0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|

2019-06-19 ―― 自分の人生をユースケースに当てはめることが難しい [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これは、プログラミングの履修についても同じことが言えます。

I can say the same about studying programming.

プログラミングは、その本を読んでいるだけでは、1mmも身に付きません。

We cannot acquire a knowhow about a programming at all with just reading an instructional book.

そのプログラムのサンプルを、パソコンのエディタに書き写して、コンパイルして、ビルドして、実行することで、頭の中に「定着」します。

In order to settle the knowhow, we have to transcribe a sample program on an editor of a PC, compile and build the program.

「お経」ではありませんが、私たちは、このようなプログラミング履修方法を「写経」といいます。

A program is not a sutram but we call it "codify" as a programming instruction method.

さらに、そのプロセスで、デバッグしたり、環境を整えたり、原因不明のトラブルをググったり、色々な面倒くさいうんざりするプロセスを経ることで、その「定着」が強固なものになります。

In addition the "settle" will be empowered by debugging, making the development environment, and retrieve trouble shooting, like annoying processes .

-----

ただ、この例外となる人物が一人だけいます。

However, there is an exceptive person in the cases.

それが、記事の「書き手」です。

This is a writer of the articles.

「書き手」は、その記事のロジックをちゃんと整理して、辻褄のあったストーリーにする為に、何度もコンテンツの推敲をし続けます。

The "writer" should organize the logic of their content, and spend ages practicing in order to make a logical story.

その結果、自分の書いた記事の内容については、自分の中に「定着」します。

As a result, their contents which they wrote by themselves is going to be settled in their mind.

-----

しかし、ぶっちゃけ、私たちは「行動する」ことも「書き手」となることも、難しいです。

However, after all we, it is difficult for us to do actions or become a writer.

私たちには、私たち自身の生活があり、使える時間に限りがあるからです。

Because we have to live our life and don't have enough time to do them.

ですので、私は、

So I have done

―― 自分で、その記事のサマリのメモを作る

"to make a abstract of the article by myself".

ということをやっています。これによって「写経」ができるからです。

I think that this is a sort of "codify".

さらに、

In addition,

―― 可能であれば、そのメモをブログ等で公開する

"I have opened the abstract on the Internet, if it is not bad one."

もやっています。

第三者に読まれるという緊張感で「写経」にも気合が入ります。

With the tension that my works are read by others, I can concentrate to "codify" deeply.

それも難しい、という状況である場合には、

Even if they are also difficult for you,

―― 他人に、その記事の内容を説明する

"Trying to explain a content of the article you read to others"

でも良いと思います。

might be good.

他人に説明することによって、自分の中に「定着」することもあるからです。

The "settle" may work well to explain your thought to others.

(私の場合は、嫁さんに、記事の内容を説明することで「定着」させています)

(In my case, I will settle it by talking to my wife")

私たちエンジニアの世界で、よく言われている格言に、

In our engineering field, there is a saying

「第三者に説明可能な状態になって、初めて『理解した』と言うことができる」

"You can say "I understand" when you can explain to others"

というものがありますが、けだし名言と言えます。

This is really a "mot", I think.

------

このように考えてみると、「マンガに学ぶリーダー論」とか、「アニメに登場する人生訓」とかが、定着しにくいのは、

I think that why the lessons from "Leaders of manga", "Life lessons told by the main character of animation" could not be settled, is

―― 自分の人生をユースケースに当てはめることが難しい

"difficult to apply our life to use cases"

からだろうな、と思います。

私には、

For me, I don't have

―― 大陸を統治する意思も、

- an intention to govern the continent,

―― 宇宙に行くための訓練の意思も、

- an intention of training to go to space,

―― 世界チャンピオンを目指す意思も、

- an intention to aim at world champion

欠片もありませんから。

at all.


2019-06-18 「キングダム」でも「宇宙兄弟」でも「最初の一歩」でも、「トトロ」でも「風立ちぬ」でもなんでも構いませんが ―― [長年日記]

最近、「マンガに学ぶリーダー論」とか、「アニメの主人公の語る人生訓」とか、その手の記事が多いです。

Recently, there are many articles such as "Leaders of manga", "Life lessons told by the main character of animation", and so on.

これらの記事は、読んでいて楽しいし、面白いです。

These articles are fun and enjoyable.

しかし、同時に『多分、読み手の役には立っていないだろうなぁ』とも思っています。

However, at the same time, I also think that "these articles are not useful for the readers".

その根拠の一つに、『その記事を読んでから、1時間後には、その記事のことをすっかり忘れてしまうから』です。

One of the basis is "we can erase the content of articles within one hour after reading it"

次の日に、その記事のことを思い出す人はほとんどおらず、私たちは、なんの教訓も得られない日常を送ることになります。

Few people can remember the article the next day. As a result, We will be sending our daily lives without any lessons.

これは、「自分を変える」「自分を好きになる」ではじまる題目の書籍についても当てはまります。

This is also true for books whose title with "Change Yourself by xxxx" and "Love Yourself by xxxx".

私は、これらのコンテンツの内容が無意味である、とは思っていません。

I do not think that the content of these contents is meaningless.

むしろ、概ね有意義な内容で、多くは、役に立つ内容であると思います。

Rather, they are generally meaningful content, and I think that many are useful content.

問題があるとすれば「自分が、読み手である」ということだと思っています。

If there is a problem, I think it means "I am a reader."

------

読んでいるだけのコンテンツは、

Read-only content is not "settled" in myself except for

(1)その内容が自分にとって、本当に衝撃的なものである、

(1) The contents that are really shocking for myself,

か、

or

(2)そのコンテンツが、何度も繰り返し読みたくなるものである、

(2) The content that I want to read over and over again

というものでない限り、自分の中に「定着」しません。

定着しない記事は、簡単に頭の中から流れていきます。

Articles that don't "settle" flow from our head easily.

当然、私たちの人生の中に組み込むことができません。

Naturally, we can not incorporate them into our lives.

-----

「キングダム」でも「宇宙兄弟」でも「最初の一歩」でも、「トトロ」でも「風立ちぬ」でもなんでも構いませんが ――

"Kingdom", "Space Brothers", "First Step", "Totoro" or "The Wind rises" or anything will be good.

However we have to

■その主人公と同一または類似のアクションを試みて、

- try the same or similar action with that hero,

■そのアクションのプロセスの中で発生する各種のトラブルを体験して、

- experience various troubles that occur in the process of the action

ようやく、その教訓が「定着」する、と思っています。

in order to settle of the lessons.

(続く)

(To be continued)


2019-06-17 ―― 『自分の子どもが、"人を殺めていない"とは、何とありがたいことか』 [長年日記]

Amazonの、Amazonによる、Amazonの為の、お買い物専用端末(タブレット)"Fire"で、音声対話機能「Alexa)アレクサ」を試しています。

I am trying the voice communication function "Alexa" of "FIRE" tablet on for Amazon by Amazon og Amazon.

I have alreay told the story that recent speech recognition technologies are "amazing".

とは言え、未だ「対話」というレベルには至っていない、というのが正直な感想です。

However, it is an honest impression that they have not reached the level of "dialogue" yet.

加えて、アレクサはAmazon専用購入端末のアプリですので、音声のオーダを、直ぐにAmazonの購入ポータルに繋げてしまいます。

In addition, Alexa is an app for Amazon's exclusive purchase terminal, so it will immediately connect the Amazon purchase portal.

私は、YouTubeに繋いでくれれば、それだけでよいのですが ―― オーダした音楽の全てを、Amazonから購入していたら、私は破産してしまう。

I just want Alexa to connect to YouTube. If I purchased all of the music I ordered from Amazon, I would go bankrupt.

まあ、これは、仕方がないこととは思っています。

Well, I think that this can not be helped.

-----

『アレクサ。Amazon端末では公式に採用されていないGoogle PlayからダウンロードしたYouTubeのアプリを使って、シュタインズゲートのビデオクリップを出して』

"Alexa. Using YouTube app downloaded from Google Play, which is not officially adopted on Amazon terminal, put out video clip of Steins;Gate"

『アレクサ。Amazon端末では公式に採用されていないGoogle PlayからダウンロードしたGoogle Choromoのブラウザを使って、Windows10にダウンロードしたemacs26の/.emacs.d/init.elのサンプルを表示して』

"Alexa. Display a sample of emacs26 /.emacs.d/init.el downloaded to Windows 10 using the browser of Google Choromo downloaded from Google Play, which is not officially adopted on Amazon terminals."

に対して、アレクサは「すみません。分かりませんでした」と言いました。

In response to these commands, Alexa said, "I'm sorry. I did not understand."

まあ、これも、仕方がないこととは思っています。

Well, I think that this too can not be helped.

私は、Fire7に対して非公式な改造をしている上に、さらに、3つくらいの条件を付加した技術的な質問をしていますので。

I made informal modifications to Fire7, in addition, I have a technical question with triple condition.

-----

私たちは、完成した技術に対して、感謝する時間が短かすぎるように思います。

I think that we have too little time to appreciate the finished technology.

自分の思う通りにならないと、直ぐに文句を言う。

If we do not do what we want, we immediately complain.

これは、技術だけでなく、人間に対しても同じことが言えると思います。

We do same behave not only for technology but also for humans.

―― 『自分の子どもが、"人を殺めていない"とは、何とありがたいことか』と、常日頃から、そう思わなければイカンと思うわけだよ、私は。

"How wonderful our daughters are not killing people!"

"I always think that we have to think it."

―― 成績が悪いくらいで、文句を言ってはイカンと思うわけだよ、私は

"I always think that even if their grades are bad, we don't complain them too much."

と、嫁さんに言ったことがあるのですが、その時、嫁さんから、

I said it to my wife, and she said to me,

『自分の子どもに対する期待値が、低すぎる』

"The expectation for your daughter is too low"

と言い返されました。


2019-06-16 『DB本体を、100個でも作って持っていればいいじゃん?』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

それにしても、dockerという技術のコンセプトは凄いです。

Even so, the concept of docker technology is amazing.

私達ITエンジニアは、プログラムの開発以上に、プログラムの動作環境の不一致によって、長い間苦しんできました。

We IT engineers have long been suffering for a long time due to inconsistencies in program operating environment, even more than program development.

この環境の不一致によって、開発元で動くプログラムが、サービス提供側ではピクリとも動かないという、「痛い場面」を何度も味わってきました。

Due to this environmental inconsistencies, we have experienced a lot of "painful scenes" where the program that runs on the developer side does not move on the service provider side either.

近年の、仮想化マシン(VMwareとかVirtualBoxなど)によって、この問題は一定のケリがつきました。

In recent years, virtual machines (such as VMware and VirtualBox) have caused this problem for a while.

しかし、独立した仮想マシンをバラバラに管理することで、結局、仮想マシン間でも、動作環境の不一致が発生してしまうことにも気がつきました。

However, by separately managing independent virtual machines, I also realized that even in the virtual machines, operating environment mismatch would occur.

-----

比して、Dockerの考え方は、極めて単純かつ暴力的です。

By contrast, Docker's thinking is quite simple and violent.

―― システム全体を仮想化せずに、必要な部分だけをパック(コンテナ化)して、必要な人に届ければいいじゃん

- Without virtualization of the entire system, Pack (containerize) only the necessary parts, and delivered to the people you need

―― 必要なら、データベースシステムも含めて、全部コンテナに突っ込んでしまえばいいじゃん

- If necessary, you can just put everything into the container, including the database system.

という、考え方です。

おかげで、今私の"d:"の中には、PostgreSQLの本体が入ったコンテナが30以上もあります。

As a result, now in my "d:" now, there are over 30 containers containing PostgreSQL's body.

『DB本体を、100個でも作って持っていればいいじゃん?』

"Is there something wrong if I make more than 100 DB units and hold them? "

という、このジャイアン的な発想は、 1バイトのメモリを節約する為に苦労してきたシニアエンジニアには,絶対に到達できない考え方です。

For a senior engineer who has struggled to save one byte of memory, this is a violent idea that they can never be reached.

しかし、そのコンテナのサイズにしたって、映画のビデオクリップと比べれば、小さいくらいです ―― つまり全然問題ない、

However, the size of the container is smaller than the movie's video clips. Totally, there is no problem at all.

実際のところ、私は、1TバイトのHDDが通販で購入できる時代は、22世紀頃だと思っていたのですが(本当)。

As a matter of fact, I thought that the era in which 1T-byte HDDs can be purchased by mail order is around the 22nd century.

-----

今後、このDockerを越えるコンセプトの技術が生まれてくることは間違いありません。

There is no doubt that in the future, new technology of concept beyond this Docker will be born absolutely .

私がDockerを履修したころには、また別のコンセプトを技術が生まれて、その勉強に追われるのでしょう。

By the time I will finish understand Docker, I have to start studying the new concept technology

そして、その都度、私は、その技術を理解する為に、大切な休日の大半を使うことになるのです。

And each time, I will use most of the important holidays to understand the technology.

不毛です ―― 考えうる最高レベルの「不毛」です。

"Barren" It is the highest level of "barren" in my mind.

しかし、「それなら、不毛でないこととは何か」と自問すると 、私には分からないのです。

However, when I ask myself "What is not barren then?", I do not know.


2019-06-15 『そう、そうだよ。なんで、こういう風に説明できないかなぁ、他の本は』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

最近仕事でdockerを使っているのですが、実際のところ、先方の指示書通りの内容をやっているだけで、私自身は、dockerそのものについては、よく理解できていませんでした。

Recently, I use "docker" for work, but actually, I did not understand well about docker itself, because I was obeyed by the other party's instruction.

ところが、dockerについては、不思議なことに、私が理解できるような入門書がないのです。

However, about docker, strangely, there is no introductory book that I can understand.

-----

ところが、ここ数日間、あるプログラムの実行環境を構築する必要に迫られおり、かつ、失敗を続けてきました。

However, for several days, I had to establish an execution environment for a program, and I continued to fail.

そして、誰かが作ってくれた環境をパクるために、つまり、dockerを使って「ラクをする」ために、「酷い苦労」をしています。

And I'm doing a "hard work" in order to reuse the environment that someone created, and make me easier.

具体的には、dockerによるディレクトリ共有が上手くいかずに、困っていました。

Specifically, I was in trouble because the directory sharing by docker did not go well.

-----

で、今回、技術書典から、以下の2冊を購入しました。

So, I bought the following two books from the technical book site.

- Docker_REV2_Technical Manual 4_BOOTH Download Version.

- Docker2_BOOTH download version v3_. Pdf understood in the cartoon

これらの本は、良いです。

These books are good.

『そう、そうだよ。なんで、こういう風に説明できないかなぁ、他の本は』

"Yes, yes. Why can't other books explain like this? "

と思いながら、このマンガのキャラクターの指示する通りに、コマンドを入力を試しし続けていました。

While thinking, I continued trying to enter the command as directed by this cartoon character.

ただ、この本が想定する環境と、私の環境は若干違うようで、少々苦労していますが、他の本に比べると、格段に理解しやすいです。

The environment assumed by this book and my environment seem to be slightly different, so I have a little hardship. However, compared to other books, it is much easier to understand.

(続く)

(To be continued)


2019-06-14 『技術典書』です。 [長年日記]

エンジニアの人が、自分がコンピュータの設定で困ったことを、積極的に公開してくれています。

Now, many engineers are open their technical troubles on the Internet.

私のようにメモ(ブログ等)にアップしている人もいれば、Wiki, Qiitaなどで公開している人もいます。

Some people, like me, upload them to their own memo(blog). The others used Wiki and Qiita.

私も含めて彼らが、このような情報を公開している理由は、基本的には「同じ目(はまった時)の為の、自分の為のメモ」です。

The reason why they, including me, open the information is for themselves, in order to avoid same trouble again,

「世界の役に立ちたい」という理由ではありません。

never "for everyone in the world".

せっかく備忘録を作るのであれば、「ついでに、世界にも教えておくか」というノリで公開しているだけです。

If they have to make a memo, they open it with the light feeling of "for the world incidentally".

そこには、新聞が持っている(のか?)『社会の木鐸』などの意識はなく、ひたすら「私益」のみです。

There is not intention of "hold a mirror to society" like a newspaper company, but "self-profit" only.

しかし、私とって、少なくともそのメモは、新聞社の記事よりは役に立っています。

However, at least, the memo is more helpful for me than an article of newspaper.

それはさておき。

By the way.

-----

これらのメモの閲覧は基本的には無料です(考えてみれば、これも凄いことですが)が、私を助けてくれるメモなら、有料だって構いません。

These memos are for free basically(thinking of it, this is amazing), but it is no problem eve if a charged memo is needed.

それは「書籍」じゃないか、と言われればその通りなのですが、最近、私は、あるアクリティビィを興味を持って見ています。

If you ask me "is it a book?", I say "yes". Recently I am interested in an activity.

"Technical Book Festival"

一言で言えば、「技術のコミックマーケット」です。

In a word, "Comic Market for Technology"

This is an outline about "comic market".

技術に関する「薄い本」・・・もとい、分かりやすい本を、出版社を通さずに、出展して、その場で販売するイベントで「池袋サンシャインシティ」で開催されているようです。

This event will be held at "Ikebukuro Sunshine City", exhibits and sells easy-to-understand "thin books" about technology, without passing through the publisher.

(技術典書で出版される本は、実際に薄くて、読みやすく、(もちろんエロの要素は絶無ですが)、便利なので、ここでは便宜的に"薄い本"と表記します)。

(The books published at the event are really thin, readable, and convenient, of course without erotic elements. I write "thin book" for my convenience) .

で、その"薄い本"の内容が、全く侮れないのです。

However the contents of "thin book" is really formidable.

実際に、私は通販で、電子書籍(PDF)を何冊か購入していますが、実に良くできています。

In fact, I bought some e-books (PDFs) by mail order, but I think that all of them are good.

特にマンガキャラクターを使った、初心者向きの必要最小限の説明については、舌を巻いています。

Especially, the minimalist explanation for beginners using manga characters is speechless with admiration.

(続く)

(To be continued)


2019-06-13 私にオフィスでの徹夜残業を強ることになった、アホな鉄道会社は、これを範とすべきです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

といいつつ、私が、今回、あまり怒っていないのは、横浜市営地下鉄の対応の上手さです。

To tell you the truth, I didn't get angry with this accident, because of the good time management of Yokohama Municipal Subway.

実際のところ、地下鉄の脱線の復旧が、恐しく難しいのことを、私は良く知っています。

In fact, I know well that the recovery from a derailment accident is terrible difficult.

なにしろ、地下にはクレーンなどを投入できませんので、ジャッキアップしか手段がないと思います。

First of all, they cannot install a crane in a tube of subway, and can use only hydraulic jacks.

また、その機材を現場まで運搬する手段についても、電気を動力をして使えないはずです。事故区間を完全に停電させる必要があるからです。

They should not use electricity to carry the devices to the accident place. The power should be shutdowned around the place for safety activities.

加えて、今回は、『事故復旧までの日時を正確に打ち出し、その通りに実施した』という点も、私は高く評価しています。

In addition, I appreciated their tasks that they estimated and opened the date and time of recovery, and they could complete it"

-----

Compared with this case, even though declaring "we recover from the derailment accident within today", re-declaring "we cannot recover it within today" at dead of night,

私にオフィスでの徹夜残業を強ることになった、アホな鉄道会社は、これを範とすべきです。

Due to these stupid announcements, I had to work through the night at my office. So I would emphasize that the railway company should model after this case.


2019-06-12 この事件、『私がマヌケ』の一択です。他に解答はありえないでしょう。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

慣れない鉄道路線を使うと、どうしても乗り換えミスが発生します。

When I use an unfamiliar railway route, I inevitably get a transfer error.

その日、遅くまで会社にいた私は、乗る電車を間違え、気がつくと深夜の鎌倉にいました。

That day I was in the office until late, I made a mistake on the train to ride, and when I noticed I was in the late night in Kamakura.

家に電話しました。

I called my wife.

江端:「今、鎌倉です」

Ebata: "Now, I am in Kamakura"

嫁さん:「はい?」

Wife: "What?"

江端:「夜の鎌倉は、空気が凛としています。星は見えますが、人は見えません」

Ebata: "In the night Kamakura, the air is clear. I can see stars but not people"

嫁さん:「なんで?」

Wife: "Why?"

江端:「乗り間違えました。次の電車は20分後です。今から戻ります。今日は、最寄り駅まで車でピックアップして欲しいです」

Ebata: "I got on the wrong train. The next train will be in 20 minutes. I will return from now. Today I would like you to pick me up at the nearest station"

嫁さん:「O.K.」

Wife: "I got it"

-----

この後、私は、更なる乗り換えの失敗をします。

After this I made another transfer failure.

そして、毎日電車の中のアナウンスの中で聞く駅名「片瀬江ノ島海岸駅」への初到着を果たすことになります。

And I made my first arrival at the station whose name is "Katase-Enoshima Kaigan Station" which I have heard in the announcement on the train every day.

江端:「潮の香りがします」

Ebata: "I smell the tide."

嫁さん:「はい?」

Wife: "What?"

江端:「今、片瀬江ノ島海岸駅です」

Ebata: "Now, Katase Enoshima Kaigan Station"

嫁さん:「・・・今日帰れるの?」

Wife:"... Can you return today?"

江端:「かなり厳しくなってきたと思います」

Ebata: "I think it's getting tougher"

-----

まあ、なんとか帰宅できましたけどね。

Well, somehow I was able to come home.

ええ、分かっています。

Yes, I know.

この事件、『私がマヌケ』の一択です。他に解答はありえないでしょう。

This case is a choice of "I'm stupid". There may be no other answer.

しかし、『マヌケな私』を起動したのは横浜市営地下鉄です。横浜市営地下鉄には、その責任があるのです。

However, it was Yokohama municipal subway that launched "Stupid Ebata". So the Yokohama Municipal Subway is responsible for that.

(続く)

(To be continued)


2019-06-11 ICカードは「なかったこと」にしてしまえばいいい。 [長年日記]

横浜市営地下鉄で脱線事故が発生し、数日間、一定区間が運休状態となりました。

A derailment accident occurred in Yokohama municipal subway, and a certain section was in a state of suspension for several days.

私の通勤区間がモロに被害を受け、代替ルートで通勤しなければならなくなりました。

My commuting section was directly damaged and I had to commute on an alternate route.

こうなると、SUICAやPASMOのような通勤ICカードが、逆に使いにくくなります。

Under this condition, commuting IC cards such as SUICA and PASMO will become difficult to use.

もっとも、代替ルートの運賃については、事故を発生させた/被った会社が補償します。私がその運賃を払う必要はありません。

However, the company that caused (or be caused by)the accident will compensate for the fare for the alternative route. I do not have to pay that fare.

しかし、現在のICカードは、自動的に代替ルートにルートを変換する機能がありません。

However, current IC cards do not have the ability to automatically convert routes into alternate routes.

ですので、ICカードを使うと、その代替ルートの料金は、「私」が支払ってしまうことになります。

So, if I use the IC card, "I" will pay for the alternative route.

『どうすればいいのですか』

"What do I have to do"

と、改札の駅員さんに尋ねたところ、

I asked the station staff of the ticket gate, he said

『すべての改札で、ICカードを駅員に見せて、改札のリーダにタッチをしないようにしてください』

"In every ticket gate, show your IC card to the station staff, and do not touch the ticket reader."

と言われました。

-----

―― コペルニクス的発想転換

"Copernicus-like transformation of ideas"

ICカードは「なかったこと」にしてしまえばいいい。

The IC card has not been "existing" for the first time.

ICカードを事故区間に応じて変更する、という対応を考えたら、気の遠くなるようなシステム改修コストが発生します。

Considering that the IC card should be changed according to the accident section, the cost of system repair can be daunting.

乗客にも代替ルートの入力等の変更を強いることになり、大混乱が予想されます。

It will also force passengers to make changes such as entering alternative routes, which may cause confusion.

そもそも、このような数日間に渡って運行が停止するような事故は、レアケースです。

To begin with, such an accident that stops operation for several days is a rare case.

事故を発生させた鉄道会社が、他の鉄道会社に支払うお金は、多分「どんぶり勘定」で出していると思います。

I think that the money that the railway company that caused the accident pays to other railway companies is likely to be "approximate estimation".

「ICカード情報を使って、1円単位まで正確に知りたい」というものでもないでしょう。

Maybe, "no one wants to know exactly to "yen unit" using IC card information"

正直、人身事故が、「日常の挨拶」とまでは言わなくとも、「ご近所との挨拶」くらいの頻度では発生しています。

Honestly, personal injuries occur at a frequency of "Greeting with neighbors," even without saying "everyday greeting."

故に、鉄道会社は持ちつ持たれつ、の関係にあります。

Therefore, the railway company is in an interdependence relationship.

-----

―― などと、私が「納得している」とか、思ってんじゃねーぞ、横浜市営地下鉄。

However, it is the story among railway companies. Hey, Yokohama Municipal Subway. I am "irrelevant" against your community.

(続く)

(To be continued)


2019-06-10 ―― 私を2週間もの間、苦しめ続けたことは、許せん [長年日記]

私は、19歳の時にパソコンに手を出してから、パソコンに関しては、相当数の地雷を踏んできました。

When I was 19 years old, I started working on my computer, and then I hit a lot of landmines on my computer.

HDDのクラッシュや、ハードウェアの故障で、何度、データをオシャカにしてきたか知れません。

I don't remember how many times that data has become an obscene due to HDD crashes or hardware failures.

ですので、これらの問題に対しては、かなり周到に色々な準備をしてきました。

So, for these problems, I have prepared quite a lot of preparations.

カーネル単位のバックアップとか、BIOSの設定(USBブートとか、ネットワークブートとか)は、万全にしてありますし、F1,F12, CTRL-I等の、様々な起動時割り込みも試みてきました。

We have also tried Kernel backup and BIOS settings (USB boot, network boot, etc.) completely, and various startup interrupts such as F1, F12, and CTRL-I.

そんな私が、ここ2週間ばかり、パソコンの起動に失敗して、疲れ果てていました。

I have been tired of failing to start up my computer for the past two weeks.

(後で検索できるように、キーワードを埋め込んでおきます。Initializing Intel(R) Boot Agent GE V1.5.38 pxe 2.1 build 092 (wfm 2.0))

―― 原因が全くわからん

"I do not know the cause at all"

昨日は、ついに、PCの中身を開けて、ホコリを取り除き、ボードの電池(CR2032)を交換しました。

Yesterday, at last, I opened the contents of my PC, removed the dust, and replaced the battery (CR2032) on the board.

それでも時々、起動に成功したりするので、「ボードがお亡くなりになった」と断定もできず、頭を抱えていました。

Even so, sometimes I was able to launch successfully. I could not say "the board has passed away" with his head in his hands.

-----

とりあえず、これでは仕事にならないので、メインのPCを別の代替マシンに切り換えて、作業していました。

For the time being, I cannot do anything, so I switched to another alternative machine on my main PC and started worked.

そして、今朝、「代替マシン」でも同じように、ブートの立ち上げに失敗していることを知って青冷めました。

And, this morning, I noticed that the same problem of "boot failure", has appeared on the "alternate machine", I lost color.

『これは、別に原因があるぞ』と思い、ネットワークケーブルを引き抜き、さらにUSB機器も全部外して試してみたところ、起動に成功しました。

I thought that "there is another cause for this," I pulled out the network cable, and removing all USB devices. Finally I succeeded the boot.

そして、一つづつ、原因を潰していったら、最終的に、充電用にUSBのハブに差し込んでおいた、

And one by one, I erased the cause, finally, it was plugged into a USB hub for charging, I identified

"HUAWAIのスマホ"

"HUAWEI's smartphone"

が原因であることを、特定しました。

as the cause.

"HUAWAIのスマホ"のUSBは、単に電源供給モードとして使っていただけであり、実際、ブートの対象にはなるはずない ―― と思い込んでいました。

I thought that the USB of "the smartphone of HUAWAI" was only used as a power supply mode, and it should not be the target of boot.

しかし、"HUAWAIのスマホ"を接続した状態では、2台のパソコンで同じ現象が現われ、外したら、問題が解消されたことから、この問題の原因であることが確定しました。

However, with the "HUAWAI smartphone" connected, the same phenomenon appeared on two PCs. and with disconnected, the same phenomenon disappeared.

現在、我が家には、"HUAWAIのスマホ"しかなく(次女だけがiPhoneに固執している)、他のAndoroid機器での実験はできていませんが、少なくともiPhoneでは問題は発生しませんでした。

At present, there are only "HUAWAI smartphone" at home (only the second girl is clinging to the iPhone), and I have not been able to experiment with other Android devices, but at least the problem did not occur on the iPhone.

-----

"HUAWAIのスマホ"が、スパイウェアを仕込んでいるかどうかは、私は知りませんし、どうでもいいです。

I do not know whether or not spyware is loaded in "HUAWAI's smartphone" and it does not matter for me.

もしかしたら、パソコンを踏み台として、私のスマホの個人情報が転送されていた可能性はあります。

It is possible that personal information of my smartphone has been transferred by using a personal computer as a springboard.

I will give my personal information, if someone need them(No, no way, absolutely).

どうせ、自宅と、会社と、スーパー銭湯と、北極ラーメンしかトラッキングできないでしょうが。

Anyway, they can only track my home, company, super public bath and ramen-shop.

-----

しかし、

However,

―― 私を2週間もの間、苦しめ続けたことは、許せん

"I can not forgive anyone for having kept me suffering for the past two weeks"

と、フツフツと怒りが込み上げてきております。

And, I'm getting angry and angry.

これを、『逆恨み』といいます。

This is called a "backlash".

そして『冤罪』が発生する典型的なプロセスでもあります。

And it is also a typical process in which "atonement" occurs.