2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2017-11-23 しかし、「そこに動いていないデバイスがあれば、動かしてやりたい」と思うのが、エンジニアというものではないでしょうか. [長年日記]

私がラズパイを好きな理由の一つに、一回カーネルをSDカードに作ったら、それをコピーして別のラズパイに使える、という点にあります。

One reason why I like "Rasberry PI", is that once I make a kernel on an SD card, I can copy it and use it for another "Rasberry PI".

今回、実験の為に、色々な人からラズパイをしてお借りして、SDカードをコピーしまくっているのですが、ある一つのラズパイだけが、ウンともスンとも言わずに、昨日一日悩んでいました。

This time, for my experiment, I asked many people to borrow their "Rasberry PI", and making the SD cards. However, "Rasberry PI" could not work well, and it annoyed me for all day today.

初期のラズパイと、ラズパイ2、3の間には、深い谷がある(アーキテクチャが異なる)と知ったのは、つい先刻です。

Just now, I noticed that the deep valley between the primitive version of "Rasberry PI" and the after version has existed.

However, I make an effort not to think that

―― またしても、無駄な時間を・・・

"I have wasted time again"

とは思わないようにしています。

ITに関わる者は、だれもが、こんな感じの日常を過しています ―― と信じています。

Anyone who works for IT field, lives in daily experience and observation like that. I believe.

-----

逆説的に、このような日々を送っていない奴は、少なくとも「ITエンジニア」の名に値する人物ではない、とも思っています。

Paradoxically speaking, I think that they are not real "IT Engineer", if they don't live the life,

とは言え、古いタイプのラズパイを起動させる為に、新しいSDカードを購入し、ネットをさまよい古いカーネルを探し回っている私は、正直「阿呆じゃないのか」とは思います。

On the other hand, It's unfortunate that I ,who try to purchase a new SD card, and search the old kernel in the Internet, in order to work the primitive version of "Rasberry PI", should be silly,

費用や時間を考えれば、最新のラズパイを買った方がペイすると思います。

Purchasing a latest version of "Rasberry PI", must pay, considering cost of time of mine.

しかし、「そこに動いていないデバイスがあれば、動かしてやりたい」と思うのが、エンジニアというものではないでしょうか.

However, "To find a broken device, to want to repair and work it" is, I think, a mind-set of engineers.

-----

But I don't come to think that "finding a falling person, we want to help him/her" in my case.


2017-11-22 ―― その手の出資に、私は躊躇はありません。 [長年日記]

ペンと紙が、ワープロ、パソコン、スマホに移行してきたように、

As pen and paper have shifted to word processors, personal computers, and smartphones,

絵画も、紙と絵の具から、液晶タブレット(液タブ)に移行する ―― と思っているのですが、どうでしょうか。

painting also shifts from paper and paint to liquid crystal tablet (liquid tab). How do you think it?

「どうでしょうか?」という尋ね方をしているのは、私が創作絵画の分野には疎いからです。

The reason why I am asking "How do you think it ?" is that I am not familiar with the field of creative painting.

-----

特許の図面や、顧客向けプレゼンテーションの資料は、もはや100%パワーポイントになっています。

All patent drawings and materials for customer presentation are to be made by PowerPoint.

というか、もはや手書きの用紙は、顧客も学会も資料を受けつけてくれないからです(特許庁はまだ大丈夫かも)。

No longer handwritten paper, neither customers nor academics can accept documents. (The patent office may still be okay).

私は、町内会の記事も、コラムの挿絵も、パソコンのドローツールで作成しており、もう、手書きが登場する余地は全くありません。

I have created articles of Neighborhood Association and column illustrations by a drawing tool of the PC, and there is no room for handwriting anymore.

-----

私は、ティーンエイジェの頃、長い間、紙と、鉛筆と、筆と、絵の具に苦しめられてきたと思っております。

I think that when I was a teenager. I was suffering from paper, pencils, brush, paint for a long time.

文章書くのも、絵を描くのも嫌でした。

I did not want to write sentences or draw pictures.

「『塗り絵』なんて、馬鹿じゃなないの」と、本気で思っていました。

I thought that "coloring book" was not stupid.

-----

誰もが、デジタルに傾倒していく訳ではないでしょうが、

Everyone will not be inclined to digital,

絵の具とか、パレットとか、カンバスとか、そういうものが「省略」された世界は、

I think that the world where paintings, pallets, canvas, and such were "omitted"

―― 結構、幸せな世界

might be a happy world, fair enough.

なのではないのか、と思っているのです。

なにしろ、人生の半世紀を経ている私に、そして画才ゼロの私に、イラストを描く気持ちにさせてくれるようになった、デジタル絵画の世界には、感謝の気持ちでいっぱいなのです。

After all, I, who has been half a century of my life, and who has no genius, am full of gratitude. Because the world of digital painting, makes me feel like drawing illustrations,

------

で、今、娘に使わせることを目的として、「液タブ」の購入を考えているのです。

So, now I'm thinking about buying a "Liquid Tab" for my daughter.

今の私は、パソコンとSAIで十分なのですが、娘が、私と同様に、デジタルの世界での創作を楽しめるようになるのであれば、

I am satisfied with PC and SAI now, If my daughter will be able to enjoy creation in the digital world just like me,

―― その手の出資に、私は躊躇はありません。

"I am not hesitant in the investment of it."


2017-11-21 「2年後には、『誰から教えて貰ったか』も含めて、全て開示するからな」 [長年日記]

私は、「誰にも言うなよ」とか「ここだけの話だせ」と言われれば、原則、秘密を守ります。

As a rule, I keep the secret, when I am asked from anybody.

(不法行為と、緊急避難の場合を除き)年上、年下、他人、身内関係なく、厳格に適用します。

It ranges from elders and youngers to relatives, except for illegality or emergency cases.

但し、その際には、『2年後には、この約束は満了とする』という条件を申し出ることにしています。

However, I also ask them not to keep the secret over two years, as a condition.

2年を越える場合は、2年を超えない範囲で、更新手続をして貰うように頼んでいます。

If they want to extend the period of "two years", I will ask them to update the condition within the period.

更新手続もできないような秘密なら、有効期間は2年で十分でしょう。

I think that "the period of two years" is enough for them, if they don't have an intention to update the condition.

ちなみに、現在のところ、私に更新手続をして人は、一人もいません。

Incidentally, there has been no person to try updating since now.

-----

加えて、

In addition, I will say to them,

「2年後には、『誰から教えて貰ったか』も含めて、全て開示するからな」

"After two years, I will disclose everything including" Who told me? "

というと、大抵の人は、ビビって、その話をしなくなります。

So, they come to get nervous, and stop talking anymore.

もちろん、座は白けます。

Of course, a chill comes over the company.


2017-11-20 「水土日の週休3日制度」の法制化 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" : Work style reform(4)

The meaningless "short time" is a SOS warning from "Tsundere government"

-----

色々調べているんですが、どうも、この「働き方改革」には、華がありません

I am investigating various things, but, indeed, there is no flower in this "working reform"

1960年に池田内閣の下で策定された「所得倍増計画」のような、前向きなメッセージがあるといいんですが。

I hope there is a positive message like the "Income Doubling Plan" formulated under the Ikeda Cabinet in 1960.

思うに「時短」という、曖昧な言葉を含む目標は、大抵上手くいきません。

I don't think that the goal that includes ambiguous words "short-time" is good in many cases..

そして、数値目標であっても、現在のように、40時間とか、80時間とか、柔軟性の入る余地のある目標もだめです。

In addition, I also don't think that the present way with time restriction like 40 hours or 80 hours is good. Because those numbers has have the flexibility.

「年休取得推進」、というような、「エイエイオー」型の目標設定もだめです。

I am afraid that setting a goal such as "Promotion of annual holiday acquisition" will work well.

-----

「水土日の週休3日制度」の法制化

Legislation of "three days week holidays including Wednesday"

ここまでやらないと、「所得倍増計画」程度のインパクトはないと思います。

I think that there is no impact of the "Income Doubling Plan" unless we do so far.


2017-11-19 「私たちには『甘え力』がない」 [長年日記]

先日、長女と次女が、口を合わせて

The other day the eldest daughter and the second daughter(SD) together , said

「私たちには『甘え力』がない」

"We do not have "courtly power""

と言っていました。

そして、その原因の一端は、父親である私の教育方針にもある、と言われました。

And I was told that a part of the cause is also in my educational policy in my family.

-----

江端:「『甘え力』って何?」

Ebata:"What is "courtly power"?"

次女:「辞書では、『甘える』とは『他人の好意や親切を期待して振る舞うこと』となっているね」

SD:""In a dictionary,"courtly" is "to behave in expectation of others' kindness or kindness"

江端:「じゃあ、その『振る舞い』をすればいいんじゃないの」

Ebata:"You do the "behaviour" don't you?"

次女:「いや、パパの場合、そんな『振る舞い』しても、全く効果ないじゃんか」

SD:"However, in your case, there is no effect, even if we behave that"

江端:「そうか?」

Ebata:"So?"

次女:「世間には、娘に対して『何か欲しいものはないのか?』って尋ねる父親からがいるらしいよ」

SD:"In the world, I heard that there is a father who asked his daughter "What do you want?""

江端:「世間には奇特な父親がいるんだなぁ。私の場合、そんなこと、天変地異が起ころうとも絶対にない」

Ebata: "A strange father in the world is. In my case, I absolutely will not do such things even if a natural disaster occurs"

次女:「知ってる」

SD:"I know it well"

江端:「『欲しいモノは、自力で掴み取れ』が、江端家家長の方針だ」

Ebata:"My policy as a a head of the Ebata family, is "Grab things you want, on your own"

-----

次女:「で、我が家には『甘え力』を発揮する機会がない、という訳」

SD: "So, at my home there is no opportunity to demonstrate of "courtly"

江端:「ま、早々に恋人でも作って『甘え力』のトレーニングでもするんだな」

Ebata:""Well, you make a lover soon and do it for training "courtly power"


2017-11-18 あんなものを、イベント風に仕立てて、ありがたがって飲まなくても、日本の中ですすら、美味しいワインは山ほどあるというのに ―― [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ボージョレヌーボの解禁日というのは、フランスのワイン法に基づく規定です。

"The release day of Beaujolais Nouveau" is based on the French wine law.

立法趣旨は、「早売りや投げ売りによる商品価値の低下防止」です。

The legislative purpose is "prevention of decline in the value of merchandise due to fast selling and selling."

この法律は、理に適っていると言えます。

This law is reasonable.

しかし、日本国内で、フランスの法律が適用される訳がありません(属地主義)。

However, there is no reason to apply French law in Japan (territorialism).

「ボージョレヌーボの解禁日」なるフレーズは、日本国内で使うには不適切なのです。

The phrase of "the release day of Beaujolais Nouveau" is inappropriate for use in Japan.

しかし、日本において、現実に「ボージョレヌーボの解禁日」は、法律とは関係なく、きちんと運用されているのです。

However, "the release day of Beaujolais Nouveau" is actually operated properly regardless of the law in Japan.

何故だと思いますか?

Why do you think?

それは、フランスのワイン製造業者と日本のワイン販売業者が、日本国内において、ボージョレヌーボの販売日について、契約を取り交わしてているからです(たぶん、そういう契約を結ぶことも、法律で規定されているのしょう)

That is because French wine producers and Japanese wine distributors are contracting for the sale date of Beaujolais Nouveau in Japan((Perhaps, the wine law enforces the rule, too)

-----

実際のところ、私が、法律まで持ち出して、ごたくを並べているのは、別の理由があります。

As a matter of fact, there are other reasons why I talk big with legal logics.

―― ボージョレヌーボ? あんなワイン、一体、何が美味いのか?

"Beaujolais Nouveau? what on earth is such wine delicious?"

という、ベクトル違いの「やっかみ」から来ています。

It is coming from the difference vector of "jealous".

解禁日の12時に空港の搭乗口で飲ませて貰うほどのものか? ―― と。

"Is it enough to make us drink at midnight of the release day at the boarding gate of the airport ?"

I think

they don't have to make an such event, because there are plenty of delicious wines in Japan.

と思うんですよ。


2017-11-17 「至酔飲料水」風情が、自由主義経済の消費者様に対して、飲料時期を制限するとは、一体何様だ ―― と思ってしまうのです。 [長年日記]

毎年、

Every year,

―― ボージョレヌーボの解禁

"Beaujolais Nouveau has been released."

という言葉を聞く度に、私は不快な気持になります。

Every time I hear this phrase, I feel uncomfortable.

「至酔飲料水」風情が、自由主義経済の消費者様に対して、飲料時期を制限するとは、一体何様だ ―― と思ってしまうのです。

I think that just "alcoholic drinking water" control to limit drinking time for consumers in the liberal economy ---- "Who do you think you are?"

-----

で、調べてみたのですが、ワイン法を制定している国は、フランス、イタリア、米国、そしてEU連合に存在しています。

So, I tried to research. Countries that have enacted the wine law exists in France, Italy, the United States, and the EU Union.

我が国も、国際条約(多分パリ条約やTrips)に基づき、商標法、不正競争防止法などで、「ワイン」だけが、他の飲食物とは違う、特権的な取り扱いが認められています。

In Japan, based on international treaties (Paris Convention and Trips, maybe), Only "wine" is different from other foods and drinks, and privileged handled by Trademark Act, Unfair Competition Prevention Law etc,

-----

私、知財の勉強をしていた頃から、

Since I was studying intellectual property,

―― 「ワイン」だけが、国際的に法的保護が厚いことに、面白くない気持ちを持っていました。

"Only "wine", has been protected well by international law, and I have had an unpleasant feeling."

まあ、ワインというのが、単なる「至酔飲料水」ではなく、地域ブランド価値を組み込んだ、無体財産権であり、

Well, wine is not just "alcoholic drinking water" but an intangible property right with regional brand values.

その地域ブランドを成立させるために、生産者や地域や国家が膨大なコストをかけてきた、というのは事実です。

It is a fact that producers, communities and nations have incurred enormous costs in order to establish that regional brand,

I still think that the wine is better than Disney (USA) which is trying to extend life, by punctuating copyright law,

しかし、それはそれ。

However, that's it, separately.

(続く)

(To be continued)


2017-11-16 さあ、この私に「イノベーションの作り方」を教えてくれるのは、誰ですか? [長年日記]

「イノベーションの作り方」という講習会があるそうです。

I heard that there is a workshop whose name is "how to make an innovation".

一度、受けてみようかと思っています。

I hope I will take the workshop.

観点は以下の通り。

The followings are my attentions.

(1)その講習会の講演者は、当然に「イノベーション」を作った経験者だろうな?

(1)Is the speaker of workshop, an experienced worker who had made "an innovation" before, as a matter of course ?

(2)そして、その講演者は「イノベーション」を「作り方」というものに体系化できるほど、沢山のイノベーションを創出してきたんだろうな?

(2)Did he/she make enormous counts of "innovation" before, enough to make "recipes" of the the innovations ?

(3)その講演者は、まさか、他人作ったイノベーションを分析・解析して、それを元に「イノベーションの作り方」などといいう『ふざけた』講習をするつもりじゃなかろうな?

(3)Don't tell me that he/she will just introduce the results of analyses or study of others innovation, and will enforce a "silly" workshop.

―― という、悪意に満ち満ちた観点から、「講習会」ではなく「講演者」を観察させて貰うつもりです。

From the malicious viewpoints, I will observe the speaker, not the workshop.

-----

私、「手を抜く事を目的とした、特許明細書の書き方」とか「ノルマして割り切る発明に作り方」という講演なら、いつでも、引き受けます(ご用命下さい)

In my case, I think I can give you workshops whose title "how to make patent application with cutting corner", or "how to make invention(x innovation) as a output quota". Please contact me ASAP.

しかし、「優れた特許発明の作り方」とか、「金を稼ぐ特許権の活用方法」とか、などという題目で講演してくれと言われたら、一目散で逃げ出します。

On the other hand, I will run away soon, if I am asked a workshop whose title is "how to make innovative invention" or "how to make money by patent right"

-----

さあ、この私に「イノベーションの作り方」を教えてくれるのは、誰ですか?

Well, who will give me an excellent innovative method of "how to make an innovation" ?


2017-11-15 『フッ、所詮、パパも、その程度の器(うつわ)か』 [長年日記]

我が家の次女(中3)は、毎日電車を使って往復3時間くらいかけて通学しています。

My second daughter (the 9th grade) uses a train every day for about 3 hours to go to school.

そして、通学路の途中の「立ち食いそば」について、その辺にいるグルメ評論家に負けないくらいの「一言家」になっています。

And about "stand-up-eating soba noodle shop" on the way to school, she became an "expert", I think that she will not lose to the gourmet critic around here.

私の方が、出張の時に、次女の薦める立ち食いそば屋にいっているくらいです(本当)。

When I travel on business, I am going to a "stand-up-eating soba noodle shop" recommended by my second daughter (really).

―― "そば"を語れる女子中学生 (但し「立食いそば」限定)

"Junior high school girls who can talk about "soba" (However, "stand-up-eating soba" only)"

私の自慢の娘です。

My daughter is proud of me.

マクドナルドとかのファストフードを語る女子中学生など、掃いて捨てるほどいるでしょう。

I think that junior high school girls are now a dime a dozen to talk about fast food such as McDonald's

-----

私もそばが好きなのですが、『今一つ、私が自分の殻を破れない』と思っていることの一つに、

I also like soba too, however, I think that one of "what I cannot break out of my shell" is

「コロッケ入りそば」

"Croquette Soba"

があります。

私は、「コロッケを蕎麦汁に沈める」というパラダイムを、まだ受け入れられないでいます。

I am still unable to accept the paradigm "to sink croquette in soba soup".

「コロッケ入りそば」の素晴しさについては、多くの人が多くの媒体で語っていますので、その真偽については、私は1mmも疑っていません。

Regarding the taste of "Croquette Soba", I don't suspect the good taste, since many people are talking on many media.

間違いなく「コロッケ入りそば」は美味しいはずです。

Definitely "Croquette Soba" should be delicious, I believe.

実際、私は、「かき揚げを蕎麦汁に沈める」ことに躊躇がありません。

In fact, I do not hesitate to "sink Tempura in soba soup".

(ちなみに嫁さんは、「かき揚げは、沈めずに食べるもの」というポリシーの持ち主であることを、今回知りました)

(By the way, I learned that my wife has a policy "Eating Tempura without sinking" this time)

-----

このような「コロッケ入りそば」に対するクローズドマインドな私に対して、

For me with a closed-mind against "Croquette Soba",

次女は、

My second daughter

『フッ、所詮、パパも、その程度の器(うつわ)か』

"Huh, my father has also such a small-heart, after all"

と、冷たい笑みを浮べて、吐き捨てるように言います。

told me to spit up with a cold smile.

そして、彼女は「コロッケ入りそば」の食べ方のイシューについて、熱く語り出しました。

And, she spoke hotly about the issue of how to eat "Croquette Soba".

なんでも、

She said,

『先ず、コロッケを2分割して、半分はコロッケの味を楽しみ、もう半分は蕎麦汁に沈めて、その時間経緯ととにも変化するそばの味を楽しむ』

"First of all, a croquette should be divided into two parts. One half is for enjoying the taste of croquette, another half should be submerged in soba soup and we will enjoy the taste of soba which also changes with the time"

―― というのが、彼女の「コロッケ入りそば」の哲学のようです。

This is her philosophy of "Croquette Soba".

-----

最近の駅の立ち食いそば屋は、美しそうなそばの写真を、巨大な壁全体のディプレイとして施し、集客を図っています。

Recently "stand-up-eating soba noodle shops" are trying to attract customers. with put big photos of a beautiful soba over the huge wall.

朝飯を抜いて出社した朝とか、ダイエット中の会社からの帰宅時などに、

In the morning when I got out of the breakfast or, in the midnight when I go back home while dieting,

"これらのディスプレイが、私にとって、どれほど非人道的な殺人兵器として機能しているか ―― "

"How these displays function work well as murder weapons for me"

皆さんにも、ご理解頂けるものと確信しております。

I believe you can understand that.


2017-11-14 ―― 政府の求める「働き方改革」に、逆行するものになることは確実ですが。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

チャレンジブルな仕事は、業務時間ではやらず、週末や休日や年休にプライベートに実施する ――

Challenging tasks are not done in business hours, but in private hours on weekends holidays and year-end holidays.

という、「週末エンジニア」の発想に至ってしまう訳ですよ ―― 不本意ながら。

The idea of "weekend engineer" is coming to me --- unwillingly.

これも、「働き方改革」と言えば言えるでしょう。

This can also be said "working way reform".

もっとも ――

Although -

●恋愛や婚活の時間を奪い、

- Stolen the time of romance and marriage

●生産性を低下させ、

- Reduced productivity,

●時短トレンドに逆らい、

- gone against the short-term trend

そして、

and

●人口減少を加速させる

- Accelerated population decline

―― 政府の求める「働き方改革」に、逆行するものになることは確実です。

It is certain that it will go against what the government wants "working way reform".