2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|

2018-06-20 『メールが使えなければ、電話を使えばいいじゃない?』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「キラーアプリ」を文字通りの解釈すれば、「殺人アプリ」です。

"Killer application" is "application to kill someone" in the literature.

「殺人アプリ」であれば、すでに存在しています。

The application has already existed in the world. They are

■メールシステム

"E-mail system", and

■Webシステム

"Web system"

です。

この2つのシステムを潰せば、社員は簡単に殺せます。

I can kill workers easily, just if I destroy these two systems.

近年は、情報漏洩の問題があって、メールシステムのサーバやインタフェース(メーラ等)は、社内システムを経由しないと、一切使用できないよう、徹底的な制限がかけられています。

Recently, the operation of both e-mail system and Web system are thorough restricted by authorities (companies) by the intra-system.

ということは、社内システムを「潰せ」ば、社内での連絡は勿論、顧客との連絡も取れなくなり、事実上、通信手段が断たれ、業務ができない状態に追い込まれます。

That means that if someone "crush" the intra-system, we will not be able to contact any customer and colleagues. As a result, communication are broken, and we cannot continue the work.

この結果どうなるか?

What will be the result of this?

連絡が取れないので、相手側から見れば、「約束を破った」「納期を破った」―― と、信用を失うことなります。

We can not contact anyone, and we will lose my credit because the customers come to think "he/she broke promise" or "he/she broke delivery time".

-----

最近、システム移行に伴う障害で、何日間もメールが使えないという状態になりました。

Recently, due to the failure caused by system migration, I felt into a condition that I could not use mail for days.

あの恐怖を、文章は勿論、口頭すら説明するのは難しいです。

It was difficult to explain that fear, not only in sentences but also orally.

『メールが使えなければ、電話を使えばいいじゃない?』

The phrase of "If you do not have e-mails, you can use the phone? "

は、私に、世界でもっとも有名な、歴史的捏造フレーズの一言を思い浮かべさせます。

makes me think of one word of the most famous, historical fabricated phrase in the world.

『パンがなければ、ケーキを食べればいいじゃない?』

"If you do not have bread, you can eat cake? "

-----

この場合、私達は、どこに向かって、「襲撃のデモ行進」をしていけばいいんでしょうか。

In this case, where should we go "demonstrate march of attacks"?

少くとも、会社には『宮殿』はありません。

At least, there is no "palace" in the company.


2018-06-19 ―― キラーアプリは何だ? [長年日記]

―― キラーアプリは何だ?

"What is a killer application?"

私のようなITシステムやサービスの研究員にとって、この言葉は、いつだって「呪い」のようなものです。

For IT service researchers like me, this phrase is always about to curse.

「キラーアプリ」とは、

A "killer application" is that

■今までにない斬新なアプリケーションまたはサービスであって、

a amazing service or application that we have never before

■他社が安易に真似することができず、

a difficult service or application to realize for other company, and x

■顧客吸引力が脅威的に高いもので ――

an attractive service or application to have the ability to pull in more customers

要するに、「儲かって笑いが止まらないアプリ」のことです。

In short, service or application to laugh all the way to the bank.

「上(上司/幹部/社長))」は「キラーアプリ」を100万回も連呼していますが、私が記憶している限り、具体的な「キラーアプリ」を出して見せた人はいません(私を含めて)。

Executive class and boss shout repeatedly "killer application", however as I know, nobody has showed their own "killer application" before.

それくらい「キラーアプリ」は、難しいものなのです。

I think that I don't want anyone to say "killer application" easily.

-----

最近では、「キラーアプリ」と同じ趣旨で(少くとも私にはそう見える)「イノベーション」なる言葉も頻用されています。

Recently, The word "innovation" is likely to use easily, by the same "killer application".

で、笑ってしまうことに「イノベーションの作り方」などという講習会が開催されています。

Laughable, there is a lecture of "how to make an innovation" in the world.

―― 「イノベーションの作り方」なんぞどーでもいいから、アンタの考える「イノベーションの内容」を教えてくれ

"I don't care of "how to make an innovation" at all. please show me the "content of your own innovation"

と・・・、これも以前書いた記憶がありますので、もう、やめます。

Well I will stop writing it anymore, because I had written it before.

(続く)

(To be continued)


2018-06-18 ―― 組織に生きる、男たちの粋様(いきざま) [長年日記]

Previously, I enjoyed watching the animation based on the comic "ACCA 13 district inspection department".

この時に見た、このコンテンツのキャッチフレーズが、なんとも、私には新鮮に感じられました。

At this time, the catch phrase of this content made me felt fresh.

―― 組織に生きる、男たちの粋様(いきざま)

"Living in the organization, the men's elegance

-----

『かっこいいなぁ~』と思いました。

I felt "it is cool".

今どき、「組織に生きる」なんて言い方をすれば、時代錯誤のおっさんか、と思われる時代です。

Right now, if you say "live in the organization", you seem to be an old anachronism man

それに、そのようなポリシーを持っている人であっても、それを公言することを憚られる雰囲気があります。

And even if someone has such a policy, they seem to be impatient to profess it.

-----

一方、

On the other hand,

―― 家族に生きる、男たちの粋様(いきざま)

"Living in the family, the men's elegance

というのも、それが「本心」であったとしても、なんとなく気恥かしい感じがします。

Even if it is "true", I feel somewhat shy.

そもそも「家族」と「粋」は、どうも相性が悪い感じがします。

In the first place, "family" and "elegance" have a bad compatibility.

-----

私の場合、ティーンの頃から、一貫しています。

In my case, I have been consistent since teens.

―― 私(の為)に生きる、私の粋様(いきざま)

"Living for me, the men's elegance

この一択ですね。

Just one choice for me.

まったく、『かっこよく』はありませんが。

Of course, it is no "cool" at all.


2018-06-17 『あ~、会社行きたくないぁ。今夜燃えてしまわないかなぁ~』 [長年日記]

『あ~、会社行きたくないぁ。今夜燃えてしまわないかなぁ~』

I muttered "Oh, I do not want to go to the company. I wonder if it will burn tonight"

と呟いたら、

「いい大人が、そういうことを言うのはやめて欲しい」

"Be more mature"

と、長女に嗜(たしな)められました。

My daughter reproved me for my carelessness.


2018-06-16 「スマートキー」ごときで狼狽(うろたえ)る人間(私) [長年日記]

嫁さんの実家での移動を確保する為、空港でレンタカーを借りて移動手段としていました。

In order to keep the movement at my wife's parents house, I rented a car at the airport and used it as a means of transportation.

ところが、車を借りる度に、私の感性が、「スマートキー」というモノを拒絶することに、苦労させられました。

However, every time I borrowed a car, my sensitivity gave me a hard time refusing things called "smart keys".

「スマートキー」とは、自動車が、そのキーを所有する人間を「オーナー(所有者)」であると認めるものに対して、鍵の操作なく、全ての操作(開錠/閉錠/エンジンのスタート)を許すものです。

A "smart key" is a function that allows an automobile to recognize a person, who owns the key as an "owner". It enables the owner to allow anything (unlock / lock / engine Start) without the ordinal key's operation.

車の操作がとてもラクです。

The "smart key" gives us easy operations about cars.

-----

しかし、この「スマートキー」を他人に奪われたら、自動車を奪われたも同然じゃないか ―― とも思ったのですが、それは、これまでの普通の鍵でも同じです。

Firstly I thought if I was robbed of this "smart key" by another person, it means "I was robbed of the car itself". however, I noticed that it was same even if I use the ordinal key.

よく考えれば、従来も、「鍵の所有者は、自動車の所有者(オーナー)である」と認定された上で、自動車の操作をしてきたのですから、別段、何も変っている訳ではありません。

When I think that carefully, nothing has changed anything else, because "the owner of the key is equal to the owner of the car," and we have manage the cars.

寧ろ、「スマートキー」は、普通の鍵と違って、簡単には複製が作れない分、盗難の心配が格段に少くなった、とも言えます。

Rather, unlike ordinary keys, a "smart key" can not be easily duplicated, so t fear of theft has drastically decreased.

どう考えても、「スマートキー」は、従来の鍵に比べて、基本的には圧勝しているのです。

Whatever I think, a "smart key" is basically winner more than the ordinal key.

しかし、この「違和感」だけは、どうしようもありません。

However, it cannot be helped about "uncomfortable feeling".

-----

で、多分、パソコンやスマホやメールを使わない人にも、この「違和感」があるのだと思います。

So, perhaps, persons who does not use personal computer, smartphone or e-mail, I think that there is "uncomfortable feeling"

そして、従来のシステムを使用してきた人間ほど、その「違和感」は大きい ――

And, the elders who used the conventional system, feel "uncomfortable" on a large scale.

つまり、高齢者は、高齢であるから、という理由だけでなく、

In other words, elderly people are not only because they are elder,

従来のシステムを使い続けてきた時間が長いから、新しいシステムへの移行が難しい

but also it took a long time to use a conventional system. Therefore it is difficult to change to a new system

―― ということなのだろう、と思いました。

I thought that it would be that.

-----

「スマートキー」ごときで狼狽(うろたえ)る人間(私)が、

A person (I) who feel uncomfortable with "smart key"

「メール」を使わない人間どうこう言う(批判する)ことは、

cannot criticize the persons who do not use "email".

『全くもって、おこがましい』

I also think "it is ridiculous".

と、この私でも思います。


2018-06-15 ―― おまえ、何の為に、この研究所に存在しているんだ? [長年日記]

「政府は12日、科学技術について日本の基盤的な力が急激に弱まってきているとする、2018年版の科学技術白書を閣議決定した」 ――

"The government decided on the White Paper on Science and Technology of the 2018 edition at the Cabinet meeting, saying that the basic force about science and technology in Japan is drastically weakening on the 12th.

という記事が掲載されていました。

The article was published in a newspaper.

『秋葉原』といえば『電気街』と言われていた時代から、今のような『気持ち悪い街』(主観に因ります)に変ってきた頃から、この状況は始まっていたと思うのですが、

I noticed that this situation had begun when "Akihabara" changed into a "disgusting city" like this one (depending on your subjectivity) from so-called "electric town".

私が、この自体に気がついた決定的な事件は、

The crucial incident that I noticed that was,

『若い研究員から、データ処理用のスクリプトを書くように依頼された時』

"When a young researcher was asked to write a script for data processing"

です。

目が点になったのを覚えています。

I remember it well surprisedly.

『データ処理用のスクリプトについて、質問をされた時』

That was not "when a young researcher was asked me how to write the code"

ではない点が重要です。

----

―― おまえ、何の為に、この研究所に存在しているんだ?

"You. For what purpose do you exist in this laboratory?"

という言葉を飲み込んだのを覚えています。

I remember that I swallowed the phrase.


2018-06-14 会報のスポンサーをして頂いている店舗のいくつかは、Webサイトどころか、メールアドレスすら持っていなかったのです。 [長年日記]

ビットコインでも地域通貨でも、なんでも構わんから、

Whatever it is, bit coins or local currency, is O.K. so,

誰か、早いところ、電子メールに添付できる通貨作ってくれ ―― って、思っています。

I hope that someone will make a currency that can be attached to e-mails.

-----

―― 町内会の役員や班長になることは、天罰であって、

To become an officer or group leader of a neighborhood association is a fine penalty,

―― 『町内会の会費の徴収』の任務は、究極の罰ゲームである

The task of "collecting membership fees of neighborhood association" is the ultimate penalty game

と、町内会の会合で公言して、思いっきり顰蹙を買っている江端です。

I invited frowns of disgust because I publicly proclaimed the above phrases.

でも、これ、事実です。

However this is true.

もっとも、事実なら、何を言っても良いという訳でもありませんが。

Even so, it is not a good thing to say anything.

-----

電子メールで、通貨を添付できれば、送金も受金もラクラクです。

If I can attach a currency by email, I will feel easy for remittance and receipt.

これで集金という作業が減り、町内会の班長の罰ゲームを、一つ減らすことができます。

And I can reduce an ultimate penalty game of group leader of a neighborhood association

私、町内会会報の編集を担当していますが、今年から、スポンサーのお店などへの集金を作業を取り止める方針を打ち出しました。

I am in charge of editing the town association newsletter, but since this year, I have launched a policy to stop collecting funds for sponsors' shops.

―― 面倒だから

"Because it is troublesome"

この結果、広告スポンサーを激減させてしまうことになりました。

As a result, I made numbers of advertising sponsorship reduce dynamically

その代わりに紙面も半分にして、記事のほとんどを町内会のWeb掲載に持って行くことにしました。

Instead, I decided to halve the page and bring most of the articles to the neighborhood association's Web site.

-----

町内会の活動をしていると、驚くことの連続なのですが、今回も驚かされました。

Activities of neighborhood associations are continuous of surprises, and I was surprised this time as well.

会報のスポンサーをして頂いている店舗のいくつかは、Webサイトどころか、メールアドレスすら持っていなかったのです。

Some of the stores that are sponsored by the newsletter did not even have a website, even a mail address.

―― 一体、どうやって集客しているんだ?

"How are they are attracting customers?"

これを理解する為には、

In order to understand this situation, I have to accept the real that matching both

(A)Webサイトを前提としない店舗と、

(A) a store which does not assume a Web site,

(B)Webサイトの利用を前提としない顧客と

(B) a customer who is not required to use the website

(A)(B)両方のマッチングが成立している、という現実を認定せざるを得ません。

is established

このようにアナログは、まだまだ無視できない勢力です。

In this way, analog is still a power that can not be ignored.

というか、もしかしたら人類にとっては、デジタルの方が非主流なのかもしれません ――

For the human race, the digital might be non mainstream.

単に、ここ20年くらいが、奇妙な時代だっただけ、とか。

Simply, just about this 20 years, is just a strange era.

-----

で、私が今何やっているかというと、仮想通貨の勉強を始めています。

So, what I am doing now is studying virtual currency.

『町内会(だけ)で使えて、電子メールに添付できる仮想通貨を作る』という妄想に狂っております。

I am crazy about the illusion for how to make virtual currency for neighborhood association that can be attached by e-mail.


2018-06-13 「人の意見を聞かされる」ってことは、つまるところ「昆虫を食べさせられる」ということです。 [長年日記]

「人の意見をよく聞くこと」 ―― と誰もが言っていますが、私が知っている限り、それを守っている人を知りません。

Anyone talk to us "listen carefully to other people's opinions", As I know, I don't know the person who can do it.

それでも、まあ、―― 、『血液型による性格判定を信じている人』とか、『江端家に布教にくる人』などは、「人の意見をよく聞くこと」を守っているのかもしれません。

Even then, well, some kinds of people, like "a people who believes the relationship between blood-type and character" or "a propagator who comes to my house" might do it.

-----

そもそも、「人の意見をよく聞くこと」というのは「主体的に考えて動くこと」の逆相です。

Above all, "to listen carefully to other people's opinions" is a negative phase of "to take the initiative in solving problems"

『それは極論だ』という人もいるかもしれませんが、私の場合はそうなのです。

Some people might say to me "that is too extreme", however in my case, that is it.

なぜなら、

Because, I can tell you

―― 人の意見なんぞ、まともに聞いていたら、私は、特許明細書が1本も書けんかっただろう

"I had not written any patent application before even if I listened to other people's opinion carefully"

と、自信をもって言えるからです。

(ちなみに、私は、出願数100を越える、自称『王禅寺の特許製造マシン』です(分割出願、パリ条約優先権を含むカウント数)

Incidentally, I am a self-styled "patent makers at Ozenji hill" who has a record of number of applications of more than 100 (including divisional application, priority of Paris Convention)

------

しかし、「人の意見をよく聞くこと」は「フリ」としては重要です。

However, "listening to people's opinions carefully" is important as "pretending".

私はあなたの話を真剣に聞いていますよ ―― という「フリ」は、とても大切なことです。社会で生きていく為の基礎技術といっても良いでしょう。

"I am seriously listening to your story" that "pretending" is very important. It is the basic technology for living in society.

いらんトラブルを招かないように、「フリ」の技術は向上させるべきです。

To avoid getting involved in unnecessary troubles, You should improve "pretending" technology.

-----

さて話を戻します。

Let's go back to the board.

「人の話を聞く」ってことは、苦痛です ―― 少くとも私には苦痛です。

"Listening to people's story" is painful - at least I feel pain.

自分の考え方と異なるものを、一時的であれ取り込まざるを得ない状況というのは、嫌いな食べ物を無理やり突っ込まれるのと同じです。

The situation that we have to get something different from our way of thinking, even temporarily, is the same as pushing disliked food forcibly.

例えば、私達日本人は、どんなに栄養価が高くて、優れた食材であって、そして、味が良いとされていたとしても、「昆虫」を、日常的に食することは難しいです。

For example, It is difficult for Japanese to eat "insects" on a daily basis, no matter how it is nutritious excellent food ingredient.

「人の意見を聞かされる」ってことは、つまるところ「昆虫を食べさせられる」ということです。

"Listening people's opinions" is, after all, "eating insects".

だからこそ、「人の意見を聞く」ってことは、有用で大切なことです。

Therefore , "listening to people's opinions carefully" is useful and important.

「昆虫を食べる勇気なくして、"昆虫食"のパラダイムを自分の中に取り込むことはできない」からです。

"Without the courage to eat insects, it is impossible to get the paradigm of" insect food "into myself.

-----

詰まるところ、この「人の話を聞く」の問題は、「苦痛 vs 有用」の問題に帰納するです。

In short, the problem of "listening to people's story carefully" is to inherit the problem of "painful vs useful".

ですので、この問題の最適戦略は

So, the best strategy for this problem is

『人の話は、話半分で聞いておく』

"Listen to half of people's story"

となり、そして、私達の多くは、その最適戦略を日々実行している、ということになります。

And, many of us are doing its optimal strategy on a daily basis.

------

―― という本日の私の話は、話半分以下のレベル(あるいは、100%無視)で聞いて頂いて結構です。

"You can listen to my story at less than half the level (or ignore 100%)."


2018-06-12 ―― あなたは、身近に、面倒で、鬱陶しい敵を作っているかもしれません [長年日記]

私は、小さな町工場の工場長の息子で、よく父の仕事を手伝っていました。

I was the son of chief of a small town factory and I was often helping my father's work.

父の仕事は、大手の下請けがほとんどでした。

My father's work was largely subcontracted.

-----

だから、私は、高校生の時には知っていました。

So, I knew the following, when I was a high school student.

■世の中には、「力の弱い立場にいる人間をぞんざいに扱う人間」と「そういうことをしない人間」の2種類がいること

- There are two kinds of people, "a person who doesn't respect a person in a weak position" and "a person who respects anyone" in the world

■そして、「力の弱い立場の人間」は、「自分たちをぞんざいに扱う人間」に対して、その能力の最大眼を発揮しようなどとは、絶対に思わないことを

- And "the person is in a weak position" never do their best against "a person who doesn't respect them"

■それどころか、そういう相手に、可能であれば損害を与えてやりたい、とすら思っていること、を。

- On the contrary, they also want to give such opponents damage if possible.

-----

で、どうも、私の回りには、そういうことに無頓着な人間が多いような気がするのです。

So, I feel that there are many people indifferent to such things around me.

私は、『外注にやらせればいい』などというフレーズは、「仕事をお願いする人間」に対して発するものではない、と思っています。

I think. the phrase of "we can just use outsource" is not proper for "a person we will ask works"

仕事をお願いする人も、お願いされる人も、そういうことを気にしないかもしれませんが ―― すくなくとも「私」は、カチンときています。

Even both people asking work and people who are asked work, might not care. thought, At least "I" feel to get angry.

―― あなたは、身近に、面倒で、鬱陶しい敵を作っているかもしれません

"You might make troublesome and annoying enemies around you"

-----

私の視点は、いつだって「零細町工場の工場長の息子」です。

My view position is always "a son of chief of a small town factory".

私は、「力の弱い立場にいる人間をぞんざいに扱う人間」を許すほど、人間ができていませんし ―― その予定もありません。

I have no intention to allow "a person who doesn't respect a person in a weak position" and I am going to have it in the future.


2018-06-11 最近、私は「電子メール」を使えない人を、『諦めようかな』と考え出しています。 [長年日記]

町内会のような少人数の集団に、電子メールを導入して、会合などの時間を、限りなくゼロに近づけようという試みを進めていますが、思いのほか、捗っていません。

I introduce e-mail to a small group of people like neighborhood associations, and try to realize shorter time meeting. However, my this trial doesn't work well.

最近、私は「電子メール」を使えない人を、『諦めようかな』と考え出しています。

Recently, I come to give up helping people who cannot use "e-mail".

-----

そもそも、「電子メール」自体、すでにもうすでに使い古されたメディアです。

In the first place, "e-mail" becomes already old.

SNS世代にあっては、電子メールを知らない人もいるくらいです。

In the SNS generation, some people do not know "e-mail" itself.

しかし、一斉同報が可能で、もっとも単純な通信機器(携帯電話)に具備されている、音声通話以外のメディアとなると、どうしても「電子メール」になってしまうのです。

However, "e-mail" is not voice media but a device, that can broadcast, is embedded in simple cell phone.

メールが届かない人に、どうやって通知しようか ―― などと考えていると、メールを使うことの方が逆に負荷になってきてしまいます。

When I think how to notify someone who does not receive mail, etc, I notice that my trial will become overload in reverse.

また、メールの文面が作成できない人や、IMEが使えない人にとって、メールの操作は苦痛以外の何ものでもないでしょう。

Also, for people who can not create a text of the email or can not use the IME, email operation will not be anything but pain.

それは分かっているのです。

I know that.

-----

でも、私たちは、「電話が使えない人」(もちろん、知覚障害者の方は別です)を、「助けよう」と思いますか?

But, can we think "let's help people who can not use the phone" (of course, people who are blind are different)?

「諦めよう」と思いますよね。

I think we should "give up".

私は電子メールについて、「30年間」も手を差し伸べ続けてきました ―― その間、色々なことを試みてきました。

I have continued offering a helping hand for 30 years, and I have tried something.

『そういうものは使えん』と、最初から諦めてしまっている人を、これ以上、なんとかしなければなないという気持は、もはやカラッポです。

I don't have any feeling to help a person who has given up from the beginning that "I cannot use such things"

-----

「30年間」も手を差し伸ばし続けてきた私は、免責されてもいいでしょう。

I, who have continued offering a helping hand for 30 years, can be forgiven.

「電子メール」を使えない人を『諦める』とは、電子メールを使えない人を、コミュニティの外に排斥することになりますが ―― 私は、もう知りません。

"To give up helping people who cannot use "e-mail" is equal "to drive people who can not use e-mail out of the community", however, I do not know anymore.

-----

今、私が言えることは、

What I can say is now,

『私もいずれ、テクノロジー(あるいは別の理由)で、コミュニティから排斥される時がくる』

"I will also be kicked out from the community by technology (or another reason)"

『その時は、見苦しくなく、静かに、孤独の闇に一人消えていく』

"At that time, I want to disappears alone toward the darkness of solitude quietly and not ugly"

と、ここで宣言しておくくらいのことです。

I declare them here.