0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|

2020-08-12 ですから、「ポテトサラダ」や「冷凍餃子」を使うことを「手抜き」であると批難した人は、まず私のところに来て下さい。 [長年日記]

「ポテトサラダ」や「冷凍餃子」を手抜きであると批難した人がいる ―― というニュースを読みました。

I read the news that an old man blamed the purchase of "potato salad" or "frozen dumplings" for being "corrupt" -- that's what I read.

Well, I've said a lot of things somethings.

過去の日記に書いたつもりだったのですが、

I meant to write the following in a past diary.

■お前は、手の抜かずに、釜と薪でコメを炊いていろ

- You'll be cooking rice with a cauldron and wood, without cutting corners.

■お前は、手の抜かずに、紙とペンを使わずに、竹簡(ちくかん)に文字を刻んでいろ

- You should be carving letters on a piece of bamboo without using a pen and paper, without cutting corners.

が見つかりませんでした。誰か見つけたら私に教えて下さい。

However, I could not find them. If you find it, please let me know.

という訳で、もう、この話はこれ以上はしません。

So, I won't talk about this any more.

-----

私は自分の経験上、料理するコスト(時間と金額)に対して、その完成品の品質が線形関係にならない料理というのがあります。

In my experience, there are certain dishes that do not have a linear relationship between the cost of cooking (time and money) and the quality of the finished product.

それには「ポテトサラダ」「餃子」が含まれるのは言うまでもありません。

Not to mention that this includes "potato salad" and "dumplings".

もちろん、手作りは美味しいけど、調理済みでも十分美味しい ―― 特に最近の品質は「凄い」です。

Of course, homemade is good, but cooked dishes are good enough -- especially these days the quality is "awesome".

それどころか、線形ではなく、逆相関するものすらあります。

On the contrary, they are not linear, and some are even inversely correlated.

「めんつゆ」「コロッケ」「クロワッサン」

"Men-tsuyu", "croquettes", "croissants"

全て私は調理体験のあるものですが、私の中では、これらは「絶対に闘ってはならない調味料/料理」です。

All are things I have experience cooking, these are "condiments/cooking that should never be fought against" in my mind.

これらの調味料や料理は「手作り」をしてはなりません。手作りした瞬間「負け」が確定するからです。

These condiments and dishes should not be "homemade". It is because the moment you make them, your "loss" is fixed.

「コロッケ」「クロワッサン」が、こんなにも安い値段で提供されていることに対して、世界は感謝すべきです。

The world should be grateful that "croquettes" and "croissants" are being offered at such low prices.

-----

まあ、私たち技術者のミッションは、

Well, our mission as engineers is

―― 世界の人々の日常を便利にして、手を抜かせて、人間を堕落をさせること

to "make the world's people's daily lives convenient, cut corners, and corrupt human beings".

です。

ですから、「ポテトサラダ」や「冷凍餃子」を使うことを「手抜き」であると批難した人は、まず私のところに来て下さい。

So, anyone who blames the use of "potato salad" or "frozen dumplings" for being "corrupt" should come to me first.

スーパーで買い物している人を批難するなら、正面切って、まずは、私に「技術者はいらない」を、ロジカルに説明して、私を論破して頂きましょう。

If you're going to blame people who shop at the grocery store, first of all, let me ask you to break me down by explaining to me, logistically, "Ebata is not what the world needs".


2020-08-11 『1から、いえ、0から始めましょう』 [長年日記]

『1から、いえ、0から始めましょう』

"Let us go back to square one .... no, bring it back to zero"

というのは、某人気アニメの超有名なフレーズですが、

This is one of the famouse phrase in the most popular animation.

もし、それを知らなければ、私は、

If I have't known it, I came to think

「ああ、C言語の配列に関する、一番最初に指導される注意だな」

"It means the first attention from a mentor about an array descrition of C language

と思っただろうな ―― などと、ぼんやりと考えたりしていました。

so I thought vaguely.

int a[100]

int a[100]

という配列宣言をして、

After calling array declaration, and inputting

a[100」= 123;

a[100」= 123;

と入力して、エラーに気がつかずに、システムダウンさせてしまう、とか。

I don't notice the error and let the system go down, and so on.

-----

文部科学省(というか政府)が力を入れている、プログラミング教育が、今、上手く行っているのは知りません。

I don't know that programming education, which the Ministry of Education (or rather the government) is focusing on, is now doing well.

一つのチェック方法として、こんな方法があります。

One way to check is the following.

子ども達に、『10数えて下さい』という教師の言葉に対して、

In response to the teacher's words to the children, "Please count to ten"

「ゼーロ、イーチ, .... キュウ」と数える子どもの数が、クラスの半数以上を越えれば、

If the number of children counting like, "Zero, One, Two....". exceedes half of the class,

我が国における、プログラミング教育は、「概ね成功」との判断ができると思います。

I believe that programming education in Japan can be judged as a "general success".

逆に、「いーち、にーい、・・・」で始まるようであれば、「まだまだ」である、と言えます。

On the other hand, if they start with "One, Two, ...", then I can say that they are not ready now.


2020-08-10 ―― 量子の振舞いの不気味さに比べたら、幽霊とかお化けなどの怪談の怖さなんぞ、お話になりません(本当) [長年日記]

量子コンピュータの連載を始めてからというもの、論文や資料の印刷の枚数がハンパではありません。

Since I started the series on quantum computers, the number of papers and materials printed has been tremendous.

インクの消費量も凄いことになっており、私の部屋の中が資料で溢れかえっており、全く収集がつきません。

The ink consumption has been terrific, and my room is so full of material that I can't collect it at all.

現在、1量子ビットの連載に一応のメドがついたので、2量子ビットの検討に入っています。

Now that I'm on the verge of completing the one-qubit series, I'm starting to consider two-qubit.

でもって、これまで着手していなかった(したくなかった)「量子もつれ」の勉強を始めています。

But I've started studying quantum entanglement, which I hadn't started (and didn't want to).

-----

この連載始めてから、常識では理解できない現象の理解に、本当に疲れてきています。

Since I started this series, I've been really tired of understanding phenomena that don't make sense to common sense.

そして、今、量子の非局在性について調べているのですが、

Now I'm looking into quantum delocalization, and

―― マジで、発狂寸前です

"Seriously, I'm on the verge of going insane."

『1対の量子の一方の状態が確定すると、同時に他方の量子状態も確定する ―― その2つの量子の距離が、何百光年離れていても』

"When one state of a pair of quanta is determined, the other is instantly determined as well -- even if the two quanta are hundreds of light years apart"

勿論、これが、超高速通信を実現するものでもなければ、いわんやワープなんぞとは無関係であることは、(すでに)理解していますが ――

Of course, I understand (already) that this has nothing to do with warp and super-fast communication,

気持ち悪 !

"Disgusting!"

という感情においては、『量子論は不完全である』と終生主張し続けたアインシュタインさんの側に、私は付きたい。

In that sentiment, I would like to stand by Mr. Einstein, who had continued to insist throughout his life that "quantum theory is incomplete".

(その後の各種の実験によって、アインシュタインさんではなく、ボーアさんの主張が正しかったことが、確定済みです)

(Various subsequent experiments have already confirmed that Mr Bohr's claim, and not Mr. Einstein's, was correct.)

本当に

In fact,

―― 量子の振舞いの不気味さに比べたら、幽霊とかお化けなどの怪談の怖さなんぞ、お話になりません(本当)

Compared to the creepiness of quantum behavior, there's nothing in the horror of ghosts and the stories (really).


2020-08-09 「ヤンキー君と白杖ガール」というコミックが、たまたま私の側に来た「巡り逢わせ」に感謝しています。 [長年日記]

大学を卒業するまでの時間、本屋に行くと、本の方から私に『私を読んで』という声が聴こえてきたものです。

When I was young, I would go to the bookstore and I would hear a voice from the book saying to me, "Read me".

そうして購入した本には、「"外れ"が少なかった」ような気がします。

I feel like there were a lot of "hits" in the books I bought that way.

ただ、この『本から呼びかけられた』という話を、他の人にすると、結構ウケは良いです。結構な頻度で、共感して貰えます。

However, when I tell others about this 'call from the book', it's quite popular. It's quite common to get people to agree with me.

-----

最近は、そのような「本の声」が聴こえません。

I have not heard the "voice of the book" as such these days.

本屋に行かなくなった、本屋がなくなっている、そして、Amazonで注文するのがラク、など色々な要因がありますが、一番の理由は、

There are many factors, including, "I don't go to bookstores anymore", "The bookstores come to disappear", and "easy to order from Amazon", however the main reason is

―― 冒険しなくなった

"I stopped the adventure"

と言えます。

新しい考え方や、すでに私の中で凝り固まった考え方に反する意見は、「疲れる」のです。

I get "tired" of new ideas and opinions that go against my ideas already entrenched in my mind.

こういう現象を、きれいな言葉で「保守」といい、汚い言葉で「老化」といい、身も蓋もない言葉では「退化」と言います。

This phenomenon is called "conservatism" in a clean word, "aging" in a dirty word, or "degeneration" in a blunt word.

私も、そういうフェーズに入っているということです。

It means I'm in that phase, too.

-----

I found a comic called "Yankee and the White walking stick Girl" through an ad on the web, and I read a sample version. It's been a long time since I felt "called out of the book" and I ordered it from Amazon as soon as possible.

本日、そのコミックが到着し、一通り読んで、衝撃を受けました。

The comic arrived today, and after reading it in full, I was shocked.

視覚が不自由な方に対する、自分の絶望的な知識不足に「ぶん殴られた」思いです。

I feel "punched" by my own desperate lack of knowledge about the visually impaired.

Data and calculations are not enough to understand "persons with disabilities"

「配慮」や「善意」や「親切心」でも足りない。

Even "consideration" and "goodness" and "kindness" aren't enough.

障がいを理解する為には、障がいと共にある日常の中に生きることで、ようやく、その一歩が踏みだせるのだと、痛感しました

In order to understand "persons with disabilities", I was keenly aware that by living in the everyday life with the persons, I can finally take the first step.

様々な「不自由」を持っている人が、社会に不自由に感じる主な理由は、

The main reasons why people with various "inconveniences" feel inconvenienced by society are

――「社会の不自由」に対する、我々の「勉強不足」と「実践不足」

"Our "lack of study" and "lack of practice" in dealing with "social inconvenience"

にあり、

and

―― その「勉強不足」と「実践不足」を、自分の環境の責任にしている

"We am shifting the blame for that "lack of study" and "lack of practice" to my environment."

ということです。

-----

とは言え、私は、世界の全ての不自由(や不合理や不条理)について責任を持つことはできませんし、そんなことは(少なくとも私には)無理だと思っています。

However, I can't be responsible for all the inconveniences (and absurdities) in the world, and I don't think that's possible.

それに、自分の環境に"ないもの"について、自発的に勉強や実践を始めることも、絶望的に難しいと思っています。

I also find it hopelessly difficult to spontaneously start studying and practicing what is "not" in my environment.

ですから、それらを自分にも他人にも強要するつもりはありません。

Therefore, I don't intend to force them on myself or others.

しかしながら、偶然であれ、マグレであれ、私の側に近づいてきた"モノ"があれば、私はそれを見逃がさないように心掛けてはいます。

However, if there is a "thing" approaching me, whether by chance or by luck, I try to keep an eye on it.

そして、それを見つけた時には、直ぐに実践できるように、と、自分に言い聞かせています。

And when I find it, I tell myself to put it into practice right away.

「知る」「理解する」「勉強する」「実践する」という志(こころざし)の前では、専門書も、論文も、アニメも、少女コミックも、すべて等価です。

In the face of the aspiration to "know," "understand," "study," and "practice," technical books, articles, anime, and manga-comics are all equal.

-----

「ヤンキー君と白杖ガール」というコミックが、たまたま私の側に来た「巡り逢わせ」に感謝しています。

I'm grateful for the "encounter" that the comic "Yankee and the White walking stick Girl" just happened to have on my side.


2020-08-08 『(無自覚感染の)子どもや自分が老親の実家に帰省する』→『老親が感染、発病、入院する』 → 『高い確率で病院で帰らぬ人となる』 [長年日記]

Most of the numbers I have in my head regarding COVID-19 are in this column.

According to data from the Diamond Princess,

■感染の可能性:20%

- Chance of infection: 20%

■感染者が死亡する確率:2%

- Chance of death of an infected person: 2%

ですので、

So,

通常の生活の範囲での、COVID-19による「私」の死亡率は、

I think that my mortality rate from COVID-19, in the normal range of life, is

「0.4%(1000人に4人) + α(年齢を考慮)」

"0.4% (4 in 1,000) + alpha (taking into account age)

と思っています。

一方、

On the other hand,

- the mortality rate for those infected with influenza is (in my age group) 0.01% (*)

ですので、

So,

「インフルエンザで1人死亡するベースで、COVID-19では20人が死ぬ」

On the basis of one flu death, COVID-19 will kill 20 people.

と、考えても、大きくは外れていないと思います。

And it's not off the mark to think

しかも、急激に容態が激変し、人間に相当に酷い苦痛を与えるという、最低なウイルスです。

Moreover, it is a disgusting virus that can rapidly and drastically change human condition and cause considerable and terrible suffering to humans.

ウイルスは(どんなウイルスであれ)、できるだけ、長期間、人間に酷い苦痛を与えて、可能な限り人(医師、看護師)を集めて治療させることで、感染の拡大を狙うという生存戦略を取るからです。

This is because the virus (any virus) has a survival strategy of trying to spread the infection by inflicting terrible suffering on humans for as long as possible, and by gathering people (doctors, nurses) to treat them as much as possible.

今更ながら「新型コロナウイスル = 殺人ウイルス」であることを、再認識しています。

After all this time, I am reminded that "new corona virus = killer virus".

-----

「新型コロナウイルス疾患(COVID-19)による死亡率 7.5%」 ――

"The mortality rate from novel coronavirus disease (COVID-19) is 7.5%"

このフレーズを新聞で見たときには、真っ青になりました。

When I saw this phrase in the newspaper, I was pale.

■"0.4%(日常生活でも死亡率)"とか"2%(感染後の死亡率)"ではなく、"7.5%"?

- "7.5%" instead of "0.4% (mortality in daily life)" or "2% (mortality after infection)"?

■それって、どういうこと?

- What does that mean?

■母数は何だ? 母数は?

- What's the population size?

■欧米より低いとか、そんな話はどーでもいいよ!

- I don't care if it is lower than the West!

と、正直、狼狽(うろた)えました。

To tell you the truth, I was upset.

■感染して病床についたら、10回のうち1回は、生きて外に出られないの?

- If you're infected and hospitalized, one out of ten times I won't make it out alive?

と。

===== ニュースの記事 ======

===== News article from here =====

国立国際医療研究センターが2020年3月から7月上旬までの入院患者2,638人の経過などを解析したところ、入院時、68.1%にあたる1,796人が軽症や中等症で、31.9%にあたる840人が重症だった。

The National Center for Global Health and Medicine analyzed the course of 2,638 hospitalized patients from March to early July 2020. At the time of admission, 68.1%, or 1,796 people were in mild or moderate condition. 840 people, or 31.9%, were seriously ill.

死亡した入院患者は全体の7.5%となる197人で、死亡率が20%を超えるイギリスやアメリカよりも大幅に少なくなっている。

There were 197 hospital admissions, or 7.5% of all deaths, which is significantly less than in the UK and the US, where the mortality rate is over 20%.

===== ニュースの記事(ここまで) ======

===== News article (to here) =====

197人 ÷ 0.075 = 2626.66 となっていることから、このデータの母数が"入院患者2,638人"を示していることは明らかです。

197 patients ÷ 0.075 = 2,626.66, which clearly indicates that the population of this data represents "2,638 inpatients".

ということは、COVID-19で、「軽症者等に係る宿泊療養」ではなく、「入院患者」となってしまった場合、

So, if the COVID-19 makes you an "inpatient" instead of an "overnight care for minor illnesses",

―― "10人(正確には13人)のうち1人"は、生還できない

"One out of ten (13 to be exact) won't make it out alive."

というのは、事実のようです。

seems to be a fact.

そして、欧米の場合

And in the West.

―― "5人のうち1人"は、生還できない

"One out of five may not make it out alive"

ということです。

「COVID-19は、極めて死亡率の高い病気である」

"COVID-19 is a disease with an extremely high mortality rate"

という事実を、再度認識し、改めて青冷めています。

I reaffirm the fact that, and I am pale once again.

-----

という訳で、僭越ながら、以下、私の私見です。

Here's my personal opinion.

『(無自覚感染の)子どもや自分が老親の実家に帰省する』→『老親が感染、発病、入院する』 → 『高い確率で病院で帰らぬ人となる』

If your child and you with an unconscious infected, are going home to your parents, your old parents infected, sick, hospitalized, and your old parents won't return to the hospital.

という"流れ"が見えます。

I can see the "flow" of this.

"7.5%"

"7.5%"

という数字を見て、このフローチャートが、強く現実味を帯びて感じられるようになってきています。

This number give me a strong sense of that reality.

-----

I was the one who killed my own parents with my own hands, however,

こんな思いと共に生きなければならない人は、少ない方がいいと思います。

The fewer people who have to live with these sense, the better it is, I think.


2020-08-07 『なるほど、彼ら彼女らの言っている「本物」とは、「量子状態にある量子ビット」のようなものか』 [長年日記]

I hate a saying "there is no evil person who do XXXX".

I wrote about the topic here

=====

『ある特定の行為または職種に、高いモラルが宿る』という考え方自体が、

I think that the thought of "High ethical standards indwell in a special action or type of work" is

無知性で、狭窄視野的で、自己完結的で、

unenlightened, local outlook, self-contained and

論理的、数理的、統計的という考えが1mmも入り込まない

illogical, nonmathmatica, nonstatistical,

ぶっちゃけて言えば「アホの戯言」 ―― と思っています。

I think that it is "stupid shit", if I speaks quietly.

=====

このような「アホの戯言」は、自分の取り組んでいる仕事や研究、その他のアクティビテイ、そして自分の属しているグループや組織についても、見られます。

I can watch this "stupid shit" in work I am working on, research and other activities, as well as the groups and organizations I belong.

それはさておき。

That aside.

------

ご存知の通り、最近、私は、量子コンピュータの勉強をしています。

As you know, I have recently been studying quantum theory.

この量子という微小な物質の振る舞いが、人間という巨視的な物体の振る舞いに投射することで、なんでもかんでも、"量子"に結びつけて考えることができるように思えて ――

It's as if I can relate everything to the quantum. It means that I can understand the behavior of this quantum matter by projecting it into the behavior of a macroscopic object called a human being.

自分で自分を厳重に見張るようにしています。

Hence, I try to keep myself on high alert.

正直「量子」を使って宗教を作れるんじゃないかなぁー、と思っていたのですが、調べてみたら、本当に

I honestly wondered if I could use "quantum" to create a religion. and I really found that

■量子の振舞いを教義の根拠としているカルト宗教

- A cult that bases its doctrine on quantum behavior.

があり

■量子の振舞いから哲学を展開しているライフハックの本

- A book of life hacks that develops a philosophy from the behavior of the quantum

がありました。

-----

昨夜、「やはり俺の青春ラブコメは間違っている完」の第5話を見ていて、

Last night, while I was watching episode 5 of "My youth romantic comedy is wronte, as I expected -- final", I came to think

『なるほど、彼ら彼女らの言っている「本物」とは、「量子状態にある量子ビット」のようなものか』

"I see, the "real thing" they say is like "a qubit in a quantum state."

などと考えてしまい、その時、ハッと気がつきました。

and that hit me.

私は、

I came to think that my thoughts were same as

■「創作物」の内容を、自分で解釈できる都合のよいメソッド(量子力学)を持ち込んで、解釈しようとしている

- by trying to interpret the content of the "creation" by bringing in a convenient method (quantum mechanics) that I can interpret myself.

■これは、上記の低能カルト宗教や、安易ライフハック本と同じ愚行

- the lowly cult and easy life hack books above.

であり、上記の「アホの戯言」と同じものである、と思い至りました。

- the above "stupid shit".

-----

この思考アプローチは、極端なことを言えば、極右として「ファシズム」とか、極左としての「コミュニズム」とか、カルトとしての「原理主義」とかと同じようなモノであり、

This approach to thinking is the same thing in the extreme as "fascism" as the far right, or "communism" as the far left, or "fundamentalism" as a cult

メソッドと結びついた(特に、論理的に整合性があるものや、あるいは物理法則などに結びついた)考え方は、「極」に走りがちであり、それらが権力や大衆と結びついた時 ―― 数百万から数千万もの人々を殺害してしまう

Ideas tied to methods (especially those that are logically consistent or tied to physical laws, etc.) tend to run to the "extreme", and when that ideas are associated with power and the masses -- it will kill millions to tens of millions of people.

このことを、私は忘れてはならない

I must not forget it,

―― と、いうようなことを、

「やはり俺の青春ラブコメは間違っている完」の第5話を見ながら、考えていました。

I was thinking about this, and so on, while watching episode 5 of "My Youth Romantic Comedy is Wrong, I expexted -- final"


2020-08-06 『COCOAによって、個人情報を抜き取られる心配はしなくていいよ』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ところが、直接話しかけなくても、COCOAアプリのインストールを調べる方法はあります。

However there is a way to know whether a person has installed COCOA app, without talking. It is to make

―― 「自分の目の前にいる人が『COCOAアプリをインストールしているか』を確認するアプリ」

"An app that checks to see if the person in front of you has the COCOA app installed"

を作れば良いのです(このアプリを便宜的に「COCOA'」と称呼します)。

(I will call this app COCOA' for convenience)

ポイントは、COCOAアプリが、オープンソースで公開されている点にあります。

The point is that the COCOA app is open source and publicly available.

これは、つまり、「時間」と「能力」と「スキル」と「気力」のある人間であれば、COCOAの派生アプリケーションである、COCOA'を自由に開発できる可能性がある、ということです。

This means that anyone with the time, ability, skills and energy can develop COCOA's derivative application, COCOA'.

ただ、正確に言うと、上記の「自分の目の前にいる人」のスマホを検知することはできません。

However, to be precise, this app cannot detect the contents of the phone of the "person in front of you" mentioned above.

COCOA'は、

The COCOA' can only detect

■あなたのスマホから、約半径10メートルの範囲内で、

- Within a radius of about 10 meters from your phone,

■「COCOAアプリがインストールされているスマホ」の「台数」

- Number of "phones with COCOA installed

を調べることができるだけです。

だから、「自分の目の前にいる人」がインストールしているか否かをを特定する為には、

So, in order to identify whether or not the "person in front of you" has COCOA installed. the condition is given:

■約半径10メートル以内には、その人以外には、誰もいない

"There is no one else within a radius of approximately 10 meters except that person.

ことが必要となります。

-----

COCOA'の動作原理は簡単です。

The principle of operation of 'COCOA' is simple.

COCOA'は、COCOAのBluetoothの電波を発射しているスマホを探すだけです。

The COCOA' tries to find a phone that is transmitting COCOA's Bluetooth signal.

それだけしかできません。

That's all the app can do.

しかも、Bluetoothの電波の中の情報は、個人情報(スマホ固体番号等)と紐付いていないので、個人の特定はできません。

What's more, the information in the Bluetooth radio waves is not tied to personal information (such as the phone's solid number), so it cannot be used to identify an individual.

あなたは、街の中で、FreeのWiFiアクセスポイントを探したことがあると思います。

I'm sure you've looked for free WiFi access points around town.

COCOA'も、これと同じことをするだけです。

COCOA' just does the same thing.

-----

もし私(か、あるいは誰か)が、このCOCOA'を開発したら、ちょっと面白いことができます。

If I (or someone else) develops this COCOA', it could be a bit interesting.

『COCOAをインストールしている人 = コロナリテラシーが高い』という仮説を"真"とした上で、以下のようなこと調査や判断ができるようになります。

If the hypothesis that "people who have COCOA installed = high corona literacy" is true, then the following investigations and judgments can be made.

例えば、

For example,

■COCOA'を、居酒屋やラーメン屋の入口で起動する

- Launching 'COCOA' at the entrance of an izakaya or noodle shop

これによって、その店の中で、何人の人間がCOCOAを起動しているか、一目瞭然です。

This allows you to see at a glance how many people in that store are running COCOA.

店舗に入る前に、ざっくりとした、その店舗内の「コロナリテラシー」の高いお客の人数を、店に入る前に調べることができます。

Before entering a store, you can find out, roughly, the number of "high corona literate" customers in that store before you walk in.

(私なら、10人のお客が入っているラーメン屋の入口で、COCOAが起動しているスマホが3台だけなら、そのラーメン屋には、入りません)

(I wouldn't go into a ramen shop with 10 customers if there were only three phones with COCOA running at the entrance of a ramen shop)

■COCOA'を、職場や、飲み会の会場で起動する

- Launching 'COCOA' at your workplace or at a drinking venue.

自分の属する組織やグループの「コロナリテラシー」を、集団として観測することができます。

You can observe the "corona literacy" of your organization or group as a group.

(私としては、『それを言い訳に、飲み会の出席を拒否する』という切り札としても使えると期待しています)

(For me, I'm hoping it can be used as a trump card to "use that as an excuse to refuse to attend a drinking session".)

これによって、今後、

In the future,

■『COCOAをインストールしたスマホをお持ちでない方の入店はお断りします』という張り紙

A sign that says, "we do not allow people who do not have a smartphone with COCOA installed to enter the store".

が、飲食店のみならず、全ての施設(役所、アミューズメント、学校)の入口の前に張られるようになるかもしれません。

The paper could be put up in front of the entrances of all establishments (government offices, amusements, schools), not just restaurants.

-----

ざっとソースコードを見てみたのですが、この新しいアプリ(COCOA')の開発は、私には、少々敷居が高いように思われます。

I took a quick look at the source code and it seems to me that developing this new app (COCOA') is a bit of a challenge.

スキルも時間も足りませんが、特に時間の要素が大きそうです。

I don't have enough skills or time, but the time factor seems to be particularly significant.

従って、当面の私の仕事としては、

Therefore, for the time being, my work is to to write a column that explains easily

『COCOAによって、個人情報を抜き取られる心配はしなくていいよ』

"You don't have to worry about COCOA extracting your personal information"

を、分かりやすく解説するコラムを執筆する ―― こっちなら役に立てるかもしれません。

I might be able to help you with this work.


2020-08-05 いわゆる「自粛警察」をやっている人で、COCOAを知らない人がいたら、あなたは、その「自称警察官」、殴っていいです。 [長年日記]

Whether or not masks are effective in fighting corona infection is described here.

It's also clear that you can't think of being infected or not as a "0" and a "1", as described here.

しかし、その効果がどうであれ、「マスク」が一種のマナーとなっているのは事実です。

But whatever the effect, it is true that "masks" have become a kind of etiquette.

そして、「マスク」は、いわゆる「コロナリテラシー」の初歩の初歩と言えます。

And the "mask" is the first step of steps in so-called "corona literacy".

私としては、このマスクに加えて「COCOA(新型コロナ接触確認アプリ)」を、このマナーに入れることを提言したいと思います。

For me, I would like to suggest that in addition to this mask, the COCOA (new corona contact verification app) be included in this etiquette.

COCOAについては、すでに私、色々書いていますので、参考にして下さい。

I've already written a lot about COCOA, so please refer to it.

Installing COCOA is a personal choice, but I would recommend that you install it.

It's not so much "full security" as it is "not at all worth the cost to hack.

私は、「COCOAのインストール」を実施したか/していないかで、その人の「コロナリテラシー」を判断できると思っています。

I believe you can determine a person's "corona literacy" by whether or not they have/don't have implement a "COCOA installation".

-----

やり方は色々あると思いますが、もっとも簡単な方法は、

There are many ways to do this, but the easiest way is to ask a question,

『COCOAインストールしました?』

"Have you installed COCOA?

という質問をすることです。

■「もちろんです」という人は、リテラシー"1"で良いと思います。

If the person says "of course", I think his/her literacy level is "1".

■「ああ、COCOAですね。でも個人情報について不安が・・・」という人は、「リテラシー"0.9"」くらいと判断して良いかと思います。

"Oh, COCOA. But I'm worried about personal information...", I think it's safe to say that he/she have a literacy level of "0.9".

比して、

In comparison to,

■「COCOA? 何ですか、それ?」という人は、「リテラシー"0"」と断定して良いでしょう。

If the person says "COCOA? What's that?", I think his/her literacy level is "0".

いわゆる「自粛警察」をやっている人で、COCOAを知らない人がいたら、あなたは、その「自称警察官」、殴っていいです。

If you're a so-called "self-restraint police" and you don't know COCOA, I will hit you absolutely.

(私は、これに加えて、大声で、"ふざけるな!"と罵ります)。

In addition, I will shout "Do not be silly!" loudly,

(続く)

(To be continued)


2020-08-04 その全てが「下手くそ」です。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、コラムを書くのが好きで、イラストを描くのが好きで、コーディングをするのが好きで、そして ――

I like to write columns, I like to illustrate, I like to code, and

その全てが「下手くそ」です。

I am not good at all of them.

だから、これらを他人に任せるのが、もっとも効率的であり、いわゆる『生産性が上がる』のは間違いないでしょう。

So, I think it's most efficient to leave these things to others, and there is no doubt that it will increase so-called "productivity".

だが、それは「楽しいのか?」

But is it "fun"?

自分の作り出したモノ、自分でやった仕事は、他人のモノや仕事より「愛おしくはないか?」

Do you love what you created and worked, more than other people's creations and works ?

と考えると、私には分からなくなるのです。

I don't know that.

それ故に、私は「私を幸せにするアプローチ」として、

Therefore my "approach to making me happy

(1)ひとりでやる

(1) Do it alone.

(2)ずっとやる

(2) Do it for a long time.

(3)会議に出ない(ここはGoogleと同じで、これまでも、これからも)

(3) Don't attend meetings.(It's the same as Google here, from now and to now)

を続けていくことになると思います。

I think I'll continue to do them.

-----

つまるところ、これは人間のスケール感の問題かもしれないなぁ、とも思います。

As a result, I think that this is about a matter of human scale.

私は「技術」が好きで、特に「小技」が好きですが、その技の集大成である「サービス」や「ビジネス」が好きな人にとっては、「Google式仕事術」は正しいアプローチだと思います。

While I like "technology" and especially the "little tricks, for people who like "service" and "business", the "Google Method of Working" is the right approach.

私は、「他の人」を喜ばせることに幸せを感じられます。

I feel happy to please other people.

しかし、私は、「"多く"の他の人」を喜ばせることが、"多くの幸せ"になるとは、感じることはありません。

However I can't feel many happiness to please many other people.

つまるところ、

In conclusion,

『私は、人間としての器が小さい』

"I don't have what it takes"

この結論で、私は異義ありません。

I have no objection to this conclusion.


2020-08-03 ―― その"生産性"を上げるのは、"私以外の誰か"で良くね? [長年日記]

「Google式仕事術」では、生産性を上げる為に、以下を提唱しているそうです(読んでいません)。

The "Google Method of Working" advocates the following to increase productivity (I haven't read it)

(1)ひとりでやらない

(1) Don't do it alone.

(2)ずっとやらない

(2) Don't do it for a long time.

(3)会議に出ない

(3) Don't attend meetings.

なるほど「生産性を上げる為」には、これが正解かもしれません。

Okay, maybe this is the right thing to do "to increase productivity".

しかし、「生産性なんぞ知ったことか」と置き換えるだけで、このメソッドはボロボロと崩れていきます。

But simply replacing it with "I don't care of productivity", the method falls apart in tatters.

-----

私、生産性については、かなり徹底的に勉強しました。

Me, I've studied productivity pretty thoroughly.

As a result, I found that "there is no agreed-upon definition of productivity.

そして、「生産性」と「幸福」の間には、強い相関が存在しないことも知りました。

I also learned that there is no strong correlation between "productivity" and "happiness".

-----

「生産性を上げる = 幸福」と「幸福 = 善」から、「生産性を上げる = 善」という三段論法は成立します。

The triadic argument, "Increase productivity = happiness" and "Happiness = goodness," is established from "Increase productivity = goodness.

しかし、

However, it can also be interpreted as,

―― その"生産性"を上げるのは、"私以外の誰か"で良くね?

"Why can't someone other than me make it more productive?"

という解釈が可能です。

さらに、「Google式仕事術」が、"この私"に「楽しさや喜びを与えているのか?」 という点について、私には分からないのです。

Furthermore, I can't know that "Google Method of Working" gives me joy and pleasure of mine.

■自分でコラムを書かなくても、面白いコラムを書いている人がいるから、そのコラムを読めばいい。

- Even if I don't write your own column, someone else writes an interesting column, so I can read it.

■綺麗なイラストを書ける人は、世の中にゴマンといるから、その人に外注すればいい

- There are many people who can draw beautiful illustrations in the world, so I can outsource to them.

■自分でコーディングしなくても、コーディングのプロに頼めばいい

- I can ask a professional to do the coding for me.

まったく、その通りだと思います。

I think these are absolutely right.

(続く)

(To be continued)