2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|

2017-04-24 「奇を衒わない、当たり障りのない対応」こそが王道である [長年日記]

以前、「入学祝に、持ち歩けないような巨大な英和辞書を贈ってきた人」の話をしました。

Once I wrote about a person who gave me a big and non-potable Japanese-English dictionary as a "celebration gift".

その後、「私がこれを廃棄した」という話もしました。

At the time, I discard the dictionary.

さらに、「この人は、英語を実生活で使ったことがない人である」という推論に至った、という話もしました。

In addition, I have reached a conclusion, that "the person has not had a habit of using English daily".

-----

これと同じようなことは、結構あります。

Same affairs, like this, are often happened.

海外旅行のお土産などが顕著です。

For example, about souvenirs of overseas trip.

例えば、

- ボールペンをノックをすると、ボールペンに描かれた女性がヌードになる

- knocking ball pen, the woman's picture comes to be nude.

- 辛くて(あるいは、臭くて)食えたようなものではないスナック菓子

- Uneatable spicy (or stick) snacks

- 現地の(奇妙な形状の)お守り

- Local and strange amulet

などです。

―― そんなもの、いらない

"I want to return this to you"

というものが多いです。

in many cases.

-----

もっとも、このようなことになってしまうのは、理由があるからです。

Of course, we have reasons for these affairs.

(1)海外旅行にいった以上 ―― 特に餞別を貰っている場合などは ―― 何がしかの「お返し」が必要になる。

(1)We have to buy some souvenirs when we travel overseas, especially getting foy.

(2)しかし、「良いモノ」は、基本的に値段が高い

(2)However, good souvenirs are expensive.

(3)一方、「悪いモノ」は、安いが、クオリティが悪く、インパクトがない

(3)On the other hand, bad souvenirs are low-quality and no impact, even if it is cheap.

(4)ならば、「珍妙なモノ」で、アピールするしかない

(4)Then, we have to appeal ourselves with "a strange thing".

ということになります。

こうして、「お祝い」やら「お土産」やらは、関係者全員を不幸にしながら、そのマーケットが成立している訳です。

Thus, "celebration gift" or "souvenir" make us unhappy, and the market has been established.

-----

誰に対しても、普遍的価値があり、かつ、役に立つものは、「現金」です。

To tell you the truth, "cash" is useful and universal valuable for anyone.

しかし、「現金」を「お土産」にする訳にはいきませんし、「お祝い」にしても、ラーメン代金程度では、格好がつきません。

But we cannot use "cash" by a compensations of "souvenir". If we use "cash" as "celebration gift", constant sum must be needed.

そいういう意味では、「図書券」とか「商品券」は、双方のジレンマを解消する、形を変えた「現金」と言えます。

In that sense, "library tickets" or "gift certificates" can be said to be distorted "cash" to resolve this problem for both sides.

-----

結論として、

In conclusion, I think

"「奇を衒わない、当たり障りのない対応」こそが王道である"

"No strange and offensive way is a royal road."

ということです。


2017-04-23 現時点で、世界でも10人もいないであろう、稀有な休日の過し方をしています。 [長年日記]

先日から「三国志Three Kingdom」に嵌っています。

I am addicted to "Three Kingdoms" from the other day.

今、私は、

Now I am

―― Youtubeで「三国志Three Kingdom」の音声をバックに流しながら、他の人の作ったカーネルコードを地道にprintkで追跡する

tracking linux kernel code by printk() function, hearing the voice of "Three Kingdoms" from Youtube.

という、現時点で、世界でも10人もいないであろう、稀有な休日の過し方をしています。

and I am having a rarea holiday. Less than ten people might do same thing at the moment.

なんにしろ、『延々と一人で三国志(*)を語り続ける、うっとうしい野郎にだけはなるまい』

Anyway, I make up my mind "I never make me an annoying bastard who keeps talking about "Three Kingdoms(*)"

と、今から自制を心がけております。

(*)この他、「ガンダム」とか「マック」など

(*) In addition, "Gundam" and "Mac" etc.

-----

まあ、若い人なら、「若いのに、なに辛気くさいことやっているんだ」と言われるかもしれませんが、

Well, when I was a young person, someone might say to me "why you do such irritating thing, though you are young"

この年齢なら、「昼間から、なにゴロゴロしているんだ」と言われないだけマシかもしれません。

It might be better not to be said "Why are you going to be a couch potato from daytime?" for this age.

しかし、先日、嫁さんから、

But my wife said to me again,

「お願いだから、休日に部屋から黒いオーラ出すのだけは止めて欲しい」

"I want you to stop black aura from the room on holidays."

と、再度言われました。


2017-04-22 これを読んで、ちょっと怖かった(もちろん、嬉しかったけど)。 [長年日記]

あの「無礼な後輩」が、私の研究している内容を知りたいと言ってきたので、彼に関連資料一式をを送付しました。

The "Rude junior fellow" asked me open my research activity, so I sent a set of material to him.

その後、彼からメールがやってきました

After that, I got a mail from him.

-------

江端さん

Dear Ebata-san,

まだ、全部読んでないですけど、これねぇ、超すごいっすよ。宇宙空間がゆがんじゃうくらいすごいっすよ。あ、ゆがんでるか。もうね、ラベルがちがいますよラベルが。えぇもうとにかくすごいっすよ。問題はこのすごさをアピールできてない、と言うか、アピールしないようにして進めているだけですが、若人を江端さんにつけて拡張させないといけないんすよ、いや、でも、江端さんにきっとついてこれんな、無駄にまじめなやつは。やっぱり、前のユニットの若手が適任だったのかな。コンセプトってのがすごさも、やっぱり真面目にシステムを考えたやつではないと、いや泥臭くシステムを実装したやつでないとわからんしな、そうするとやっぱり数限られるんだな。これをなんか人のモデルにして社会システムのシミューレーターとして発表すれば、結構なインパクトとれそうじゃね、っていうか、××研がやろうとしているんだけど、稚拙なモデルで。すげぇっすよ、まじすげっすよ、江端さん、あんたはえらい!

I have not finished reading them yet, however, your research is tremendous. Could you twist cosmic space? Did you do it already? Your "label" is different from others. Anyway this is enormous. I don't know why you speak out your research loudly. I know your intention. You don't want to study silently do you ? My company should expand Ebata-san's research more with young researchers. But can the younger follows Ebata-san's concept? Maybe solemn guys are not good for Ebata-san's team. Ebata-san should have made up the research group before. To make an concept, we should start making unrefined implementation. Numbers of the person are few, I am afraid. If you open your concept as a social system simulator, the impact will be beyond the reach of my imagination. For example, trying of XX research lab. is childishness. Anyway Ebata-sa, you are great and a big guy.

-----

これを読んで、ちょっと怖かった(もちろん、嬉しかったけど)。

After reading his mail, I felt scare a little ( Of course I felt happy too).


2017-04-21 ある番組で、隣の席と完全な仕切りが設けられたカウンターのラーメン屋が紹介されていました。 [長年日記]

ある番組で、隣の席と完全な仕切りが設けられたカウンターのラーメン屋が紹介されていました。

A TV program introduced a ramen-shop, whose counter has partition boards for each customer.

嫁さんは「まるで、飼育場のようだ」と言っていましたが、私は、良いコンセプトだと思いました。

My wife said "it is like a breeding farm", however, I think this is good way.

私のような「一人飯読書」のような人間にとって、カウンターに本を広げるというのは、心理的な抵抗があります。

I like "eating alone with reading" and I open a book on the counter. Therefore I feel sorry for neighbours.

いわゆるカウンターの「領域問題」―― 隣りの人の邪魔になっていないか ―― が気掛かりで、自分の食事を楽しめなくなってしまうからです。

That means "border issue" on a shop-counter, I feel uneasy not to cause an obstruction, and I don't enjoy eating ramen.

(そういう意味では、スマホは、優れた「一人飯読書」のツールであると言えます)

(I think that smart-phone is a good tool for "eating alone with reading" )

-----

そもそも、ラーメンという食べ物は、

To begin with, for ramen, we have to

■液体(スープ)の中に放り込まれている固形物を拾い上げ、

pick a solid object up from a liquid mass,

■その拾い上げる対象は、一口では処理できない固形物(麺)であり、

which is difficult to eat the solid at a mouthful,

■それを、空中で切断(歯で噛み切る)し、

gnaw off the solid on the air, and

■切断された残留物を、液体に再度落下させる

drop the fragment solid down to the liquid mass.

を繰り返すという、他の料理には生じない、プロセスを必要とする料理です。

Ramen needs special steps, which the other dishes don't need.

普通のスープやシチューなどとは異なり、固形物を「空中で処理」して「液体に再落下」させるという点において、決定的に異なります。

Ramen is different from soup and stew, because ramen needs some process of "gnawing" and "dropping".

加えて、その液体は、動物性タンパクや脂質をふんだんに含んでいます。

In addition, the liquid mass includes animal protein and fat.

衣服に付着すると、取り除くのは難しい、という性質をもっています。

If the liquid mass attach to clothes, it is difficult to scrub it.

それでも自分の衣服であれば、単なる自己責任で済む話ですが、隣の席の人にまでに被害が及ぶのであれば、当然に問題となります。

Even so, if the clothes are ours, no problem happens. However if the damage spread other people out, this will be serious problem naturally.

このような素晴しい料理が、このような問題で貶められるとしたら、本当に残念なことです。

If such troubles make a wonderful dish "Ramen" diminish, I feel very sorry.

-----

結論として、

In conclusion,

「隣の席と完全な仕切りが設けられたカウンターのラーメン屋」というのは、

"ramen-shop, whose counter has partition boards for each customer" is,

素晴しいシステムであり、コンセプトだと思います。

wonderful system and concept, I believe.


2017-04-20 「世界中を敵に回しても」・・・? 世界中って、<北>みたいに? [長年日記]

以前、

Once I wrote a diary,

"Even if I antagonize the world ....? " The world includes the Armed Forces of the United States doesn't it?"

という日記を書きました。

-----

最近、もう一つ思いつきました。

In these day, I came to another phrase

「世界中を敵に回しても」・・・? 世界中って、<北>みたいに?

"Even if I antagonize the world ....? " like ?"

-----

あの国の

The goverment of the has an ideology of

"Any approch to collapse ourselves is all same, even if it is invation, civil war or counter nuclear attack"

と、いうような「腹のくくり方」もできないようなヤツ(歌手とか)が、、

If they, for example "singers", don't prepare themselves for the worst,

軽々しく「世界中を敵に回しても」などと口にすべきではない ―― と思っています。

they should not sing "even if I antagonize the world" lightly, I think.


2017-04-19 しかし、アーリアダプタの人の存在なく、私達、エンジニアも存在できないのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これは、私が、「モノ作り」の側にいるエンジニアであることも関係していると思います。

This is related to "I am an engineer to make things."

エンジニアである私は、

I, as an engineer, think

「作ったモノの名誉は、全て作った者に帰属する」

"all horror of a new product belong to persons who make it"

と考えており、

「作ったモノの名誉が、所有している者に帰属する」

and I don't think

などとは、髪の毛ほどにも考えていないです。

"all horror of a new product belong to persons who use it"

at all.

-----

しかし、アーリアダプタの人の存在なく、私達、エンジニアも存在できないのです。

However, this is true that "No early adapter, no engineer".

例えば、携帯電話が登場しはじめたころ、理由もなく(しかも電車の中から)電話をかけまくっていた(不愉快な)人 ―― そのような人なくして、今の私はありません。

For example, at the time that cellphone appeared first, if not unpleasant person, trying use it in a commute train without reasons, I wouldn't be the person I am today.

ですから、今から、私は、心を入れ替えて、ここに宣言します。

So from now on, I will change my mind and declare the following here.

最新機種を最速で導入して頂けるお客様は神様です。

The customer, who purchases the latest model fastest, is God.

安価な中古で購入する(私のような)奴は

The customer, who purchases old or used model slowest, like me,

―― 死ねばいいんです。

should die.


2017-04-18 このアーリーアダプタの人には、「他人に対して、最新機種を自慢したい」というモチベーションもあるそうです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「早く使いたい」ということもあるかもしれません。

They might to want to think "Try it, as soon as possible"

好奇心は、押さえようがありません。「新しい機能を試したい」という気持ちは、私にも良く分かります。

Nobody can stop their curiosity. I also can understand a feeling "try new function soon"

しかし、

However,

このアーリーアダプタの人には、「他人に対して、最新機種を自慢したい」というモチベーションもあるそうです。

I hear that these early adapters have a motivation to boast "a new product" to other people.

これが分からん。

I don't understand it.

私は、どうしても、

At any cost, I come to think

―― 最新機種を開発したのはメーカーであって、アンタではない

"It is not you but a maker company that developed the product"

と、思ってしまうのです。

それとも「高額な、最新機種をできるだけ早く導入した私」を自慢したいのかもしれませんが ―― そうなると、さらに分からん。

If not, they might want to boast themselves who have got a new product. If so, I don't understand them either.

-----

と、ここまで読んできて、「江端が何が分からんのか、分からん」という人もいると思います。

When you read the above lines, you will say "I don't understand what Ebata wants to insist.

「ブランドバック、高級外車、大きな邸宅 ―― これらは全て同じモチベーションで動いているではないか」、と。

"Brand back, luxury foreign car, big manor house - they all are working with the same motivation?"

「その程度のことも分からんほど、江端は阿呆か」と思われているかもしれません。

Perhaps you might think that "Ebata is so foolish that he cannot understand like this"

正直、私も、そこまでは分かっているのです。

Honestly, I can understand it, however,

ただ、頭で分かっていても、『心が叫んでいないんだ』というのが実情です。

If I can understand it in my brain, I cannot accept it in my mind.

(続く)

(To be continued)


2017-04-17 ―― アーリアダプタの人は、一体、どのようなモチベーションで、アーリーアダプタをやっているんだろう [長年日記]

iPhoneの新型が登場するたびに、「購入しなきゃ」と言っている人がいるそうです。

A friend of my wife seems to say "I have to get it", whenever new type of iPhone is released.

私の回りにも、パソコンのマッキントッシュの新型が登場する度に、機種を購入していた人もいます。

Around me, a colleague tried to purchase new type of Macintosh as soon as possible.

このような方は、たしか、Early Adopter(初期採用者)、 だったか、Early Adapter(初期適合者)とか呼ばれていたと思いますが、

They are called "Early Adapter" as I recall, and I always think of them,

―― ありがたい

"Glory!"

と思っています。

私は、型落ちや、中古を、できるだけ安く購入して、その後、ちまちまと外部部品で性能を上げるという人間ですから。

I make a habit of getting old or used things, and adding several parts to get a good performance. Therefore I

-----

このような人がいないと、新製品から次の製品の開発費が回収できませんし、初期不良を発見することもできません。

Unless they are, the company, that has released a new product, cannot collect the development cost, and know initial defects.

また、そのような人のおかげで、その製品の使い方や、各種のトラブルシューティングが、ネットに蓄積されていくことは、本当に助かります。

Under the favor of them, many information, for example, how to use it, and how to recover from troubles, are going to be accumulated.

後からノロノロと追いついていく私は、安い値段で購入した後で、それらの膨大な情報を使うことができる訳です。

I am following something new slowly, and I can get it at any easy rate, and enormous information.

まさに、「ありがたい」の一言に尽きます。

In a word "Glory!" indeed.

-----

で、ふと思ったのですよ。

One day, I think of it.

―― アーリアダプタの人は、一体、どのようなモチベーションで、アーリーアダプタをやっているんだろう

"Why does early adapters make them the early adapters?"

と。

(続く)

(To be continued)


2017-04-16 ―― 何でこんなことに気がつかかったのだろう [長年日記]

週末研究員モードで、ラズパイを複数使った実験を行っているのですが、ディスプレイが足りなくて困っていました。

As a weekend researcher, I was trouble in shortage of display, because of trying an experiment with Raspberry PIs.

複数のラズパイからの出力を同時に見なければならないのですが、ディスプレイがなければ、それができません。

Because I have to watch several displays at the same time to get information from Raspberry PIs.

最近のディスプレイはサイズがデカくて置くだけでも大変です。

The size of recent displays is too big, and the installation is difficult.

ラズパイの数の分のディスプイレを準備したら、壁が全部ディスプレイで埋まってしまうでしょう(というか、そもそもディスプレイを購入する金がない)。

The entire wall will be filled with display, if preparing for all Raspberry PIs.(To begin with, I have no money to purchase a display at all).

-----

しかし、この問題、簡単に解決しました。

However, this problem was resolved easily.

ラズパイにSSHサーバを立てて、複数のWindowsのターミナルから、SSHでアクセスするだけでした。

I built SSH server on each Raspberry PI, and try to access them from several windows terminals.

別にGUIは必要ないのですから、コマンドインターフェースで利用できれば良いのです。

I don't have to use GUI, there is no problem to use by CUI.

-----

私が、驚いたことは、

To my surprise,

―― 何でこんなことに気がつかかったのだろう

"I didn't remember such a easy way.

ということです。

昔、ワークステーションを使って、通信ミドルウェアの開発をやっていた時には、telnetで同じことをやっていたのですが、

The other days, I did same thing with "telenet" when I developed a communication middleware.

GUIがあたりまえの世界に慣れてしまっていたんだなー、と思っています。

I think that I got used to the GUI world.


2017-04-15 「いや、『四人組』とか『文革』とか、嫌な話がテンコ盛りでしょう?」 [長年日記]

In the sightseeing tour of Taiwan, we, whole family went to National CKS Memorial Hall.

私は、太平洋戦争末期の、台中のドタバタについては、興味があるので、とても楽しみにしてたのですが、滞在時間が ―― たったの30分。

Personally, I am very interested in a history of confusion between Taiwan and China in the of WW2. However the residence time was just half an hour.

I wanted to say

「3時間くれよ」

"Give me three hours"

というのは無理なんだろうなー、ということは分かっています。

But even I know that it might be impossible.

私のような人間の数は、少ないのだろうと、自分でも思いますから。

Persons like me, are few, I also think.

-----

中正紀念堂内での、長女との会話です。

In the hall, I talked to senior daughter.

江端:「このあたりの歴史については、受験勉強で詳しく勉強したのだろう?」

Ebata:"Did you study the history around this period for college exams?"

長女:「あんまり好きじゃないんだよね、この時代は」

Daughter:"I don't like this era and area."

江端:「ふーん、なんで」

Ebata:"Well why?"

長女:「いや、『四人組』とか『文革』とか、嫌な話がテンコ盛りでしょう?」

Daughter:" "Gang of Four" and "cultural revolution", there were a lot of bad stories in this era"

江端:「・・・は?」

Ebata:"What?"

長女:「いや、だから、"革命"を叫ぶ若者が国内を滅茶苦茶にしたという・・・」

Daughter: "Well, young people shouting" Revolution "made domestic messy ..."

江端:「それは『大陸(中華人民共和国)』の話だ! 『島(台湾)』の方では、文化大革命など起きていない!!」

Ebata:"That was a story of the" Continent (People's Republic of China)". Cultural Revolution has not occurred in Island (Taiwan) ! "

長女:「え? 台湾って、中国でしょう?」

Daughter: "W-Taiwan, is China isn't it?"

-----

まさか、こんなローカル(江端家内部)で、こんな形の、こんなコテコテの、

No way, in such a local (inside the Ebata's), I didn't expect to face this stereotypical

―― 「二つの中国」問題

"Two Chinese" issues

に、遭遇するとは思いませんでした。