0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

2019-04-23 つまるところ、私のロジカルとは、この程度の事案に耐えられない程、軟弱なものなのです。 [長年日記]

私は、感情を排して、数字に基づく論理的な思考ができる人間である ―― とは思っていません。

I do not think that I am a human being who is able to get rid of emotions and perform logical thinking based on numbers.

以下は、その例の一つです。

The following is one of the examples

娘:「友人の○○ちゃんが、ピアスをしているということで、お母さんが嘆いているんだって」

Daughter: "My friend's mother is lamenting that my friend is piercing."

江端:「同じ年の友人なんだろう? ピアスなんぞ、今時、別に珍しくもないだろうし ・・・そのお母さんは、古い保守的な思想を持っている人か?」

Ebata: "Are you a friend of the same age? Piercings, now, will not be unusual. Does the mother have an old and conservative thought?

娘:「いや、ピアスといっても、付けている場所が問題らしいんだけど」

Daughter: "The problem is the place where she is piercing."

江端:「ああ、『くちびるピアスか』」

Ebata: "Well, 'Kippiru Pierce?'"

娘:「その以外も」

Daughter: "Other than that"

江端:「何?」

Ebata: "What?"

娘:「『舌(した)ピアス』」

Daughter: "Tongue piercing"

江端:「ごめん。今、一瞬で、お母さんの方に気持ちが傾いてしまった」

Ebata: "I'm sorry. Now, in a moment, I could understand how the mother felt"

-----

―― 舌にピアスなんぞしたら、不衛生だし、第一、飯が不味くなるだろうーーー!

"If you pierce the tongue, it will be unsanitary, and it will make your dishes poor, firstly !"

と、『自分で"舌ピアス"を試してもいないうちから』語る姿勢を、これまで散々批判(非難)してきたのは、他でもないこの私です。

It is me that has been criticized so far, in spite of "I have not tried "Tongue piercing" by myself"

つまるところ、私のロジカルとは、この程度の事案に耐えられない程、軟弱なものなのです。

After all, my logicalness is, too weak to withstand this sort of incident.

-----

この手の問題は、所詮は時間と数で解決する問題です。

This kind of problem is an issue that solves in time and number, after all.

例えば、大学生の半分が、『舌(した)ピアス』をファッションとする日常が登場すれば、だれもが、それに対して批判しなくなります ―― というか、感じなくなります。

For example, if half of the university students come up with "tongue piercing" in fashion, everyone will not criticize it. Or everyone will not feel it.

This is the same as the "Google Street View" story that I have mentioned many times.

そのそも、「耳ピアス」がO.K.で「舌ピアス」がN.G.という、論理的な説明ができないからです。

That's because we can not explain logically that "ear piercing" is OK and "tongue piercing" is NG.

そして、論理的に説明できないものは、基本的に「時間と数」 ―― つまり「慣れ」で、社会に受け入れられていくのです。

And what can not be explained logically basically come to be accepted by society using "time and number", in other words,"familiarization".

------

ただ、「耳ピアス」の歴史に対して、「舌ピアス」の歴史は、まだまだ短いです。

However, the history of "tongue piercing" is still short, against the history of "ear piercing".

また「グーグルストリートビュー」のように、マジョリティ戦略も取りにくい案件です。

In addition, it is difficult to take majority strategy like “google street view”.

ですので、私は、「舌ピアス」のこれからの100年戦争を、弾丸の飛んでこない安全なところから、見守り続けたいと思います。

So, I would like to keep watching over the coming 100 year war of "Tongue piercing" from a safe place where the bullets don't fly.


2019-04-22 ―― "FIRE 7"は、Amazon専用の買い物デバイス [長年日記]

今週末は、Amazonが販売している"FIRE 7"の「改造」をしていました。

Last weekend, I remodeled "FIRE 7" that Amazon.com has sold.

嫁さんが、「現在入院中の母に、ゲームや、映画や音楽を見せたい」ということで、padの話になりました。

My wife said "I want to show games, movies and music to my hospitalized mother", and I started to install PAD.

病院での使用ですので、「通信手段はない」を前提条件として、padにコンテンツを詰め込み、それを定期的に更新する、という運用とすることに決めました。

As it is used in the hospital, we decided to use it, to pack contents into pad, and update them regularly, under no communication environments.

そこで、、格安padである"FIRE 7"が候補としてピックアップされるに至ったのですが ―― 格安である理由が分かりました。

So I came to choose "FIRE 7" low in price, and at the same time, I knew the reason of "inexpensive".

―― "FIRE 7"は、Amazon専用の買い物デバイス

" "FIRE 7" is a dedicated device for Amazon.com".

だったのです。

-----

私、"FIRE 7"をAndroidの端末の一つであると思っていたのですが、そうでないことに気がつきました。GoogleのWebブラウザ(chromo)がインストールできなかったからです。

At the beginning, I thought that "FIRE 7" is one of the Android terminal, I knew I was wrong. Because I could not install Google Web browser(chromo).

まあ、ネットで色々調べて、すったもんだして、Googleの環境を整えましたが。

Of course, I checked several Web site, and finally I could install it.

また、Amazonの購買ポータルに至るアイコンやアプリを消せないというのにも困りました(ホルダの中に入れて、目立たないようにしました)

I was in trouble that I could not erase icons and application of Amazon purchase portals.(I tried to put them into a folder).

その他、PCからコンテンツをインストールする方法についても、試行錯誤を繰り返しました(情報がないわけではないのですが、親切な説明ではない)。

I cut and tried how to install contents from my PC.(The information is few and not friendly advise)

-----

これらを、突破してしまえば、非常に良いpadであると言えますが ―― ここを突破するまでが、結構なコストになった、とは思いました。

After the above, I could feel that "FIRE 7" is a better pad. However, the effort to come into this environment was too expensive.

それでも、『iPhoneの設定よりは、ラクだった』です ―― 私には。

For me, I felt easier than iPhone setting.

-----

さて、次は『冬のソナタ』のインストールです。

Next, I have to get the contents of "Winter Sonata"


2019-04-21 私の場合、本からの知識を取得する場合、原書に一切拘ず、解説本やマンガがあれば、それを何冊でもバカスカ読み倒します。 [長年日記]

昨日、アニメ「PSYCHO-PASS」は、社会に関する興味への、良いリンク集になっている、というお話をしました。

Yesterday, I talked that the anime "PSYCHO-PASS" is a good link to social interests.

ただ、その原本(もちろん翻訳本ですが)は、基本的に、難解で、退屈です。

However, the original (of course, it is a translated book) is basically difficult and boring.

私の場合、本からの知識を取得する場合、原書に一切拘ず、解説本やマンガがあれば、それを何冊でもバカスカ読み倒します。

In my case, when I try to acquire knowledge from books, I don't insist on trying the original and I will read down any number of commentary books and manga.

これは、私のこれまでの「プログラミング言語の履修」で、私が至った経験則です。

This is the rule of thumb that I have reached in my previous study of programming languages.

プログラミング言語は、20行以内のプログラムを、50個くらい自分で打ち込めば、大体のことは理解できる ―― これは、80:20の法則(パレートの法則)と同じ話です。

In order to know the a programming language, I try to copy 50 programs within 20 lines. This is the same story as the 80:20 law (Pareto's law).

「プログラミング言語の2割を理解すれば、そのプログラムでやりたいことの8割は実装可能となる」

"If I can understand 20% of the programming language, then 80% of what I want to do with that program can be implemented."

また、「コラムの執筆」についても同じことが言えます。

The same is true for "column writing".

毎月やってくるコラムの締切で、文献引用するのに、原書を全部読んでいる時間はありません。

At the deadline of the column every month, I do not have time to read the whole original book to cite the literature.

どうせ私のポンコツの頭では、著者の意図を100%理解することは期待できませんし、少くとも、「原書に固執して挫折するよりはずっといい」と割り切っています。

After all, I can not expect to understand 100% of the author's intention with my poor head. At the very least, I can say, "it's much better than sticking with the original book and get frustrated."

それはさておき

That aside

-----

「PSYCHO-PASS」で登場する文献の中でも、「社会」に関するものを調べてみました。

I searched for books related to "society", in "PSYCHO-PASS",

■ジョージ・オーウェル:『1984年』

- George Orwell: "1984"

->これは完璧に読んだ。何度も読んだ。ビデオ監視システムの研究をしている時の精神的支柱となった作品(「なんで、そうなる!」というツッコミは却下の方向で)

→ I read this completely many times. This is a work as my mental support when researching a video surveillance system (I reject any objection.)

■ジャック・ルソー:『人間不平等起源論』

- Jacques Rousseau: "The theory of human inequality"

→高校の倫理社会の時に教科書を読んだ程度

-> I read textbooks in the high school ethics society

■フィリップ・K・ディック:『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

- Philip K. Dick: "Does Android have a dream of electric sheep? "

→"ブレードランナー"という映画で見た程度

-> I watched it in the movie "Blade Runner"

■オルテガ『大衆の反逆』

- Ortega "Republic of the Mass"

→今、注文中

-> Now ordering

■ジョナサン・スウィフト:『ガリヴァー旅行記』

- Jonathan Swift: "Gulliver's Travels"

→ 小学生のころ、原本を何度も繰り返し読んだ。この時、「不死」という恐怖が擦り込まれたような気がする

-> When I was in elementary school, I read the originals over and over again. At this time, I felt that I could know the fear of "immortality".

■著者不明:『新約聖書』

- Unknown author: "New Testament"

→ 真面目に全部を読んだことはないが、かなり頻繁に、読んだと思う。少くとも、映画「ダビンチコード」を楽しめる程度には、知っている。

-> I have not read it all seriously, but I think that I read it quite often. At least I know the contents to enjoy the movie "Da Vinci Code".

■マルセル・プルースト:『失われた時を求めて』

- Marcel Proust: "In Search of Lost Time"

→長すぎる。多分、これからも読まない。

-> Too long. Maybe I will not read in the future.

■マックス・ウェーバー:『権力と支配』

- Max Weber: "Power and Control"

→現在のところ、手軽な解説書がないので、読む予定なし。

-> At present, there is no handy manual, so I have no plan to read it.

■ミシェル・フーコー:『監獄の誕生』

- Michel Foucault: "The Birth of a Prison"

→現在のところ、手軽な解説書がないので、読む予定なし。

-> At present, there is no handy manual, so I have no plan to read it.

■スタンダール:『赤と黒』

- Stendhal:"Red and Black"

→最後まで読んだが、意味が分からず、感想以前の問題だった(この主人公、アホじゃねーの、という思い出だけが残っている)

-> I read it to the end, but I did not understand the meaning, so I didn't have the impression.

あと直接引用されている訳ではないけど、全体に流れるトーンが、この本のような感じなんですよね。

It is not a direct quote, but the tone that flows throughout is like this book.

■フランクル:『夜と霧』

- Frankl: "Night and Fog"

→読んだなぁ。読み倒したといってもいいくらい読んだ。

-> I read and read it again and again.

-----

昨日、何冊かAmazonや図書館にオーダ出しておきました。

Today, I ordered some books from Amazon and the city-library.


2019-04-20 江端:「というように、『みんなが幸せになること』に潜む矛盾の中でも、特に分かりやすい事例を、一通り網羅的に教えてくれる、大変お得なアニメが『PSYCHO-PASS サイコパス』だ」 [長年日記]

長女:「パパみたいに、社会問題に対して興味を持てるようになるには、どうしたらいいかな」

Senior daughter(SD): "How can I become interested in social issues like you ?"

Ebata: "If you watch the animation " PSYCHO-PASS Psycho-Pass ", I think that the basic ideas about social issues can be covered in general."

長女:「そうなの?」

SD: "Is that so?"

江端:「んー、そうだなぁ。例えば「社会の究極的な目的」は何だと思う?」

Ebata: "Hmm, let me think. For example, what do you think is the ultimate goal of society? "

長女:「普通に考えれば、『みんなが幸せになること』だと思う」

SD: "If I think normally, I think that "everyone will be happy""

江端:「『みんなが幸せになること』の"幸せ"の内容は、いったん置いておくとして、『みんなが幸せになるアプローチ』についてはどうかな。例えば、最小の努力で"幸せ"に達成できる世界は、正しいと思うか」

Ebata:"Firstly we forget the contents of" happiness "in "everyone will be happy," let us think "what about the "approach that makes everyone happy"? For example, How do you think that the world that can achieve "happy" with minimum effort?"

長女:「正しと思う」

SD: "I think it's correct."

江端:「確実に最短距離への"幸せ"のアプローチを示してくれるものがあれば、その存在を受けいれるか?」

Ebata: "Can I accept the existence of something that surely shows the "happiness" approach to the shortest distance?"

長女:「受け入れる」

SD: "I can"

江端:「試行錯誤をくりかえさず、自分の様々な可能性を自分で試すこともなく、超高度の計算機が導いた答を受けいれる社会は、『みんなが幸せになること』の実現だと思うか」

Ebata: "Do you think it is the realization of "everyone will be happy," which is derived from the super-high-level calculator without your trial and error by yourself or trying the possibilities ?"

長女:「思う」

SD: "I think so"

江端:「では、1人を犠牲にして99人が100%幸せになる社会と、誰も犠牲にせずに100人が50%の幸せにしか至れない社会は、『みんなが幸せになること』という観点から見て、どっちを選ぶべきだと思うか」

Ebata: "Well, From the point of view that "everyone will be happy", which one do you think should choose (A) A society where 99 people become 100% happy at the expense of one, or (B)A society where 100 people can only achieve 50% happiness without sacrificing anyone.

長女:「うっ・・」

SD: "Hmm ..."

江端:「超高度のコンピュータが、『90%以上の確率で犯罪者になる』ということが、完全に数理学的に算出でき、それに間違いがないとして、そのような場合、いわゆる『犯罪予備』という可能性だけで、その人を社会から隔離することは、正しいと思うか」

Ebata: "A super-high-level calculator can mathematically calculate that a human will become a criminal as a" 90% or more possibility. Of course, the result has absolutely no mistake. In such a case, do you think it would be right to isolate that person from society just by the possibility of so-called "crime reserves"? "

長女:「えーっと・・・」

SD: "....Let me think for a moment"

江端:「というように、『みんなが幸せになること』に潜む矛盾の中でも、特に分かりやすい事例を、一通り網羅的に教えてくれる、大変お得なアニメが『PSYCHO-PASS サイコパス』だ」

Ebata:""PSYCHO-PASS" is very reasonable animation, that give us easy several examples of contradictions hidden in "everyone will be happy"

長女:「・・・」

SD: "..."

江端:「見たいなら、準備するけど」

Ebata: "If you want to see, I will prepare."


2019-04-19 その時、『ちょっと勿体ないかな』とは思いました。 [長年日記]

私の娘は二人とも、甲子園に行ったことがあるようです。

It seems that both of my daughters have been to Koshien.

―― 自分の高校の野球部の応援の為に

"For the support of their baseball club"

-----

正直に言うと、あんまりはっきり覚えていないのです。

To be honest, I do not remember so clearly.

私が覚えているのは、嫁さんとの会話くらいです。

All I remember is talking with my wife.

嫁さん:「今、あの子、甲子園球場にいっているよ」

Wife: "Now, she is in Koshien Stadium."

江端:「なんで?」

Ebata: "Why?"

嫁さん:「野球部の応援」

Wife: "To support for the baseball club"

江端:「ふーん」

Ebata: "Hmmm"

-----

その時、『ちょっと勿体ないかな』とは思いました。

At that time, I thought "it is mottainai(wasteful)".

高校野球に興味のある人間であれば、この状況(子どもの通う学校の野球部が甲子園に出場したこと)を嬉しいと思ったかもしれません。

If I am interested in high school baseball, I could enjoy this situation (the baseball club of the school where your children attend has participated in Koshien).

また、この状況を最大限楽しむ為に、色々なこと(甲子園球場に応援観戦に行く等)をやったかもしれません。

In addition, in order to enjoy this situation to the fullest, I might have done various things (such as going to the Koshien Stadium to see the support).

しかし、残念ながら、その娘の父親は、高校野球(の中でも、特に甲子園球場で開催されるもの)に、興味がありません。

However, unfortunately, the daughter's father is not interested in high school baseball (especially at Koshien Stadium).

「高校野球甲子園大会」という国民的なイベントに、これほど近いところにいながら、その父親は、そのもっとも遠いところにいる ――

While being so close to a national event called "High School Baseball Koshien Tournament," the father is far from the event.

これは、勿体ない状況と言えましょう。

This can be said to be a "mottainai" situation.

Well, about the story here, I've introduced you to a lot of painful stories, I would like to refrain from repeating the same story.

-----

「高校野球甲子園大会」というのは、分かりやすいシンボルだと思います。

I think "high school baseball Koshien tournament" is an easy-to-understand symbol.

この分かりやすさは、素直に羨しいと思います。

I think this easy to understand is honestly enviable.

例えば、

For example, both

■私が生まれて初めて成功した「非線形素子(トランジスタ)の過渡現象シミュレーション」の成功の感動と、

- The impression that “Transient phenomenon simulation of nonlinear elements (transistors)”, which was successful only for the first time I was born

■とある高校生が「甲子園大会での完投勝利投手」となることの感動は、

- The impression that a certain high school student will be a "full pitch victory pitcher at the Koshien tournament"

基本的に同じだと思うのです。

are basically same, I think.

しかし、私の感動を、わずかな人にさえ、理解して貰うことが恐しく難しいだろうことは、分かっています。

However, I know that it will be terribly difficult for even a few people to understand and share my emotions.


2019-04-18 『♪ 自由に生きていく方法なんて、1通りだってないさ~ 』 [長年日記]

The other day I mentioned a little about Q-Learnings reinforcement learning program.

"1600億個の「状態」を、8400万個の状態まで減縮する方法"を見つけて、さらに、今はテストの為に65535個の状態まで小さくして、24時間ぶっつづけでプログラムを走らせています。

I am running the program for 24 hours, after finding a way to reduce the 160 billion "states" to 84 million states and furthermore, reducing it to 65535 for testing now,

-----

シミュレーションの中で学習中のオブジェクトが至った状態を調べたら、わずか

When I examined the state of the object under learning in the simulation, it was only

―― 482個

482

でした。

つまり、

In other words,

0.735% の状態にしか至っていなかったのです。

it had reached only 0.735%.

-----

これ、私には、かなりの衝撃でした。

This was a great shock to me.

現在、プログラムの中の私のオブジェクトは、1回のトライアルを2秒以内で完了できるようにしていますので、これまで4万回のトライアルが終わっています。

Currently, my object in the program is able to complete one trial in less than 2 seconds, so 40,000 trials have been completed.

1回のトライアルで、約1万2000回程の状態変異をしていますので、これまで、5億回以上の状態変化を繰り返しているはずです。

As the object had about 12,000 state mutations in one trial, it should have repeated over 500 million state changes so far.

私のオブジェクトは、"65535"という少数とは比較にならない数の、状態を試しているハズなのです。

My object should have been trying out a number of states more than the small number "65535".

Q学習をご存知の方は、「学習収束の結果だろう」と思うかもしれませんが、今回のケース、乱数の選択率を90%に設定しているので、「収束」は理由になりません。

If you know Q learning, you might think, "It will be the result of learning convergence," however, In this case, I set the random number selectivity to 90%, so the "convergence" was not a reason.

----

ところで、

By the way,

『♪ 自由に生きていく方法なんて、100通りだってあるさ~ (*)』

"There are 100 ways to live freely ... (*)"

(*)「風を感じて」/浜田省吾

(*) "Feel the wind" / Shogo Hamada

という歌が、カップラーメンのCMで流れていた時、私は中学生でした。

I was a junior high school student when the song was being played in a cup noodle commercial.

その時でさえ、私は、

Even then, I said

『バカ言ってんじゃねーよ』

"Don't say stupid!"

『10通りでもいいから、スペックアウト(書き出し)てみろよ』

"Try to write just ten ways down!"

という、「中二病」とはちょっと違った方向で、ひねくれていました。

as a trickster, in a slightly different direction against others.

-----

今回のQ-Learningによる強化学習プログラムで、改めて分ったことは、

In this reinforcement learning program with Q-Learning, what I found again is

(1)歌手の浜田省吾さんは、人生の状態空間(ここで言う"65535"通り」について唄っています

(1)Hamada Shogo-san talks about the state space of life ("65535" street said here)

しかし、

however,

(2)彼は、状態の遷移における位置的制約または時間的制約の概念を、完全に無視している

He completely ignores the notion of positional constraints or temporal constraints in state transitions

ということです。

今回、私の作った私のオブジェクトは、制約のない自由行動を5億回も許されていました。

This time, my object I created was allowed 500 million free actions without restrictions.

しかし、たった500の状態にも至れなかったのです。

However, it did not reach the state of only 500.

----

ここから考えると、浜田省吾さんは、

From this viewpoint, Hamada Shogo-san should have sung

『♪ 自由に生きていく方法なんて、1通りだってないさ~ 』

"There is no way to live freely ..."

と唄うべきであり、それこそが、ティーンエイジャに対する正しいメッセージであったと言えます。

and, it was the absolute correct message for teenagers.

実際のところ、このシミュレーションの結果は、現実世界の状況とも、恐しいほど合致していると思います。

As a matter of fact, I think the results of this program are in line with the real-world situation.


2019-04-17 『江端という変なライターが動いているようだ。こいつをつかって、我が社のメッセージを、世間に伝られるだろうか』 [長年日記]

Before, in this serialization column, "human injury series" continued for nearly a year.

このコラムの連載中、私、東京私鉄の各社(大手6社くらい)にコンタクトをして、インタビューをお願いていました。

In the series, I contacted each company of Tokyo Private Railway (about 6 major companies) and asked for an interview.

こちらの提示した条件は、

The condition presented here is

■社名は開示しない

- I do not disclose company name

■現場で働いている人をインタビューさせて頂きたい

- I would like to interview a person who is working in the field

■原稿は、御社でチェック頂き、その後改変しない

- The manuscript will be checked by the company and will not be altered afterwards

でした。

-----

このインタビューの狙いは、2つ。

The aim of this interview is following two.

(1)江端の執筆したコラムの内容のチェック

(1) Checking the contents of the column Ebata wrote

私の元ネタは、(A)国土交通省に開示請求したデータと、(B)書籍と、(C)ネット情報だけで、「生の声」がありません。

My source materials were (A) data requested to be disclosed to the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, (B) books, and (C) the Internet information only, and there is no "raw voice".

ですので、私は、記載内容についてのレビューを貰いたいと思っていました。

So I wanted to get a review about the content.

(2)江端の知らない「人身事故」についての情報収集

(2) Gathering information on "personal injury" I do not know

なにしろ、私は、「人身事故によって遅延した電車による被害者」以上の立場になったことがありません。

After all, I have never been more than "a victim of a train delayed by personal injury."

事故処理(そのシステムを含む)を実施している方の、手続や、内心については、推測しかできません。

I could only guess about procedure and intention of person performing accident processing (including the system).

ですので、私とは異なる視点からのご意見を伺いたいと思っていました。

So I wanted to hear your opinion from a different point of view.

-----

メール、または、電話で、「ご辞退させて頂きたい」という返事が戻ってきました。

The reply "we want to decline" returned by email or phone.

―― まあ、そういうことになるだろうなぁ

"Well, it is natural"

とは思いました。

I think.

鉄道会社がこのインタビューに応じることで、得られるメリットが何もないからです。

Rail companies do not have any benefits to gain by responding to my interview.

むしろデメリットしかない、といっても良いでしょう。

Rather, it can be said that there was only a disadvantage.

-----

『江端という変なライターが動いているようだ。こいつをつかって、我が社のメッセージを、世間に伝られるだろうか』

"It seems that a strange writer whose name is Ebata is moving. Can we use him to convey our message to the world? "

と、そういう風に考えられる鉄道会社が一つくらいはあればいいなぁ、くらいには、と思ってはいたのですが。

And I hoped that there was only one railway company that could be considered that way.

まあ、仕方ないですね。

Well, it could not be helped.


2019-04-16 ―― 私がITの施策を続ければ、これからもこういう面倒ごとに巻き込まれ続けることになるんだろうなぁ [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そのような見たこともない大量のメール(多分、日本語以外のメールも入っていたのだろう)を受けとったその人は、すっかり怯えてしまって、警察署に飛び込んでしまいました。

The person who received such a large amount of e-mails (possibly including e-mails other than Japanese ones) was completely scared and jumped into the police station.

で、警察は、その経緯を聞いて、今回の事件のきっかけとなった私に連絡を取った、―― とまあ、こういうことのようでした。

So, the police heard about the situation and contacted me who triggered the case, --- Well, it was the reason.

しかし、警察署の人も、メールの内容を見れば、「スパムメール」だということは分かりそうなものです。

However, even people at the police station seem to understand that it is "spam mail" when looking at the contents of the mail.

そういえば、私、行政機関の中でも、特に警察関係者の方のITリテラシーの低さについては、経験があったのでした。

By the way, I had experienced that in particular, low IT literacy for police personnel among government agencies.

When I went to the police station about internet fraud, the person in charge said, "I have never used Internet mail order."

『サイバー犯罪に関して、ここ(この警察署)は、全く役に立たない』と肩を落したのを覚えています。

I remember that I dropped my shoulder saying "this (the police station) is completely useless for cybercrime."

-----

私は、本件について、その警察署の人がアドバイスすべき内容を、その警察署の人にアドバイスして、この件は決着しました。

About this matter, I advised the person at the police station what the person should advise, and This matter was over.

この事件、ある意味、起こるべくして起きた、と思いました。

I thought that this incident, in a sense, happened to happen.

しかし、正直なところ

But honestly

―― 私がITの施策を続ければ、これからもこういう面倒ごとに巻き込まれ続けることになるんだろうなぁ

"I will continue to be involved in such troubles from now on if I continue IT measures"

と、ウンザリしました。

I felt sick.

『私は、十分にがんばった』

"I worked hard enough"

と、そして、同時に

and

『もう知らん』―― とも。

"I don’t care any more"

この時、私は、町内会会員に対するITサポートから、完全に手を引くことを決意したのです。

At this time, I decided to completely withdraw from IT support for the neighborhood association members.


2019-04-15 私に、この試みを完全に諦めさせたのは、『警察署からの電話』でした。 [長年日記]

For this two years, I wrote the story that I have been trying to install IT services in the neighborhood association(NA) and failing the trials.

私に、この試みを完全に諦めさせたのは、『警察署からの電話』でした。

The reason I gave up the trials perfectly, is "a call from the Police Station(PS)".

-----

私は、町内会で広報の仕事をしていた関係上、色々な人と連絡を取り合う必要がありました。

I have worked as a press officer, so I had to exchange communications with many people.

しかし、私は、私の時間に勝手に割り込んでくる「電話」が嫌いですので、電子メールで連絡を取り合うことをお願いしていました。

However I don't like a telephone conversation because interrupting my time selfishly, so I always ask others to use e-mails.

ある日のこと、ある町内会の会員の方が、私からのメールを受け取れないというクレームを受けました。

The other day, a member of NA raised an objection not to get a mail from me.

私は、『メールフィルタの一部を修正すると、町内会からのメールを受け取れるようになる』とアドバイスしました。

I gave an advice that "try to change a part of your mail filter, and come to get the mail"

その後、その方は、営業所に出向き、スマホの設定変更をして貰ったそうです。

After that, he went to the branch office and asked to be changed.

そして、そこまでは良かったのです。

There was no problem at that time.

-----

私は、スマホの営業所の担当者のスキルを侮っていたのです。

I misunderstood the skill of a teller of branch office.

最近の彼らのスキルは、絶望的なほど低い。

The recent their skills are on a low level incredibly

「ホワイトリスト」という概念すらも知らなかったのかもしれません。

I was afraid that they didn't know the thought "white lists".

結果として、その人のスマホには、膨大なスパムメールが届くようになってしまったのです。

As a result, a huge amount of spam email has come to the person's smartphone.

(続く)

(To be continued)


2019-04-14 ―― 課題先進国(少子化、非婚化、高齢化)である我が国を、世界中が見守っています。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

認知症に罹患した状態での、公務が可能かどうかについては、もちろん慎重な判断が必要であり、また国益にも関わる重大な案件でもあることも、重々に承知しています。

Of course, it is necessary to carefully judge whether or not public services are possible in the state of suffering from dementia, and I also understand that it is a major project related to national interests as well.

However, as mentioned here, dementia is a 100% inevitable disease.

それ故、私達は、認知症と共存する社会を作っていかなければなりません。

Therefore, we must create a society that coexists with dementia.

この時、認知症の人間を問答無用に、社会の仕組みの外に放り出すのか、あるいは、一定のルールの元で社会に組み入れていくのか ――

Now, should we throw out people with dementia without question, or incorporate into society under certain rules?

―― 課題先進国(少子化、非婚化、高齢化)である我が国を、世界中が見守っています。

"The world is watching over Japan, which has many advanced problems (low birthrate, non-maritalization, aging)."

-----

もっとも、前大臣が、認知症であるかどうかが不明な状況で、このような仮定の話を展開することは、甚だしくご本人に不快な思いをさせていると思います。

However, I think that expanding the story of such assumptions under the unclear circumstances whether the former minister has dementia.

しかし、そのことを承知した上で、今回の一件、一つの仮定に基づく問題提起のユースケースとさせて頂くことを、お許し頂きたいと思うのです。

However, I would like to allow him to use this case as a use case for raising questions based on one assumption.

なぜなら、国政のトップが、この問題に取り組む姿勢を見せることになれば、それは、日本のみならず、世界に対する、大きなアピールになると思うのです。

Because, if the head of government shows the attitude to tackle this problem, it will be a great appeal not only to Japan but also to the world.

それは、これまでのこの方の「失言集」を全部ひっくり返しても余りある、我が国のみならず、全世界に対する大きな「希望」になると、私は確信しているのです。

I am convinced that it will be a big "hope" for not only Japan but the whole world, even if there are enormous misstep of him.

-----

私は、認知症が「その周辺の人間に膨大な負荷をかける病気」であることは思い知っていますが、「恥しいものである」とは考えていません。

I know that dementia is "a disease that will give huge burdens around the patient", however, I do not think that "it is a shameful disease."

繰り返しますが、私達は、生きている限り ―― 程度の差こそあれ ―― 認知症から逃れることはできません。

Again, as long as we live, we can not escape from dementia.

認知症との共存は難しい社会課題です。

Coexistence with dementia is a difficult social issue.

しかし、少くとも、認知症が「恥しいものである」わけがありませんし、そのような偏見があってはなりません。

However, at least, there is no reason that dementia is "shameful" and there should be no such bias.