラストラン(本当にラストランだった)の後、スキーをリリースした、まさにその時、

Two years ago, at the end of lift work time, after the last running, at the moment I released the ski boots from ski boards,

20年前にコロラドで購入したスキーブーツのテールがバラバラに砕けました。

The bottom of ski boots, purchased at Colorado 20 years ago broke apart.

あの瞬間、

At the moment, I felt

―― スキーが、私に"お別れ"を言っている

"Skiing is saying "farewell" to me"

と思えて、本気で泣きそうになりました。

I was about to cry seriously.

-----

ここ数年、エキスパートコースからの滑落が、体にシャレにならないインパクトを感じる様になってきていました。

In the last few years, the slide from the expert course, have made me feel the impact pain on the body.

子たちが成長し、父親も死去し、車で遠出をすることはなくなりましたので、昨年、車を軽自動車に交換しました。

Since the children grew, the father died, and we will no longer go out by car. Last year we exchanged for a mini car.

体重とともに筋肉も持っていかれ、最近はすっかり寒がりになりました。

My muscles disappeared with weight, and I became completely cold recently.

氷点下のゲレンデ、ホワイトアウトの山頂の稜線から、垂直に落ちていくスロープに飛び込んでいった私は、

Who jumped into the slope falling vertically down the blind slope from the ridgeline of the mountaintop of whiteout ?

―― 別の世界線の私だったのではないか

"It was me in another world line wasn't it?"

と、本気で思ってしまうほどです。

I thought it seriously.

-----

ところが――

However,

Today, happen to hear Yuming's medley on Youtube

―― 目の前に、吹雪の高速道路を走る車の中から見える、白銀のゲレンデが一気に広がり、その光景に目が眩みそうになりました

"In front of my eyes, the slopes spread all from inside the car running on the highway of snowstorm at once, and my eyes became dazzling for that sight"

ユーミンの歌は、体力も、子どもも、車も、氷点下も、一瞬で消し飛ばしてしまいました。

Yuming's song blew away my physical strength, my children, my cars, and freezing temperatures in an instant.

-----

私は、何をやっているんだ

What am I doing?

老けている場合か? 守りに入っている場合か? 大人なんぞになっている場合か?

Being older? Being conservative? Being an adult?

If there is a ski slope, no matter where I put my car in a guard rail, no matter how many ribs broken, I go to skiing. I have lived my life like that.

そして、もう一度、コロラドに行って、

And once again, I will go to Colorado,

Vail, Copper Mountain, Breckenridge, Arapahoe Basin, Bevercreek and Loveland,

全コースを制覇してくるんだ。

I'm going to win all the ski slopes.


2019-01-08 ―― 本気でAIやらロボットやらを考えるなら、AIBO(アイボ)ではなく、盲導犬のロボットを作れよ [長年日記]

最近、盲導犬を連れている方と、通勤路の地下鉄で一緒になることがあります。

Recently, a man who has guide dogs, may get together with the subway of commuters.

もちろん、それに気がついているのは、私だけでしょうけど。

Of course, only I am aware of it.

その方を見ると、なんとなく回りを見張ってしまうモードになってしまいます。

When I find that person, I will be in a mode of guard person.

一度だけ、出口専用の自動改札口に接近した時、別の改札に誘導したことがあります。

Once I approached the automatic ticket gate for exit exclusively, I may have led to another ticket gate.

で、まあ、そのような風景を見ていると、

Well, looking at such a scene, I come to think that

―― 本気でAIやらロボットやらを考えるなら、AIBO(アイボ)ではなく、盲導犬のロボットを作れよ

"If you are seriously thinking about AI robots and others, you can make a robot of guide dogs instead of AIBO."

と、思ってしまう訳ですよ。

-----

この辺の話は、コスト云々の話ではなく、もっと「情けない」話になることを知っています。

The story of this neighborhood is not a story about cost, but I know that it will become a more "miserable" story.

日本では、自動運転の掃除機の開発に対して、

In Japan, against the development of automatic vacuum cleaner,

"What happens if the vacuum cleaner hits the altar, candles (candles) collapse, and it makes a fire?"

という理屈で、開発が差し止められていたという話は、あまりに有名です。

It was too famous that the development was stopped by the logic.

で、今、日本の会社も、自動運転掃除機を開発しています。

Now, Japanese companies are also developing automatic cleaning vacuum cleaners.

もちろん、「蝋燭(ろうそく)」問題を解決した訳ではありません。

Of course, the "candle (candle)" problem has not been solved.

盲導犬ロボットの開発に関しては、この理屈が露骨に働いていると想像するに難くありません。

Regarding the development of the guide dog robot, it is not difficult to imagine that this reason is explicitly working.

事故が発生した時に、その事故の責任を「犬」と「その使用者」に押し付けられるのです。無理して開発して、リスクを侵す必要はありません。

When an accident occurs, the responsibility of the accident can be forced to "dog" and "the user". It is not necessary for us to forcibly develop and infringe risks.

-----

海外では、自動運転車の実験で、死亡事故が発生しています。

Overseas, a fatal accident has occurred in an experiment of an automated driving car.

しかし、自動運転は、将来的に死亡事故を「限りなくゼロ」にする可能性があります。

However, an automated driving car may make fatal accidents to "zero as much" in the future.

そして、「その限りなくゼロ」に向う為には、何人かの人を殺す覚悟が必要です。

In order to be "zero as much", it is necessary to prepare to kill some people.

AIやらロボットを本気で取りくもうと考えるなら、その覚悟が必要です。

If you think seriously to take the AI robot, the preparation is necessary.

-----

The government withdrew the "poor" budget that is included in AI and robot development,

実験の被害に対する保険として拠出してくれた方が、メーカーやベンチャーは、助かるのですが ――

Manufacturers and ventures will be saved if they contributed as insurance against the damage of the experiment -

そういう発想のできる政治家や役人は、いません。

There are no politicians or officials able to think like that.