0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2019-11-21 私の趣味を、業務が奪っていく ―― [長年日記]

私の趣味を、業務が奪っていく ――

"Business takes my hobby"

Here is the story that about 20 years ago, when I was compiling a Linux kernel, I was beaten "Ebata! Don't play with the toy OS!"

According to EtherCAT, which officially hsa adopted by a major automobile manufacturer, the reason why I just built a system with EtherCAT, is that I happened to find an EtherCAT slave in my home junk box, and I wanted to use it as a human sensor slave.

私が、ラズパイを使い始めたのは、私のこずかいで購入できる「サーバ運用ができるコンピュータ」が、ラズパイしかなかっただけです。

The only reason I started using Raspberry Pi was that it was the only "computer that can operate a server" that I could purchase on my own.

-----

私が、個人的な趣味で始め、そのプロセスで取得した技術(プログラムや電子回路)が、

The technology (programs and electronic circuits) that I started with my personal hobby and acquired through that process, is

「会社の業務で使いまくられている」という現実に、

"used in the business of my company".

なんとなく、釈然としない思いをしています。

Somehow I can't convince.


2019-11-20 ―― なんで、私は、この年になって、"vi"を勉強し始めているんだ? [長年日記]

―― なんで、私は、この年になって、"vi"を勉強し始めているんだ?

Why I have to start studying about "vi" at this age ?

と思っています。

I think that.

私は、もう新しいことを勉強したくはないのです。

I don't want to study new things anymore.

- 制御ネットワークは"EtherCAT"

- The control network is "EtherCAT"

- Linuxは、ハードは"ラズパイ"、ディストリビューションは"Ubuntu"

- Linux hardware is "Raspberry Pi", the distribution is "Ubuntu"

- Windowsは今でも95で十分だと思っているけど、ズルズルとWindows10まで付き合わされています。

- I still think that Windows95 is enough for me, however I have to get on Windows10

- 基本言語は"C/C++"、スクリプトは流れで"python"

- Basic language is "C / C ++", script is "python"

- そして、エディタは"emacs"

-And the editor is "emacs"

それらで、生涯を終えるつもりでした。

With these, I will end my life.

-----

なぜ私が、今さら"vi"を勉強しているかというと、

Why am I studying "vi" now?

The reason is that when I input

>sudo apt install emacs

を実行すると、膨大な新規ファイルのダウンロードで、15分以上の時間を取られ、さらに他のモジュールにも影響が発生して、

It takes more than 15 minutes to download a huge amount of new files, and it also affects other modules, and I have to add

>sudo apt-get update

>sudo apt-get upgrade

を、乱発しなければならなくなります。

その結果、開発システム自体が動かなくなってしまうのが、怖いのです。

As a result, I'm scared that the development system itself will stop working.

-----

私は、"vi"の歴史は詳しくありませんが、私がコンピュータを使い始めた時、Windowsを除き、"vi"が搭載されていないOSは存在しませんでした。

I'm not familiar with the history of "vi", however when I started using the computer, there was no OS without "vi" except Windows.

そのくらいポピュラーなエディタなのに、"vi"があまり知られていないのは、初心者に「使いにくい」からで、熟練者に「使いやすい」からです。

Even though it is such a popular editor, "vi" is not well known. Because it is difficult to use for beginners and easy to use for experts.

まあ、一度試されると、よく分かると思います。

Well, once you try it, you will understand well what I say .

-----

私のような目に合わない為にも、ソフトウェア業界にいる若い人は、今のうちに"vi"を覚えてしまいましょう。

A young person in the software industry will soon learn "vi" because you don't have to face same like me.

この年齢になって"vi"を使い始めるのは、結構しんどいです

It's quite difficult to start using "vi" at this age


2019-11-19 とりあえず、仮想的な自殺 ―― 「逃亡」「失踪」を試みましょう。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ゆっくり休息を取ることができて、十分な思考ができる状態であって、(加えて、システムについて全く無知であれば)、「飛び込む」ことが、ナンセンスであるのは判ります。

Anyone can understand that "dive" is nonsense, even if we can take a rest slowly, think a lot (In addition, (and you are totally ignorant about the system).

時間さえあれば、今後の対策、対応について考えることもできますし、トラブルを改修する為の、最適かつ最短の方法を思いつくことができるかもしれません。

If you have time, you can think about future measures, correspondence, and come up with the best and shortest way to fix a problem.

そもそも、ラズパイのカーネルパニックの責任は、誰にあるか?

To begin with, who is responsible for the Raspberry PI's kernel panic?

カーネルパニックの責任は、ラズパイ(のハードウェアか、あるいはOSか、その他ソフトウェア)にあるに決まっています。

The responsibility for kernel panic is for Raspberry PI (hardware, OS, or other software).

だから、特定の人間だけが責められるのは、理不尽と言えます。

So it is unreasonable that only certain people are blamed.

しかし、現実には、この世の中は、「その問題の一番近くに立っていた人間が責められる」ということになっています。

However, in reality, the world is supposed to blame the person who stood closest to the problem.

-----

「飛び込み」が、これらの面倒なプロセスを一気にふっとばして、関係者全員を沈黙させる方法であるなら、これは、論理的にも、合理的な解決方法であり、

If "dive" can skip these troublesome problems, and shut the mouth of all concerned in it, it is an reasonable solution, and

―― その選択肢を選ぶ人を、少なくとも私だけは非難しない

"At least, I don't blame the person who choose the solution"

つもりです。

少くとも、私の通勤や出張を妨げない範囲であれば、私は「同情」することができます。

As long as the "dive" is not my obstacles of commutes or business trips, I can feel pity for the person.

-----

ただ、このような場合でも、「自殺」は、"No return to your life"という意味でよろしくありません。

However even if it is the case, I think that "suicide" is not choice because it is "No return to your life".

とりあえず、仮想的な自殺 ―― 「逃亡」「失踪」を試みましょう。

For the moment, let try "escape" or "disappearance" as a "virtual suicide"

先ずは、スマホの電源を切って、さらにSIMカードを抜いて、どっかのホテルに逃げ込んで、安定剤、睡眠薬、アルコールを併用して、12時間くらいぶっつづけで寝ましょう。

Above all, turn of your smart-phone and pull SIM card out. Take to a hotel somewhere, and drink and take sleeping pill or stabilizer. Keep sleeping for twelve hours at least.

それで自体が良くなる保証はありませんが ―― 少くとも、自殺は、「逃亡」「失踪」の後、十分な時間経過後(例えば、7日後)にも、実施可能です。

Of course, there is no guarantee to return to normal. However I can say, you can kill yourself after "escape" or "disappearance", For example after 7 days.


2019-11-18 そりゃ ―― 当然、「飛び込み」でしょう。 [長年日記]

私は、以前、連載の執筆中に、電車で人身事故を発生させる人の心理状態について調べました。

I previously investigated the psychological state of people who caused personal injury (diving) on a train in my series columns.

私なりの調査結果は、やはり、この結論となりました。

After all, the following was my conclusion.

―― 面倒くさいから

"Because it is troublesome"

-----

例えば、あくまで、例えば、ですよ、

For example, this is for example,again,

- ラズパイのLinuxがカーネルパニックを発生させ、システムが全停止状態となり、

- The Raspberry Pi Linux caused a kernel panic, the system was completely stopped,

- 多くの人間と、そこそこの費用と時間が投入された実証実験の開始まで、あと4時間しかない(今、午前3時)

- There are only 4 hours left (3 am now) until the start of the demonstration experiment with many people and huge costs and time.

という状況が、発生したとします(あくまで例え話です)。

Suppose that the situation exists (it is just an example).

すでにサービス運用開始がマスコミに公開されており、4時間後に、沢山のシステムの開発者、運用者、そして実験のコスト投資者が、数十人も集ってくる状態であって、

The service operation start has already been released to the media, and there are dozens of system developers, operators, and experimental investors gathering, four hours later,

(0)これらの人々の怒号の中で、

(0) In the anger of these people,

(1)システムが動かない理由を、「技術用語」を使わずに説明しつつ、

(1) Explaining why the system does not work without using "technical words"

(2)損害コストや、今後の対策を議論しつつ、

(2) While discussing damage costs and future measures,

(3)必要な機材を再発注しつつ、

(3) While reordering necessary equipment,

(4)数ヶ月かけて作ったシステムを作り直す

(4) starting to reform the system, which had been installed for several months

という状況になることが確実な場合、

If the situation will be confirmed,

これらの面倒を全て回避して、一番てっとり早く関係者を納得させる方法があるとすれば、それは何か?

If there is a way to avoid all of this hassle and to convince the parties the fastest, what is it?

そりゃ ―― 当然、「飛び込み」でしょう。

That's right. Of course, it's a "dive".

-----

『死ぬ気になれば、なんでもできる』てなことを、文末に安易に記載する三流雑誌の低能ライター(*)は、

A small-brain writer (*) of a third-class magazine that easily states at the end of the sentence, "If they feel like dying, they can do anything."

この、追い込まれて適性な判断ができない心理状況や、未来への道筋が全く見えな絶望的心境を ―― まるで理解していない。

This small-brain writer could not understand that psychological situations where they can't make the right decision, and desperate feelings with a completely clear path to the future.

このライターは、犯罪的なまでに低能といっても良いでしょう。

This writer is criminally incompetent.

(*)今度、こんなクソ記事を書きやがったら、「奴の名前」を、強調36ptのポップ体で世間に公開してやる、と思っています。

(*) Next time, he write a fucking article like this again, I'm going to open the name of his no-brain guy in a pop-up with an emphasis on 36pt.

(続く)

(To be continued)


2019-11-17 ―― 私は、全身全霊でお前の事が嫌いなのに、どうして分かってくれないの? [長年日記]

私は才能がある人が好きですが、インターフェースの悪い人(傲慢、無礼、言葉使いが下品)な人とは、一緒に仕事をしたくありません。

I like person of talent, but I don't want to work with a person of defective interface(arrogance, rudeness, vulgarity.

例えば、以前、私の研究内容について『(成果を)おおげさに語り過ぎる』といった奴がいました。

For example, a person said to me that "Ebata exaggerated about his fruits".

私は一生、奴を許しません(例え、それが事実であったとしても)。しかし、奴はそれに気がついてもいないようです。

I will have never forgiven him forever (Even if it is true). However he doesn't notice that.

私も、社会人ですので、そういう人であっても、一緒に仕事をしなければならないことがあります。

However, I am one of business persons, so I cannot avoid working with the person.

そのような場合は、インターフェースの利用を最小限に抑えるか、仕事が済んだら、完全に関係を断ち切ることにしています。

In the case, I am supposed to keep to a minimum to use the interface, or break ties with him/her.

-----

私は、私の方から『私は、お前と一緒にいるのは嫌なんだよ』の電波を発信しているのですが、インターフェースの悪い人は、

From me, I always emit electric waves whose message is "I don't want to meet you", however the person with broken interface, has

―― その電波を受信する能力が、絶望的にない

"no ability to get the electric wave despairingly"

のです。

こちらからは、できるだけ関わらないように接しているのに、あちらから、コンタクトされると大変困ります。

From me, I am in contact with the person as much as possible, but it will be very troublesome when the person tries to contact me.

- 「あいつだけは来て欲しくない」と、色々苦労して根回ししたイベントに、イベント参加者のルートから勝手に参加してくる奴

- A person who participates freely from the route of the event participant, even I try to exclude the person, because I think "I don't want him/her".

- 私に面と向かって「私も参加したい」と対して言ってくる奴

- A person who tells me, "I want to participate"

―― 私は、全身全霊でお前の事が嫌いなのに、どうして分かってくれないの?

"Why don't you understand that I hate you from the bottom of my heart ?"

と、悲しくなります。

I feel sad.

よく恋愛の相談で、

About a romance talk, there is a phrase

「私は、全身全霊であなたの事が大好きなのに、どうしてそのことに気がついてくれないのか?」

"Why don't you understand that I love you from the bottom of my heart ?"

というフレーズがありますが、そのベクトルの逆バージョンです。

This is an opposite.

------

私は、仕事でなければ「お前が嫌いだ」と言うことに、躊躇がありません。

I don't hesitate to say "I hate you", even if I don't work with the person.

しかし、私は仕事でお金を貰っているので、そういうことが言えません。

But I can't say that because I earn money at work.

このような経験をしている人は、多いと思います。

I think there are many people who have experience like this.

-----

そう言う私も、インターフェースの悪い人間の一人である、という自覚があります。

I also say that I am one of those people with defective interface.

客観的に見ても、これは事実だと思います。

I think this is true even objectively.

実際、私は、各種のイベント(結婚式、送別会、飲み会、その他)で、お誘いを受けることはありません。

In fact, I have not called for various events (wedding, farewell party, drinking party, etc.).

これは、当然だと思っています。

I think this is natural.

もちろん、私は自分から「私も参加したい」などとは言いません。

Of course, I do not say "I want to participate" from myself.

-----

So I am trying to "put myself" in a plastic bag.


2019-11-16 本気で「停滞主義革命」を考える時が来たのかもしれません。 [長年日記]

「働き方改革」をネタとして、1年以上もコラムを連載してきた私が ―― 何という、惨めな働き方をしているのだ、と、自嘲しています。

I have been serializing the column for more than a year about "work style reform", and I am confident that I am doing a miserable way of working.

「働き方」を本気で改革したいのであれば、

If we really want to reform our way of working,

(1)新しい技術や方法には挑戦しない

(1) Do not challenge new technologies and methods

(2)無理な要求には応じない

(2) Do not respond to unreasonable requests

(3)納期は守らない(目安とする)

(3) Do not keep the delivery date (just target)

(4)ノルマは自分に達成可能な範囲する

(4) Norm is within the range that can be achieved

を、我が国の社会通念とすれば可能だと思います。

I think that this is possible if we consider the above as a social convention in Japan.

これは、つまり「社会主義革命」ということで、良いでしょうか?

Is this the "socialist revolution" ?

-----

私、最近の社会主義国に通じている訳ではないのですが ――

I'm not familiar with the recent socialist countries, however, I know that

■すでに、極北にある巨大国家は、70年間の実験の結果、壮大にコケましたし

A huge nation in the far north has failed to spectacularly as a result of 70 years of experimentation

■もう一つの巨大国家の方は、社会主義の理念とは違う方向(市場経済、競争原理の導入)で

The other giant nation has a dynamic economic development in a direction (market economy, introduction of competition principle) that is different from the philosophy of socialism.

―― 第二次文化大革命が勃発すれば、国民の99%くらいが粛清されそうなやり方で ――

-If the Second Cultural Revolution breaks out, about 99% of the people will be purged.

ダイナミックな経済発展をしています。

■半島の北側にある、権力者が血縁で承継されるという社会主義の理念を踏みにじっている社会主義国は、弱者の理論を振り翳して、燐国に迷惑をかけ続けています。

A socialist country on the north side of the peninsula that is ruining the idea of socialism, because the powers are inherited by blood. The country continue to bother neighbor countries by the theory of the weak.

-----

私の知る限りにおいて、現在、社会主義国を標榜している国家は、「働き方改革」を語れる国ではないように見えます。

As far as I know, the state currently advocating a socialist country does not seem to be a country that can talk about "work style reform".

つまり「社会主義革命」は、「働き方改革」の答ではない、ということです。

In other words, the “socialist revolution” is not the answer to "work style reform".

-----

ご存知かと思いますが、私、日本停滞党の党首です。

As you may know, I am the leader of the Japanese stagnation party.

It may be the time to seriously think about the “stagnation revolution”.


2019-11-15 ―― 離れていても、いつも心は一緒だよ [長年日記]

―― 離れていても、いつも心は一緒だよ

"Even if we are away, our hearts are always together"

などということを、真剣に信じている人がいれば、一度、「無線」の勉強をすればいいと思います。

If there is a person who seriously believes that, I would like him/her to study "wireless" once.

距離が離れれば、どんなコミュニケーション(愛、友情、信用、信頼)も維持することはできません。

No communication (love, friendship, trust, trust) can be maintained at a distance.

もし、それが維持することができたとしたら、それは、たまたま、他の発信源が絶無で、ノイズが発生していない環境に、「両者」がいたという、幸運に因るものです。

If it could be maintained, it is because of good luck that “both” were in an environment where no other sources happened and no noise occurred.

- 好きな人がいるなら、手を繋ぎ続けていなければなりません。

-If you like someone, you must keep his/her hands together.

- 友人でいつづけたいなら、定期的に出会わなければなりません。

-If you want to be a friend, you have to meet regularly.

- 信用や信頼を得たいのであれは、それに足りる行為を実施し続けなければなりません。

-If you want to gain trust and trust, you must continue to do what he/she needs.

―― 離れていても、いつも心は一緒だよ

"Even if we are away, our hearts are always together"

とは、結局のところ、『ラクして楽しい人生を送りたい』という、怠け者の常套句です。

is, after all, a lazy idiom that says "I want to have a happy and enjoyable life without efforts".

-----

とは言え、別に私は、「離れていても、いつも心は一緒だよ」というフレーズを使う人を批判したい訳ではないのです。

However, I don't want to criticize people who use the phrase.

「離れていれば、心は離れる」という自然法則を、日常生活に普通に組み込んだ方が、結局ラクな生き方ができる、と思っているだけです。

I just think that the natural law that "if your are away, your minds will be away" is usually incorporated into daily life. Because you can live easier.

恋人や友人がいると、良いこともありますが、悪いこともあります。

Having a lover or friend can be good but it can be bad.

そして、恋人や友人がいなくても、人生はどうにかなります ―― 多分。

And even if you don't have a lover or friend, your life will be O.K., maybe.

疑似恋愛ゲームや、SNS、その他、コンテンツがこれだけ溢れているのですから。

Because there are so many pseudo-love games, social media, and other content in the world.


2019-11-14 ―― 屋外実験において、無線通信に手を出してはならない [長年日記]

十数年前、私はフィールド(屋外)での無線を使った実証実験システムで、開発チームのリーダをやっていました。

About ten years ago, I was a development team leader of experimental system in outdoor field.

その時、

At that time,

―― 屋外実験において、無線通信に手を出してはならない

"I never touch "wireless communication" in any outdoor experiment.

というフレーズを自らの人生訓としました。

has been my motto.

■設置場所によって通信に失敗し、

- communications were going down in some quarters,

■原因不明のシステム障害が発生し、

- some unknown system failures happened,

■飛んでいる電波の電文内容が読めなくなる、

- broken characters were inserted in communication messages

して、システム障害の要件を特定できないからです。

Anyway I could not fix the reason of system failures of "wireless"

-----

無線は非常に役に立つものです。

I know that "wireless" is useful.

それはスマホを見れば明らかです。

It's clear if you look at your smartphone.

しかし、それは、キャリア(通信インフラ会社)が、

However, this is a result that carries(telephone companies) have invested some resources about

■10年に及ぶ期間と、

- more than ten years,

■万の単位の技術者と、

- tens of thousands of engineers,

■兆の単位のお金と、

- some trillion yen of money,

を投入した結果のものです。

数週間程度の期間と、数人のエンジニアを投入しただけのシステムとは、投入コストが違います。

The input cost is different from a cost of several weeks and only a few engineers.

-----

―― 屋外実験において、無線通信に手を出してはならない

"I never touch "wireless communication" in any outdoor experiment.

私の人生の三大教訓の一つであったはずの、こんな大切なことを、なぜ、私は、忘れてしまったのだろうか?

Why have I forgotten such an important thing that should have been one of the three lessons of my life?

今、私は、大型ディスプレイに表示された、カーネルパニックの表示内容(内容は意味不明)の前で、ただ青冷めながら、呆然と立ちすくんでいます。

Now, I'm standing stunning with pale in front of the large display that shows kernel panic messages (I don't understand the content).

(ちなみに、江端家のセキュリティシステムは、「無線を絶対的に信じない」という思想の上に成り立っています)

(By the way, the security system of the Ebatas is based on the idea of "never believing in radio absolutely")


2019-11-13 アルバイトの賃金程度で、起爆装置…もとい、リモート通信装置を作りたかったからです。 [長年日記]

昨日、秋月通商の話をしました。

Yesterday I told the story of Akizuki-Shoukai.

私は、「電気系工学部の人間であれば、秋月、千石、ラジオデパート、あたりは避けて通れない」と、思ってきました。

I have thought that you could not avoid to visit Akizuki-Tsusho, Sengoku-Tsusho, and Radio department even if you was a student of engineering department.

学生の頃、京都にいた私ですら、秋月には、通販で電子キットを送って貰いました。

When I was a college student, I lived in Kyoto. However I asked Akizuki-Tsusho to send some electronic parts sets.

アルバイトの賃金程度で、起爆装置…もとい、リモート通信装置を作りたかったからです。

It was because I wanted to make a detonator ... I mean "remote communication device".

-----

秋葉原に、アニメもメイドもいなかった頃、あの街は純粋に理系人間の街でした。

When Akihabara had no anime or maids, the town was purely a place for science humans.

もっとも、私の時代には、すでに「パソコンオタク」というものが登場していました。

However, in my time, there was already a "PC geek".

しかし、当時の「パソコンオタク」は、パソコンのハードウェアと会話ができる(マシン語でプログラムを書く)程度の技術力を持っていました。

However, the "personal computer geek" at that time had the technical ability of being able to talk with personal computer hardware (writing programs in machine language).

あの場所に集う男達は(というのは、本当に女性がいなかったからですが)、変態で、阿呆で、コミュ障ではありましたが、技術力だけは本当に凄かった ―― と、今なら思えます。

The men who gathered in that place (because there were really no women) were kinky, stunned, non-communicative, but only technical skills were really amazing.

-----

最近、頻繁に、私は、秋葉原の秋月通商の店舗に、部品を買いにいくのですが、

Recently, I often go to Akizuki-Tsuusho store in Akihabara to buy electric parts.

―― 来店している人が、全員、私より年上

"Everyone who visits is older than me"

に、見えてしまいます。

I think so.

単なる、タイミングの問題、自分の年齢を基準とする錯誤、あるいはネット通販の利用 ―― と思いたいです。

I just want to think of timing issues, mistakes based on my age, or the popular use of online shopping.

しかし、もし、本当に、高専、大学、大学院生が電子部品から離れているのであれば ――

However, if the technical college, university and graduate students are far from electronic components,

我が国の未来は「絶望的に暗い」と思えてしまうからです。

I am afraid that the future of Japan seems to be "despairably dark".

-----

とは言え、結局のところ、この私も、

However, after all, I also a old person who says

『印刷本(×電子書籍)の読書にのみに価値がある』

"Only worth reading a printed book (x electronic book)"

と、自分の経験に基づく価値観しか信じられない、その辺のジジイやババアと同レベルのジジイ、というだけかもしれませんが。


2019-11-12 ―― 「自分でやりたい」と1mmも考えてもいなかったことが、拡大再生産されていく [長年日記]

「自分でやりたい」と思ったことではなくて、

It is not "what I want to do"

誰かから「やれ」と言われてやったこととが、

but "what other person orders me to do", and

たまたま他の人の心に刺さって(あるいは「響いて」)、

it impresses others by chance.

さらに、もっと面倒くさくて大変なことを、誰かから「やれ」と言われて、

As a result, it becomes "something more troublesome and difficult" and other person also orders me to do that.

―― 「自分でやりたい」と1mmも考えてもいなかったことが、拡大再生産されていく

"What I didn't think I wanted to do" is being expanded and reproduced.

という場面は、多分誰もが経験したことがあると思います。

I think everyone has experienced these scenes.

-----

で、結果として、私は、半世紀も生きた後で、

As a result, after living half a century, I have to

―― 秋月通商の提供しているアンプキット、7セットに半田付け

"solder to 7 sets of amplifier kits provided by Akizuki Tsusho"

なんぞを、している訳です。

老眼鏡をかけた上で、巨大ルーペで、半田ごての「こて先」を追うのは、マジで結構な地獄です。

It's a serious hell to follow the "tip" of a soldering iron with a huge loupe while wearing reading glasses.