0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|

2020-01-22 ―― 他人の恋愛ざたに口を出すと、痛い目にあう [長年日記]

ご存知の通り、私は各種の雑学知識のある方だと思っていますが、まったくダメダメな分野が一つあります。

You may know that I am a trivialist of several fields, however, I am not good at a specific field.

恋愛です。

"Love affair".

以前も申し上げましが、私の二人の娘は、世間に溢れるコンテンツから推測するに、「リア充」というもののようです。

I said it before, that my two daughters seems to live a fulfilling life with love affair"

しかし、「リア充」は「リア充」なりに、色々悩みもあるようです。

However, even their life is fulfilling, they seems to have their own troubles.

-----

我が家のリビングで、娘たちは、彼女らの彼氏に対する不満をぶちまけています。

In the living room, they are complaining about their lovers.

そして、私は、(話の中に登場する)彼氏の言動や行動が心理が、本当によく理解できます。

And I can understand the sayings, actions, and mentals of their lovers, deeply.

しかし、黙っています。

However, I keep silent basically.

―― 他人の恋愛ざたに口を出すと、痛い目にあう

I will get burned if I put in a word about other's love affair.

これは、私の中では、定理ではなく、公理です。

In my mind, this is not a proposition but a principle.

------

だから、

So I don't want answer their questions about your lover.

『パパ! どう思う!!』

"Dad! How do you think about it ?"

と、言って、お前たちの恋愛事情を、私に振るのは止めて欲しい。

答えたくないし、答えられない。

I don't want to say, and I cannot say it.

私は、恋愛における「男性代表」としての公式見解を出せるだけの、経験がありません。

I have had no experiments about love affairs to answer the public comments from the view of "males".


2020-01-21 ―― 終身リカレント教育 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もっとエゲつなく言えば、どちらか一方が選ばれるフェーズ、あるいは、両方が切り捨てられなければならないフェーズに直面した時に、

To put it worse, when faced with a phase where one or the other must be truncated,

その後の私たちの人生にとって、どっちが「マシ」か、ということです。

Which is better for the rest of our life?

-----

Recently, the word "recurrent education" has been hailed, but at first I felt uncomfortable.

これは、職種によっても違うのかもしれませんが、エンジニアの世界では、技術の変化(陳腐化)が激しいので、常に新しいことを勉強しつづける必要があるからです。

This may be different depending on the job, however, in the world of engineers, technological changes (obsolete) are so intense that it is necessary to constantly study new things. It is a sort of

―― 終身リカレント教育

"Lifelong recurrent education"

という感じです。

逆に言えば、「勉強し続けてさえいればいい」というのは、結構、気楽な身分とも言えます。

Conversely, saying, "I just need to keep studying" can be said to be an easy-going position.

少くとも、私は、日常的に人間を相手にしつづけなければならない接客業や営業職の人を、嘘偽りなく、本心から「立派」であり、「大変」な仕事であると思っています。

At least, I consider people in the customer service and sales profession, who have to keep on dealing with humans on a daily basis, to be truly "honorable" and "hard" work.

私は、次に生れ変わることがあっても、「接客」と「営業」だけはできない、という確信があります。

I am convinced that, even if the next birth may occur, only "service" and "sales" are not possible.

-----

これは、「人間を相手にする」か、「コンピュータや機械を相手にするか」の違いでしかなく、市場価値という点では、両方とも「技術」と言えます。

This is only the difference between "for humans" and "for computers and machines". In terms of market value, both are "technologies".

そこに「価値」をどう上乗せできるか、が、私達に問われていることなんだろうなぁ、と考えています。

I think what is being asked is how we can add "value" to it.


2020-01-20 『自分で勉強して、語学や技術を取得するのは、かったるい上に、時間がかかる』 [長年日記]

昨日、私の勉強方法をご紹介しました。

Yesterday, I introduced my study method.

しかし、このような技術や語学の勉強方法が、コスト(費用や時間)に見合うか、は検討する必要があるかもしれません。

However, it may be necessary to consider whether such techniques and language study methods are worth the cost (cost and time).

ある語学や特定の技術に精通している人を安い値段で確実に確保できるなら、わざわざ自分で勉強する必要はありません。

You don't have to study on your own if you can keep a specialist of foreign languages and specific skills .

しかし、大抵の場合、そのような人材の確保は、恐しく難しいです。

But in most cases, keeping such talent is terribly difficult.

そのような人材の雇用コストは高く、そして、奪い合いになります(大抵の場合、早いもの勝ち)。

Employment costs for such people are high and competing.

その人材を確保する為だけに、「架空の仕事を発注する」などということを行う会社もあるくらいです。

There are even companies that do "order fictitious work" just to keep the human resources.

-----

一方、

On the other hand,

『自分で勉強して、語学や技術を取得するのは、かったるい上に、時間がかかる』

"It's bothersome and time-consuming to study language and skills on my own."

というのも理解できます。

is reasonable.

つまり、これは、

This is a comparison between

「自分で勉強して使えるようなるコスト」

"The cost of studying and acquiring skills"

and

「勉強して使えるようになった人を確保するコスト」

"The cost of keeping people who have alreay studied and acquired skills"

の比較の話です。

そして、コストが安い方が選ばれるのが、市場原理というものです。

And choosing the one with the lowest cost is a market principle.

-----

しかし、ここで、もう一段階考えておくことがあります。

But we have to think one more upper step. That is

「自分で勉強して語学や技術を使えるようになった自分」

"I who am studying and acquiring skills"

と、

or

「語学や技術を使える使える人間を、確保できるようになった自分」

"I who can keep people who have alreay studied and acquired skills"

には、どちらに市場価値があるか、ということです。

The question is which one has market value.

(続く)

(To be continued)


2020-01-19 私は、こう叫ぶことで、若くて有能なエンジニアを「潰し」続けています。 [長年日記]

プログラム言語を、最速、最短で履修するには、

To use a new programming language as fast and as fast as possible,

■可能な限り短かいサンプルプログラムが記載された、

Purchase a thinner primer

■できるだけ薄い入門書を購入してきて、

that includes the shortest sample program possible,

■片っぱしから、サンプルプログラムを自分で入力する(×コピペ)

From scratch, input the sample program yourself (× copy and paste)

ことです。

このやり方、外国語の学習の世界でも、よく言われていることです。

This is an ordinal way in the world of learning foreign languages.

■厚さ3ミリメートルくらいの、子供向けの読みものを「丸暗記」すること

"To memorize readings for children about 3 mm thick"

が、てっとり早いと言われています。

is said that it is quick.

しかし、世間には、「完全な基本知識の習得が重要かつ先行」と考える人が多くいるようです。

However, many people in the world think that "acquisition of complete basic knowledge is important and preceding".

おかげで、これまで、私は助かってきました。

Thanks to this, I have been in a good position so far.

「完全な知識の取得」などということは、神様でもないかぎり不可能だからです。

"Acquisition of complete knowledge" is impossible unless you are God.

このような人たちがいる限り、私の脅威(ライバル)にはなりません。

As long as there are such people, they will not be my threat (rival).

-----

ですので、私はこれからも声を大にして言いつづけます。

So I will keep saying the followings out loud.

『基礎が大切だ。基礎ができていない奴には、しょせん何もできないぞ』

"The foundation is important. If you don't have a foundation, you can't do anything. '

『基本に忠実であれ。基本ができていてこそ応用があるのだ』

"Be faithful to the basics. Only when the basics are done can there be applications. "

と。

もちろん、そんなこと、私は1mmも信じていません。

Of course, I don't believe it at all.

私は、こう叫ぶことで、若くて有能なエンジニアを「潰し」続けています。

I keep "crushing" young and talented engineers by shouting.

-----

If you look around here, you can understand how I'm continuing to be ugly, unsightly, frightening, and stubborn.


2020-01-18 江端:「分かるも何も、ゲーム理論で、コラムを書いているくらいなんだが ―― 知らなかったか?」 [長年日記]

長女は、大学で心理学を専攻しています。

My eldest daughter majors in psychology at college.

心理学は文系とされていますが、実際のところ、理系より理系している学問です。

Psychology is considered to be a liberal arts, but it is actually a science that is more science than science.

データ収集と、それに基づく統計計算や有意検定などを、日常的に扱わなければならず、下手な理系よりも実践な、フィールドワークが必要とされているようです。

Psychology must deal with data collection and statistical calculations and significance tests based on it on a daily basis. There seems to be a need for more practical fieldwork than poor science.

----

先日、その長女が珍しく、私の部屋にやってきて、頼み込んできました。

The other day, the eldest daughter came to my room and asked for it.

長女;「パパ、ゲーム理論って分かる?」

"Dad, do you know "game theory"?"

ゲーム理論は、心の数値化と定式化を可能とする優れた手法ですが、心理学の学生が、そのフィールドまで学ばねばならないとは、知りませんでした。

Game theory is a great way to quantify and formulate human mind, however, I did not know that a psychology student had to learn to the field.

Ebata: "I know, I'm writing a column in game theory. Didn't you know?"

長女:「知らなかった」

SD: "I didn't know."

まあ、家族といえども、父の著書に目を通す訳ではないので、仕方がないのですが。

Well, even my family can't help reading their father's articles.

江端:「とりあえず、"江端智一" & "ゲーム理論"でググってみろ」

Ebata: "Anyway, try to google with "Tomoichi Ebata" & "Game Theory""

と言っておきました。

I said to her.

-----

その後、長女から大学から配布されているゲーム理論に関するレジュメを見せて貰ったのですが、『こりゃ、分からんだろうなあぁ』と思いました。

After that, she showed me a resume on game theory distributed by the university, however I thought, "Who can understand it by this resume?"

「囚人のジレンマ」は、ゲーム理論の概念の説明に過ぎませんし ―― なにより、つまらん。

The "prisoner's dilemma" is just an explanation of the concept of game theory. Above all, it is boring.

せめて、ゲール=シャプレーアルゴリズムをつかった、「実践的な結婚戦略」を教えるくらいのことすればいいのに、とか、まあ、いらんこと考えていました。

At the very least, the teacher should just teach a "practical marriage strategy" using the Gale-Shapley algorithm, well, I was thinking about it.


2020-01-17 「成人式の廃止」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

少なくとも「成人式でバカをやるバカ」は、世間(メディア)に、そのバカを晒しています。

At least, "persons who behave stupid at the coming-of-age ceremony" are exposing thir stupid to the public (media).

そして、メディア、特に、ネット世界で一度、そのバカが晒されれば、もう取り消すことができません。

And once the stupid is exposed n the media, especially in the internet, it can't be undone anymore.

そして、好んで「成人式でバカをやるバカ」と一緒に仕事や恋愛や結婚をしたい人間がいるとも思えません。

And I don't think there's a person who wants to work, romance or marry with the stupid who plays stupid at the ceremony".

なぜなら、「成人式でバカをやらない」人間の方が、圧倒的に多いからです。

This is because there are overwhelmingly many people who do not play stupid at the ceremonies.

で、多分、「成人式でバカをやるバカ」も、その程度のことは分かってやっているのだと思います。

So, I think "the person who do stupid at the coming-of-age ceremony" also know well.

もし彼らが、『世間の善意や優しさ』なんぞを、まだ信じているのであれば、「矯正不能のバカ」として放置して良いでしょう。

If they still believe in the goodwill and kindness of the world, You can leave them as "uncorrectable stupid".

-----

もし本気で、私たちが、このようなバカの発生を止めようと思うのであれば、これしかありません。

If we really want to stop such stupid occurrences, that's it.

「成人式の廃止」

"Abolition of the coming-of-age ceremony"

です。

まあ、そこまで極端な施策をしなくとも、

Well, if not taking such extreme measures, there are measures we can do, for example,

「スマホを使った成人式への事前申し込み」

"Pre-registration for the coming-of-age ceremony using a smartphone"

「会場前でのアルコール検知装置の導入」

"Installation of alcohol detection device in front of the venue"

「(式の進行を妨げた場合、刑事(×民事)告訴をする、と記載されている)事前誓約書の署名と提出」

"Signing and filing an advance pledge (which states that a criminal (x civil) complaint will be filed if it prevents the ceremony from proceeding)"

など、打てる手はあります。

「昔の仲間と出あえる機会を確保する」という観点であれば、有志の仲間が独自に企画・運営すればよいです。

From the perspective of "securing the opportunity to meet old friends", volunteers should plan and operate independently.

その場合、地方自治体は、人数に応じた補助金を出しても良いでしょう。

In that case, the local government may provide subsidies according to the number of people.

そもそも、「私の成人を、行政なんぞに祝って貰う言われはないわ」 ―― と思っていた私は、成人式には出席しませんでした。

I didn't attend the coming-of-age ceremony、 saying, "there is no reason that the government will celebrate my adult."

嘘です。

It is a lie.

次の日が、ドイツ語の再履修のテスト日だったので、帰省できなかっただけです。

The next day was the test date for retaking the German language, so I just couldn't go home.

------

繰り返しますが ――

Again,

「成人式で珍奇な行為をする新成人」は、これからもいなくなりません。

"New adults who do strange things at the coming-of-age ceremony" will not disappear.

どんなに過激に非難しようとも、メデイアで晒そうとも、条例や法律で禁じようとも、全くの無駄です。

No matter how hard you blame, you expose it in the media or forbid it by law or law, it's totally useless.

彼等にとって、最高にして最後の舞台 ―― 千秋楽 ―― は、それらの不利益を、易々と越えるものだからです。

For such a person, the "coming-of-age ceremony" is the ultimate and final stage of "concluding festivities" and it overcomes those disadvantages easily .

成人式とは、「将来の希望を諦めた新成人」にとって、人生最後にして最大の晴れ舞台です。

The coming-of-age ceremony is the last and greatest stage of life for a "new adult who has given up hope for the future."

-----

どちらかと言えば、

If anything,

そんなイベントを企画しておいて、彼らに「バカなことをするな」と文句を言う、

like, planning such an event and complaining to them, "don't do stupid things.

「私たちのバカさ加減」

"Our stupidity"

の方に、私たちはそろそろ気がつくべきです。

we should notice that soon.


2020-01-16 ―― 大人になってからでも、人生は挽回できる [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「将来の希望を諦めた新成人」を、「病気、または、死刑等で、余命宣告された人間」と見れば、ちょっと見方が変わってきます。

If you look at a "new adult who has given up hope for the future" as a "human who has been sentenced to life expectancy due to illness or death penalty," the perspective changes a little.

どんなに愚かしくて、見苦しくても、最も醜悪な形でも「誰かの心の中に残りたい」という気持ちは、(ほんの少しですが)理解できます。

No matter how stupid and unsightly, the desire to "remain in someone's mind" is understandable (a little).

-----

一方で、

On the other hand,

「自分の未来に勝手に絶望しておいて、バカをやっている奴のバカを、何故理解してやらねばならない?」

"Why do I have to understand the fool of stupid person who is desperate for his future?"

という反論にも一理あります。

There is a reason for this objection.

しかし、私が思うに、彼等の絶望感とは、

But, in my opinion, their despair seems to be a non-realistic, like

『江端だって、これから一生懸命トレーニングすれば、100メートル走で10秒を切れるようになるよ』

"Ebata, You will be able to run 10 seconds in 100 meters if you train hard."

というくらいの非現実なものに聞こえているのだろうと思っています。

-----

私達がティーンエイジャだった頃、「校内暴力」で暴れていたバカがいました。

When I was a teenager, there was fools who was rampant with "school violence".

それでも、そいつらは、「大人になって真面目になれば、大丈夫」という、かなり図々しく考えていたように思います。

Still, they seemed to think quite a bit, saying, "When I grow up and become serious, everything will be okay."

やつらは、「社会や善意」やら「大人の優しさ」を信じていて、

They believed in "the goodwill of society" and "kindness of adults", and thought deeply,

―― 大人になってからでも、人生は挽回できる

"I can recover my life even after I grow up2

という考えがあったようです。

この傍証が、飲み会での先輩や上司から発せられる『昔は、悪かった(不良だった)んだぜ』というフレーズです。

The proof of this is the phrase "I used to be bad in the past" issued by seniors and bosses at the drinking party.

ちなみに、私も「悪かった」一人です ―― しかも「たちが悪い」方の「悪い」です。

By the way, I'm one person who was "bad", that is "bad" to handle difficult.

思想的、確信犯的に悪い奴(私のことですが)、というのは、単なる「低能暴力バカ」より面倒だったと思います。

Bad guys ,Ideological, conviction (about me) is, I think, it was more troublesome than just "incompetent violence".

-----

しかし、今や「人生は挽回できる」どころではありません。

But now it's not "life can be recovered."

結婚して家庭を築くことだけでも「大変な成果」として認定される時代になりつつあります。

Nowadays, just married and making a family are being recognized as "great achievements."

大人は自分の生活で精一杯で、「子どもを保護する」という、社会的役割を放棄しているように見えます。

Adults do their best in their own lives, they seems to give up their social role of "protecting their children".

社会は、社会保障費用の確保で精一杯で、バカやっている子どもは言うまでもなく、真面目で有能な子供にすら、十分な目を配る余裕がありません。

Society is doing its utmost to secure social security costs, the administrator can't afford to take care of serious and competent children, not to mention stupid children.

少くとも私にとって、子どもとは、私の二人の娘のことで、高齢者とは、私の二人の親です。

At least to me, children are my two daughters and elderly persons are my two parents.

それ以外の人間は「赤の他人」で、私の保護対象ではありません。

Others are "just others" and they are not my protection.

今の世の中は『一度、道を踏み外せば、もうリカバリーショットが打てない』という息苦しさを感じます。

In today's world, I feel stuffy, saying, "Once you step off the road, there is no more recovery."

(続く)

(To be continued)


2020-01-15 ―― 成人式の日が、死刑執行の前日 [長年日記]

「成人式で珍奇な行為をする新成人」というのが、まだ残っていることに驚いている人もいるかもしれません。

You may be surprised that "new adults who do strange things at the coming-of-age ceremony" still remains.

しかし、私は、あまり驚いていません。

But I'm not too surprised.

多分、これからも続いていくと思います。

Maybe it will continue.

なぜなら、人間に成人式は人生に1回しかなくて、繰り返しがないからです。

Because there is only one adult ceremony in life and no repetition. That means,

―― フィードバックがない

"No feedback"

ということになるでしょうか。

-----

未来を「諦めた」新成人の、最後の晴れ舞台 ――

"The last big moment of a new adult who have given up on hope for the future"

人より長じるものがなく、努力を成果に転換する能力も獲得できず、恐らく、この後の人生においても、晴れの舞台(結婚式、祝賀会)にも縁がない若者の、最後の晴れ舞台

The last big moment of a new adult who has no better talents than people, do not have the ability to turn my efforts into results, and has no relation to the fine stage (wedding, celebration),

自分の「傾き」を表現しようにも、前衛演劇を企画する能力も才能もなく、そもそも観客を魅了するだけのコンテンツを企画するセンスもない。

No way to express their own "uniqueness", no ability or talent to plan avant-garde plays, in addition, no sense to come up with content that just attracts the audience.

一人で社会と対峙する勇気もなく、仲間と一緒にならないと迷惑行為一つできない、小心者であって、

He(/She) is a small person. Unless they are with your friends, they can not do one nuisance, and have no courage to confront society alone.

なにより、成人式の後は、仲間と集まってバカ騒ぎをするチャンスは消滅する、ということを良く分かっている、リアリストでもあります。

Above all, he(/she) is also a realist who knows that no change of gathering together and making a fool is gone comes after the ceremony.

そのような人間にとって、「成人式」というのは、最高にして最後の舞台 ―― 千秋楽 ―― です。

For such a person, the "coming-of-age ceremony" is the ultimate and final stage of "concluding festivities"

-----

これを、バカだ、アホだ、と批判することは簡単です。

It's easy to criticize this as "stupid","incompetent".

私もそう思う。

I think so too.

しかし、

However, How do you think,

―― 成人式の日が、死刑執行の前日

"If the day of the coming-of-age ceremony is the day before the execution"

である、と考えれば、どうでしょうか

(続く)

(To be continued)


2020-01-14 ―― 料理は完成するまでブラックボックス [長年日記]

「理系が恋に落ちたので証明してみた」というアニメに登場したストーリーです。

This is a story that appeared in an anime "a couple of science human, fell in love, so they try to prove the existence of love."

料理の経験の少ない人間 ―― 観測の範囲内で、男性の比率が多い ―― は、

People who have little cooking experience, in many case, who are male in my observation, "hate" rather than "disgust" the term of

『少々』

"small quantity" or "slightly"

という表記を、「嫌悪」というよりは「憎悪」しています。

"塩少々"、"砂糖少々"、"胡椒少々"などです。

For example, "Slightly salt", "Slightly sugar", "Slightly papper", etc.

最近、これを逆手にとって、「生姜チューブ5mm」という、定量表記をする料理本が登場してきているようです。

Recently, taking this as a reverse hand, it seems that cookbooks with quantitative notation, "Ginger tube 5mm" have appeared.

-----

「少々」という言葉は、

The word "slightly" is like, for example,

パソコンを触ったことのない人にとっての「ディレクトリ」、

"Directory" for those who have never touched a personal computer,

または、

or

スマホを触ったことのない人の「WiFi」

"Wi-Fi" for people who have never touched a smartphone

のイメージに近いと思います。

いずれにしても、「少々」は、料理の初心者には、理解が困難な用語であることは、間違いありません。

In any case, "slightly" is definitely a term that is difficult to understand for beginners in cooking.

-----

レシピの執筆者が、わざわざ「少々」と記載するのは、

The reason that the author of the recipe describes it as "slightly" is that they think

『この調味料の投入によって、料理の味の方向性が劇的に変わるから』

"The introduction of this seasoning dramatically changes the direction of the taste of the dish."

と考えているからです。

料理の完成前の状態のチェック、すなわち「調理プロセスの途中での味見」を行え、という意味が込められているのです。

It means that they ask us to check the state of the dish before it is completed. In other words, "tasting during the cooking process" can be performed.

そもそも、料理とは、「アジャイル開発」で行われるものなのです。

To begin with, cooking is performed by Agile development.

ところが、料理の初心者は、調理過程の状態の味見をして、最終段階の料理の味を推定することができません。

However, a beginner of cooking cannot taste the state of the cooking process, and estimate the taste of the final stage of cooking.

それは、初心者が、料理を「最終完成物」としてしか認識していないからです。

This is because beginners only recognize dishes as "final products".

―― 料理は完成するまでブラックボックス

"Cooking" is a black box until the dish is completed

「ウォーターフロー開発」で実施すると、こういうことになります。

This is what happens when performed in "Waterfall Development".

-----

塩や砂糖の量(少々)が、料理の成否(食べられるか否か)を決することを、私は良く知っています。

I know well that the amount of salt and sugar (somewhat) determines the success of a dish (whether it can be eaten or not).

特に、私は、「塩の過剰投与」が、「その後のリカバリーを恐しく難しくすること」を、思い知っています。

In particular, I know that "overdosing with salt" makes recovery difficult terribly".

しかし、私の嫁さんは、私の失敗料理を、別の調味料を使ってリカバリーすることがありります(もちろん、できないこともありますが)。

However, my wife could recover my failed dish with another seasoning (although sometimes not be possible, of course).

こんな時、私は、一人のシステムエンジニアとして、嫁さんに対して、敬意の念を抱かずにはいられないのです。

In such a case, I cannot help but respect my wife, as a system engineer.


2020-01-13 『"40代がもっとも輝くと言われる人生"にあって、僕はもう一度輝くことができるのかな』 [長年日記]

米津さんというお名前の歌手の方の歌が、「とても良い」と家族から聞かされました。

I heard that songs by a singer named Yonezu-san are "very good" from my family.

そんなに良い歌を作る人なら、東京オリンピックの主題歌(テーマソング)を作って貰えばいいね ―― と、言ったところ、

He can make good songs, I think that we can ask him to to make a theme song for the Tokyo Olympics 2020

However, my juniro daughter said,

『それは、ちょっと違うと思う』

"I think it's a bit different"

と、次女に言われました。

以下は、私が、次女にヒアリングして、この方の作る歌の歌詞のフレーズを推測したものです。

The following is what I heard from my second daughter and guessed the phrase of the lyrics of the song he will make.

-----

『オリンピックが終った後、僕は何をしていればいいのだろう』

"What should I do after the Olympics?"

『オリンピックはメダルの色で決まる。その後の人生の色は、何色になるのだろう』

"The Olympics are determined by the color of the medals. Then what will be the color of life after that?"

『オリンピックの後に、恐しい不況がやってくることを、僕たちは知っていたのに』

"We knew a terrible recession would come after the Olympics."

『参加することに意義のあると言われるスポーツの祭典の中にあって、皆が意義を認めるのは3つの色だけ』

"In a sports festival that is said to be meaningful to participate in, however, only three colors are of value to everyone."

『"40代がもっとも輝くと言われる人生"にあって、僕はもう一度輝くことができるのかな』

"Is it possible to shine again" in the people life that my forties are shining the most? "

『4年間待って、3週間だけスポットライトが当たり、その後、思い出しても貰えない ―― そういう人生が、怖くない人間がいるだろうか』

"After waiting for four years, the spotlight hits for only three weeks, and after that, everyone can not remember me. Is there someone who is not afraid of such a life?"

-----

江端:「―― と、まあ、こんな感じ?」

Ebata:"Well, how is it like this?"

次女:「概ね正しい」

Daughter: "Generally correct"

ふむ、なるほど。

Hmm, I see.

米津さんに、東京オリンピックの主題歌(テーマソング)をお願いすることは、少々「難しい」のかもしれません。

It may be a bit difficult to ask Yonezu-san for the theme song of the Tokyo Olympics 2020.