0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2019-10-16 ですので、私は、人に説教垂れる「こと」が嫌いですし、人に説教垂れる「奴」はもっと嫌いです。 [長年日記]

「英語に愛されないエンジニア」他、私はコラムで、色々なノウハウを語っています。

I described a lot of know-how in my columns, for example, "Engineers who are not loved by English"

しかし、私は『これらのノウハウは、私以外の人には、役に立たないだろう』ということを知っています。

However, I know well that "all of the know-how is useless expect for me"

例えば、

For example,

「努力は天才に勝つ」という信念を持っている人に、「努力では天才に勝てない」という私の主張は届きません。

I cannot deliver my policy of "My effort cannot win genius anyway", to a person who has a belief of "My effort wins genius finally"

「英語とは、TOEICの評価が重要だ」と考える人に、「英語は単語を並べるだけで良い」と考えている私の英語への取り組み方は、永久に理解されないはずです。

Nobody who thinks "TOEIC score is importance for English communication" cannot understand eternally my methods of "using English words at random without grammar and rules"

つまり、ノウハウというのは、徹頭徹尾、属人性(個々の個人に属するもの)なのです。

In short, "know-how" is based on personality at all points.

故に、他人のノウハウというのは、多くの場合、自分にとっては「生ゴミ」に過ぎません。

Therefore, "know-how" is just "wet refuse" for others in many cases.

------

ですので、私は、人に説教垂れる「こと」が嫌いですし、人に説教垂れる「奴」はもっと嫌いです。

So I don't like to give a sermon to others, and don't like a person who give a sermon to me more.

「生ゴミ」を押しける/押しつられれることと同じだからです。

I think that this is a same thing I push others "wet refuse" or I am pushed "wet refuse" by others

で、これらの「人に説教を垂れる」というイベントが頻発するのが「飲み会」です。

In addition, "drinking party" will make a lot of events of giving a sermon to others.

-----

とは言え、この考えに至ったのは、比較的最近です。

However, I didn't notice that up to a comparatively recent date.

私も、かつては、人に説教垂れる「生ゴミ」の一人だったと思います。

I am afraid that I was also one of the "wet refuses" giving a sermon to others.

が、御安心下さい。

However, you may set your mind at ease.

もう、私は、「"飲み会"で人に説教を垂れる」ことは致しません。

I will never give a sermon to others in drinking party.

過去の私の被害者には、ここで、謝罪を申し上げます。

I offer my apology over my past acts of vandalism.

とは言え、コラムや日記では、これからも、説教垂れ続けると思いますが ―― 生ゴミは、生ゴミから離れることで、匂いを感じなくなります。

On the other hand, I will continue to give a sermon to you in my columns and diary. But a smell of "wet refuses" is fading if you get away from the "wet refuse".

当面は、それで御対応下さい。

At least for the present, please compromise it with the above way.

それはさておき。

Set it aside.

(続く)

(To be continued)


2019-10-15 「私が将棋に興味を持てていたら、このマンガ、もっと面白かっただろうなぁ」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ともあれ、私は「将棋めし」というコミックが200円くらいで購入できて(今は、その3倍)、Fire7で読めるようになれれば、それでいいんです。

Anyway, what I want is to buy the comic "Shougi Meshi" about \200 (Now it is three times than that), and to read it by my Fire 7 tablet.

別にAmazonから購入しなくても、出版社、または、著者から、直接PDFファイルで購入してもいいです。

I don't mind that I have to get books from publishing company or authors, not Amazon.com

私には、電子ブックリーダーを使う方が、よっぽど面倒くさいです(起動も遅い)。

For me, using electronic book player annoys me. (the boot is slow)

それはさておき。

By the way,

「将棋めし」は、食事のシーンや、将棋棋士のマインドの他、将棋戦の運用方法、その他、頭脳戦における食事の重要性を教えてくれます。

"Shougi Meshi" gave me a lot of information, for example, how to grub in the battle, minds of Shougi player, the importance of nutritive substance for intellectual battle.

恥しい話ですが、私、この本を読むまで、本当に『将棋の最中に食事できること』を知りませんでした。

It is shame that I had not known "the player can leave the gaming table for meals" since I read this book.

特に、この本では、「女性」と「将棋」の関係について、実に詳しく記載されています。

Especially, this book describes the relationship between women and Shougi-game in detail.

『女性のプロ棋士(×女流棋士)が存在しない』ことや『女性のタイトルホルダー(×女流棋士タイトルホルダー)が存在しない』ことも知らず、本当にびっくりしました。

I was really surprised that there was no female professional player (x female-style player) or "no female title holder (x female-style title holder)".

これは、母数(人口)の問題だろうなぁ ―― と、当りをつけてちょっと調べてみたところ、やっぱり、そんな感じでした(*)。

I though that "this is about population problem isn't this?". When I research it. I said "Bingo!".

(*1)将棋人口は、男性が336万5000人、女性が56万5000人。男女比は85:15

Male Shougi population is 3,336,500 and female one is 565,000. The ratio is 85:15.

I also thought that this become a story of column if I try to research the background in the proper way, however there were still advanced researches.

ただ一つ言えることは、

What I can say here is

"If I have a great deal of interest in Shougi, I can enjoy the comic more."

と思うと、悔しくて仕方がない、ということです。

I have no choice but to regret the matter.


2019-10-14 ―― 1.5畳のベッドの上で、VR用のゴーグルだけで、仮想の恋人との仮想SEXや、仮想の理想の家族との仮想の会話を楽しんで一生を終える [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

次に(2)についての理屈も奇妙です。

Next, the reasoning about (2) is also strange.

Amazonの出品コストが高いのであれば、自社のホームページから電子出版すれば良いのです。

If your Amazon listing costs are high, they can publish electronically from your homepage.

これに対して、さらにおかしな理屈が展開されています。

A stranger theory is being developed for this claim.

『電子ブックリーダー(KindleとかFireとか)をAmazonで握られているから、電子出版できない』という理屈です。

The reason is that e-book readers (Kindle, Fire, etc.) are held by Amazon, so electronic publishing is not possible.

この理屈に対して、私は、

Against the reason, I argue that

―― バカ言え。PDFで配布すれば、PCだけでなく、全てのスマホで可読可能だ

"That's stupid. If distributed as PDF, they are readable by all smartphones, not just PCs"

と反論します。

『電子ファイルにすると、不正コピーが流通しやすくなる』という理屈に対しては、私は、

In response to the theory that electronic files make it easy to distribute illegal copies, I can say,

- 表示デバイス(スマホ等)の機体番号と紐づけることによって、不正コピーは相当に難しくなる

-Unauthorized copying becomes considerably more difficult by associating it with the machine number of the display device (smartphone etc.)

- 不正コピーは、アナログの方がはるかに簡単で、事件数としても多い

-Unauthorized copying is much easier with analog. There are many cases.

と、言います。

そもそも『電子書籍の価格が十分に下がれば、法的なリスクを犯してまで、不正コピーを提供/供給のモチベーションが下がる』はずです。

To begin with, "if the price of e-books is lowered sufficiently, the motivation of providing / supplying illegal copies will be reduced because of risk".

-----

そもそも、電子書籍が、全ての分野のアナログ本を消滅させる ―― と考えている人がいれば「どうかしている」と思います。

If someone thinks that e-books will annihilate analog books in all fields, I think "something is wrong with them".

コミック、ラノベ、短編の小説などは、電子書籍が向いている分野だと思います。

I think comics, short novels and stories, etc. are good areas for electronic books.

しかし、専門書、技術書では ―― 私の経験上 ―― 電子書籍は、全く使いものになりません。

However, in my experience, e-books are not useful for technical books and technical books.

複数の出典を使ってのファクトチェック、書き込み、付箋、図や表やデータグラフの比較、そして、「格納した本箱の位置」や「本を開いて置いた場所」すらイメージできないと、専門書や技術書を「使い倒す」ことができないのです。

Fact check using multiple sources, writing in book, sticky notes, comparison of figures, tables and data graphs, and even if I can not imagine "location of the stored bookcase" or "place where the book was opened", I can't make full use of technical books and technical books.

特に執筆作業に必要な情報は、Webから探した情報ですら、一回プリントしないと、使い物にならないくらいです。

Especially the information necessary for writing should be printed, even if it is Web information.

これは、プロの設計士や、物書きを生業としている人だけでなく、レポートを書く大学生、果ては、夏休みの自由研究をする子どもでさえ、実感できると思います。

I think that this can be realized not only by professional designers and people who work in writing, but also by college students who write reports, and even children who conduct free research during the summer holidays.

Many people have lost their vested interests through personal computers. The same can be said for e-books.

ですが、「デジタル」のデバイスが、現在のスマホ程度のものであり続ける限り、アナログの書籍が消滅することは、不可能なのです。

However, as long as "digital" devices continue to be about the same as current smartphones and PCs, it is impossible for analog books to disappear.

-----

ですので、

So, I think,

「電子書籍で、全てのアナログ書籍が消える」という意見は、無理があります。

The opinion that "all analog books disappear with electronic books" is unreasonable.

どのくらい無理があるかというと、

How much is impossible?

―― 1.5畳のベッドの上で、VR用のゴーグルだけで、仮想の恋人との仮想SEXや、仮想の理想の家族との仮想の会話を楽しんで一生を終える

"On a 1.5 tatami bed, with VR goggles alone, you can keep enjoying a virtual SEX with a virtual lover or a virtual conversation with a virtual ideal family in your life."

というくらいの無理さです。

The above is an example.

(と、書きつつ、この比喩自身にも無理があるな、と思いましたが)

(And while writing, I thought this metaphor itself was impossible.)

(続く)

(To be continued)


2019-10-13 しかし、私が納得できないのは、電子書籍の価格です。 [長年日記]

Recently, my favorite comics are "Shogi Meshi(Dishes for Shogi Masters)".

From this comic, I have begun to use Fire7 as an ebook reader in earnest.

I think that e-books are not as good as paper books (in my opinion), but the benefits to carry a large amount of comics with a single tablet are great.

しかし、私が納得できないのは、電子書籍の価格です。

But what I can't understand is the price of the e-book.

なんで、紙の本と、電子書籍の本が、同じ(あるいは、ちょっとだけ安い)のかは、納得できません。

I'm not sure why costs of paper books and e-book books are the same (or a little cheaper than paper books).

-----

で、ちょっと調べてみたのですが、制作費、流通、人件費など考えると、1/3くらいの値段にできそうるそうです。

So, I looked into it a little, but it seems that it can be about 1/3 of the price, considering production costs, distribution, and labor costs.

で、なぜ、そうできないかの理由について有識者の意見を調べてみたのですが、変な理屈が多いのです。

I examined the opinions of experts about the reason, but there are many strange theories.

(1)本屋が潰れるから

(1)Because the bookstore will be crushed

(2)Amazon等の中間搾取を取り入れると、値段は安くならないから

(2) Considering intermediate exploitation such as Amazon, the price will not be cheap

-----

まず、(1)についてのその理屈は、「大店法(大規模小売店舗立地法)(*)廃止」の時に、ケリがついたと思っていました。

First of all, I thought that the reason for (1) had already finished when the "Large Stores Act (Large-scale Retail Store Location Act) (*) was abolished".

(*)1973年(昭和48年)に制定、2000年(平成12年)に廃止

(*) Established in 1973 and abolished in 2000

私は「本」が欲しいのであって、「本屋」が欲しい訳でないのです ―― そうでない人もいるかもしれませんが

I want a "book" and not a "bookstore", even if some people may not.

私は、『読みたい本は、その日のうちに読みたい』のです。

I want to read the book I want to read that day.

小学生の時でさえ「取り寄せに2週間もかかる」ことに、『ふざけるな』と思っていたくらいです。

Even when I was an elementary school student, I thought that I got angry with "two weeks to get a book".

そもそも、本屋は「半径2kmの狭域エリアでの直接宅配」(ピザ宅配の書籍版)など、取り得る戦略があったはず(*)なのに、手を打ちませんでした。

First of all, bookstore had a strategy that could be taken (*), such as "direct delivery in a narrow area with a radius of 2 km"(like a book version of pizza delivery), but they did not do it.

(*)実際に、私は本屋のレジで、そういう提案を何度もしていました。

(*) Actually, I made such a proposal many times at the cash register at bookstore.

当時の私のニーズを、真剣に取りあわなかった本屋業界が悪いのです。

Bookstore industries that didn't take my needs seriously was bad.

(続く)

(To be continued)


2019-10-12 何度も何度も申し訳ありませんが、『分かり合おう』とか『分ってもらいたい』とか ―― そういうこと考えたら「敗け」です。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

とは言え ――

On the other hand,

スマホやメールやSNSによって、個人同士で簡単に連絡が取れるようになってきました。

It becomes to easier to get in touch with persons by smart-phone, e-mail, SNS.

これによって、「狭量」のイライラは、少しは改善されているのかもしれません。

Thanks to these devices and devices the irritation of "narrows" might be improved.

加えて、スマホやメールやSNSによって「寛容」の言い訳が通らなくなっているのも事実です。

In addition, it is a true that some excuses of "irresponsible person" won't be passed by them.

最近は、事故(人身事故)情報などは、リアルタイムでも、その後でも、簡単に分かるようになってきていますからね。

Recently, accident (personal accident) information has become easier to understand both in real time and afterwards.

------

では、「寛容」の懈怠(なまけ)が責められる時代になるのか、と問われれば、私は、そうならないような気がしています。

Then, when asked if the age of "irresponsible person" comes, I am afraid "NO".

「寛容」は、時間厳守という価値観が「ない」か「希薄」なので、そこに価値を見い出すことができないのです。

They has "no" or "sparse" value of punctuality, so they cannot find it.

もっと簡単に言えば、彼らは『なぜ、彼/彼女が怒っているのか、理解できない』のです。

Simply speaking, they cannot understand why others get angry with them.

つまり、これは「長所」とか「短所」とかではなく、「性格」と把握するのが正しいと思います。

In other words, this is neither "advantage” nor "disadvantage", but it is just "character".

何度も何度も申し訳ありませんが、『分かり合おう』とか『分ってもらいたい』とか ―― そういうこと考えたら「敗け」です。

I'm sorry again and again, however ―― If you think "let's understand" or "I want someone to understand", you will lose.

私たちは、デフォルトが『分かり会えない』でいいんです。ずっと怒っていればいいんです。

It is O.K. that "we don't understand each other". We continue to stay angry.

そして、それが嫌なら、離れればいいんです ―― 全然問題ありません。オールオッケーです。

And if you don't like it, you can leave it. There is no problem at all. All is okay.

-----

『気持ちに余裕がない』ということは、不幸なことなのでしょうが、事故に遭遇する確率は小さくなります。

"I don't feel comfortable" is unhappy, but the probability of encountering an accident is smaller.

逆に、

Conversely,

『気持ちに余裕がある』ということは、幸福なことなのでしょうが、事故に遭遇する確率は大きくなります。

"I feel comfortable" is happy, but the probability of encountering an accident is bigger.

どっちが良いとは言えません。

I can't say which is better.

つまるところ「中間が良い」ということになるのでしょう。

After all, it will be “middle is good”.

もっとも、その「中間」を定義するのは自分自身となり、この話、どこまでいってもリカーシブ(再帰的)となり、答えは出てこないのです。

It's up to me to define that "middle", however, this story is recursive no matter where I go, and I cannot find the answer.


2019-10-11 郷に入っては郷に従え ―― [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「臆病者」は、多くの場合「狭量」です。

In many case, "cowards" are often "narrow".

病的なまでに時間厳守に拘る「臆病者」は、時間を守らない/守れない人間を「憎悪」します。

A "coward" who is punctually egomaniac will "hate" a person who does not / can not keep time.

借りたものを返却しない人間は、私から道具を奪った「泥棒」ですし、

A person who does not return the borrowed is a "thief" who took the tool from me,

事前連絡もなく平気で遅刻する人間は、私から時間を奪った「強盗」です。

A person who is late without prior contact is a "robber" who took time away from me.

-----

しかし、世の中には、時間を守らないことに対してそれほどの罪悪感がない人がいますし、

However, there are people in the world who are not so guilty about not keeping time,

他人が時間を守らないことに対して、恐しく寛容である人もいます。

Some people are terribly tolerant of others not keeping time.

そして ―― 国民レベルで、そういう「寛容性」を発揮している国もありました。

And ―― Some countries have demonstrated such "tolerance" at the national level.

30年前に、大陸(中国)や半島(インド)を一人旅をしている最中、私はずっと怒り続けていました。

30 years ago, I was always angry while traveling alone on the continent (China) and peninsula (India).

しかし、私一人が激怒したところで、(当時で)合計20億超の人間の全てを変えることなど、できる訳ありません。

However even if I was furious, I couldn't change all minds of the 2 billion people at that time.

郷に入っては郷に従え ――

"Do at Rome as the Romans do"

大陸や半島にあっては、変わるべきだったのは「私」の方でした。

On the continent and the peninsula, it was "me" who should have changed.

しかし、それができないところに、「狭量の狭量たる業(ごう)」を感じずにはいられません。

However, it cannot be helped that "a narrow is just a narrow"

(続く)

(To be continued)


2019-10-10 なお安心ができない ―― [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

仕事中とは言え、非日常を楽しめないことは、誰が見ても「損」なことなのだろうと、自覚しています。

I realize that I am not able to enjoy an extraordinary life, even while at work, is a "unhappiness".

しかし、私は、そのような非日常の時間の中で、自分の想定外のことが発生することが、酷く「怖い」です。

However, I am terribly "scary" that something unexpected happens in such extraordinary time.

I know the fact that "failure is a property".

それでも「失敗」というのは基本的に「痛い」ものです。

Still, "failure" is basically "painful".

過去で貴重な財産となっていたとしても、未来では可能な限り受けとりたくないもの ―― それが「失敗」です。

Even if it was a valuable asset in the past, it is something that I do not want to receive as much as possible in the future. That is "failure".

-----

上記の「怖い」「痛い」を纏める形容詞があるとしたら、「臆病」でしょうか。

If there is an adjective that expresses the above "scary" and "pain" together, it would be "coward".

■考えうる事前シミュレーションを行い、

- Even as if I perform possible advance simulations,

■思いつく全ての対策を施し、

- Even as if I prepare all the measures you can come up with,

■なお安心ができない ――

- I can't rest assured.

まさに、私は、「臆病者」の優れたサンプルと言えます。

Indeed, I can say that it is an excellent sample of "coward".

私が、どれくらい「臆病者」かというと、

How much "coward" I am,

■国内出張では、出張先までの経路で発生する人身事故を「2箇所」想定してしまい、

- In domestic business trips, I assume "two places" of personal accidents that occurr on the route to the destination.

■海外出張では、現地に到着すると、その足で翌日の打ち合わせ会場まで、実際に徒歩で歩いていってしまうくらい

- In overseas business trips, after I arrive at the site, I will actually walk on foot to the meeting venue of the next day.

です。

Indeed, the reason why I hate "personal accident" is a natural enemy against "coward".

(続く)

(To be continued)


2019-10-09 ―― もったいない話だ [長年日記]

私は、自分のことを『いつも気持ちに余裕がない』と思っています。

I think of myself as "I can't always relax for anything"

目の前の仕事の課題は、できるだけ早く潰したいと思ってしまいます。

I want to get rid of the tasks at work in front of me as soon as possible.

出張などでも、現地の特産品(食事等)を楽しむ余裕がありません。

Even on a business trip, you can't relax to enjoy local specialties (meals, etc.).

海外出張では、これが、さらに顕著になります。

This trend is particularly terrible when traveling overseas.

ホテルで翌日の打ち合わせの資料に目を通しつつ、睡眠薬を飲んで(大抵の場合、時差ボケしている)、早々にベッドに倒れこむます。

While reading the materials for the next day's meeting at the hotel, taking sleeping pills (for jet lag), I will fall into bed quickly.

到着初日に開いてくれる食事会は、言葉が分からない上、時差ボケで、失神しそうなほどの苦痛です。

The dinner party held on the first day of arrival is a fainting pain for me, because I cannot understand what they are talking, and the jet lag.

一番楽しい時間は、最後の飛行機のボーティングチケットを確保してから、空港のラウンジで食事を食べている時だったりします。

The most enjoyable time is when I have a boarding ticket for the last plane and have a meal in the airport lounge.

勿論、私も、空き時間を使って、名所めぐりなどをすることはあります。

Of course, I sometimes go around the sights using my free time.

これはこれで楽しいのですが、心の底からリラックスして、満足して、観光を楽しんでいるかというと、はなはだしく疑問です。

This is a lot of fun, but it's really a question whether I am really relaxed, satisfied, and enjoying sightseeing.

-----

―― もったいない話だ

"It's a wasteful story"

と、自分でも思います。

I think that.

(続く)

(To be continued)


2019-10-08 私は、金、名声、女では、動きません ―― 多分、動かないんじゃないかな [長年日記]

「賄賂」というのものは、その人にとって一番欲しいものを与えてこそ意味があります。

"Bribe" is only meaningful if you give it what you want most.

私は、金、名声、女では、動きません ―― 多分、動かないんじゃないかな。

Money, fame, and women don't work for me . Maybe.

「多分」というのは、これらの賄賂を受けたことがないので、分からないのです。

The reason why I say "maybe" is that I do not know because I have never received these bribes.

意外に、簡単に「転ぶ」かもしれません。

Surprisingly, you move me easily.

誰か、私に試して下さい。

Why not to try it to me?

-----

「今の私」を確実に「転がしたい」なら、次のものを合法的に持ってきて下さい。

If you move my present self, please give me the followings as bribe.

■TOEICのスコア

- TOEIC score.

■AWS(Amazon Web Service)のPVCの設定後の環境

- the environment after installing PVC of AWS

■私の持っているスマホの格安SIMを、4GPiで使えるようにする方法

- the method to use 4GPi communication device using my cheap SIM

■設定後の、RTKの基地局デバイスと受信側デバイスのペア

- the installed both RTK base station device and receive device

これらをくれる/やってくれるなら、今の私なら、簡単に「転び」ます。

If you realize them, you can move my present self soon.

-----

ただ、まあ、私を「転がす」ことができたとしても、何かできるのか、分かりません。

However, even if you can move me, I don't know what your merit is.

私ですら「見返り」が分からないくらいです。

Above all, I want to know the return.


2019-10-07 ―― 大量の失敗は、貴重な財産 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ここから導かれる結論は、明快です。

The conclusions given from here are clear.

―― 大量の失敗は、貴重な財産

"A large amount of failure is a valuable property"

です。

繰り返しますが、これは「精神論」ではありません。

I don't say this is a "spiritual strength".

中学生の数学(確率と統計)から、簡単に導くことのできる「事実」です。

It is a fact that comes from math(odds and statistics) in a junior high school class.

-----

冒頭の話に戻ります。

Back to the opening.

―― 稼動確認後の短かいテストプログラムを、消去せずに残しておくこと

- Leave a short test program after confirming operation

という私のお願いは、「不完全な完成物(形容矛盾していますが)こそが、貴重な財産になる」という私の経験に基づきます。

This request of mine is based on my experiments of "inefficient completed goods (preposterous epithet) are valued properties".

特定の環境下でのみ動作する完全な完成物など、私に言わせれば「ゴミ」なのです。

"Efficient completed goods" under an specified environment are just garbage for me.

-----

私は、今回の新連載で「『最初から、全ての地雷を踏み続けてきた私の経験に基づく』AWSの解説」を試みる予定です。

In this new series, I will try to write a text book of "How to make system by AWS", based on my experiments with stepping on a land mine from the start point.

私が「ゴミ」と断じた書籍よりは、役に立つものにしたいと思っています。

I will make it more useful than the books I have decided as garbage.

もし、そうでないものになれば、思いっきりディスられる覚悟があります。

If not so, I have to be criticize by not only the authors but all readers.

私は、「ゴール」からではなく、「スタート」から語る技術の読本は、きっと多くの技術者の助けになる、と信じています。

However I believe that the book which is written from the start, not from the end, is going to be helpful for many engineers.