2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2018-10-21 ■『この本は良い本だから、読んでみたまえ』と言われたら ―― [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

昨日の日記を読み返してみて、思いました。

I read my diary yesterday and noticed

ある種の方々には『イヤなものはイヤなの!』というセリフの利用が許されているように思えます。

Some kinds of people can use a phrase "Disgusting is disgusting".

私も使いたい ―― 仕事とか人間に対して。

I want to use it for works and person.

しかし、この発言は、いかにも「無知性を暴露」しているようで、利用にはちょっと抵抗があります。

However, it is a little hard for me to use this phrase, because it seems to be "revealing ignorance"

そこで、同じ効果を有するセリフとして、

I come to think how to use the another phrase, as a same effect,

『非論理的に、直感的に、差別的に、外観的に、偏見を伴って ―― イヤです』

"I disgust it illogically, intuitively, discriminately, externally, with prejudice."

を使ってみようかなぁ、と考え始めています。

閑話休題。

To return to our subject.

では、昨日の続きです。

Well, it is continuation of yesterday.

-----

これらの行為が、同じ立場の人間どうし(例えば、友人関係)であれば、別段問題となりません。

These actions are not serious, between person in same position (for example, friend)

ところが、これが、上司であれば、話は変わります。

However, if the people is your boss, the story changes. if your boss said

■『この本は良い本だから、読んでみたまえ』と言われたら ――

"this book is great, let you try to read it"

そして、

and

■その感想を、後日何度も尋ねられたら――

if your boss asks you about the impressions of the book later again and again,

これが、相当にエゲつない、パワーハラスメントであることは、ご理解頂けるかと想います。

I hope that you can understand that this boss's behavior is a terrible power harassment.

-----

実際、私は、これまで、何度、上長から『ゴミのような内容の本や論文を読むこと』を強要されてきたか知れません。

Indeed, I may have been forced from the superiors many times, "to read garbage-like content books and papers" many times.

もっとも、仕事上、必要なコンテンツであれば諦めて読みます。それは仕事ですから。

I will read anything, if it is needed for my work. Because it is a work.

しかし、仕事とは関係のないコンテンツ(例えば、上司が執筆した書籍等)であれば、『ありがとうございます』と笑顔で受けとって、自宅のゴミ箱に捨てます ―― 直行です。

However it is not related to my work(for example, a book written by a boss), I take it with smile "thank you very much". And I throw it into a trash bin directly.

このトラウマから、私は、『自分の著作を他人に強要すること』に対する恐怖がハンパではありません。

From this trauma, I cannot run away from a fear of "forcing my own work to others".

私は、自分の著作の宣伝したい時には、基本的に、ブログか不特定多数向けのメールにリンクを張る程度で抑えています ―― 抑えているんです、あれでも。

When I want to advertise my own work, I basically just use blogs or e-mails for unspecified majority, and I will restrict my will, even it is.

(続く)

(To be continued)


2018-10-20 非論理的に、直感的に、差別的に、外観的に、偏見を伴って ―― です。 [長年日記]

(一昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ところが、この問題の、さらに面倒くさいところは、

However, the further troublesome of this problem is that,

『コンテンツハラスメントしてしまう人は、上記のことをキチンと理解した上で、ハラスメントをしてしまう』

"People who do content harassment correctly recognize the background of above harassment"

ということなのです。

それは、

That means,

―― とにかく、騙されたと思って一回は接してみろ

"Anyway, trust me. Touch it once."

―― 一回だけでいいいから、その作品の接してみろ

"It's OK only once, so please touch that work"

―― それでダメなら、もう何も言わないから

"If you don't like it I will not say anything anymore to you"

という、切なる想いから出てくるものです。

That comes out from deep feelings at the bottom of their heart.

『この程度のことなら、許されても良いんじゃないか?』とも思えるかもしれません。

You might think that "we can forgive them about these things", however,

ところが、これも立派なハラスメントなのです。

this is also a fine harassment.

-----

これは、作品(コンテンツ)のパラダイムではなく、恋愛のパラダイムで説明すると、意外に簡単に理解できます。

You can understand easily about these problem from the view of "love affair", not "contents" itself.

『お前の好みはどうあれ、あいつは、いい奴なんだ。一度だけ、騙されたと思って、付き合ってみろ』

"I don't know your preference, however he is a good guy absolutely. Trust me. Would you go out with him ? "

が、ハラスメントであることは、誰にでも分かります(いわゆる「お見合いハラスメント」です)。

is a fine harassment. Everyone can understand that. This is a "matchmaking harassment"

この発言は、『お前の好みはどうあれ』のフレーズを発した時点で、完全にアウトです。

-----

This phrase is out of question, when "I don't know your preference" has occurred.

人間は(そして作品も)、中身も外見も含めて、全体として一つなのです。

Human beings (and works as well) are whole one including both inside and outside.

私たちは、作品を、中身だけではなく、その作品の外観(表紙、題目)も含めて、全体として判断します ――

We judge the work as a whole, not only the contents but also the appearance (cover, title) of the work.

非論理的に、直感的に、差別的に、外観的に、偏見を伴って ―― です。

It is illogically, intuitively, discriminately, externally, with prejudice.

(続く)

(To be continued)


2018-10-19 ―― 江端は、執筆を開始する前に計算結果を全部知った上で、文章でコミカルな演出をしている [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(52) : Work style reform(11) "

" "Calculation of devil" to understand nursing care market correctly

-----

私のコラムに関する感想をネットで見てみると、

Looking at the impression on my column on the net,

―― 江端は、執筆を開始する前に計算結果を全部知った上で、文章でコミカルな演出をしている

"Ebata is making a comical presentation with his sentences after knowing all the calculation results before starting writing"

という感じの書き込みが散見されます。

is found, like that.

この際、はっきり申し上げましょう。

In this case, let's clearly explain.

『私は、そんな演出ができるほどの"頭脳"はありません』

"I do not have such a respectable" brain "that can perform such a thing."

-----

今回、私が「悪魔の計算」を着想したのは、プロットも、図面も、ほぼ完成して、文章を記載している最中でした。

This time, when I reached to "Calculation of devil", I had already finished making plot and the drawing and I was writing a sentence.

"Oh, the god has come down", I sighed deeply.

この神、結構迷惑な奴なのです。

This god, quite annoying me.

なにしろ「神が降りてくる」と、ほとんどプロットから練り直すことになるからです。

For most reasons, If "God will come down", I almost have to be rebuilt from the plot.

図は、流用できるんですが、文章はほぼ全部書き直しです。

The figure can be reused, but almost all the sentences will be rewritten.

しかも、この神は、多くの場合、締切日当日の深夜(AM1時くらいが多い)に降りてくるんですよ。

Moreover, in many cases, this god comes down at midnight on the day of the deadline (often around 1 o'clock in the AM).

-----

神は言います。

God said,

『ほれほれ、この計算、お前のシミュレータに4行ほど、死亡率の上書きルーチンを加えれば、ほーら、完成だ』

"Come on, about this calculation, if you add 4 lines about mortality overwrite routine to your simulator, it will be complete."

『ん? やらないのか? ほ~う、やらないんだー。そうかー、お前、できないんだー』

"Hmm? Do not you do it? Well, you don't do it. or you can not do it"

と、不快な挑発をしてきます。

That God would make an unpleasant provocation.

「ちくしょう!」 と思いながら、プログラムの修正をし、死亡率のパラメータを変更しながらの、50回程度のコンパイルと再計算を繰り返し、データを一点一点の計算しました。

While thinking "Damn!", I calculated the data one by one, while modifying the program, changing the mortality parameter, and repeating compiling and recalculating about 50 times.

計算が終ったころには、外が明るくなっていました。

By the end of calculation, the outside became bright.

「今から文章の再構成かぁ」と、ウンザリしました。

I thought that "I will reconstruct the sentences from now", and I got fed up.

-----

―― 江端は、執筆を開始する前に計算結果を全部知った上で、文章でコミカルな演出をしている

"Ebata is making a comical presentation with his sentences after knowing all the calculation results before starting writing"

ええ、そうですとも。

"Well, well",

できるものなら、そういうライターに、私はなりたいのです。

I want to become such a writer, if possible.


2018-10-18 はっきり言えば、『万人にとっての名作』という概念は、幻想です。 [長年日記]

最近、色々なハラスメントが取り沙汰されるようになってきていますが、ぼちぼちと、

Recently several types of harassment are entering the picture, and bit by bit, the concept of

―― アニメやコミックを後輩などに強要するハラスメント

"a harassment to compel anime and comics to juniors and others"

という概念も登場してきているようです。

seems to be appearing.

これを、ここでは便宜的に「コンテンツハラスメント」と呼びます("コンハラ")

This is called "content harassment" for the sake of convenience here ("Conhara")

このようなハラスメントは、これまでも、書籍、楽曲、テレビドラマ、パソコンのツールに至るまで、様々な分野で散見されました。

Such harassment has hitherto been found in various fields ranging from books, songs, TV dramas to personal computer tools.

「自分の好きなモノを好きになって貰って、話題を共有したい」という願望は誰にもあります。

Everyone has a desire to "like their favorite things and share topics".

それによって「話題の共有」や「価値観の共有」に至りたいと考えるのは、普通のことです。

It is normal to think that they want to reach "sharing of topics" and "sharing of values".

-----

ただ、このコンテンツハラスメントの根っこにあるのは、

However, the root of this content harassment is, like

―― 彼/彼女は、まだこの作品を知らないだけで、知りさえすれば、必ず気に入るはずだ

"He / she just does not know this work. As long as they know it, they surely like it"

という、強い思い込みです。

a strong belief.

さらに、このハラスメントの面倒くさい点は、

Moreover, the troublesome point of this harassment is that,

『実際に、彼らが、そのコンテンツを"気に入る"場合があり』

"Actually, there is a case that they come to like the content"

かつ

and,

『その"気に入る"ケースに至る可能性が、必ずしも低いという訳ではない』

"That possibility is not so low"

ということです。

-----

その一方、作品(コンテンツ)というのは、その作品に接したその時点の、

On the other hand, the evaluation of a work (content) may change, at that point of contact with the work,

年齢、自分の知識や嗜好の度合い、読解力、時代背景、下手すれば、天気とか季節によってですら、

their age, degree of their knowledge and preference, reading comprehension, era background, even by weather and season,

評価が変わることがあります。

その作品を「最高!」と思える条件範囲は、極めて狭く、これが、複数の人間によってドンピシャになることは、まずありません。

The range of conditions that seems to be "the best!" is extremely narrow, and it is a rare case that the values will be shared by multiple people.

はっきり言えば、『万人にとっての名作』という概念は、幻想です。

To be clear, the concept of "masterpieces for all people" is an illusion.

(実際私は、明治や大正の文豪と言われている作品の9割は『クソ』であると思っている人間です)

(Actually, I am a human who thinks that 90% of works of writers of Meiji and Taisho period are "fucking")

(続く)

(To be continued)


2018-10-17 「戦う奴」は、他の「戦う奴」を笑いません。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私達は、基本的に「何も意識せずに生きている」限り、

As long as we live a life without conscious mind.

必ず「意思をもって何かを成し遂げようとしている人」の「加害者」になる

we are going to victimizers against any person who tries to accomplish something with strong will,

―― などということを考えてしまう私のような人間は、ドラマを楽しめないのです。

I come to think about the above, so I cannot enjoy television dramas.

-----

「ファイト!」という曲名の、中島みゆきさんの歌があります。

"Fight!" is a song title of "Ms.Miyuki Nakajima".

♪ ~戦うキミの歌を、戦わない奴が笑うだろう~

"Your song about fighting the world, is going to be laughed by people who don't try to fight anything"

という歌を聞いている、あなたも、幾どの人間も、そして私自身も、

All people, life you, others and I who listen to the song, are

―― 「戦わない奴」である

"people who don't try to fight anything"

ことに気がつくことは、とても大切なことだと思っています。

I think that it is very important for all of us to notice the reality.

-----

「戦う奴」は、他の「戦う奴」を笑いません。

"People who are fighting" don't laugh about "other people who are fighting".

「戦う奴」は、「戦う奴」の痛みを知っているからです。

Because "people who are fighting" know pains of "people who are fighting"

例えば、自分で考えた論(×コメント)や自分の作品や著作を、世間に開示しない(できない)者であって、

For example, peole who don't (can't) open their original theory, work and writing to the world, and

SNSや掲示板などで、他人やその作品を、"批判して立ち去るだけのモラリスト"は、

only criticize others or the works by SNS and electronic bulletin board, with pretending a critic or a moralist,

典型的な「戦わない奴」です。

are typical "people who don't try to fight anything".


2018-10-16 『自分だけは、世界の不条理に立ち向っている』 [長年日記]

私が、今一つ、テレビドラマを楽しめないのは、

The reasons why I cannot enjoy television drama, are, for example, that I come to think easily,

■時代劇ドラマを見ていれば、私は、悪徳代官の方についている斬られるだけの役人だろう、

- I will be just an official of bad magistrate's office who was killed by a white hat in samurai dramas.

■会社ドラマを見ていれば、私は、新人を苛めるパワハラをする中間管理職の役だろう、

- I will be a middle manager who deal roughly with a newcomer and do power harassment in office dramas

■恋愛ドラマを見ていれば、私は、ヒロインをストーカーする側の役だろう、

- I will be a stalker who sticks up to a heroin in love dramas

■法定ドラマを見ていれば、私は、加害者を卑劣な手段で弁護する、悪徳弁護士の役だろう

- I will be a lawyer who say a word for schmuck by using a dirty trick in court dramas.

と思ってしまうからです。

-----

私には、多くの人が、

I am wondering why many people can come to think a convenient interpretation,

『自分だけは、世界の不条理に立ち向っている人間だ』

"it is me, standing and fighting against outrageousness in the world".

などという、都合のよい設定をしてドラマに入り込めるのか、私には不思議でたまらないのです。

現実は、まったく逆なのに――

However, the reality proved different.

(続く)

(To be continued)


2018-10-15 とにかく、『もう一度、子どもをやれ』と言われたら、私は全力で逃げます。 [長年日記]

私は「子ども」の保護や人権について、色々な意見を言っていますが、これは、私が「子ども好き」という訳ではありません。

I talk about protections and human rights of children on a regular basis, however, It's not that I like children.

むしろ、「子ども」は苦手です。

It is rather difficult for me to deal with children.

電車で走り回っている子どもは、足をひっかけて、ケリ倒してやろうかと思います。

I will want to hook and kick children who run on a train, and,

遠足などで子どもが集団で乗ってくれば、その場で、車両を乗り換えします。

I will change the cargo when a bunch of children rides on for school excursion.

つまり、私の中では、

I mean, in my mind,

概念としての子どもと、実体としての子どもでは、全く取り扱いが違うということです。

there are difference between children as a concept and children as an entity.

別段、私は、それが矛盾したこととも、悪いこととも思っていません。

In particular, I don't think that it is contradiction, or vice.

-----

私にとって子どもは、絶対的な意味で「保護対象」ではあります。

Children are absolutely "deserve protections" for me.

それは、「子どもが幸せを感じられない社会」は、全ての人間にとって「幸せを感じられない社会」だから

The reason is "a society that children cannot feel happy" is "a society that all people cannot feel happy"

―― などとキレイごとを言うつもりはありません。

I don't have intention to sprinkle with fine phrases as the above.

私に関して言えば、子どもの頃の方が、圧倒的に不幸だった。

In my case, when I was a child, I felt more unhappy overwhelmingly.

■稚拙でアホで理屈が通じない同級生

- classfellows who were childish, foolish and naive

■意味不明な校則の設立趣旨すらもキチンと説明できない教師

- teachers who could not explain the background of meaningless school rule

■全校全員を集めて、意味不明で1mmも楽しくもない抽象論を延々と続けるだけの校長

- presidents who just speak abstract theory which is meaningless and not fun with collecting all the students.

とにかく、『もう一度、子どもをやれ』と言われたら、私は全力で逃げます。

Anyway, if I were told that "I am going to do my child again," I will flee with full power.

-----

私にとって、子どもが「保護対象」である理由は、彼らが、

For me, the reasons why children should be "protected" are

■重要な社会構成要素であり、

- they are important social components,

■生産者であり消費者であり、

- they are producers and consumers,

■社会を環境に応じて変化させ続ける為のエンジンであり、

- they are engines for keeping society changing according to the environment,

それ以上に、

moreover,

■現時点において、自分を守る武器 ―― 社会福祉の制度の使い方、法律の基礎知識、暴力や虐待からの脱出手段 ―― を、"まだ"知らない

at the moment, they do not know "yet" the weapons that protect themselves - how to use social welfare systems, the basic knowledge of the law, the means of escape from violence and abuse.

からです。

これは「不公平」であると思います。

I think that this is "unfairness".

別段、私が不利益になっているという訳ではありませんが、「気持ちが悪い」とは思います。

Separately, although I am not disadvantaged, I think "I feel bad".

それに、『私は子どもの頃に不幸だったのだから、次の世代も不幸でもいいのだ』と考えるほどには、私は、ひねくれてもいません。

I don't have so bad personality, with thinking that "the next generation can be unhappy because I was unlucky as a child,

私は、現状の「不幸生産装置」になっているモノ(子どもであれば、学校、友人というモノ)があれば、「改善」したいし、それが難しいのであれば、「破壊」しても良いと思っています。

If there are something like "misfortune production equipments"(In the case of children, school, friends and so on), I would like to "reform" them, and even if it is difficult, I think that I will "destroyed" them.

-----

「『概念としての子ども』を守る」方では、私は、がんばります。

I will do my best for children who "are protected as a concept".

「『実体としての子ども』を守る」方は、私以外の方のがんばりを期待しています。

I will expect your efforts for children who "are protected as a entity".


2018-10-14 私は「読みたい本」ではなくて「読まなければならない本」を読んでいます。 [長年日記]

最近は、「読みたい本」ではなくて、「読まなければならない本」を読んでいます。

Recently, I am reading "books I have to read" rather than "books I want to read".

「AI」も「働き方改革」も、連載のご依頼を受けなければ、絶対に手にしなかっただろう本があります。

If I did not receive a request for serialization, there are some books that I guess I did not get it about both "AI" and "work way reform".

つまり、

In other words, for me,

―― 私は、私を追い立てるものがなければ、本も読まないし、アウトプットも出さない

"I will not read books nor output, unless there is anything to drive me off"

ということです。

私を追い立てるものとは、主には「(打合せ等の)約束」「締切」「納期」です。

The thing to drive me is mainly "promise (meeting etc.)" "deadline" "time of delivery".

-----

日本の宇宙開発・ロケット開発の父、糸川英夫先生は「確信や自信がない状態であっても、先に約束してしまう」という方法で、自分のスキルアップを続けてきた方です。

Professor Hideo Itekawa, as a father of space development and rocket development in Japan, was the one who has continued his skill up in a way that "he will promise ahead of time, even if there is no confidence or confidence."

「約束を守らなければ、約束した人に迷惑をかけてしまうから」と自分を追い込んで、やったこともない時点で、出演を約束をして、チェロの演奏者、バレエダンサーにもなった方です。

He became a cello performer, a ballet dancer, even when he had never experimented the jobs and tried to promise to show the performance, with thinking "If he does not keep your promise, he will bother the others"

―― スゲーな

"It is awesome"

と思います。

I think that.

まあ、私には、糸川英夫先生ほどの度胸はありませんが、まあ、それでも先に日時を決定してしまうというのは、私にも使える良い方法です。

I do not have as much grade as Professor Itokawa Hideo, Well, still "determining the date and time before" is a good way to use for me.

-----

ティーンエイジャの皆さんは、『好きなことをやりなさい』という無責任な大人の言葉を信じてはいけません。

Everyone of teenagers should not believe irresponsible adult words "Do what you like."

私たちの殆どは「好きなこと」を知りません。

Most of us do not know "what they like".

そして、私たちの大人の殆どは「好きなこと」を仕事にしている訳でもありません。

And most of our adults are not working "what they like" as a job.

『仕方なく(仕事だから)やり始めた』→『そして、なんとかできるようになった』→『それ意外にやるのが面倒くさくなった』

"I started doing it, because it cannot be helped" -> "And I managed to do it" -> "It is troublesome to do other things"

ということを、「好きなこと」と読み替えているだけ(あるいは、それに気がついていないだけ)です。

We adults merely read that as "what we like" (Or we just do not notice it).

-----

私は「読みたい本」ではなくて「読まなければならない本」を読んでいます。

I am reading "books I have to read" rather than "books I want to read".

それが、別段悪いこととも思っていません。

I do not think that it is a bad thing.

本を読むことは、それ自体が楽しいこともあるし、色々役に立つこともありますが、無理してやるほどのものではありません。

To read books themselves is fun and sometimes it is useful, but it is not something you must do.


2018-10-13 "Buddhism Calculation : BudCalc (ブッカルク)" [長年日記]

The other day I talked that the basic idea of Buddhism is "Receive the real world as it is, and make us easy".

しかし、

However, I think

―― 本当にそうかなー

"Is it really so?"

と思います。

特に、戻ってきたTOEICのスコアを見ている時などには。

Especially when you are looking at the score of TOEIC.

-----

計算の世界では、「モデル化」というものが重要になってきます。

In the world of computation, "modeling" is very important.

現実世界をそのままに再現することは、現実的に不可能であるからです。

It is realistically impossible to reproduce the real world as it is.

ところが、近年のパソコンのCPUの速度とか記憶媒体の低価格化によって、ちょっと前では信じられない量のメモリを潤沢に仕えるようになってきました。

However, thanks to the recent CPU speed of computers and lower price of storage media, we can use incredible amount of memory now.

この結果、

As a result,

―― 現実世界を、コンピュータの中で、ある程度再現すること

"To reproduce the real world to some extent in the computer"

が、可能となってきました。

becomes possible.

About this issue, there is a description on this page of "only artificial intelligence - making in a personal computer," only for me "Wonderland"

-----

と考えれば、

I come to think that

「現実世界をありがままに動かすシミュレーション」

"Simulation to move the real world as it is"

というのは、仏教の世界観に基づく計算方式と言えるのではないか、などと考えているのですよ。

is a new calculation method based on Buddhism

ならば、大量のオブジェクトを生成するシミュレーションプログラムの分野を、

If so, a field of a simulation program for generating a large number of objects, will be called

"Buddhism Calculation : BudCalc

"Buddhism Calculation : BudCalc (ブッカルク)"

などと呼ぶのはどうかな ―― などと考えているうちに、駅に着きました。

While thinking "the idea is not bad", I arrived at the station.


2018-10-12 私は、直後に、LINEで、家族全員に「このブツを3つ仕入れよ」という指示を出しました。 [長年日記]

先々週の停電で、「ラジオ用の単2の乾電池が揃えられずに困った」というお話をしました ―― 「単2電池不足問題」です。

At the blackout of week before last, I told you the story of "I was in trouble with a shortage of size C battery".

ラジオに、単2の乾電池を入れっぱなしにしておけば良い、とも考えられますが、乾電池の長期の入れっぱなしは、結構な頻度で「液漏れ」が発生します。

It might be enough to leave AA batteries in the radio, However, "leakage" problem occurs frequently, when leaving the batteries in the long-term,

そして、電池のスロットの電極が錆びて、最悪、ラジオ自体が故障してしまいます。

After that, the slot of the battery rusted, the worst, the radio itself breaks down.

-----

以前は、我が家でも、結構な頻度で電池を使っていましたが、最近はLED懐中電灯用にくらいにしか使いません。

Previously, In the Ebatas, we used batteries quite frequently, but recently we only use them for LED flashlights.

で、そのサイズは、ほぼ100%「単3」です(稀に単4もありますが)。

And its size is almost "AA 3" (Rarely AA 4 also exists).

ですので、我が家には、単3の電池は結構潤沢にあります。

So, AA batteries are quite abundant in our house.

-----

ところで、乾電池はそれぞれサイズが違いますが、実は、単3と単2は「高さ」が同じだったりします。

By the way, although batteries are different in size, in fact, AA and C have the same "height".

ですので、単3電池の胴回りを「太らせる」ことができれば、単2電池として使うことができます。

So, if you can "thicken" the girth of a AA battery, you can use it as a C battery.

「『単3→単2にサイズを変換するアダプタ』というものが、あるハズだ」と思って探してみたら、Amazonで簡単に見つけだすことができましたが

"I thought it was a certain that converts the size to AA to C", and I could easily find it on Amazon, however,

―― 高い

"It was expensive."

なんで、プラスティックのアダプタごときに、一つ300円も払わねばならないのか。

Why do I have to pay 300 yen per just plastic adapter?

我が家では、最低6つの単2電池が必要なので、1800円も支払わなければならないことになります。

At home, I need at least six C batteries, I will have to pay 1800 yen as well.

これなら、単2を買った方が、はるかに安い。

In this case, buying AA is far cheaper.

-----

『なんか、腹たつなー』と思って、ネットで色々調べているうちに、ドンピシャのものを見つけました。

While thinking "I'm getting angry, and I was searching it on the net, I found ideal thing.

That's it.

これなら、アダプタ1個あたり50円です。

This is 50 yen per adapter.

私は、直後に、LINEで、家族全員に「このブツを3つ仕入れよ」という指示を出しました。

Immediately I ordered my family to "purchase 3 bucks" by LINE from the office,

-----

2日後、嫁さんが、100均で、このアダプタを手に入れて、江端家の「単2電池不足問題」は、終結しました。

Two days later, my wife got this adapter at a 100 yen shop, and "single type C shortage problem" was ended.