2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|

2017-05-27 「世間がどう考えるかは知らんが、私だけは『そういうお前が大好きだ』と言ってやる」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もっとも私は「オンリーワン」という存在自体を否定しているものではありません。

However, I don't deny the existence of "only one".

『こんな人、私の人生において出会ったことがない』、という意味において、「オンリーワン」という人は、確かに存在します。

ecause, I know there is a "only one" person I have never met before.

ただ、一つ言えることは、

All I can say is that

―― 人は「オンリーワン」は目指した瞬間、「オンリーワン」ではなくなる

When a people want to aim to be "only one", the people fail to become "only one"

という事実です。

-----

私の回りには、何人かの敬愛すべき「オンリーワン」がいます。

There are several respectable "only one"s around me.

しかし、私が観測している限り、その「オンリーワン」の人たちは、自分が「オンリーワン」という認識はもちろん、「オンリーワン」など目指していないのです。

However as far as I know, they don't know that they are "only one". Moreover they don't aim to be "only one".

彼らは、自分のやりたいことをやっていて、それを「ただ」諦めないだけです。

All they do is what they want to do, and they never give up doing what they want to do.

諦めないので、「結果として」彼らはゴールに到着し、そこに到着したのが「たまたま」一人だった、というだけのことです。

They never give up what they want to do, they do on their own, and they arrive at the goal "in result". That's all.

ですから、彼らは「誰かと競争している」という考え方すらありません。

In addition, they don't have any idea of "they are in competition with others".

-----

これは、私の「オンリーワン」の人間を観測した結果からの推測ですが、もっと一般的なところでは、ノーベル賞(理化学分野)を受賞された方の振舞いからも読みとれます。

I know the above thought is only my personal observation, however, we can share the same thought with you by observing behavior of winners of Nobel prize(physics and chemistry fields).

受賞された方の多くが「『ああ、これで、当面、この研究が続けられる』と思いました」という感想を言っているからです。

Many of the winner, often said "I could breathe a sigh of relief, because I think I can continue my study for a certain time.

彼らにとってノーベル賞は、目的ではなく、単なる、研究が継続できるということを担保される「おこずかい」のようなものでしかなく ――

For them, The Novel prize is not a purpose of their carrier. It is like an allowance that makes them continue their study.(Maybe they don't need that)

少なくとも、ノーベル賞受賞をひけらかして、自慢しているようないるような人は見つけられませんでした(まあ、そんなこととする必要もないのでしょうが)

At least, I could not find the winner who seems to be boasting by handing out the Nobel Prize.

彼らは、「オンリーワン」を目指したのではなく、気がつけば「オンリーワン」になっていた ――

They didn't aim to be "only one". They became "only one" when we noticed it.

これが、私独自の「オンリーワン」の考え方ですが ―― 多分これで正解だと思います。

This is my own definition of "only one", however I believe this is correct.

(If you have time, please read it too)

以上より、

In conclusion, I hope that you could understand that the phrase of

「ナンバーワンよりオンリーワン(を目指せ)」

"Only one" than "Number on"

というアドバイスのアホらしさを理解して頂けたものと信じます。

is thoroughly stupid.

-----

私だったら、こう言います。

For me, I want to say to a college fresh young.

「一人ぼっちでのたうちまわって苦しめ

"Feel hard alone on the edge"

苦しんで足掻き続けろ

"Struggle against your obstructions, and keep it running"

世間がどう考えるかは知らんが、私だけは『そういうお前が大好きだ』と言ってやる」

"I don't know the world think to you, only I will say "I love you like that"

と。

―― 何度でも、大声で言ってやる。

I will keep saying, again and again.


2017-05-26 『世界でたった一つの花』ではなく『世界でたった一人ぼっちの私』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

お尋ねしますが、「ナンバーワン」と「オンリーワン」の違いは何でしょうか?

I want to ask for the difference between "number one" and "only one".

私は、

I think

(1)「オンリーワン」というのが、定量的または定性的な評価基準が存在しない、主観的な思い込み

(1) "Only one" is just a subjective illusion that doesn't have quantitative or qualitative assessment criteria.

―― つまり、自分が「世界で一つの花」と信じている『だけ』の「花」のことであり、

That means, the flower that only he/she believe "one flower in the world"

比して、

On the other hand,

(2)「ナンバーワン」とは、社会通念において、定量計測が可能な評価基準であって、その上で、その最高位にある、と誰もが簡単に理解できるもの

(2)"number one" is just an objective reality that enable quantitative or qualitative assessment criteria possible, and everyone can admit that it is a supremacy.

―― つまり、世界が「世界でたった一つの花」と認めている「花」である

That means, the flower that the world recognizes as "one flower in the world"

ということです。

もし、(1)の「オンリーワン」が社会通念上の価値として認識されているのであれば、そのような「オンリーワン」は、全て「ナンパーワン」です。

Even if "only one" of the above (1) is recognized as social values, all of the "only one" are "number one".

-----

となると、こういう反論がくるはずです。

In this situation, this controversy is coming soon.

『「オンリーワン」とは、自分の主観のみに基づく評価基準に基づく「ナンバーワン」で良いのだ』

"We can use the word "only one" by the evaluation criteria based only on our own view."

と。

なるほど。

That may be so.

それなら、最初からこう言えば良いのです。

Then, it is better to say the followings from the beginning.

『ナンバーワンよりオンリーワン』ではなく『他者評価より自己満足』

NOT "Be "only one" than "number one"" BUT "Be more self-satisfied that Evaluation of others"

『世界でたった一つの花』ではなく『世界でたった一人ぼっちの私』

NOT "only one flower in the world" BUT "I, who are alone in the world"

と。

(続く)

(To be continued)


2017-05-25 そもそも、「オンリーワン」というのは、実に簡単に実現可能であるからです。 [長年日記]

昨日、「大学1年生の歩き方」という本について、長女との対話の形で、私の所感を述べました。

Yesterday, I wrote my thought about book whose title is "How to walk for college fresh young" in the talk scene with my daughter,

読み返してみると、どうも「コメントが厳しいな」と感じています。この本は、大学1年生には、十分お薦めできる本だと思うのです。

Reading the last diary back again, I think that my comments are very hard though, this book seems to be very useful.

で、まあ、その理由は分かっています。

To tell you the truth, I know the reason.

この本、私が世界で一番嫌いなフレーズを(1回だけ)使っていたからです。

This book includes one of the most dislike-able phrase of mine.( just one time)

―― ナンバーワンよりオンリーワン

"Only one" than "Number one"

このフレーズを見る度に、私は思うのですよ。

Whenever I read this phrase, I always think

『アホか』

"How foolish"

と。

以前、「世界で一つだけの花」(だったと思う)」という歌も、同様に嫌いな歌の一つであるとお話したことがあります。

Previously, I wrote the similar story in my diary, using a song whose title "Only one flower in the world(maybe)", and I said that this song is also the most dislikable song of mine.

今回も、これと基本的には同じロジックです。

This time, I will tell the same logic to you.

-----

そもそも、「オンリーワン」というのは、実に簡単に実現可能であるからです。

First of all, it is is very easy to realize "only one".

これは、簡単な集合論でも、あるいは、特許出願のクレームの構成からでも説明できます。

Because I can explain the reason from the viewpoint of simple theory of sets or claims of patent application.

(1)Aなる機能を有する装置、 あるいは集合A

(1)"A device with function A", or "Set of A"

(2)AとBとCとDの機能を有する装置、あるいは集合 A∩B∩C∩D

(2)"A device with function A,B,C, and D" or "Set of A,B,C, and D"

のどちらが、特許査定を簡単に受けられる、あるいは集合の空間と小さいか ―― そんなことは、考えるまでもなく明かです。

There is no double, that is more acceptable as a patent right, or which is smaller set.

つまり、構成要件を限定する、または、解空間を小さくすれば、「オンリーワン」なんぞ、一瞬で実現可能です。

I mean, the restriction of invention elements or range of set will realize "only one" easily.

例えば、私は、「江端智一という名前を有する」「エンジニア」である、というだけで、(多分)世界でオンリーワンです。、

For example, I am "only one" in the world, who has a name "Tomoichi Ebata" and works as an engineer.

いえ、もちろん、私は分かっていっています。

Well. well, I know well.

『お前の言う、"オンリーワン"の解釈は、社会通念上、不適切であるばかりでなく、悪意のある詭弁だ』

"Your definition of "only one" is not only irrelevancy on conventional wisdom, but also desrespectable sophistic"

ということを。

(続く)

(To be continued)


2017-05-24 江端:「そうだなぁ、結局のところ『腹を括ること』かなぁ」 [長年日記]

今年大学1年生となった長女から「大学1年生の歩き方」という本を紹介されました。

My senior daughter, who has been a college fresh young this year, introduced me a book "How to walk for a college fresh young"

大学というのは、これまでの教育機関の有り様と、完全に切り離れていますので、このような本は、かなり助けとなるものと思います。

The education system of colleges is perfectly different from those of before colleges, so I think the book like this might be helpful for her.

-----

長女:「どうだった?」

Daughter(D):"How was that?"

江端:「うん、面白かった。こういう本は『気休め』になるよね」

Ebata(E):"It is good. this book will make you ease"

長女:「・・・うん? なんか引っ掛かる言い方だな。どういうこと?」

D:"Well, worrisome phrase, you said. What does it mean?"

江端:「つまり、この本の著者は、全員が大学を卒業した社会人なわけでしょ」

E;"Um, These authors had already graduated from colleges and now they are member of society aren't they?

長女:「うん」

D:"Maybe".

江端:「そりゃ、大学を卒業した後で、その時代を振り替えるのであれば、そりゃ何だって言えるよ。だって、自分の過去をレビューしている訳だから」

E:"I think any people can speak their own past events after the graduation. It is just a review of their life"

長女:「それで?」

D:"And?"

江端:「大学一年生は、今、まさに、密林のジャングルにいて、どこに何があって、どの方向に進めば良いのか分からず、右往左往している訳だろう」

E:"The newcomers are now running about in confusion in the jungle, without no information of where to go, and what to do.

長女:「まさしく」

D:"Absolutely"

江端:「この本の著者は、『宇宙空間に浮ぶ静止監視衛星から、密林のジャングルの全体を観測している』人たちだと思う」

E:"I think, these authors are the jungle's observer who live in a space stationary satellite.

長女:「なるほど」

D:"I see"

江端:「密林で遭難している大学一年生が、監視衛星からのレポートを ―― しかも、何年も十何年も観測のレポートを ―― を受けとって、どれほど役に立つものかな、と思ってしまって」

E:"For a college fresh young, the reports from the satellite, in addition reported in several years ago, is really useful ?"

長女:「じゃあ、この本は、全然役に立たない、ということ?」

D: "Do you want to say that this book is not useful at all?"

江端:「そうではない。ジャングルの全体構成を示しているということにおいて、実に意義のある本だと思う。ただ、この本を読んで、ジャングルを理解したような気になるのは危いんじゃないかなぁ、と思って」

E:"I think it is useful for you. However, if you breathe a sigh of relief, it might be dangerous, I am afraid. This book doesn't cover all risk of your campus life"

長女:「ではどうすればいいの?」

D:"What should I do on earth?"

江端:「そうだなぁ、結局のところ『腹を括ること』かなぁ」

E:"Let me see.... "prepare yourself for the worst", after all"

長女:「はい?」

D:"Pardon ?"

江端:「この本の著者達は、自分の失敗体験をベースに、この『大学1年生の歩き方』を執筆している訳で、それは、多くのケースで応用できるのだろうけど・・・」

E:"These authors wrote their own failure stories based on their campus life, and I believe that this book is useful for your future accidents"

長女:「?」

D:"?"

江端:「だからといって、この本で、これから起きるであろう自分の問題を回避できるというということにはならない ―― 当然だけど」

"However, you could not avoid all your troubles in your future campus life. as might be expected"

長女:「・・・」

D:"..."

江端:「結局のところ、どんなに下調べようとも、どんなに慎重になろうとも、最後には、自分なりに見苦しく『ジタバタ』しなければならないと思うんだ」

E:"Ultimately I think, even if you do preadjustments or come to be watchful, you should show your disreputable appearance to others, finally""

長女:「ああ、そういうことね」

D:"I understand"

江端:「私は、『大学1年生の人数だけ、ジタバタの数がある』と思うんだ」

E:"Numbers of disreputable appearance seem to be equal to numbers of college fresh young, I think"

-----

で、私達は、誰も皆、

In addition, we all come to be adults, who

■その「ジタバタ」を乗り超えただけで、世界を分かったような気になり

feel understanding the world by just jumping over the disreputable appearance

■将来、飲み会で、若い奴に説教を垂れる、ウザい大人になる

will become annoying adults to preach to the young guys at the drinking party in the future

いう事実から、逃げることはできない

We all cannot run away from the fact.

―― という、ことについては黙っていることにしました。

I decided to be silent about the above


2017-05-23 ―― あのようなナンセンスなフレーズをアウトプットする訳がない [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ですから、私が、今回、この大臣を「ダメ」と判断したのは、「コンピュータシステム」としての大臣が、「壊れている」と判断したからです。

Therefore, the reason I thought "this minister has already been broken" is that I judged "this computer system has already broken".

-----

震災対応を専属に担当する大臣であれば、

Even if he is the minster who is corresponding to the big and terrible earthquake in 2011,

その震災に対する、

he should have done the following tasks,

■徹底的な現地調査、

thorough field investigation

■膨大な量の数値把握とそれに基く解析、

understanding the enoumous numbers of the damage and the analsis based ont eh numbers,

■復興に関するロジカル思考に基づく計画立案と、

planning recovery program logically, and

■それを推進する他為の予算の確保や、関係者の利害調整を実施する

getting budget to realize above task and avoid conflicting of interest,

「巨大駆動装置付きのスーパーコンピュータ」

Tha means, he must be a super-computer with enoumous drive units

でなければならず、

and,

そして、上記の4つのタスクを実行している「スーパーコンピュータ」であれば

even if he were the super-computer, that executes the above four tasks,

―― あのようなナンセンスなフレーズをアウトプットする訳がない

"he could not have made the thoughtless phrase absolutely"

からです。

この「スーパーコンピュータ」は、与えられたタスクを、正常な状態で実施できていない ――

In other words, the super computer could not execute the given tasks correctly

つまり、あの大臣は、本来の任務を実施することのできない「壊れたスーパーコンピュータ」だった、

"Broken Super Computer", that could not fulfill the primary duty.

というのが私の解釈です。

This is my understanding about him.

私は「壊れたモノ」を、批判、非難するようなことはしません。

I don't blame and criticize any "broken object".

壊れているのであれば、内閣というメインシステムから切り離せば、それで良いのです(そして、それは、メインコンピュータ(首相)によって実施済み)

Even if the computer system has broken, it is enough to be broken out of the main system (and it had already finished by the prime minister, as a main computer system)

「壊れたスーパーコンピュータ」であっても、今後、OSやソフトウェアや、担当業務を変えれば、上手く動き出す可能性もあります。

Even if he is a broken computer, it will work well, based on new OS, software or other missions.

ただ、これまでの経緯から見て、今回は「ハードウェアの故障(=本人の資質)」という気がしますので、「廃棄」がてっとり早いかもしれません。

However, from the view of his previous works, I am afraid that it is not software problem, but hardware drawback( qualification in himself). "Scrap it" might be better.


2017-05-22 『ああ、この人、最初から「壊れて」いたんだ』 [長年日記]

最近、『2011の大震災が東北でよかった』という発言をした大臣が、辞任をよぎなくされました。

Recently, a minister who said "it was lucky for us that the 2011 big earthquake disaster happened in Tohoku-area", had to be resigned from the cabinet.

世間の多くの人が、不謹慎、非常識、という観点から、激怒という感情とともに、この元大臣を断罪していましたが ――

Many people had blamed him, from the viewpoint of impudicity or lack in common sense with feeling of outrage.

私は、逆にスッキリしました。

However, I became refresh. I could make clear that

『ああ、この人、最初から「壊れて」いたんだ』

"Well, this person have already been broken from the beginning"

ということが、はっきりしたからです。

-----

私は、大臣を「高度な情報処理能力を有するコンピュータシステム」と見なしています。

I think a minister is a kind of a computer system, that have high performance information processing.

そして、内閣を、自律分散型のコンピュータシステムの集合体、System of Systems(SoS)と考えています。

And a cabinet is a System of Systems(SoS) that are composed of autonomous distributed computers.

そもそも、大臣になれるような人は、原則として、頭脳明晰です。そして、彼らは、膨大な情報を、人脈というネットワークを介して、超高速で処理することができる人間です。

To begin with, the person who has become a minister, have a sharp mind. Because she/he can operate enormous informations at supersonic speed with their human network.

このような人間を、「コンピュータシステム」として把握することは、それほど的外れではないと考えています。

I think it is almost correct to make them "computer systems".

-----

私は、大臣が、異性/同性スキャンダルを起こそうとも、その息子や娘がどんな事件を起こそうとうも、

Even if they are involved in sexual or family scandals, I really think

―― 本当にどーだっていい

"I don't care of them at all"

と思っています。

その人物が、国益(というか私の利益)に資しているのであれば、私はそれで十分です。

It is enough for me that they are working for public welfare or my private profit.

(続く)

(To be continued)


2017-05-21 この私の有り様は、自分自身でも「アンフェア」にも程がある、と思う [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

偏見を払拭する為には、「偏見をしない」という「思い込み」程度では、全然足りません。

In order to dispel the "prejudice", the thought of "Do not dispel prejudice" is not enough at all.

その偏見の中に、自分自身を突っ込む覚悟で、人生の膨大な時間を費す覚悟なしに、その偏見の払拭は果たせない ――

I cannot get over my prejudice, without preparedness of diving into the prejudice pool or spending much time of my life.

これが、私の持論です。

This is my opinion.

まあ、私は、この持論をあなたに押しつける気はありませんが。

However, I don't want to enforce you this my opinion at all.

-----

さて、私がなぜこのような話をしたか、というと、次のようなことがあったからです。

Well, the reason why I have started to this topic is that

開いていた次女の部屋のドアから、部屋のカベが見えた時、そこには、西尾維新先生の「化物語」シリーズに登場するキャラクターの絵画が沢山張られていました。

When my junior daughter's room door opened, I saw a lot of pictures of characters of "BakeMonogatari" on the wall.

私は、この壁に貼られていた絵画を、

When I saw the pictures, they moved me,

―― 素晴しい芸術作品

"These are splendid art works"

と思ってしまったからです。

すくなくとも、この絵画を見て、

At least, I didn't feel

―― 怖い

"fear"

とは思えなかったのです。

of the pictures.

-----

「アイドル写真」なら「怖く」て、「化物語のイラスト」なら「素晴しい芸術作品」――

"Idol picture" made me feel of fear, but "Bakemonogatari's pictures" made me feel of "splendid"

この私の有り様は、自分自身でも「アンフェア」にも程があると思い、今回の日記の執筆に至った、という訳です。

I am afraid that The above my behavior was extremely "unfair", and I began to start this topic.


2017-05-20 ―― 偏見を払拭する為には、その偏見の対象に対して、徹底的に調べつくす必要がある [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もっとも、自分の部屋に、アイドルの写真を貼りつけまくろうが、美少女フィギュアを膨大に陳列しようが、コスプレの衣装をぶら下げていようが、

However, in your room, pasting the idol photos, displaying a lot of beautiful girl figures, or hanging cosplay costumes, like a waterfall

それは、完全に個人の自由です。

It is completely free for you.

私だって、自室はパソコンとIoTデバイス(EtherCATスレーブや、ラズパイ)と書籍(4コママンガから、政府の白書まで)散乱しているのですから、同じことです。

For me, it is the same situation. Personal computer, IoT device (EtherCAT slave, Raspberry) and books (from 4 manga to the white paper of the government) are scattered in my room.

だから、上記の私の期待値の変動(50%→0%)は、はっきりいって、アイドルのファンに対する、私の無礼なまでの

So, the variation of my expectation above (50% → 0%) was clearly,

「偏見」

my rude prejudice against idol fans.

であると ―― 大学生であった、その当時の私ですら、自覚することができました。

Even I was a college student, I was able to recognize it.

しかし、この「偏見」というのは、結構あなどれない奴でして、偏見によって「私の職務(アルバイトだけど)」にも変動が生じてしまっていたのは、紛れもない事実です。

On the other hand, this "prejudice" is fairly incomprehensible. It was undeniable fact that there was fluctuation in my job (just part-time job) by prejudice.

これは、「成績上昇請負人」としての家庭教師としては、最低にして最悪の資質と言えましょう。

This was the lowest and worst qualification as a tutor of "performance grading contractor".

だから、私は、教職を志すことを断念した(この話、ほんとうにしつこいので、以下省略)。

So, I abandoned my willingness for teaching(Because this story is really persistent, it is omitted below).

-----

これは私の持論なのですが、

This is my opinion,

―― 偏見を払拭する為には、その偏見の対象に対して、徹底的に調べつくす必要がある

"in order to eliminate prejudice, it is necessary to thoroughly investigate an object of the prejudice"

私は、週末ライターをやっているおかげで、これまで様々な偏見(の一端)を払拭できたと思っています。

I think, thanks to being a weekend writer, I could dispel various prejudices (of the part).

「同人誌」「初音ミク」「性同一性障害」「人身事故」などに対する私の偏見は、その環境に対する沢山の資料の調査、そして、特に、当事者への直接のインタビューによって、不可逆的に消滅した、と考えています。

The prejudice against "doujinshi" "Hatsune Miku" "sexual identity disorder" "human train injury", had disappeared irreversibly, by investigating lots of materials or interview for the people.

―― なぜ、そう言い切れるか

"Why can I say that?"

なぜなら、私は、その分野の当事者の人を、

Because I came to think that

『今後も支援し続けていきたい』

"I would like to continue to support the persons in that situation in the future"

とまで、思えるようになったからです。

と、同時に、私は、「偏見」を払拭するエネルギーは、私が想像するよりも膨大なエネルギーを必要とすることを思い知りました。

And at the same time, I realized that the energy to dispel the "prejudice" needs enormous energy than I imagined.

(続く)

(To be continued)


2017-05-19 その部屋に入った時の私の第一印象は ―― 怖い [長年日記]

大学生の頃、家庭教師を依頼された時のことです。

When I was a college student, I was asked a tutor.

こういうもの言いは不遜だとは思うのですが ―― なんとなくパッとしない、才気の感じられない ―― 中学生の女の子でした。

I think that these kind of talks are irreverent, however she was a girl of a junior high school student who was somewhat disappointing and non-intelligent.

挨拶ができない、人の調子に合わせた会話ができない、演技のフリができない(分かったフリとか、分からないフリ、とか)。

She could not give a greeting, not talk to people according to the condition, and not pretend to act (pretending understanding or not).

いわゆる、今でいう「コミュ障(コミュニケーション障害)」と呼べるものだったのかもしれません(私は、この言葉の正式な定義も用法も知らずに使っています)。

She might be called so-called "communication obstruction (communication disturbance)" however, I do not know the definition of this word nor usage.

嫌な話だと思いますが ―― 成績の良い子どもというのは、基本的に、この辺の対応は、軽々とクリアしていることが多いです。

Though It might be a uncomfortable story, children with good grades, basically, will have the communication skill normally.

もっとも、軽々とクリアしている子どもが、必ずしも成績の良い子どもでとは限りませんが(単なる、お調子者だったりすることもある)。

However, all of them are not children with good grades (parts of them may be just a petty person).

いずれにしても、私は期待値を50%にして身構えていました。

Anyway, I set my expectation at 50% and I was on standby.

-----

私が、彼女の勉強部屋に入った時、その期待値は、50%から0%まで一気に大暴落しました。

When I entered her study room, my expectation felt down dramatically from 50% to 0%.

部屋の壁という壁に、ある男性アイドルの写真やポスターがベタベタと張ってあったからです。

On all the walls of her room, a pile of male idol photos and posters were sticky.

その部屋に入った時の私の第一印象は、

My first impression when I entered the room, was

―― 怖い

"scared"

でした。

(続く)

(To be continued)


2017-05-18 私は、内務省直属の攻性公安警察の機動隊ではないけど ―― 欲しい。 [長年日記]

昨日の話の続きになるのですが、

Continuing to the last diary,

ビッグデータについても、

About both "big data" and "open source" implementing full functions

全機能をフルセットした膨大なオープンソースについても、

共通して言えることは、

the commonly observed features are

―― 大きすぎることは、良くない

"Too big is not good"

ということです。

大きくなれば、大きくなるほど、全体を把握して、管理することができなくなるからです。

The bigger objects are, the more difficult they are observed and managed totally.

-----

私は、調査することがメインの仕事なのですが(Research Engineerというくらいですから)、複数の本や資料を同時に読む必要があります。

My main work is to research something ( I am a "research engineer"), so I often read several books and materials simultaneously.

デジタルの時代に、机の上に、何冊もの本を広げるということには、なんとも違和感を感じるのですが。

In this digital era, I feel unreasonable to open several books on the desk, however,

しかし、この複数の資料の情報を「紐づける」ことが、PCやスマホでは絶望的に難しいのです。

associating between these several information is too difficult for PC or smart-phone.

この結果として、沢山のマルチディスプレイを壁に設置して、電気代を消費することに罪悪感があります。

As a result, I am sorry that I have to install many display on the wall, and waste the electric power.

ちなみに、私の部屋には、開いた状態のノートPCが壁に貼りつけられており、嫁さんにして曰く ―― 「アジの開きのようだ」という状態ですらあります。

In my room, an opened Note PC is attached on the wall. my wife said "like opened and dried fish".

つまり、

I mean,

―― 小さすぎることは、良くない

"Too small is not good"

ということです。

小さくなれば、小さくなるほど、全体を把握して、管理することができなくなるからです。

The smaller objects are, the more difficult they are observed and managed totally.

-----

つまり、ビッグデータであれ、ソースコードであれ、PCであれ、スマホであれ、

This means, even if it is big data, or source code, or PC or smart-phone,

―― それらは、私達人間にとって良くないもの

"each of them is not good for human being"

である、ということが言えそうです。

might be true.

これを解決する方法があるとすれば、

To resolve the problem,

『私達の首筋にUSBのI/Fを具備して、脳とコンピュータシステムを直結する』

"we have to embed USB I/F on the back of our neck, and connect our brains with computer systems"

くらいしかないと思うんですよ。

might be the last method, I think.

私は、内務省直属の攻性公安警察の機動隊ではないけど ―― そのI/F 欲しい。

I am not an aggressive riot security police of Interior Ministry, however I also want it.