2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|

2018-02-22 文系の人こそが、プログラミングをして、シミュレータをサクサクと作る ―― そういう未来は、十分ありえます。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ところで、今や自宅のパソコンで、日本の国民全員をオブジェクトとして取り扱える計算ができるようになってきているという事実は、多分、

By the way, a personal computer(PC) has enabled us to calculate behaviors of all people in Japan using virtual objects. I am afraid that

―― 人文系の学問の人達への大きなプレッシャーになっていくんだろうなぁ

"the face will increase the pressure for the person in human science field"

と思っています。

従来は、

Before it was enough that

● 仮説 -> データや自分なりのロジック -> 検証

My hypothesis -> objective data or my logic -> my validation

で十分だったもしれませんが、これからは

However, now, I think that they should add the following activities, and

● 仮説 -> データや自分なりのロジック -> 数値シミュレーション/数理モデル -> 検証

My hypothesis -> objective data or my logic -> numerical simulation or mathematical model -> my validation

数理アプローチを、避けて通ることができなくなるはずです。

they will not avoid mathematical processes.

文系の人こそが、プログラミングをして、シミュレータをサクサクと作る ―― そういう未来は、十分ありえます。

Researchers with majors in the school of humanities, should produce simulation programs in large quantities. It is realistic future, I think.

-----

という訳で、私信です。

Hereinafter, private communication from me

To:江端家の娘たちへ

to my daughters

●父は、プログラミングなら教えることはできると思います。

- Your father can teach programming to you.

●「古代呪術言語(C/C++)」以外でもなんとか対応しますので、必要なら相談して下さい。

- I am going to adjust to "Ancient spell language(C/C++), let's ask me an advice.

●実施するモチベーションや題材がないというのであれば、私が「外注」出します。

- If you don't have proper motivative example and problems, I will farm out to you.

●納期さえ守れば、ギャラも支払います。

- Before due date, I will pay for money.

●『世界は、この俺の手の中にある!』という感じは、日常では味わえない快感です。

The feeling that "the world is in this hand of me!" ss a pleasant sensation that I can not taste in daily life.


2018-02-21 なにしろ、私は、malloc(), free(),そして、コンピュータの生モツ(OS)に直接触れられるような ―― 「古代呪術言語」までをも操れる ―― 数少ない長老の一人と自負しております。 [長年日記]

ご存知かと思いますが、私は空気を吸う様に(というと大袈裟ですが)「シミュレータ」を作りまくっています。

You may know that I continue to make several kinds of "simulator" on a day-to-day basis.

基本的に、シミュレーションが「好き」であるからですが、それ以外にも、(今となっては、大変使い難いとされている)

Basically, I like to make simulation programs. Moreover I am a

―― C/C++という言語のネイティブ

"Native speaker of C/C++ (program) language.

であるからです。

even if the language has a bad reputation,

「C/C++王国」という国があったら、少くとも、言語については、全く不自由なく生きていけると思います。

If there is a nation whose name is "C/C++ kingdom", I believe firmly that I don't have to worry about communication in the nation.

ガイドブックや、一言フレーズ集などなくても、ベラベラとその言語をしゃべれるからです。

I don't need any illustrative sentence book and sightseeing brochure.

なにしろ、私は、malloc(), free(),そして、コンピュータの生モツ(OS)に直接触れられるような ―― 「古代呪術言語」までをも操れる ―― 数少ない長老の一人と自負しております。

Above all, I feel proud that I am one of wise old mans who can use "ancient spell language" that enables me to touch a computer operating system directly, with some system calls.

-----

しかし、「シミュレーションが好き」というのは、「数理モデル化が苦手」という言葉の裏返しでもあります。

However, I am afraid that the words of "I like simulations" means, on the contrary, "I dislike mathematical model".

The other days, I wrote a story that my simulations duration became zero, by a mathematical model that a reader presented to me.

(乱数と山ほどのオブジェクトを使った)力づくのシミュレーションは、ちゃんとした(統計とか微分方程式を使った)数理モデルと比べれば、

My enforced simulations (which use a lot of random numbers and objects) are

―― 醜悪で見苦しい

more "ugly and awful"

という見方もできると思います。

than mathematical models( based on statistic and differential equation)

勿論、昔のコンピュータの能力では、「力づくのシミュレーション」そのものが、難しかったという事実もあります。

Of course, it was true that the performance of computers of old was too poor to do the "enforced simulations"

ですから、物理現象を模擬するようなシミュレーション(磁場や電場解析とか、天気予報など)では、コンピュータの計算能力は、どんなにあっても、「ありすぎる」なんてことはありえません。

So, we have always needed more computer performance, especially in the field of physical science, for example, magnetic, electric and weather analysis, there is no reason that we don't need any more performance.

(続く)

(To be continued)


2018-02-20 あの頃の私は、一体何を求めていたんだろう? ―― 今となっては、本当によく分からんのです。 [長年日記]

「ゆるキャン△」というアニメが楽しいです。

I enjoy an animation, whose title is "Yuru-camp"(means, "loose camping")

なぜか ――

The reason is

When I was young at the same age of the girl heroines, I had dome same types of camping (in fact, I think my camping was harder than them)

ただ、ですね ―― 「冬キャンプ」なんかやったら、本当に死ぬんじゃないか、と思うんですよ。

However, I am really afraid that "camping in winter" will let them die.

-----

In my case,

●「春キャンプ」で凍死しそうになりましたし。

- I was almost frozen to death, even in spring camping.

●「オウム真理教」(テロ事件前)のラジオ放送で、怯えさせれましたし、

- A radio program of Aum Shinrikyo(before terror attack) frightened me to death.

●雪崩で林道を塞がれて、50kmの大迂回を余儀無くされましたし、

- A snow avalanche that blocked a forest road, compelled me more than 50 km reroute

●海で高波にさらわれそうになりましたし、

- I was washed away by the high waves near the sea.

-----

―― どこが「ゆるキャン△」だ

"Where is Yuru-camp ?"

と、自分で自分に突っ込んでしまいました。

I repeatedly asked myself the same question unconsciously

ハードキャンプ→「はどキャン▼」、きついキャンプ→「きつキャン▼」、固いキャンプ→「かたキャン▼」

"Hard camping", "Tough camping" or "Solid camping"

と呼ぶ方が相応わしいと思います。

are suitable for my early days.

-----

I think that I repeated punitive activites when I was young.

あの頃の私は、一体何を求めていたんだろう? ―― 今となっては、本当によく分からんのです。

"What did I want when I was young?" I don't know it at all by now.


2018-02-19 (2)江端家次女へ:最期のページの最終行を読んで、私に感想を送付すること [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number" : Work style reform(6) "

Governments and companies that confront with "side work" What are the benefits to workers?

-----

(1)最後のページで、後輩に全部「持っていかれた」

My junior of my company took a big bite out of my this column.

(2)江端家次女へ:最後のページの最終行を読んで、私に感想を送付すること

To: my junior daughter: Read the last sentence in the last page, and give me your impression.

以上

That's all


2018-02-18 文部科学省は、『「メシ」「服」「日曜大工」程度では、全然足りん』と言っているのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

In "Junior High School Study Instructor's Commentary Techniques / Home"(Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, July 2008) on p.27., there is a description of "soldering iron".

『国家が国民(こども)に要求している水準』は、びっくりする程、高かったのです。

"The level that the state is requesting the citizens (children)" was surprisingly high.

料理、裁縫、木工は当然に記載されており、さらに、「はんだごて」の意義についても、

Cooking, sewing and woodworking are naturally written, and furthermore, regarding the significance of "soldering iron", the following issues are described clearly.

(1)屋内で,電流制限器や漏電遮断器などの働きについて学ぶ

(1) Learn about the function of current limiter, earth leakage circuit breaker etc. indoors

(2)電気機器を安全に利用する仕組みについて学ぶ

(2) Learn about the mechanism of using electrical equipment safely

(3)電気機器による事故の事例や,それらを防止するための装置について調べることを通して,漏電による機器の損傷や感電等の事故を防止し,機器の性能を最良な状態で継続的に発揮させるための手入れや点検の必要性を学ぶ

(3) Learn to (a)prevent accidents such as equipment damage and electric shock due to electric leakage,(b) need Maintenance and inspection to continuously demonstrate the performance of the equipment in the best condition, through examining, the devices and examples of accidents caused by electrical equipment

と、クリアに記載されています。

-----

一言で言えば

In a word, that means,

「自宅の電気の問題が起きても、自分で直せ」

"Even if the problem of electricity at home happens, you can fix it yourself"

ということです。

-----

文部科学省は、『「メシ」「服」「日曜大工」程度では、全然足りん』と言っているのです。

The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology said "Cooking"," Clothes", and "Do-it-yourself" ar not enough".

その一歩として「はんだごて」です。

One step is "soldering iron".

という訳で、私の意見「お前の学校の教師って、バカか?」は、撤回し、謝罪致します。

So I will withdraw my opinion of "The teacher of your school is stupid ?", and apologize to the teacher.

文部科学省も現場の先生も、ちゃんと分ってやっていることを、私はキチンと理解しました。

Both the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology and the teacher in the field, understand that what they have been doing properly.

-----

そして、若い人に言っておきます。

And I will tell youth

私たちの国の政府は ―― 『けっこう、厳しいぞ』

Government of our country - "they are pretty tough"


2018-02-17 ―― お前の学校の教師って、バカか? [長年日記]

私の娘の学校では、技術の授業に「はんだごて」を作らせているらしいです。

I heard a teacher makes students make "soldering iron" at my daughter's school.

―― お前の学校の教師って、バカか?

"The teacher of your school is stupid ?"

思わず、こんなセリフが口をついて出てしまいました。

Accidently, I said such a line from my mouth.

-----

「はんだごて」は、「はんだ」という金属を溶かして、電気や電子部品を電気的に接続するものですが ―― 当然、高温を発する危険な器具です。

"Soldering iron" is a device that melts metal "solder" and electrically connects electricity and electronic parts. However it is a dangerous device that generates high temperature.

私のようなエンジニア(「電気工学」で学位持っています)を除けば、「はんだごて」の存在を知っている人が、どれほどいるのか、私には分かりません。

Except for engineers like myself (I have a degree in "electrical engineering"),I do not know how many people know the existence of "soldering iron".

それ以上に、「自作のはんだごて」の使用は、それ自体が危険です ―― 私なら、安全基準をクリアした製品を購入させて、正し使い方を教えます。

More than that, the use of "home made soldering iron" is itself dangerous. I will let my daughter purchase mass commercial products with safety standards and teach how to use "soldering iron".

私の時代でも、「ドライバー」を作らされていましたが、今は100円ショップで手に入るものを・・・

I let me make "drivers" at my junior high school, and we could buy "driver" at the 100 yen shop.

というと、私自身の行動(「自作好き」)も否定されることになるのですが、それでも、優先順位があるはずです。

If I says, my own behavior ("self-made love") will also be denied, but still there should be a priority.

----

技術でやるべき優先順位は、決っています。

This priority should be done in technology and home economics classes.

(1)料理:ごはん、味噌汁をベースに、あとは、残りもの食材で、炒め物、煮物、焼き物を2種類づつ教えれば十分です。

(1) Cooking: Based on rice and miso soup, it is enough to tell two kinds of fried foods, simmered foods and pottery items with the rest of the ingredients.

(2)裁縫:ぼたん付け、破れた部位の補修の基礎知識。

(2) Sewing: Basic knowledge on repairing of broken parts, broken parts.

(3)木工:簡単な荷台、本棚、壁に作る棚です。木工板はDIYショップで寸法を指定して切って貰えば足ります。あとは木工ボンドと電動ドライバーの使い方を教えれば十分です。

(3) Woodworking: Easy loading platform, bookshelf, shelves to make on the wall. It is sufficient to designate the dimensions in the DIY shop and cut it for wooden boards, in addition, how to use woodworking bonds and electric drivers.

後は、水道管が破裂した時の元栓の場所の見付け方、ガス漏れ時の連絡方法などです。

After that, how to locate the main plug when the water pipe ruptures, how to contact when gas leaks etc.

-----

基本は、

Basically,

『一人暮らしを生きる技術の取得』

"Acquisition of technology to live alone"

です。

is important.

技術家庭科は、もはや実学として、他の教科を超えて超重要な学問です。

Technical home economics classes are no longer a practical study, beyond other subjects.

それが、「はんだごて」の作り方(×使い方)? 一体何考えているんだろう?

That is how to make "soldering iron" (How to use)? What on earth are you thinking?

電気系のエンジニアである私ですら、さっぱり訳が分かりません。

Even my electrical engineer I cannot understand the reasons at all.

『しかし、本当に現場の教師がバカなんだろうか?』と思い、ちゃんと調べてみました ―― そして、意外な事実に驚きました。

I thought that "are they really stupid?" I examined it properly - and I was surprised by the surprising fact.

(続く)

(To be continued)


2018-02-16 長女:「パパの言うことは信じない。平気で嘘をつくから」 [長年日記]

家族で、"友人"をテーマに話をしていた時のことです。

This was the story when my family talked about "friends".

江端:「私には、"友人"と呼べる人いないからぁ」

Ebata:"I don't have anyone who I can call a friend"

長女:「パパの言うことは信じない。平気で嘘をつくから」

Senior Daughter(SD):"I don't believe you. You make no bones about telling lies"

江端:「"嘘"ではない。敢えて言うのであれば、"愉快な演出"と言って欲しい」

Ebata:"Not telling lies. I dare to say that it is a "cheerful presentation""

SD:"In Singapore, when I saw that you talked with the taxi driver cheerfully, I decided that "You are a liar"

江端:「いや、あの程度の英会話では、全然お話にならなくて・・・」

Ebata:"There is a limit to work it well for my daily business..."

長女:「英語をしゃべっていたことは事実だ。だから『嘘つき』だ」

SD:"It was true that you could use English abroad. So you are a liar"

江端:「そうじゃなくて、ええっと、何て言えばいいのかな・・」

Ebata:"It is your misunderstanding, How to explain it to you ..."

と、嫁さんの方に振りかえった、嫁さんは娘に向かってこう言いました

I made eye contact with my wife, and my wife said to her.

嫁さん:「つまりね、『パパの会社』や『パパの仕事』の内容から見れば、 ―― パパの程度の英語力では、全く『お話にならない』 ―― 訳なの。分かる?」

Wife:"Let me say... From the viewpoint of Papa's works and the company's qualities, Papa's English proficiency is "just a joke". Do you understand?"

------

うん、二人とも、正しいのだけど、"二重"に傷つけられている気がするのは、何故だろう?

Yes. I could agree with their opinions perfectly. However How do I felt that I was hurt doubly by them ?


2018-02-15 「恋人というのは、とかく高いところに登りたがるよなぁ」 [長年日記]

娘がデートで、東京スカイツリーに行ったという話を聞いた時に、思わず、

When I heard that my senior daughter had a date to Tokyo SkyTree, in spite of myself, I said

「恋人というのは、とかく高いところに登りたがるよなぁ」

"Lovers are inclined to go high"

と、言ってしまいました。

私も、昔、嫁さんを連れて、大阪で一番高いビルのバーで夜景を見ながら一杯飲んだことがあります(で、その後、地下の居酒屋で、焼き鳥を食べていましたが)

I also went to a bar and drink with my wife at the top floor of the highest building in Osaka. (After that, I moved to a pub at the underground of the building and had grilled chicken.)

江端:「『バカと煙は高いところに登りたがる』という格言からして、多分、『恋人どうしは、図らずも"バカ"になる』と言えるのかもしれない」

Ebata:"There is a proverb of "smoke and foolish person are inclined to go high", so "Lovers become foolish accidentally" might be true."

長女:「そういえば、以前、ツイッターで、『クリスマスになると、あいつら、やたらイルミネーションに集まるけど、あいつら"虫"なの?』というのがあった」

Senior D:"as I recall, there used be a Twitter's comment of "When the Christmas comes, lovers are crowd around illuminated places. Are they insects?"

江端:「人間、恋愛中くらいは、"バカな虫"であるべきだと思うよ。人生、"バカな虫"でいられる時間は結構短いと思うから」

Ebata:"I thinks the lovers should become foolish insects. The time we become "foolish insect" is shorter in their life"

それを聞いていた嫁さんが、感嘆したように言いました。

After hearing it, My wife said with admiration

嫁さん:「語るねえ~」

Wife:"You tell a lot"

江端:「私は『恋愛』語ると、熱いよ」

Ebata:"I talk about "love" enthusiastically."

長女:「知っている。『長い』」

Senior D:"I know. and it is long"

次女:「『くどい』」

Junior D:"Repetitive"


2018-02-14 ―― 『あんなに、一生懸命働かなくても良かった』と後悔している [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ところで、多くの人が、リタイアした後や、死を迎える前に、

By the way, there is worth listening to a story that retired or terminal people said

―― 『あんなに、一生懸命働かなくても良かった』と後悔している

"I should not have worked harder, while be working"

ということは、傾聴に値します。

これって、人生の色々な場面で言えます。

We have already experimented on the several scenes in my life.

特に、私たち大人は、

Especially we adults, know well that

『ティーンエイジャの友人関係なんぞ、その後の人生において、髪の毛程の価値もない』

"There is no meaningless relationships with friends of teenage era in our life"

ことを、よく知っています。

しかし、社会人である私達にとって、

However we, as working people, cannot say

『会社の上下関係なんぞ、髪の毛程の価値もない』

"There is no meaningless hierarchical relation in our company"

と、"リタイア後"には思うだろうな、ということは分かっていても、会社の上下関係を無視して行動することなんぞ、怖くてできる訳がありません。

We can forecast the future after our retire, but we cannot act to ignore the hierarchical relation because of worry and fear.

-----

結論として、私達は、「ラクして生きることはできる」のでしょうが、あるフィード内にある時は、「ラクして生きる勇気はない」ということで、

In conclusion, we can "take our life easy" but we don't have courage to "take our life easy" in a specific field and time.

私達は、結局、

After all, I think that we will

―― 「後悔することになる」ことを、折込済みで生きていくしかない

"regret our extreme worry and fear, at the time of retirement or end-of-life"

ということです。


2018-02-13 脳の疲れ方が違うなぁ ―― と実感しています。 [長年日記]

ここ2~3ヶ月ほど、プログラムのコーディングに狂っていました。

I have been crazy for a programming for a few months.

報告書等のドキュメントワークが溜りに溜って、コーディングを一時中断せざるを得なくなりました。

However, I have left a lot of document works, so I had to stop the programming.

で、ここ数日、鬼のように文章を書きまくっているのですが、疲労の内容が違うようです。

For a few days, I wrote and wrote documents, and I noticed that there are two types fatigue.

-----

脳の疲れ方が違うなぁ ―― と実感しています。

I realize that the overloads of brain are different,

コーディングの場合、100万のオブジェクト全部を、同時に追跡するというような緊張状態が続き、帰宅時には、脳も体もフラフラになります。

In case of the coding, I have to chase more than 1 million's object at the same time, so I am exhausted when going home.

ドキュメントの場合、一本、筋の通ったストーリーとしなければならず、どこか一箇所でもロジックが破綻していると、その破綻を修復する為に、他の破綻を生み出す、という連鎖で、ストレスが極限に達します。

In case of the writing, I have to make a story with a reasonable logic. Even if one collapse of the logic happens, I have to make another collapse in order to fix the previous collapse. That is a negative catenation, so called. Anyway I have been under a lot of stress.

どっちも、ラクではありません。

Both of them are not "easy".

しかし、私の望みは、「ラクして、日々を送りたい」です。

However my ultimate hope is "to live my life easily".

「金」も「名誉」も、そこそこあれば良いのですが、私にとって、これらは「ラク」と可換可能です。

Of course, I want "money" and "honor", however I can exchange them with "easy" for me.

しかし、「ラク」を極めると、「金」も「名誉」どころか、「私ができそうな仕事」を失いかねないので、なかなか「ラク」に倒れることもできません。

However, when we want to become a "easy" master, I think that I will lose not only "money" and "honor" but also "my favorite works". So it is difficult for me.

(続く)

(To be continued)