2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2017-10-20 「自分は内気で、言いたいことがなかなか言えない」 [長年日記]

私は、言いたいことを、直接、乱暴な表現を使って、語ったり、記載したりすることが多いそうです。

I heard that I often talk about what I want to say using rough expression, directly.

「多いそうです」と書いているのは、『自分では自分自身を正しく認識できない』からです。

The reason why I wrote "I heard" is that "I can not recognize myself properly by myself".

なにしろ、私の中では、その「乱暴な表現」はデフォルトでセットされていますから。

To begin with, the "rough expression" has already been set as a default in my mind.

-----

「評価」というのは、基本的に「他者の評価」のことです。

An "evaluation" means basically, "evaluation from others".

自分で自分を評価する時には、「自己評価」という言い方があります。

When evaluating myself by myself, there is a way of saying "self-evaluation".

ですので、「評価」と言われたら、『他人の意見 > 自分の認識』と考えるのが正しいと思います。

So, I think that "evaluation" is equal to "evaluation from others".

-----

日常的に、人を不愉快にさせたり、暴言を吐く人間が、

On a daily basis, a person who makes people uncomfortable or violent,

「自分は、内気で、言いたいことが、なかなか言えない」

"I am shy, I can not say what I want to say".

てなことを言っているのを聞くことがあります ―― 結構な頻度で。

I often hear the above story.

こういう発言を聞く度に、『自分では、自分自身を認識できない』ということは、「真実」とか「定理」というものを超えて、もはや、「自然法則」と言っても構わない、とすら思います。

Whenever I hear the phrase, the fact "I can not recognize myself properly by myself" is not only "truth", "theorem" but also "law of nature".

もう一つ加えるのであれば、「自分に対して、評価を言ってくれる他人がいない」ことを告白しているようなものですが ―― まあ、気がついていないかもしれません。

In addition, the phrase might be a kind of confession of "I have no people who tells me the evaluation for myself". Well, they may not have noticed it.

(続く)

(To be continued)


2017-10-19 「あきらめなければ試合終了できませんよ」 [長年日記]

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

"If you give up, the game is over"

という教師のセリフが名言とされているコミックがあるそうですが(すみません、よく知りません)

I heard that there is a comic book that includes the above phrase by a teacher(I am sorry. I don't know well)

私なら、

For me, I want to be a teacher who can say

「あきらめなければ試合終了できませんよ」

"If you don't give up, the game continues forever"

と言える教師になりたい。

-----

私、

I am confident in

reading "white paper of suicide measures" issued by the Ministry of Health, Labor and Welfare, deeply in Japan.

という、自負があります。

あきらめずに頑張っている人から、ボロボロ死んでいくデータを見ていると、心の底から本当にそう思うのです。

I really think that whenever I read the data that many people who can not give up, are easy to commit suicide.


2017-10-18 『最高裁判所の判決文は、テクニカルライティングのサンプルの宝庫である』 [長年日記]

来週の衆院選挙を控えて、私は事前調査を進めています。

In advance of the lower house election next week, I am doing a preliminary survey of

―― 最高裁判所裁判官国民審査

"People's Examination of the Supreme Court Judges"

の方ですが。

not Lower House election candidates

これまで、私は、この選挙の「制度」(何も記載がなければ信任)という制度に抗議して、全員を明示的に不信任(つまり×)してきました

So far, I've explicitly disbelieved ("x") everyone, because I protested the "institution" of this election (It will be confident unless stated).

However, this time, for me, it is temporarily rising a trust in the Supreme Court judge by "illegal final judgment of GPS investigation".

このままだと、全員に"◯"をつけてしまいそうです。

If it keeps going like this, I'm afraid I may trust all of them.

つまるところ、私はチョロイんですよ。

In conclusion, I am easy.

今回、新顔の党とのすったもんだの挙句 ―― 「憲法改正反対」「安保法制撤廃」を掲げて、公示直前に立ち上げた新党に、好意を寄せ始めていらっしゃる方々と、同様に。

Just like people who started to favor the New Party who stood up just before the public notice, with "Standing against constitutional amendment" and "withdrawing security legal system", after embarrassing appearance of the new opposition party.

しかし、あっちは「孤高に闘うヒーロ」とか「判官ひいき」に近いような気がします。

However, I feel that it is close to "lonely height hero" or "judge patronage".

それはさておき。

Apart from that.

-----

I come to read the Supreme Court decision sentence recently, when I was investigating "300 day problem" and "national election constraint correction problem" etc,

そして、この判決文が、なかなか「読ませる」のです。

And this sentence is quite easy to read.

争いの双方の論点を完結に纏め、判決と、その判決に至った理由を、実にロジカルに展開していまして、

They have put together the issues of conflict and concluded that the ruling and the reasons leading up to that decision have been developed logically.

私は、

I do think,

『最高裁判所の判決文は、テクニカルライティングのサンプルの宝庫である』

"The sentence of the Supreme Court is a treasure trove of samples of technical writing"

とすら思っています。

同時に、裁判官が、「どの論点から逃げたか」とかも、煤けて見えてきます。

At the same time, I come to see "which point did they get away from?"

正論を徹底すると、社会を上手く運営することができないからでしょう。もちろん保身もあるでしょうが。

It is probably because they can not manage society well if we do thoroughgoing theory. Of course it will also be for self-protection.

私が法学ゼミ(私塾)に通っていた時、

When I was attending law school seminar (private school), and hear the story of

『裁判の目的は正義の実現ではなく、現実の妥協点の落とし所の模索である』

"The aim of the trial is not the realization of justice, but the search for a trade-off of real compromises"

という話を聞いて、目から鱗が落ちたような気がしたのをよく覚えています。

I felt like scales fell from the eyes.

-----

という訳で、

In conclusion,

「最高裁判所の判決文を頻繁に読んでいると、なんとなく、"◯"をつけたくなる」

"If I frequently read the judgment sentence of the Supreme Court, somehow, I will want to trust them."

という法則は、少くとも私の中では成り立っているようです。

the above law seems to be made at least in my mind.


2017-10-17 ――「技術と技術者に対するナメた態度」が垣間見られるような気がして、 [長年日記]

聞いた話なのですが、

I heard the story for the question of

―― 東大寺を建立したのは誰でしょう?

"Who set up Toudaizi-temple ?"

という問いに対して、「大工」と教えていた教師がいたそうです。

there was the teacher who gave the answer.

なんとなく『転向した左派の元運動家崩れ』の教師という気がしますが(偏見です)、『地方大会で散った右派の低能筋肉派』よりはマシという気もします(さらに凄い偏見です)

Unconsciously I believed that the person was a converted ex-leftist activist (just prejudice) or intercollegiate loser ex-rightist (terrible prejudice).

まあ、それはさておき。

Above and beyond this.

------

この解答は、間違いではないと思いますが、「歴史」というのは、基本的に「為政者」と「戦争」の歴史のことなので、歴史の授業の中で、この解答では、やっぱりダメでしょう。

I don't think that this answer could be wrong, however, in general "history" means "history" of "policymakers" and "wars". So this answer is not proper.

そもそも、「大工」という解答を導き出すのであれば、まず、東大寺の建立に対して、

Above all, if the person wanted to derive this answer, he/she should give their student

■どのような建立上の技術課題があって、

"What kinds of technical problem were in building technology"

■どのような新規性や進歩性のある発明が行われて、

"What kinds of novel and invective invention were generated"

■それらの発明が、その後の建築物の建立にどのような影響を与えたか、

"What kinds of affect were given in in building technology history"

までを教えた上でなければならないハズです。

-----

このケースにおける「大工」という解答は、

In this case, the answer of "carpenters" means,

―― 為政者が命じさえすれば、どんな建造物でも建立可能という、

"Any building structure could be set up, if a power orders it"

――「技術と技術者に対するナメた態度」が垣間見られるような気がして、

"A naughty attitude towards technology and engineers could be observed"

私は、不愉快です。

I feel unpleasant.


2017-10-16 ―― 深夜の夜道で、落語を聞いて大爆笑しているサラリーマン [長年日記]

先日、イヤホンを忘れたので、イヤホンを外したまま、スマホでYoutubeを聞きながら歩いてみました。

The other day, I left my earphone, so I tried walking while listening to Youtube on a smartphone without a earphone.

深夜の自宅までの道程を、スマホのスピーカーを最大音量にしながら、 柳家喬太郎師匠の落語を聞いていました。

On the way to my home at midnight, I was walking while listening to the Rakugo of Mr. Yanagiya Kyotaro, with setting the volume to the maximum.

-----

改めて試してみると、「イヤホンなし」というのは、なかなかいいものです。

Trying it out again, "without earphone" is a pretty good thing.

まず、煩わしくない。

First, it is not troublesome

耳に何かを装着するというのは、結構うっとうしいものです。

Wearing something on your ear is pretty annoying.

安全です。

It is safe.

近付いてくる車の音などが聞こえるというのは、安全で安心でもあります。

It is safe and secure I can hear the sound of coming a car.

そして、セキュアです。

And it is secure.

―― 深夜の夜道で、落語を聞いて大爆笑しているサラリーマン

"A business worker bursting laugh at rakugo in a late night road"

誰も近づいてきません。

Who want to approach me?

ま、もっとも、深夜に中年男を襲おうとする物好きがいるとも思えませんが。

Well, though, I cannot think where a curious person is, who tries to attack a middle-aged man in the late night.

-----

しかし、これはセキュリティ上、結構効果があるのではないかと思います。

However, I think that this is quite effective for security reasons.

帰宅の遅い日には、娘達にも、この方法を取るように勧めてみます。

On the late afternoon home, I recommend my daughters to take this way.

「落語」も良いですが、多分、「英語ニュース」とかもいいかと思います。

I think "Rakugo" is also good, and "English news" is also good.

「般若心経」、「ヘビメタ」とか、「童謡」、意外に「演歌」なども良いかと思います。

"Heart Sutra", "heavy metal", "nursery song". Surprisingly I think that 'Enka' is also good.

「アイドルソング」や「アニメソング」は、あまり効果がないように思うので、止めておくように言っておきます。

I think that "idol songs" and "animation songs" are not very effective, so I will tell them to stop them.


2017-10-15 ―― リーダーって、教育できるものかなぁ [長年日記]

リーダーを育成する学校、というのがテレビで見られるのですが、

A school that fosters leaders can be seen on television,

―― リーダーって、教育できるものかなぁ

"How to make readers in the educational process"

と私は、思っています。

I think.

だって、そういうもの(リーダー)を不要とする為に、企業には職位というものがある訳ですよね。

There is something called a position in a company, not to make such a leader unnecessary.

リーダーと職位が併存しているという事実は、「リーダー」という存在を否定しているんじゃないんでしょうか。

The fact that a leader and a position are coexisting does not deny the existence of "leader".

あ、ちがうか。

It is different isn't it?

「出生して職位を上げる為の教育」であるなら、それは、矛盾しません。

If it is "education to raise the position", it is not contradictory.

しかし、それなら、「リーダー教育」というカンバンはおかしい。

But then, the nomine "leader education" is strange.

-----

私にとって、「リーダー」は分かりかねるのですが、

For me, I cannot understand "leader", however,

少なくとも「私はこの人に付いていくぞ」と思った人は、私の人生においては、一人もいませんでした。

There was no one, I think, "I will follow this person", in my life.

私は、私の利益になると判断できる人の指示は聞きますが、

I will listen to instructions of those who can judge me to be profitable,

私は、私の不利益になると判断した人の指示は、聞いたフリをします。

I will pretend to hear the instructions of those who judged me to be disadvantageous.

-----

もっとも、そんなことは、直ぐに気が付かれます。

However, it is easy to be noticed soon from anyone.

人間が、人間を欺き続けるのは、結構難しいからです。

It is quite difficult for humans to keep deceiving humans.

だから、チームメンバが「聞いたフリ」をしているのを、チームリーダーは「分かったフリ」をして ――

A team members is doing "pretending to hear" and a team leaders "pretending to understand",

結局、チームというのはそういう風に運営されていくと思うし、

After all, I think that the team will work in that way, and

それで別段問題があるようには思えないのです。

it does not seem like there is another problem.

-----

そんな訳で、私は

For that reason, I want to experience, even just one time is enough fro me,

『その人に惚れて、その人に付いて行く』

"Deeply impressed with a person's character, I will follow him/her"

ということを、一度でいいから体験してみたいのです。


2017-10-14 ―― という、私の願いを叶えてくれそうな政党がありませんねえ。 [長年日記]

選挙・・・選挙ですねえ。

Election ... It is election.

憂鬱です。

I feel blue.

若い頃はラクでした。

It was easy when I was young.

政治権力は、常に固定的であって、それ故に、私は「反権力」であれば、誰に投票して良い、という ―― もの凄くアバウトで、非ロジカルなポリシーだけで、私は、投票所の行けば良かったからです。

At the period, political power was always fixed, therefore, if I made me an "anti-authority", who can vote for anyone. With extremely lazy, non-logical policies alone, I could go at the polling place.

が、もはや、そういう簡単な考え方で、政治を判断するには、世知辛い世の中を、生き過ぎてしまいました。

However, in order to judge politics with such a simple way of thinking, I have survived a stupid world alive.

-----

理念や理想より、まず「金」 ―― もう少しオブラートすれば「景気」です。

First of all, "money", in other word "economic growth".

「目の前の賃金や雇用が第一」

"Wages and employment in front of me are the first"

「できれば行政サービスの変化は最小限で」

"Change in administrative services is minimal if possible,"

「少々の権力者の横権には目をつぶります」

"Ignoring the lateral right of a few powerful people"

「外交関係の『席替え』は、もうカンベンしてくれ」

"Please keep the present diplomatic relationship"

「日本国憲法は『私たちのディズニーランド』のままじゃダメ?」

"I wish the Japanese Constitution is like 'our Disneyland"

「『お国の為』という言葉が二度と登場することなく、常に『自分の為だ、文句あるか』と言い続けながら、人生終えたい」

"The word" for the sake of our country "will never appear again, and I always want to use "my life is mine, are you complaining?" at the end of my life.

―― という、私の願いを叶えてくれそうな政党がありませんねえ。

There are no political parties that will make my wish come true.

-----

まあ、私の想いをドンピシャで公約としてくれる政党が存在する訳はないのですが ――

Well, I know well that there is no political parties conveniently like the above.

ならば、私が、自分でやるしかない、ということになってしまいます。

Then, I will have to do it myself.

Well, I am setting up a new party.


2017-10-13 最近は、『この調子では、難しいかもしれないなぁ』と思っています。 [長年日記]

米国の歴代大統領で、これほど組織運営が上手くない ―― まあ、そういう人はたくさんいたでしょうが ―― 上手くないことを露呈している大統領もいないだろうなー、と思っています。

I have never seen the U.S. President in-service, who is not good at organizational operation.Of course, I think some previous the U.S President was also good at it, but he is disclosing troubles almost everyday.

しかし、これらの「露呈」は、私にとっては、色々、勉強になっています。

However, these disclosing troubles teach a lot to me.

(1)アメリカ合衆国の国民の本音

(1)Reality of citizens of the U.S.

本音にも色々な種類があります。

I think that there are some kind of "realities".

しかし、組織運営上、道徳上、社会通念上、「言い難い本音」は、たくさんあると思うのですが、そっちの方を、現大統領は、バカスカと開示してくれます。

There are a lot of "indescribable realities" from the aspects of organization management, moral or societically, however The current president will disclose any kind of reality easily.

この歳になって、あの国の本音が聞ける(マイノリティかマジョリティか、までは分かりませんが)というのは、ある意味、運がいい、とは言えます。

At this time of day, I think that I am lucky to hear the real intention of that country,(I do not know whether the opinions is for minority or majority)

もっとも、その「運をいい」を遥かに超える、国際リスクも高めているのは、忘れてはなりませんが。

However, I should not forget that increasing international risk beyond that "good luck"

(2)アメリカ合衆国の政府の仕組み

(2) The structure of the government of the United States

大統領の施策や暴言によって、色々な人が罷免または辞任していき、日々、それがニュースになっています。

Due to the president's measures and verbal abuses, various people dismiss or resign everyday.

おかげで、今まで知らなかった、あの国の政府の仕組みが、見通せるようになってきました。

Thanks to that, I can see the mechanism of government of that country that I have not known until now.

(3)合衆国大統領の権力基盤の強さ

(3) Strength of US President's power

日本の首相が、ツイッターなどを使って、あの手の暴言発言を一つでもしようものなら、あっという間に、内閣が辞任(で、流れで、国会解散)ということになると思います。

If Japanese Prime Minister, using Twitter, make even one abuse, the cabinet is going to resign (and the dissolution of the National Assembly occurs) as soon as possible.

居酒屋で、酔っ払った親父の、低能発言を繰り返しても、大統領の地位が脅かれないというのは ―― 大統領の権力が強力である(か、または、その発言が民意を反映している)ということを示しています。

If he repeat low-ranking remarks like a drunk father in a pub, the president's position can not be threatened. This means the President's power is stronger than we expect

-----

私、ニクソン大統領に次ぐ、第二のウォーターゲート事件もどきによって、「在任中の大統領の辞任」という歴史的イベントを見られるものと、本気でワクワクしてたのですが ――

To tell you the truth, I have expected to see historical events of "Resignation of the president during his tenure" like the Nixon's second Watergate incident.

最近は、『この調子では、難しいかもしれないなぁ』と思っています。

However, "I am afraid that it may be difficult under the condition." recently,


2017-10-12 逆に「東京」に来ない方が良いと思ったりするんですよ ―― 本当に。 [長年日記]

私、関東エリアで暮らしが、すっかり長くなりましたが、今なお、この地域に強い思い入れはありません。

I have been in the metropolis for a long time, however I don't have a passion for this area.

サザンオールスターズがいなければ、「江ノ島」はこれほど有名にならなかったでしょう。

Without Southern All Stars, "Enoshima" would not have become so famous this much.

少なくとも、あの海岸は、日本の多くの海岸と比較しても、キレイでも特徴がある訳でもありません。

At least that coast is neither beautiful nor characterized by comparison with many coasts in Japan.

ユーミンの歌詞の中に登場する「東京フリーウェイ」とは、多分、首都高速とか、東京エリアに繋るその周辺の高速道路のことだと思うのですが、

I think that "Tokyo freeway" that appears in Yumin's lyrics probably refers to the capital highway or the highway around it that leads to the Tokyo area.

そこから見える夜景は、別段、ロマンチックでも、美しくも、快適でも、ありません。

Anyway, The night view seen from the load is not beautiful, romantic, and comfortable.

もし「東京フリーウェイ」が、「無料の道路」という意味であるのなら、そこから確実に見えるのは、3分おきに車を止める、信号機ぐらいです。

If "Tokyo freeway" means "free road", you can see just "traffic lights" that stops the car every three minutes.

そもそも、高速道路の運転中に、―― 彼女でも彼氏でも構いませんが ―― 「しなだれかかって」きたら、運転に集中できなくて、危くてしょうがありません。

First of all, while driving a highway, if your lover I don't know at all, is falling down on you, you can not concentrate on driving, and it is really dangerous.

-----

という訳で、まあ、「東京」に憧れている若者(誰でも構いません)が、

Well, youth who is longing for "Tokyo" (not only youth)

逆に「東京」に来ない方が良いと思ったりするんですよ ―― 本当に。

is better not to come to "Tokyo", on the contrary, I think.


2017-10-11 チームワークの価値は、「チームワークそのもの」にある訳でありません。 [長年日記]

国土交通省の「ダム建設現場見学ツアー」や「首都圏外郭放水路」とか、

I heard "Dam construction site tour tour" and "outline drainage tube tour in capital area " of the Ministry of Land, Infrastructure and Transport

地方自治体の「ダム放水見学ツアー」など、

and 'Dam flood water tour' in a regional municipal

結構な集客に成功しているそうです。

seems to have succeeded in attracting quite a few guests.

嫁さんは、こういうツアーを「全く見たいと思わない」と言いますが、私なら、会社の無断欠勤しても、参加したいくらいです。

My wife told me that "they don't attracts me at all", however I want to join these tours even I am absent from work.

そもそも、私は、道路工事から、住宅の基礎工事、マンションやビルの骨組組立のプロセスなど、―― 可能であれば、ビニールシートと弁当とビールを持参して ―― 一日中でも眺め続けることができる、という自信があります。

First of all, I am confident in myself that I can keep watching from road construction, foundation works of houses to process of assembling frameworks of condominiums and buildings with a vinyl mat and a lunch box.

-----

しかし、その一方で、私は自分が作業している様子を見つめられるのは、好きではありません。

On the other hand, I dislike having my work seen by someone.

実家に帰省して、私が料理をしたり、修理をしたりしていると、父がじっと様子を見ていることがあるのですが、そんな場合、とっとと追い払っています。

When I go back to my country house and cook and repair something in the house, my father often watches me. Then, I am going to drive away my father.

一人でできる作業であれば、一人でやりたいです。

If there is a thing I can do by myself, I want to do it alone.

例えば、嫁さんの手伝いで、フリーマーケットのテントを設営する際も、私は一人でやりたい。

For example, I also want to do it by myself when setting up a tent for my wife's flea market.

誰かが設営の手伝いを申し出ることがあるのですが、そんな時は、にこやかに『結構です』と断わっています。

Someone may offer help in setting up, but I'm refusing with saying "No, thank you".

-----

チームワークの価値は、「チームワークそのもの」にある訳でありません。

A values of "team work" is not "team work" itself.

チームワークの目的は、単なる「生産性」です。

A purpose of "team work" is just productivity,

ましてや、「和」など「絆」などが、目的である訳がない。

Neither "conformity" nor "bond"

しかし、その生産性を極めようとして動くチームには、「機能美」があります。

However, a team that are trying to reach high productivity, has a "beautility".

それは、私のようなエンジニアを魅了して止まないものなのです。

That continues to attract engineers like me.