0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|

2020-04-04 ―― 桜の咲きほこる雅な茶会の席で、俳句をしたためながら、ホトトギスの声を遠くに聞く [長年日記]

先日

The other day,

""A forefront of corona infection battle" sent by a doctor to an engineer"

をご執筆された、「轢断のシバタ」ことシバタ医師(以下、シバタ先生)から、第2弾のメールを頂きました。

I received the second e-mail from Dr.Shibata,"Shibata, the cutting in two under train wheels" the author of this column.

本日は、そのメールに対して、私からシバタ先生へ送った 「私(江端)からのお願いメール」を公開致します。

Today, in response to the email, I will a "Request email from me (Ebata)" sent to me by Dr.Shibata.

====== ここから ======

====== From here ======

シバタ先生

Dear Dr.Shibata.

頂いたメール(第二弾)を拝見致しました。

I read your email.

基本的に、前回頂いたメールと、今回頂いたメールの間に論理矛盾はないように思えます。

Basically, I don't think there is a logical contradiction between the email I received last time and the one I received this time.

御自身では「意見の変更」とお書きになられていましたが、私は、違和感を感じることができませんでした。

You wrote "change of opinion" yourself, but I couldn't feel anything wrong.

前回の内容を強化する「補稿」という所感でした。

It was a remarkable "supplement" that strengthened the previous content.

それはさておき。

That aside.

-----

私からの寄稿の形を取らせて公開させて頂いておりますシバタ先生のメールのコンテンツには、現時点で、5000を超えるツイートやメッセージが付いております。

At the moment, the content of Dr.Shibata's e-mail, which has been published by me, as my my contribution, has over 5,000 tweets and messages.

私は、これらのメッセージの全てを読んでおります(本当)が、多くの読者は、シバタ先生の前回のメールの内容を正しく理解して、今回のシバタ先生のメールと同じ内容の結論を、自力で導いているように見えます。

I have read all of these messages (true). Many readers seem to understand the content of Dr.Shibata's previous email correctly, and have come up with the same conclusions as Dr.Shibata's email this time.

これは、私の経験から言えば、かなり「奇跡」に近い状況です。

This is, in my experience, a pretty “miracle” situation.

EE Times Japanも私も「炎上」を前提として身構えていましたが、現時点において、炎上は全く発生していません。

Both EE Times Japan and I were preparing for the premise of "Flame", but at the moment no flame has occurred.

これは、シバタ先生のコンテンツが、読者に寄り添いつつ、ロジカルな構成になっている、という難しい(相反する)2つの課題をクリアしているからだと思います。

I think this is because Dr.Shibata's content has solved the two difficult (conflicting) issues, that is the content has a logical structure while while snuggling up with the reader.

もっとも、これは、シバタ先生のコンテンツを理解する能力のある人以外が『篩(ふる)い落された』可能性が高いです。

However, this means that only those who have the ability to understand Dr.Shibata's content are likely to be "selected".

-----

ところで ――

By the way,

今回のSNSメッセージには、ほぼ全部に「長い」という文字が出てきます。

In this SNS message, the word "long" appears almost entirely.

私の属するエンジニアの世界では、このコンテンツを「長い」とは言いません。

In the field of my engineers, we do not call this content "long."

なにしろ、シバタ先生のコラムは、日本語、専門用語なし、口語で記載されています。

After all, Dr.Shibata's column is written in Japanese, without jargon, and in colloquial language.

私たちエンジニアが、一日で、30ページを超える特許明細書(時々英文を含む)を十数も読まされることがあることに比べれば、今回のコラムの負荷は、

Compared to the fact that we engineers read more than 30 patent specifications (including English text sometimes) over 30 pages in one day, he burden of reading this column is likely that,

―― 桜の咲きほこる雅な茶会の席で、俳句をしたためながら、ホトトギスの声を遠くに聞く

"At the elegant tea party where the cherry blossoms are blooming, while making to a haiku poem, with hearing birdsong"

様なものです。

まあ、Web記事としては異例に長いのかもしれませんが、私の記事は、基本的にどれもこれも長文です。

Well, it may be unusually long for a web article, however, all of my articles are basically long.

この辺が、私(たち?)が、社会の平均値と2~3σのところにいる証拠なのかもしれません

This may be an evidence that I (we?) are at 2-3 σ with the average of society.

(件の無礼な後輩も、毎度、それを強調して、私を嗜(たしな)めています))。

(Every rude junior emphasizes it and scolds me.)

閑話休題

Restless talk

-----

シバタ先生の今回のメール(第2弾)ですが、もしご迷惑でなければ、当方のWebサイトで公開させて頂ければと思っております。

If you are not annoyed about this email (the 2nd ) of Dr.Shibata, I would like to make it public on our website.

EE Times Japanのような広報力はありませんが、「多くの読者」にとって、

There is no public relations power like EE Times Japan, however for "many readers"

(というのは、本当は正直どーでもよくて、「この私個人」にとって)

(Honestly speaking, it doesn't matter, but just for "me")

残しておかなければならないコンテンツと確信しました。

I am convinced that the content must be kept.

ですので、将来の私が読みやすくなるように、少し改竄(かいざん)させて頂くかもしれません。

So I may make some tampering to make it easier for me in the future to read.

アプローチとしては、(Step.1)当方が編集して、(Step.2)シバタ先生がチェックして、(Step.3)最終的なOK頂いたら、(Step.4)私のブログ等でURLを公知する、という形を取らせて頂ければと考えております。

I hope that we will work as the followings, as an approach, (Step.1) I edit, (Step.2) Dr.Shibata checks, (Step.3) If we get the final OK, (Step.4) I disclose the URL on my blog.

シバタ先生の御負担にならない範囲で行う予定です(前回のような、超早期公開の必要はないと思っております)ので、ご検討頂けましたら幸いと存じます。

I will do it without the burden of Dr.Shibata, so I would appreciate it if you could consider it.(I do not think there is a need for super-early publication like the last time)

引き続きよろしくお願い申し上げます。

Thank you for your continued support.

江端智一

Tomoichi Ebata

====== ここまで ======

====== To here ======


2020-04-03 ■居酒屋では、十分に席を離して、「手話」でクダを巻き、「手話」で上司の悪口を言いあう [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、

However,

- 接客側(ホスト)と顧客(ゲスト)が別の席に座り、両者はスマホを使って、テキストで会話する(音声電話も原則禁止)

-The reception side (host) and the customer (guest) sit in different seats, and both use a smartphone to talk by text (voice calls are also prohibited in principle)

- 嬌声や猥褻行為のない、テキストメッセージだけが交差するだけの、静謐なインテリジェント(?)な空間

-A quiet, intelligent space without shyness or obscenity, by text messages intersect only.

のような、メイド喫茶なら、私は、もう一度、挑戦してみたいと思います。

With such a maid cafe, I would like to try again.

-----

この、完全なノンバーバルコミュニケーション(明らかな誤用)を実現する為の手段は、

The means to achieve this complete non-verbal communication (apparent misuse) is, I think,

(1)「耳栓」または「ノイズキャンセラー」の常時装着

(1) Always wearing earplugs or noise cancellers

と合わせて、

in addition,

(2)文部科学省の総力を結集した、全国民向けの「手話の速習プログラム」の実現

(2) Realization of a "Sign Language Rapid Learning Program" for all citizens, bringing together the full power of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology

です。

■朝礼や昼礼では、リーダーが「手話」でその日の業務内容を説明し、メンバーが「手話」で質問をする

- In morning and luncheons, leaders explain the work of the day in "sign language" and members ask questions in "sign language"

■就職面接では、応募者が、将来の自分の抱負を「手話」で、プレゼンする

- In a job interview, applicants present their future aspirations in sign language

■居酒屋では、十分に席を離して、「手話」でクダを巻き、「手話」で上司の悪口を言いあう

- In an izakaya bar, leave your seat sufficiently, complain in "sign language", and make ill of your boss in "sign language"

(上記の「手話」は、「SNSのテキストメッセージ」としても可)

(The above "sign language" can be converted to "SNS text message")

要するに、私は、そういう世界を見てみたいのです。

In short, I want to see a world in which humans are "lonely" over the world, the "lonely" are connected.

-----

100年前、世界で、最大1億人を殺したとも言われれるスペイン風邪も、2年弱で収束しています。

The Spanish flu, which is said to have killed up to 100 million people worldwide 100 years ago, has converged in just under two years.

当時は、ウイルスの存在も分かっていなかったのです。

At that time, the existence of the virus was unknown.

それに比べれば、今回の、新型コロナ災禍は ―― もちろん、最悪ではありますが ―― スペイン風邪よりはかなりマシな条件下にあります。

By comparison, the new Corona disaster is under much better conditions than the Spanish cold. Of course I know, this is the worst.

だから ―― 2年間くらい、「非会話」を続けるくらいのことなら、大したことではないと思います。

So, I don't think it's a big deal if you have to heep silent about two years.


2020-04-02 今、これから発生する数万人規模の死体収容所を作っている ―― って、どこの世界線(ディストピア)の話? と聞きたくなります [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

つまるところ、「人が集まらなければ、クラスターは発生することができない」のです。

After all, "If you don't get together, you can't create a cluster."

そして、今のところ、我が国に関しては、この「クラスター潰し」が、ぎりぎり有効な範囲にあります。

And so far, in Japan, this "cluster crushing" is in a marginally effective range.

もっとも、我が国でも、この「クラスター潰し」も限界に近くなってきているようです。

However, in Japan, this "cluster crushing" seems to be reaching its limit.

これが「感染経路が分からない」というものです。

This is "we cannot know the route of infection."

ちなみに、欧米では、「クラスター潰し」のフェーズを離れ、手遅れになっているのはご存知の通りです。

By the way, as you know, in Europe and the United States, it is too late to leave the "cluster crushing" phase.

今、これから発生する数万人規模の死体収容所を作っている ―― って、どこの世界線(ディストピア)の話? と聞きたくなります

Now, they are building tens of thousands of corpses in the future. I want to ask what the world line (dystopia) is.

-----

「クラスター潰し」の観点から、学校、会社、集会、イベントを自粛するのは、(個人の経済的事情を無視するのであれば)最適戦略です。

From a "cluster crushing" perspective, refraining from schools, companies, gatherings, and events is an optimal strategy (if you ignore the economics of an individual).

しかし、学校、会社、集会、イベントを自粛しながら「夜の歓楽街に出掛ける」という人間は、はっきり言わせて貰えば、

However, persons who "are going to the red light district at night" while restraining schools, companies, gatherings, and events,

『あんたたち、脳があるのか?』

"Do you have a brain?"

と尋ねたくなるくらい、理解不能です。

I do not understand them at all.

-----

そこで、私、経済活動をそこそこのレベルで維持しつつ、クラスター発生を防止する一つの案を提案したいと思います。

Therefore, I would like to propose a proposal to prevent clusters while maintaining economic activity at a reasonable level.

「音声コミュニケーションの絶対的な禁止命令」

"Absolute ban on voice communication"

です。

■いかなる状況であっても、対人間で会話をしてはならない(例外なし)。

- You should not speak anyone at any place.

■コミュニケーションは、一定の距離(数メートル)を維持しながら、全て、SNS等のリアルタイムのテキストメッセージのみでで実施する。

- All communication is carried out using only real-time text messages such as SNS while maintaining a certain distance (a few meters).

■スマホが使えない人は、メッセージボードで会話をする。

- If you can't use a smartphone, talk on the message board.

■どうしても音声による会話が必要であれば、全て電話で行う、または、電話会議を実施する。

- If a voice conversation is absolutely necessary, you can use a phone or telephone conference.

これは、現時点で多くの会社で実施されています。

This is currently being implemented by many companies.

この条件が満たされるのであれば、私は、バー、キャバクラ、メイド喫茶は再開しても良いと考えています。

If this condition is fulfilled, I am willing to resume bar, cabaret club and maid cafe.

-----

ところで、

By the way,

江端家は、一度、家族4人で、秋葉原にあるメイド喫茶なるものに行ったことがあります。

The Ebata family once went to a maid cafe in Akihabara.

待ち列に並んでいる最中、家族全員が、不快と酸欠で顔色が悪くなっていました。

While in the queue, the whole family had turned pale due to discomfort and lack of oxygen.

私が「離脱」を提案したところ、1秒後に家族全員が同意して、5秒後に店の外に敗走しました。

When I proposed "withdrawal," the whole family agreed one second later and broke out of the store five seconds later.

その時、シュタインズゲートの中に登場していた「メイド喫茶」への幻想は、私の中で、完全に破壊されました。

At that time, the illusion of "maid cafe" that appeared in Steins Gate was completely destroyed in me.

閑話休題

Restless talk

(続く)

(To be continued)


2020-04-01 つまり、新型コロナウイルスは、『みみっちく感染させることには興味がなく、ドカンと感染させることが大好き』という、山師的な性質があるのです。 [長年日記]

SNS等で、「私はよく分かった。詳しくは、これを読め」

People who write "I could understand it well. Read this in detail" on SNS, etc.,

と書く人は、多分、『よく分かっていない』 ―― と思っています。

probably could not understand it well.

「人間は、説明可能な状態になって、初めて理解したと言える」というフレーズがありますが、

"There is a phrase that "humans can understand when they can explain", however, "

私は、

I think

「人間は、説明可能な状態になると、誰かにしゃべるたくなる ―― たとえそれが迷惑であったとしても」

"Humans want to talk to someone when they can explain, even if it's annoying."

と思っています。

-----

私、

I read the presentation sheets whose title is

"The Concept of measures for COVID-19"

というプレゼン資料を読んで、ようやく「クラスター」と、その「撲滅作戦」の意義を、理解できました ――

Finally, I understood the significance of the "cluster" and its "eradication strategy"

詳しくは、それを読んで下さい。

So please read this in detail"

(終り)

(The end)

-----

まあ、このまま(終り)とすると、誰かに殴られそうなので(心当たりが二人ほどいる)、私なりに解説を試みます。

Well, if I keep it as it is (end), I will try to explain it because someone is likely to be beaten (I have about 2 people).

結論から言うと、「新型コロナウイルスは変態」なのです。

In conclusion, the new coronavirus is an abnormal virus.

-----

基本再生産係数(R0)というのは、簡単にいうと「1人の感染者から、何人の感染者が発生するか」というものです。

Basically, the basic reproduction factor (R0) is simply "how many infected people from one person."

R0 = 2 なら、「1人の感染者から、平均2人の感染者が発生する」になり、いずれパンデミック(制御不能)になります。

If R0 = 2, then "one infected person produces an average of two infected people" and eventually a pandemic (out of control) occurs.

R0 = 1 なら、「1人の感染者から、平均1人の感染者が発生する」になり、流行にはなりませんが、撲滅もしません。

If R0 = 1, then "one infected person produces an average of one infected person", which is not an pandemic but does not eradicate.

R0 = 0.5 なら、「1人の感染者から、平均0.5人の感染者が発生する」になり、撲滅します。

If R0 = 0.5, "one infected person will produce an average of 0.5 infected people" which eradicates.

で、これを見ると、R0 > 1 なら制御不能になるのですが、新型コロナウイルスは R0 = 2.5 くらいと言われています。

So, we will lose control if R0 > 1, however it is said that the new coronavirus is about R0 = 2.5.

じゃあ、もうダメじゃん? ―― と思うのですが、ここに「新型コロナウイルスは変態」が効いてくるのです。

Then, isn't it already finished? ―― you may think, but here the "new coronavirus is abnormal" comes into effect.

結論から言うと、新型コロナウイルスは、個人単位では、殆んど感染していないのです。

In conclusion, the new coronavirus is hardly infected on an individual basis

-----

(これは資料の内容を説明しているだけですが)5人の感染者、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん(江端さん)がいたとすると、

(This only explains the contents of the material) If there are five infected people, A, B, C, D, E(Ebata),

『Aさん、Bさん、Cさん、Dさんからは2次感染が発生していないのに、Eさん(江端さん)1人が、一気に12人に感染させてしまう』という傾向が見られるのです。

There is a tendency that "Only E (Ebata) will infect 12 people at a stretch" even though no secondary infection has occurred from A, B, C, D.

つまり、新型コロナウイルスは、『みみっちく感染させることには興味がなく、ドカンと感染させることが大好き』という、山師的な性質があるのです。

In other words, the new coronavirus has the characteristic of a valet, saying, "they are not interested in small infecting, but they love mass infecting very much"

この『ドカンと感染させる』ことの結果が『クラスター』です。

The result of this “mass infection” is a “cluster”.

つまり、『みみっちい感染』を無視しても、『ドカンと感染させる』クラスターを完全に管理して、それを各個撃破し続ければ、R0 < 1 に持ち込むことが可能である、ということです。

In other words, even if we ignore "small Infection", if we completely manage the "mass infection" cluster and continue to destroy each one, we can bring it to R0 <1.

(続く)

(To be continued)


2020-03-31 ―― 非難したなら、その分は、賞賛する(または、非難を謝罪する) [長年日記]

会社に出社させてもらえませんので、会社が提供してくれるセキュアノートPCで仕事をしているのですが、

I am working on a secure Note-PC provided by the company because I can not join the company.

―― 重い

"Slow"

テキストの文字変換すらも重くて、使いものになりません。

Even transliterating text is slow and useless.

こんな思いをするのは、10年ぶりといった感じがします。

This is my first thought in 10 years.

-----

15年ほどまえ、始めてセキュアノートPC(以下、SPCと言う)が登場した時は、社内が「批判の嵐」でした。

About fifteen years ago, when the first secure notebook PC (SPC) appeared, the inside of the company was in "criticism storms."

特に、海外出張中の上司や同僚に依頼した稟議の処理ができず、現場では

In particular, we could not process requests for approval from supervisors or colleagues on overseas business trips,

『私たちの仕事を邪魔する為に、セキュアPCを使わせとるんか!』

"Does my company want to make us use the secure PC to disturb our work!"

と、怒号と悲鳴の嵐でした。

that was a storm of screams.

-----

弊社のSPCは、とにかく徹底していて、「PCの中には1ビットたりともデータを残さない」という設計思想で作られています。

Anyway, our SPC is thoroughly made with the design philosophy of "do not leave any data in the PC even one bit".

例えるのであれば「空箱」です。

This analogy is "empty box."

この「空箱」は、個人のトークンデバイスがないと、全く動き出しません。

This "empty box" will not work at all without a personal token device.

そこに個人のパスワードが加わり、さらにそのパスワードは、定期的に頻繁に変更をさせられ、パスワードの再利用は許されていません。

A personal password is required there, and in addition, their passwords are changed frequently on a regular basis, and the password reuse is not allowed.

過去に一度も使ったことがなく、かつ、自分で忘れてはならないパスワードを作り出す、というのが、どれほどの大変か、一度皆さんにも味わっていただきたいものです。

I want everyone to understand how hard to make a password that has never used in the past and I must not forget.

The concept of

「セキュリティ第一。セキュリティの為なら、PCは動かなくても構わない」

"Security first. For security, you don't have to move your PC."

というこの思想は、

seems to be same as that of

「健康第一。健康の為なら、死んだっていい」

"Health first. For health, you can die."

という思想に通じるものがあります。

-----

そのSPCも、今や、サーバリソースの強化とインターネットの大容量化によって、普通に使えるようになってきました。

The SPC has now become available for general use due to the strengthening of server resources and the increase in the capacity of the Internet.

もちろん、SPCの開発を続けていた部隊の、努力もあります。

Of course, there are efforts of the units that continued to develop SPC.

みんな何も言いませんが、私だけは『開発部隊、偉かったなあぁ』と賞賛しています。

Everyone doesn't say anything, but I'm the only one who praised "The development team, great!"

それにしても、

By the way,

―― 非難したなら、その分は、賞賛する(または、非難を謝罪する)

"If you accuse anything, you should praise the recovery (or apologize for the accusation)"

ということを、皆、怠りすぎているのではないでしょうか。

I guess everyone is too lazy to do that normal thing.

かつて、私のコラムのシミュレーション結果を非難してきた人間(根拠もなく「間違っている」と言い張る奴)がいました。

In the past, there was a person who accused me of the simulation results in my column (a person who claims to be "wrong" without reasons).

その後、私のコラムのシミュレーション結果が定式化(他の方がやってくれましたが)で、完全に正しかったことが証明された後も、その人から、一文字の謝罪を貰っていません。

Since then, I have not received a single letter of apology from the person, even after the simulation results in my column have been proved to be completely correct (by kind others).

それはさておき

Aside.

-----

やたら「重い」のです。

It is too "slow",

SPCの反応速度が。

That is the reaction speed of SPC.

現在、出社自粛(という名前の強制)が発動している真っ最中であり、

Currently, self-restraint (compulsory) is in the process of being activated,

ほぼ全員がSPCからのアクセスで会社のサーバにログインしており、

Almost ever worker is logged in to the company server with access from SPC,

さらに、そこに、数十人規模の電話会議(Skype等)が入ってきている訳です。

In addition, there is a teleconference (Skype etc.) of dozens of people entering there.

そんな訳で、サーバが悲鳴を上げるほどのリソースを使いまくっています。

The server is running out of resources to scream.

私は、会社のリモートサービスシステムがダウンしていないことを、心の底から「立派だ」と思っています。

I think from the bottom of my heart that it is great that the company's remote service system has not been down.

もう少し、身の回りの「あたりまえ」を見直して ―― 少なくとも10年くらいは遡って ―― 色々なことを(意識的に)褒めてみましょう。

Review the "natural" around you a little more ---- Back at least about 10 years ---- Let's praise (consciously) various things.


2020-03-30 ―― では、今回は、全コードを、何から何まで、開示してみよう [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Mr.Ebata's struggling for DIY IT Nursing Support System(4) "

Run! Raspberry Pi. Rescue your parents from stray cars

-----

前回のコラムでは、ラズパイ用のコードの内容を開示しないで、パッケージにしてダウンロードしました。

In the last column, I did not disclose the contents of the code for Raspberry Pi, but downloaded it as a package.

そのせいで『ラズパイの記事(コード等)がほとんどない』と言われました。

Because of that, I was told, "There are almost no articles (code, etc.) on Raspberry Pi."

―― では、今回は、全コードを、何から何まで、開示してみよう

"So, this time, let's disclose all the codes"

と試みました。

I thought that.

で、エラいことになっています(まあ3つのシステムを一気に説明した、ということもありますが)。

And it is supposed to be ugly (the other reasons are that I explained all three systems at once.)

というい訳で、ラズパイやコードに興味のない方は、いきなりp.6に飛んで頂いても結構です。

So, if you are not interested in Raspberry Pi or code, you can skip to p.6.

あの「轢断のシバタ先生」がご登場され、キレの良い論を展開されています。

The "Dr.Shibata, the overrun" has appeared and is developing a sharp theory.

それはさておき。

That aside.

-----

この記事を読んで頂いている多く(のエンジニア)の方は、ラズパイに触ってみようと思っても、なかなかそのような機会がないと思います。

Many (engineers) reading this article do not have such a chance to try Raspberry Pi.

ならば『出社できない/させて貰えない』今こそ、千載一遇のチャンスです(*)。

Then, "we can't go to the office / we can't let us go to the office" is now a chance for a thousand times (*).

(*)2020年3月30日現在、ウイルス病原体の拡大防止の為、都心部の地方自治体がこぞって、住民に対して「自宅待機」の要請を発令するという異常で非常な状況になっています。

(*)As of March 30, 2020, in order to prevent the spread of viral pathogens, local governments in downtown Tokyo have issued a request for residents to "stand by at home".

■上司の目の届かない環境で、

In an environment where your boss cannot watch you,

■自宅でできて、しかも

you can do it at home, and

■大して金がかからず、

It does not cost much,

■IT/OT技術の勉強ができる

You can study IT/OT technology

などという機会は、もう二度とやってこないかもしれません。

Such an opportunity may never come again.

ラズパイの構築とオペレーションができるようになれば、AWSの「構築」は不明ですが、AWSの「オペレーション」はできるようになります。

If you can build and operate Raspberry Pi, you will not be able to know the "building" of AWS, but you will be able to do "operations" of AWS.

----

私、入社時に取得したUNIX系のオペレーションを、今でも使えるなんて『夢でも見ているのか』という気持です。

I feel like I'm still dreaming that I can use the UNIX-type operations I got when I joined the company.

「夢」といっても、「悪夢」の方ですが。

The "dream" is a "nightmare".

今でもUNIX系のオペレーションを「使わされている」という現実に、正直、ウンザリしています。

Even now, I am honestly dissatisfied with the reality that UNIX-like operations are being used.

私は、2020年にもなれば、もう、構築やらオペレーションやらの概念はなくなり、"人口知能"とか"AI"とか"アーティフィシャルインテリジェンス"とかが、全部やってくれると思っていました。

I thought that by 2020, the concepts of construction and operations would be gone, and that "artificial intelligence", "AI" would all do the job.

"Artificial intelligence", "AI", "artificial intelligence", etc. Really, they can't do anything. They are useless.

なぜ、1970年のオペレーションを、50年後の今になっても使い続けなればならないかというと、結局のところコンピュータの基本アーキテクチャが、ほとんど変化していないからです。

The reason why we must continue to use 1970 operations at the present, is that the basic architecture of computers has changed little after all.

-----

まあ、ともあれ、この機会を逃がせば、もうチャンスはやってこないかもしれません。

Well, anyway, if you miss this opportunity, you may not have the chance anymore.

今回のウイルス災禍は、時間が立ては必ず落ち着きます ―― どこに落ちつくかは、どうあれ。

In this virus disaster, time will surely settle down, anywhere to settle down.

しかし、漠然と「勉強する」という姿勢では、やる前から失敗は目に見えています。

But a vague "study" attitude will definitely fail.

ならば、目標として、「アプリケーションを一つ完成させる」を目標にしましょう。

Then, let's set the goal to "complete one application".

今回の介護ITのシステムでなくてもいいですし、ラズパイでなくてもいいです。

It doesn't have to be the current nursing care IT system, it doesn't have to be a raspberry pi.

AWSなんかいいんじゃないですか。1年間の無料期間があるから、それを使うというのも手です。

How about AWS? There is a one-year free package, so you can use it.

-----

システム構築やプログラミングは、アホみたいに時間を消費します。

System construction and programming consume time stupidly.

数時間を、30分程度に体感させてくれるものであり、究極の時間消費(浪費)装置でもあります。

It will let you experience several hours in about 30 minutes, and it is also the ultimate time-consuming (wasting) device.

自宅でストレスを感じる時間を、おもいっきり短くすることができます。

You can shorten the time you feel stressed at home.

その点だけは、私が保証します。

That's what I guarantee.


2020-03-29 いずれにしろ、私が何をしようとも、私はもちろん、世界にも影響はまったくなさそうです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

こちらは、私の技術の師匠Sさんから頂いたメールです。

This is an email from my technical teacher Mr.S.

===== ここから =====

ブログ拝見しました。

I saw your blog.

2月初頭辺りから、covidの各地の状況を一覧するためのダッシュボードや、

From around the beginning of February, a dashboard to view the status of covid around the country,

そこに表示するためのデータを各地の政府機関から取得してくるスクレイパー、

Scrapers that get data from various government agencies to display there,

各種の学習による将来予測と、

Forecast by various learning and

パラメータを変えた場合の将来予測の変化をその場で表示できるウェブアプリ等々、

For example, a web application that can display changes in future forecasts when parameters are changed,

github.comの「Trending」のページにいろいろでてきています。

There are various things on the "Trending" page of github.com.

https://github.com/trending

https://github.com/trending

とてもたくさんあり、「精緻に見えるもの」、「練習のためにやってみた」、「個人や機関がやっている」ものまで

There are so many, from what looks fine, what I did for practice, to what the institution or individuals are doing.

>まあ、この執筆「火中の栗を拾う」という程度の話に収まらないリスクのある話です。

> Well, there is a risk that does not fit in the story of this writing "picking chestnuts in the fire".

のリスクはとても小さそうに思えます。

The risk seems very small.

コラムに合わせてgithub.comに公開されてみると面白いかもしれません。

It may be interesting to see it published on github.com according to the column.

===== ここまで =====

で、ちょっと、

Let me think,

https://github.com/ から、"simulator" "covid-19"を検索キーとて、もっとも人気が高かった、midudev/covid-19-spread-simulator をダウンロードして、ライセンスを読んで、

From https://github.com/, I download the most popular midudev/covid-19-spread-simulator using "simulator" and "covid-19" as search keys, read the license,

私のサイトに置いてみましたので、試してみて下さい。

I have put it on my site, please try it.

ボタンによって、家から動かないケースと、家から動くケース、そして死者を表示しないケースと、死者を表示するケースを選べるようです。

-----

いずれにしろ、私が何をしようとも、私はもちろん、世界にも影響はまったくなさそうです。

In any case, whatever I do, it seems to have no effect on me or the world at all.

これまで通りに、私は、私の思う通りにやっていきたいと思います。

As always, I want to do what I want.


2020-03-28 世界の50億人くらいから、「オリンピックを潰した男」と、図表入り、顔写真入りでSNSで注目される可能性が、わずかながらに、存在します。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私が悩んでいる時に、以前、コラムの執筆でお世話になった医師の方 ―― 「轢断のシバタ先生」からメールを頂きました。

When I was worried, I received an e-mail from a doctor whose name "Dr.Shibata, as a transgressor". who helped me in writing the column

ご本人のご許諾を頂いて、以下に全文を公開します。

With his consent, we will disclose the full text below.

===== ここから =====

===== From here =====

私は、シミュレーションに賛成です。

I agree with simulation.

理由は、

The reasons are followings,

■集団免疫獲得までの時間を、シミュレーションで算出したい

- I want to calculate the time until the acquisition of population immunity by simulation

■永遠に指数関数の持続するネズミ講や感染症は存在しない。いずれ必ず定常化または消滅する未来が示されることになる

- There is no rodent or infectious disease that has an exponential function forever. A future that will always be steady or disappearing will be shown

■ゴールが見えれば、みんなきっとがんばれる

- Coming to see the goal, everyone will do their best

■最悪な結果が出たら、それを起こさないように対策が立てられる

- If the worst result comes out, measures can be taken to prevent it from happening

■総合的に社会的利益に資する

- The simulation contributes to social benefit comprehensively

です。

一応、シミュレーション反対の意見も私の中にあります。

For now, there is an opinion against simulation in my mind.

■たぶん、ダイヤモンドプリンセス号(からの感染)が日本に拡大されるので、甘く見積もっても日本人の1割、1000万人超の感染者が発生しても不思議は無い。

- Maybe the Diamond Princess (the infection) will be spread to Japan, there is no wonder if more than 10 million infected people, 10% of Japanese people, are estimated to be sweet.

■2週で2倍、20週で1000倍、現在、どうせ1万人は感染者が居るはずと考えると、1000万人突破まで集団免疫効果を勘案しなければで5ヶ月で到達する可能性も捨てきれない

- 2 times in 2 weeks, 1000 times in 20 weeks, At present, 10,000 people should be infected. Unless the population immunity effect is taken into account to exceed 10 million people, the possibility of reaching in 5 months can not be thrown away

などが詳細なシミュレーション付きで突きつけられたら、きっと大炎上になるだろうなぁ・・・

If it is hit with a detailed simulation, it will surely be a big flame ...

■「オリンピックの時期に患者1000万人突破大台」とか、数字でもろに出したら、政府とか、へんな団体にいらん目を付けられるのは、めんどくさいだろうなぁ・・・

- If he put it in the numbers, such as "the number of patients surpassing 10 million during the Olympics", it would be troublesome to be managed by the government and strange organizations ...

■私の身ばれはバッチリ防いでくれているけれど、江端さんは大丈夫かなぁ・・・

- Mr.Ebata will protect my personal information, but I wonder if Ebata himself is OK...

が、私の中の反対派の意見です。

This is the reason for my dissent.

-----

正直、オリンピックは勝手に潰れると思って居ます。

Honestly, I think the Olympics will collapse on its own.

誰のせいでも無く、仕方なく、当たり前に、やめましょうと言うことにならざるを得ないと思います。

I think that this will collapse inevitably naturally.

しかし、今の瞬間にインパクトのある数字をたたきつけると、「国会で野党に読み上げられる」可能性があります。

However, if Mr.Ebata hit a high impact number at this moment, there is a possibility that "the figures will be used by the opposition in the Diet."

"Japan should die" will be returned.

政府から「江端さんにオリンピックを潰された」みたいな空気になることが無いとは言い切れない恐ろしさがあります。

The government may be remorseful that Mr. Ebata has crushed the Olympics.

世界の50億人くらいから、「オリンピックを潰した男」と、図表入り、顔写真入りでSNSで注目される可能性が、わずかながらに、存在します。

From around 5 billion people around the world, there is a possibility slightly that "men who crushed the Olympics" will be attracted attention on SNS with figures and pictures.

(万一そうなったらYouTuberとして生活できそうな気がしないでも無いですが)

(If it happens, I feel like Mr.Ebata can live as YouTuber)

数字無しでも、EE Times Japanの読者であれば、私の言いたいことはきっと伝わります。

Even if Mr.Ebata doesn't use the numbers, I'm sure EE Times Japan readers can understand what I want to say.

-----

私は卑怯ですので、ここで、シミュレーション実行にノーと言えません。

I'm sneaky, so I can't say "No" for Ebata's simulation here.

江端家を守るのは、おそらく奥さんが最終防衛ラインです。

Mr.Ebata's wife is probably the last line of defense to protect the Ebata family.

奥さんにダメ、といわれたら、私はすっぱり諦めます。

If she tells Mr.Ebata "No", I will give up.

このご時世、社会正義より、奥さんと娘さんの平和のほうが大切です。

In this age, peace for wife and daughter is more important than for social justice.

絶対に私や社会正義などに遠慮することなど無いように、と奥様にお伝えください。

Please tell your wife that never withhold me or social justice.

===== ここまで =====

===== To here =====

This email was received immediately after this diary, but now I reread it,

『シバタ先生、かなり的確に未来予測されているなぁ』

"Dr.Shibata could predict the future accurately"

と、

and

『"オリンピックを潰した男"になりそこねたなぁ』

"I failed to become the man who crushed the Olympics

という感想です。

I had the above impressions.

-----

ところが、後日、『"オリンピックを潰した男"になる可能性は、ほとんどなかった』ということが、別の方からのメールで判明することになります。

However, at a later date, a mail told me that there is no possibility of "man who crushed the Olympics."

(続く)

(To be continued)


2020-03-27 このシミュレーション結果を整理すると、ちょっとハンパではない、えげつない(仮想の)現実が見えてくるかもしれません。 [長年日記]

Before, I wrote a diary "I'm worried about whether or not to simulate the infection of coronavirus (COVID-19)"

実は、仮想の都市の交通シミュレーション(鉄道とバスのみ)を使った簡易シミュレータ(C/C++)の作成を、ここ1年間くらい、趣味でコツコツと作り進めていました。

In fact, I've been working on creating a simple simulator (C/C ++) using a virtual city traffic simulation (railway and bus only) as a hobby for the past year or so.

Currently, as many (virtual) humans as the ordinance-designated cities can be moved on my personal computer.

ただ、1日、20時間のシミュレーションに、2時間以上かかるので、ちょっと簡単に使えないなぁ、と思っていました(1時間分の未来予測であれば、10分もあれば足りますが)

However, I thought that it would take a little more than 2 hours for a simulation of 20 hours a day, so it couldn't be used easily.(For an one hour future prediction, 10 minutes is enough)

そして、このシミュレータのボトルネックは「移動」です。

And the bottleneck of this simulator is "moving".

In the U.S. presidential election, I don't have to move people to polling places. In this simulator, 100 units of trains and buses, and tens of thousands to hundreds of thousands of people move at a stretch and must track them in seconds.

正直、このシミュレーションの計算を開始すると、コンピュータから悲鳴が聞こえてきそうな気がします。

To be honest, when I start calculating this simulation, I feel like I can hear a scream from my computer.

------

ですので、「このままではシミュレータとしては使いにくいなぁ」「一日分のシミュレーションを20分程にできないかな」と考ええ、改造を考えていたところに、今回の新型コロナ災禍が発生してしまいました。

So, when I thought, "It is difficult to use it as a simulator as it is" "I wonder if a day's simulation can be done in about 20 minutes" and about remodeling, this new corona infection disaster occurred.

私は、これまで色々な予測技術を使って遊んできましたが、今回の「新型コロナの感染拡大」は予測できませんでした。

I've been playing with a variety of predictive techniques so far, I could not predict the spread of the new corona infection disaster.

それくらい、現在の現実は、現実離れしています。

The current reality is far from reality.

それに、私のこのシミュレータでは、学校休校シミュレーションとか、深夜の新宿や渋谷の酔客シミュレーションはできません。

Also, with this simulator, I can't do simulations of school closures, or simulations of midnight Shinjuku and Shibuya drunks.

やれるのは、通勤通学を前提とした、仮想都市の都市交通シミュレーションだけです。

All I can do is a city traffic simulation in a virtual city on the premise of commuting to work.

このシミュレーションの中に、コロナ感染者を一定人数放り込み、乗車率に応じた感染率をざっくり決めてしまえば、あとは、パソコンを回し続けるだけで、感染者が増加していく様子が見えてくるはずです。

In this simulation, throwing in a certain number of corona infected people and roughly determining the infection rate according to the riding rate, I can watch the number of infected people increasing just keeping turning the computer.

そんでもって、私のことだから、年齢に応じた死亡者も、カウントするでしょう。

By the way, because of me, deaths according to age will also be counted.

このシミュレーション結果を整理すると、ちょっとハンパではない、えげつない(仮想の)現実が見えてくるかもしれません。

If I sort out the results of this simulation, I may be able to watch an insane and nasty (virtual) reality.

(大変珍しいことですが)この私が『このシミュレーション結果は見たくないなぁ』と思ってしまったのです。

(It's very unusual, however) I thought, "I don't want to see the simulation results"

(続く)

(To be continued)


2020-03-26 ―― 自分を楽しませる為に、他人の存在を前提としなければならない奴らは「弱い」 [長年日記]

「コロナ疲れ」という言葉が流行っているようですが、私はあまり変わりありません。

The word "corona fatigue" seems to be popular, but I haven't changed much.

同じ建屋にあっても、電話会議システムを使うとか、ちょっと変化がありますが、 ―― しょーもない会議なら、内職(例えば、日記を書くとか)できますので、そこそこメリットもあります。

Even in the same building, there are some changes, such as using a telephone conference system, but there are also some benefits, if it is a meaningless meeting. Because I can do internal work (for example, writing a diary),

まあ、我が国には「予定調和」とか「同調圧力」とかありますので、こういう会議を無下してはなりません。

Well, we Japanese has the concept of "scheduled harmony" and "synchronization pressure", so we must not ignore such a meeting.

電話会議は、その辺を上手いこと調整してくれるなかなか便利なツールです。

Teleconferencing is a very useful tool for coordinating things around you.

ですから、「テレビ会議になると困るな」とは思っていますが。

So, I think, "when it comes to video conferencing. I am in trouble"

-----

「誰かと一緒でないと行動ができない」というマインドの人には、COVID-19の感染拡大防止の為の外出禁止の要請がでている、昨今はつらい時期なのかもしれません。

To the mind of people who can only act with someone, It may be a difficult time these days that there is a request to ban going out to prevent transmission of COVID-19,

「一人でいる方が、動きやすい」という私にとっては、外出禁止要請は、メリットにはなりませんが、デメリットにもなりません。

For me, "it's easier to move alone", so "going out requests" are not a benefit, but a disadvantage.

社内業務は、この騒ぎが始まる前から、リモートオフィス環境は整備されていました。

For internal operations, the remote office environment was in place before this panic began.

プログラム作成なんぞは自宅の設備で十分です。

Home programming environment is enough for program creation.

システム構築はクラウド(AWS等)があれば足ります(まあ、研究目的だから、なんとかなっているのですが)。

To build a system, a cloud (AWS, etc.) is enough (well, I can manage them because it's for research purposes).

週末も、何かに集中しているときの私は、原則「一人」です。

On weekends, when I'm focused on something, I'm basically one person.

-----

リア充やら、陽キャラやら、パリピやらが、やたらメリットがあるように言われていますが、こういう時に、

It is said that there are benefits, for person whose attributes are "social life", "gloomy person", and "party animal"

―― 自分を楽しませる為に、他人の存在を前提としなければならない奴らは「弱い」

"In order to entertain themselves, they who have to assume the existence of others are "weak""

もちろん、そのような「陽」の資質が備わっていることは望ましいのかもしれません(私はいりませんが)。

Of course, it may be desirable to have such "positive" qualities (though I don't need it).

しかし、これに加えて、

However, in addition to this,

―― 世間が何を言おうとも、誰にどう思われようとも、自分一人で行動し、そして自分一人で自分を楽しませることができる。

"Whatever the world says, no matter what they think, You can act alone and entertain yourself"

そういう「孤」の資質を備えることができたら、安心感は得られると思います(強くなれるかどうかは分かりませんが)。

I think that if you can have the qualities of such a "lone", you will have a sense of security (I don't know if you can be strong).

-----

「コロナ疲れ」などと言って、不貞腐れているのはもったいないです。

It is wasteful to say that "corona fatigue" and so on.

今は、自分の中の「弧」を確立し、育成させる好機と捉えるべきです。

Now, you should think of it as an opportunity to establish and nurture an "lone" within yourself.

といって、「弧」でできることと言えば、読書とか、映画鑑賞とか、ジョギングとか、山登りとか、そんなことしか思いつかないかもしれませんが、内容はどうでも良いのです。

Speaking of what you can do with "lone", reading, watching movies, jogging, climbing mountains, and others are good. The content doesn't matter.

大切なのは「"自分自身"を動かすエンジン」を、常に動かせる状態にしておくことです。

The important thing is to keep the "engine that drives "myself" anytime.