2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2017-09-25 『今、彼らがやっていること以外に取り得る手段って、何かあるかな?』 [長年日記]

次女に『どうして?』と聞かれたので、私の方から、逆に質問をしてみました。

I asked my second daughter "Why?", So I tried asking questions from me.

-----

●現体制(但し、独裁国家)を維持したい国があって、「何をしでかすか分からん」という国際認識をされることを「織り込み済み」として振る舞っている国があって、

- There is a country that wants to maintain the current system (however, dictatorship state), and behaves as being "Incorporated" to be recognized internationally as "crazy"

●その国は「何をしでかすか分からん」という不確実性によって、パワーバランスの緩衝材として機能してきた国であって、

- and works as a cushioning material for power balance by the uncertainty to be thought "crazy"

●具体的には、真上にある世界最大の超大国(C国)と、右上にある世界最大の超大国(R国)と、真下にある世界最大の超大国(A国)の同盟国の、直接対決を回避する、(強烈な皮肉を込めて)「世界平和維持装置」として機能してきた国がある ―― とする。

- Specifically, the country that have functioned as "world peacekeeping equipment" (with intense irony) to avoid direct confrontation, in the middle of the world's largest superpower right above the country, the world's largest superpower in the upper right of the country, and the ally of the world's largest superpower(A) right under that country.

●ところで、その国は、世界最大の超大国のA国と1950年から現在に至るまで、ずーーーーーーと、交戦状態である(今は休戦しているだけ)で、かなり本気で、A国はその国に内政干渉したいと思っている。

- By the way, the country has been in a state of fighting against A country, from 1950 until now(Now, it is a sate of ceasefire)

という国があると仮定しよう

Let us assume the virtual country.

―― と、私は次女に言いました。

I said that to my second daughter.

-----

江端:「では質問です」

Ebata: "Question."

江端:「この国が、『今後も、どの国からも干渉されることなく、現体制(独裁体制)のままで生き続けたい(国体さえ維持できれば良い)』と考えた場合、

Ebata: "This country has always thought "We want to continue to live in the present system (dictatorship system) without interference from any countries". If the national bodies can be kept, they are enough.

『今、彼らがやっていること以外に取り得る手段って、何かあるかな?』

"Can you come up with something beyond what they are doing now?"

-----

次女:「自主的に議会制民主制に移行するとか・・・」

Second daughter(SD): "Voluntarily shifting to the parliamentary democracy system ..."

江端:「現在の元首とその一族は、間違いなく市民に惨殺されるだろうねえ(like ムッソリーニ)」

Ebata: "Current heads and their families will definitely be slaughtered by citizens (like Mussorini)"

次女:「軍事的な同盟国を探すとか・・・」

SD: "Looking for a military alliance ..."

江端:「同盟国の候補は、ほとんどアメリカに潰されてしまったしねえ」

Ebata: "Candidates for allies were almost destroyed by the US"

次女:「・・・」

SD:"..."

-----

江端:「じゃあ、宿題にしておくから、思いついたら教えて」

Ebata: "Okay, It will be your homework, so tell me if you think of it."


2017-09-24 『私がオタクになっているとしたら、その原因はパパだからね』 [長年日記]

『私がオタクになっているとしたら、その原因はパパだからね』

"If I am an otaku, the reason is "you" "

と次女に言われました。

my second daughter said to me that.

------

確かに、

Surely,

●「化物語」の赤本を、次女に手渡したのは、私です。

(1)It was me who handed the red book of "Bakemonogatari" to the second daughter.

芥川や太宰よりは、読み易い本だと思ったからです。

I thought it was a more readable book than Akutagawa or Dazai.

●(上司から強く勧められた)「マギカまどか」を全話視聴させてのも、私です。

(2)It was also me who made her watch all the story "Magika Madoka" (by highly recommended by my boss).

次女が進学の勉強に本腰になれていない時に、

When she was not used to studying hard for a Junior High School entrance exam, I told her that

『お前は、このような話を"創作"する側になりたいのか?、それとも、線画に、人の言わるままに"着色"する側になりたいのか?』

"Do you want to become the side that creates such story? Or, do you want to become "colored" on the line drawing, by a people's order? "

と、覚悟を迫る為でした。

in order to push for her preparedness.

●「SHIROBAKO」の全話視聴をさせたのも私です。

(3)It was also me who made her watch the whole story of "SHIROBAKO".

「ラクして何かを手に入れるのは、困難である」という事実を説教をするのが、面倒くさかったからです。

I didn't want to preach her to make her understand that "it is difficult to realize something by being easy".

●「Steins;Gate」を全話視聴をさせたのは私です。

(4)It was also me who made her watch the whole story of "Steins;Gate".

歴史に残る名作だからです。

It is a masterpiece that remains in history.

私が彼女にやったことは、この程度のことです。

What I did to her were such things,

------

以上より、次女の主張

According to the above facts, as a matter of course, the second daughter's claim

『私がオタクになっているとしたら、その原因はパパだからね』

"If I am an otaku, the reason is "you" "

が却下されるのは、明らかだと思います。

is going to be rejected obviously


2017-09-23 パソコン→SSH→ラズパイから、テレビ画面が変化したのを見て、次女が驚いていました。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

>sudo apt-get install lirc

Add the following to the last line of /boot/config.txt

>ls -l /dev/lirc0

で、デバイスファイルを確認

Check the device file

>sudo /etc/init.d/lirc stop

>mode2 -d /dev/lirc0

を押下して、リモコンを赤外線リモコンモジュールに向けて何かボタンを押してみると、色々表示されます。

Press and pointing the remote control towards the infrared remote control module and try pressing something, it will be displayed variously.

ここから学習ファイルの作成しました。

I made the learning file from here.

>irrecord -n -d /dev/lirc0 lircd.conf

(操作は、省略)

(Operation is omitted)

This is the file that I made.

Here is a hard copy.

バファローDVRーW1V2/1.0T HDDレコーダーのリモコンが壊れた人は、このデータを使って下さい。

The person who Buffalo DVR - W1V2 / 1.0T Person broke, can use this data.

Here is /etc/lirc/hardware.conf after change

学習が正常に取り込めたかどうかは、このコマンドで確認できます

You can use this command, if this learning was successfully works.

>irw

で、irsendが上手く動かないので(という事実と報告、多数)、以下の2つの画面を上げて、動作を確認する。

So, since irsend does not work well (facts and reports, many), make the following two screens and check the operation.

と、

and

-----

あとね、"reboot"では、なんかデバイスリセットできないみたいですよ。

Also, it seems that you can not reset the device somewhere in "reboot".

私の場合、ネットワークのリセットもできないので、電源切った後で、SDカードの差し入れもしました。

Since I can not reset the network in my case, I also re-inserted the SD card after turning off the power.

ハードウェア系は、色々トラブル多いですよ。

Hardware system has many troubles.

-----

パソコン→SSH→ラズパイから、テレビ画面が変化したのを見て、次女が驚いていました。

From the PC → SSH → Razpai, the second daughter was surprised to see the TV screen changed.


2017-09-22 で、あわてて、ラズパイで、学習リモコンを作ることにしました。 [長年日記]

以前、バファローDVRーW1V2/1.0T HDDレコーダーのリモコンが壊れ、代用品を注文したことがあるのですが、今度も壊れかけたら ―― 「リモコン発売終了」 P

reviously, when the remote controller(RC) of Buffalo DVR - W1V2 / 1.0T HDD recorder broke, I ordered a substitute RC. This time the RC also broke again but - "The RC "Remote release finished"

真っ青になりました。

I looked pale.

で、あわてて、ラズパイで、学習リモコンを作ることにしました。

So, in haste, I decided to make a learning RC with "Raspverry PI".

久々に、秋葉原の「秋月電子通商」に行ってきましたが、―― 最近、秋葉原は、輪をかけて「気持ち悪く」なっています。

I went to "akizukidenshi company" in Akihabara for a long time. Recently, Akihabara has become "uncomfortable" more and more.

『私は、秋葉原に部品を買いに来ただけです』と記入された、そういうシャツ売っていないかな。

I wonder if someone try to make a shirt, printed "I have just come to buy electric-parts in Akihabara"

メイドさん。お願いですから、私の歩く方向を塞がないで下さい。

Hi, Maid-san . Please do not close my walking direction.

-----

●欲しい赤外線リモコン受信モジュール"GP1UXC41QS"を1つ ―― だけど、5個セット(250円)だったし

- I wanted one infrared remote control reception module "GP1UXC41QS" - but it was a set of 5 pieces (250 yen) (残り4個)

●欲しい赤外線LED "OSI5LA5113A"は1つ ―― だけど、10個セット(100円)だったし

- I wanted one infrared LED "OSI5LA5113A" - but it was a set of 10 pieces (100 yen) (残り9個)

●欲しいトランジスタ "2SC1815Y"は1つ ―― だけど、10個セット(80円)だったし

- I want one transistor "2SC1815Y" - but it was a set of 10 pieces (80 yen) (残り9個)

●欲しい抵抗1/4W 100Ω、10KΩ は1個づつ ―― だけど、100個セット(100円だし)だったし(残り99個)

- I wanted one 1/4 W 100 Ω, one 10 K Ω - but it was 100 set (100 yen)

誰か、1個づつ1セット部品欲しい人いたら差し上げますので、切手代として100円玉を、私に送付して下さい。

If someone wants one set parts one by one, I will give it, so please send me a 100 yen coin as stamp fee.

-----

This is the circuit diagram.

This is the circuit picture.

(続く)

(To be continued)


2017-09-21 それが、お前にとっての「最適戦略」である [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Over the AI(11) ---- beyond a reach of our imagination of AI"

AI Embedded in Mind - Matching Technology Mathematizing Human Psychology

-----

最後のページに登場する「シグナリング理論」と、今回私が絶賛ご紹介中の「VCGメカニズム」を組み合わせると、こういう話になります。

Combining "signaling theory" appearing on the last page with the "VCG mechanism", I can lead the following story.

●お前が努力した日々の努力(勉強やスポーツ)の結果が、

No matter how it become miserable

●どのようにショボイ結果であれ、

about the results of your daily efforts (study and sports),

●それが、お前にとっての「最適戦略」である

That is the "best strategy" for you

という論理に帰着します。

-----

文末に記載した「切ない気持ち」が、「もっと切ない気持ち」になってきます。

The "disgusting feeling" stated at the end of this column, becomes "more disgusting feeling".


2017-09-20 私たちは、「監視カメラと共に生きる社会」を、すでに選んだのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

理由?

Reason?

冒頭のポスター、ロンドン市、公園、通学路の監視カメラの設置、なにより、

Poster in the top of this thread, London city, public square, and moreover,

ニュースで報道されている、「監視カメラ映像による犯人特定」に、私たちは、何の違和感も感じなくなっています。

We didn't come to feel something wrong with the goods on the culprit from a surveillance camera in a news program.

理由は、これで十分なはずです。

I think it is enough for the reason.

私たちは、「監視カメラと共に生きる社会」を、すでに選んだのです。

We have already chosen the society we live with surveillance cameras

これまで、監視カメラ社会を潰すチャンスはいくらでもあった(*)のに、私たちは、それを看過してきたのです。

We had a lot of chance to crush the society with surveillance cameras, we dare to pass undetected intentionally.

(*)例:日本国内の「Googleストリートビュー」の差止請求は、全て取り下げられている

(*)Ex. all injunctive relieves against "Google street view" had already discharged

今更、きれいごとを言い出すのは、卑怯というものです。

You are so naive if you say "No"

それに、そもそも、私は、子どもの部屋の中に、監視カメラを設置しろといっているのではありません。

Also, to begin with, I am not talking about installing surveillance cameras in children's rooms.

公共の場所において、いじめや暴言を発見し、その原因を特定し、いじめや暴言を抑制する絶対的に効果のある手段を提言しているだけです。

What I am doing are, in public places, discovering bullying and verbal abuse, identifying the cause, and suggesting absolutely effective means to control bullying and verbal abuse.

-----

プライバシーは、人間の尊厳の根幹です。

Privacy is the basis of human dignity.

人間が命をかけて守るべき価値のあるものです。

t is worthy to protect humans with their lives.

それでも、

However,

Once I know the reality of suicide by 50 children (and 131 on September 1) teenagers on average every day,

「そんなものは、比較にならない」と思っています。

I think that "such things are not comparable".


2017-09-19 「いじめ対策として、監視カメラを設置している学校が、最後に生き残る」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

公立の学校で無理なら、まずは私学から、始めてみればいいでしょう。

If it is difficult at a public school, we might start at a private school first.

そういうプライバシーを無視する教育を是とする学校が嫌な保護者や本人は、入学しなくても良いからです。

Students and parents who think that privacy is important, don't have to enter the school.

「監視カメラ設置」を推進する学校には、保険会社と契約して、

Schools that has installed "surveillance camera everywhere", will contract with insurance companies.

「イジメ問題」が発生した場合の、

When the "bullying problem" occurs, the company can pay for

●医療費(暴力は勿論、PSTDについて)や、

- Medical expenses (about violence, of course, about PTSD)

●法廷係争費用、

- Court dispute fee

あるいは

or

●学校のブランド毀損のコスト

- Cost of brand damage at school

を算出して貰って、授業料に反映させれば、さらに良いでしょう。

If the school reflect it in education tuition, it will be even better.

上手くいけば、

Successfully,

●授業料は安くなり、

- Tuition fees become cheaper,

●学校のブランド価値は向上し、

- School's brand value improve,

●保護者のクレームの嵐から、教師のメンタルを守ることもできる

- From the storm of the parent's claim, they can protect the mental of the teacher

ようになるでしょう。

will come true.

そのような学校を選ぶか否かは、本人、または保護者の自由ですが ―― 賭けてもいいです。

Of course, whether or not to choosing such a school depends on the independent judgment of children or parents - but you can bet.

「いじめ対策として、監視カメラを設置している学校が、最後に生き残る」

"A school that installs surveillance cameras will survive"

と。

(続く)

(To be continued)


2017-09-18 「カメラの映らない場所があれば同じことだ」の理屈は、もう通りません。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「カメラの映らない場所があれば同じことだ」の理屈は、もう通りません。

The theory of "If there is a place not reflecting the camera is the same thing", we do not pass.

どこにだって、いくつだって、望む数の監視カメラを設置できるようになっているからです(本当に、ポスターを張るくらいの、簡単な感覚で)。

Everywhere, any number, we can install as many surveillance cameras as we want (really, like postering).

暴力を伴わないイジメだって、カメラ映像を長期的に観察しつづければ、「無視」のイジメも簡単に立証できるでしょう。

Even bullying without violence can easily prove a "ignorance bullying" as long as observing the camera image over the long term.

部活などの、監督やコーチの暴言(という名の叱咤激励)なども、全て記録すれば良い。

Directors and coaches' abusive words (which they insist on saying "pep talk") can all be recorded.

監督やコーチたちが主張する「激励叱咤(という名の暴言)」が、どこまで社会的な合意を得られるものであるか、じっくり検証させて頂きましょう。

Let me verify thoroughly whether "encouragement scolding (or abusive words)" claimed by them, is acceptable for our society.

そのようなことをすれば、『教育や部活が成立しなくなる』と言うのであれば、その「教育や部活」は、最初から存在しなくて良いのです。

If they say "doing that, any education and club activity is not established", That "education and club activity" does not have to exist from the beginning.

この機会に、真っ先に潰れて頂きましょう。

On this occasion, let us crush them first.

または、日々激務の教師に「イジメや暴言の兆候」を発見するのには限界がある、というのであれば ―― それ(「兆候検知」)を、ITサービス会社に「外注」してしまいましょう。

Or, if it is said that it is too difficult for teachers with hard work to find "signs of bullying and verbal abuse", - let's "outsource" it ("sign detection") to the IT service company.

「外注」しなくても、多分、現状の画像認識技術で、十分対応可能な範囲と思います("AI"などという、怪しげな用語を出すまでもない)。

Even without "outsourcing", the present image recognition technology is enough to realize the "sign detection" (we do not have to use a dubious term such as "AI").

もし、コストが気になるのであれば、良い提案があります。

If you are concerned about the cost, I have a good proposal.

画像処理をやっている研究ゼミと、行動心理学の研究ゼミのある大学に、研究委託をすれば良いのです ―― 賭けても良いですが ―― タダで、解析やってくれます。彼らは死ぬほどデータが欲しがっているからです。

You should do research consignment to the university, which has both research lab. of both "image processing" and "behavioral psychology". ? - I can bet, the cost will be free. Because they are crazy for the data everyday.

(続く)

(To be continued)


2017-09-17 「見逃しません! その暴力、犯罪です!」というポスターが張られるようになりました。 [長年日記]

I watch a poster "Do not miss it! That violence is a crime!"

民間鉄道会社が協力して、一斉にこのポスターを掲示し始めました。

A organization of private railroad company started posting it all at once, I just reconfirmed that.

かつて、映像監視システムの研究に従事してきた私としては、

I am engaged in research on video surveillance systems,

―― 結局のところ、時間の問題だったのか

"After all, it a matter of time isn't it?"

ということを、再確認しただけです。

(Please refer to the item of "For my video data transfer experiment" on this page)

勿論、このポスターの内容について、私は何の意見もありません。

Of course, I have no opinion on the contents of this poster.

Regarding privacy issues, even with the police and judicial checking system, I think that I have no problem.

The Supreme Court also makes the same judgement as I am.

-----

2007年の段階で、ロンドンは、市内に420万台のカメラを設置しており、観光客は一日に約300回も防犯カメラに写されています。

In 2007, London has installed 4.2 million cameras in the city, and tourists are photographed in security cameras almost 300 times a day.

そして、犯罪数の驚異的な激減に成功しています。

And they succeeded in surprisingly sharply reducing the number of crimes.

監視カメラの値段は、1990年くらいを基準にして、0.5%(1/200)まで下がっています。

The price of surveillance cameras has dropped to 0.5% (1/200) on the basis of around 1990.

もはや、監視カメラのコストを理由に、システム設置を否定することはできなくなっています。

It is no longer possible to deny system installation due to the cost of surveillance cameras.

設置や運用のコストも、下手すると、パソコンのインストールより安いかもしれません。

Now, The cost of installation and operation may be cheaper than installing a PC.

-----

以前から私は何度を主張していますが ――

I have insisted on many times from before -

「いじめ」の問題を、本気で解決したいのであれば、学校内の至るところに監視カメラを設置すれば良い。

If we want to solve the problem of "bullying" seriously, we can install surveillance cameras everywhere in the school.

(続く)

(To be continued)


2017-09-16 畢竟、私達の世界は、「しきたり」だけで出来ているといっても過言ではありません。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

この他に、論文は、山のように過去の論文を引用することを、要求されます。

Besides this, paper are required to quote a lot of past papers.

提出要項にも『少くとも10~30の論文を引用せよ』と記載されています(本当)。

Also in the requirement, "please quote at 10 to 30 papers" (really).

で、英文の論文であれば、当然に英語の論文を引用しなければならず、その為には、それらの論文を読まなければならず、

So, if I write an English paper, I have to quote English papers naturally and I also have to read all of them.

For "engineers who are not loved by English", this can be said to be one of the hells on the world.

-----

そもそも、私、「人の意見」なんぞ聞かない人間なんですよ。

In the first place, I am a human who does not ask "people's opinion".

だって、聞いていても、楽しくないじゃないですか、他人の正論って。

Because, even if listening to another person's justice?, is it fun for you ?

すべての人の話をキチンと聞く?

Listen to the story of everyone telling you?

はぁ?

Huh?

そんな人は、「人の意見を聞くだけで、一生を終えればいい」んですよ。

Such a person should finish his/her life, just listening to people's opinions.

・・・・すみません、どうにも気持ちがささくれ立っていまして、思わず「正論」を吐いてしまいました。

... I'm sorry, my feelings are annoyed, so I inadvertently vomited "justice".

閑話休題。

Back on topic.

-----

論文の執筆や手続が、どうにも良く分からなくて、その学会の事務局にメールで質問しています ―― 英語で。

I am not sure how to write the paper and to operate the procedure, I am asking the secretariat of the academic association by e-mail - in English.

事務局の窓口の方は親切な方です。丁寧に色々応えてくれます ―― 英語で。

The person in charge of the secretariat is very kind. It politely responds variously - in English.

しかし、メールに記載されている、事務局の方の名前、どう見ても、日本人なんですよね。

However, the name of the secretariat, which is described in the e-mail, is like Japanese name, no matter how I look at it.

所在地も"Tokyo"って記載されているし、私も"Yokohama"と記載た会社の住所を送付しているし。

The location includes "Tokyo" and I am also sending the address of the company stating "Yokohama".

北欧やアフリカや中東どこかに、"Tokyo"という街がないとは言い切れませんが、ちょっと可能性は低そうです。

Somewhere in Scandinavia, Africa and the Middle East might be called "Tokyo", however , the possibility seems to be low.

-----

日本国内で、日本人同士が、英語のメールを交換する。

In Japan, Japanese people exchanges English messages.

―― なんという無駄なことを

"What a useless think they do!"

と思われるかもしれませんが、こういうアカデミズムの世界にあって、

I agree with you, however, in the world of such academism,

"オフィシャルランゲージ = 英語"

"Official language = English"

というのは、それほどに強い力を有しているのです。

It has such a strong power.

これが、「しきたり」というものです。

This is "customs".

-----

「しきたり」というと

When we say "customs", we make images as follows,

■旧家でである、旦那の実家では、嫁さんは新年会には出られずに、台所でひたすら食事作りと、給仕をするだけ ―― とか、(実話)

- In the old family, at the husband's parents home, his wife should not join the New Year's party, Just to make meals in the kitchen, or just to serve dishes (true story)

■大晦日の夜には、配偶者の親戚全員が応接室に集まり、ソファーに座り(背筋をのばして)、NHK交響楽団の年末コンサートを視聴する、―― とか、(実話)

- On the night of New Year's Eve, all relatives of the spouse gathered in the drawing room, sitting on the sofa (stretching the spine), and watching th NHK symphony orchestra's year-end concert (true story)

というものを思い浮べそうですが、

畢竟、私達の世界は、「しきたり」だけで出来ているといっても過言ではありません。

In conclusion, it is no exaggeration to say that our world is made with just "customs".