2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|

2017-03-25 娘に、「パパ、二日目から、いきなり顔が穏やかになったね」と言われて、「なるほど、そういうものか」と思いました。 [長年日記]

最近、家族旅行のネタばかりが多くて恐縮ですが、

Recently, I am afraid that there are so many stories about family trips,

私、今回の海外の旅で、初めてリラックスできたと思います。

I think that I was able to relax for the first time on this trip abroad.

In overseas trips, at any time, I was saving up stress with such a stance, however,

台湾の人は、とても親切でしたし、流暢ではないとはいえ、多くの人が日本語をしゃべろうと努力して頂いていることも、嬉しかったです。

People in Taiwan were very kind, and even it was not fluent, I was also happy that many people were trying to speak Japanese.

なにより、観光客を見て、ぼったぐろうとしているタクシーがいないのが、とても気持ちをラクにしてくれました。

Above all, there was no taxi driver that was trying to beat me as soon they knew that I was a foreign tourist. That made me feel very happy.

娘に、「パパ、二日目から、いきなり顔が穏やかになったね」と言われて、「なるほど、そういうものか」と思いました。

When my daughter said "Dad, from the second day, suddenly you became to have a gentle face". Indeed, I thought "it was something like that."

-----

以前から申し上げておりますが、

Although I have mentioned it before,

Between countries, the government of each country, for their own interests, will be responsible for accusations of neighboring countries.

我が国だけが、このように隣国と仲が悪いのではなく、原則、世界中どこの国でも隣国とは仲が悪いのです。

Not only Japan is bad with neighboring countries, in principle, every country in the world has bad relations with neighboring countries.

仲のよい国家は、互いに併合するので、結果的に、現存している国は、全て仲が悪い。

Because the good countries merge with each other, as a result, all the countries that do not merge, remain bad.

欧州では、有史以来、ずっと戦争を続けていて、『えーかげんにせいよ!』と、自分達で自分達にツッコミとして、できあがったものが"EU(ヨーロッパ共同体)"です(最近、また壊れ始めそうになっていますが)。

In Europe, since the prehistoric history, they continued war. so they acted both funny man and straight man, and made "EU (European Community)" as a result. (Recently, although it is likely to start to break again).

しかし、それは各国の政府と政府の話であって、私たち個人は、政府と同じスタンスを取ることはないのです。

But that is the story of the governments and governments of each country. and our individuals do not take the same stance as the government.

-----

私は、27年前に、中国の南京の近くを通過する電車の中で、

27 years ago, in a train passing near Nanjing,

『日本軍の南京大虐殺をどう思うか』

"What do you think of the Nanjing massacre of the Japanese army?"

と若者に詰めよられたことがあり、

I was stuffed by young people,

その同じ電車の中で、

In that same train,

『私たちは、これから一緒に仲良く協力していくんだよ』

"We are going to cooperate with each other as good friends"

と語りかけてくれた初老の男性(たぶん、日本軍による中国大陸の支配を体験した人)と、1時間近く話し込んだこともあります。

The elderly man spoke to me (perhaps, he who had experienced control of the mainland by the Japanese army) for about an hour.

-----

『他の国の政府の見解が、その国の大衆の見解と同一ではない』ことは、私にとっては自明のことなです。

It is evident to me that "the views of the governments are not same as the views of the public of that country".

ニュースとかネットとかの知見だけで、世界を分かったような気になる人がいることは ―― まあ、それは構いませんが、

There is a person who is concerned as if I knew the world, just with news and net knowledge, of course, that does not matter, however,

それを、ネットなどで公言するのは止めた方がいいと思います。

I think that it would be better to stop talking about it on the Internet or others, because,

少なくとも、私は、そういう人間を、悪意と軽蔑の両方で『せせら笑って』います。

at least I jeered at the persons with both malice and contempt.

(続く)

(To be continued)


2017-03-24 ―― 「納期破り」したことは、一度もありません。 [長年日記]

Before,I told you that the reason why Akutagawa Ryunosuke committed suicide leaving the word "blurry anxiety" was, I think, "fear of unemployment" based on the recession.

これは、「◯◯一筋」という ―― 世間では賞賛されがちな ―― 生き方のリスクを、表わしていると思います。

I think that this "no-nonsense xxxx", which tends to be praised in the world however, has a risk of life.

In addition, I also told you that. the programming education, which the educational site is about to promote, will help children for acquiring "one of techniques" in order to reduce unemployment risk.

それはさておき。

Aside from that.

ここから導かれる結論は、「作家」という職業は、「結構不安定な職種」なのではないか、という一つの仮説です。

The conclusion led from here is one hypothesis that the occupation of "writer" is "rather unstable occupation".

不安定な職種であるなら、その職業を維持する為に、作家は大変な努力をしなければならないハズだ、と思えます。

If it is an unstable occupation, it seems that the writer must make a hard effort to maintain that profession.

で、ここで一つの疑問が。

And here is one question.

よく、締切に迫られた作家が、現場から逃走して、編集担当者に追いかけられれる、というストーリーが、あらゆる媒体のネタとなっているのですが、

I often read or hear the story that the writer who was forced to deadline, running away and escaping from the editorial staff.

―― それって、本当だろうか?

"Is that true?"

と。

-----

少くとも、私の係わってきた世界では、「納期は絶対」です。

At least, in the world in which I have been involved, "deadline is absolute".

目標とした品質を達成してないとしても、とにかく締切までには必ずリリースしなければなりません。

Even if they do not achieve the targeted quality, they must release it before the deadline anyway.

もっとも、その納期を守らせる為、また品質を達成する為に、「発注者」の方は、定期的なフォローをし、妥協点を見い出さなければならないのは当然ですし、

However, in order to keep the delivery date and to achieve quality, it is natural that the "orderers" should follow regularly and find compromises,

そして、「受注者」の方は、納期が守れそうにないと判断した場合は、納期の延期や、品質の低下などの条件変更など、早い段階でアラートを上げなければなりません。

And, if the "contractor" person decides that the delivery date is unlikely to be protected, he/she must raise the alert at an early stage, try to change conditions like deferment of delivery date, deterioration of quality.

そのような自助努力をして、なお、納期が守れなかった者に対して、私達の社会が課す処分は明快です。

Even doing such self-help efforts, the disposition imposed by our society is clear for those who failed to keep the delivery date.

―― 以後、仕事を発注しない

"After that, nobody will order work"

それで終了です。

That's it.

-----

だから、「逃げる」「追いかける」という、作家と編集担当者の振舞いが、私にはどうにも、現実離れしているような気がするのです。

Therefore, I cannot make an image of the behavior of writers and editorial personnel,"run away" "chase after".

ただ、その作家の作品が、他の人間によっては、絶対に創成し得ないものであれば、私たちの社会の一般常識は通用せず、一方的に、作家の方の売り手市場になる、ということはあるのかもしれません。

However, if the work is absolutely unique and the others can never create the same one, the write may be allowed against anything, regardless of common sense of our society.

そういうことになると、逃亡を図ろうが、納期破りをしようが、なお、その作家の価値は下落しない、のかもしれません。

If it is common, the value of the writer does not fall by even trying to escape, trying to break the delivery date.

-----

私、ここ何年かコラム執筆をやっていますが、

I have been doing column writing for several years, however,

―― 「納期破り」したことは、一度もありません。

"there has never been "breakage of delivery date"."

私には、そんな怖いことは、とてもできそうにありません。

To me, I cannot make an image of such a scary thing at all.


2017-03-23 ―― 『キスをしよう』を連呼し続けるだけの下品な歌 [長年日記]

そもそも、私は一人でいることが好きでしたので、科学の実験や、社会見学など、グループ作業が苦手でした。

Originally, I have liked to being alone, so I was not good at group work of science experiment and field trip during the period of junior and junior-high school,

ですので、

Therefore,

―― グループ全員分を、私が一人で片づけていた

I used to finish work of all members alone.

ものです。

なにしろ、私は、高校生の時、文化祭のクラスの出し物を一人で作った、という豪の者ですから。

Above all, I was a great boy that had prepared an attraction of annual school festival alone.

さらに、クラスのメンバには、『最終日(だけ)、装飾を手伝った』という、イクスキュージを付けて提供するという、万全のアフターサービス付きです。

In addition, I presented an excuse for all of the classmate, that was "they helped decoration of the attraction", as a perfect follow-through service.

私は、自分の裁量だけで動けて、幸せ。

I was happy because I could work on my own.

皆は、何もしなくてすんで、幸せ。

The others were also happy, because they didn't do anything.

これをWin-Winといいます。

This is really "Win-Win relationship".

-----

ふと、思い出したのですが、私が小中学生だった頃、「フォークダンス」なるものをやらされていました。

All of sudden, I remember that I was compelled to do "folk dance" in junior and junior-high school.

多分、今でも、あるのだろうと思います。

I am afraid that the enforced event might continue.

私見ではありますが、あの「フォークダンス」なるものを、「楽しかった」と思える人は、それほど多くないのではないかと思っています。

In my opinion, many people seemed not to enjoy doing the "fork dance".

少くとも、私は楽しいどころか、激烈な苦痛でした。

As far as I was concerned, it was rather terrible pain to cheerful feeling.

他人と行動の調歩を合わせることが苦手だったこと加えて、私がフォークダンスを全身全霊で嫌いになったのが、確か「ジェンカ(*)」というフォークダンスの歌の歌詞です。

I had trouble in running with the teams, and moreover the reason I came to feel an aversion against "fork dance" was lyrics to a song whose name was "jenkka", as I recalled.

(*)フィンランド発のダンス音楽 Letka Jenkka(レトカ イェンッカ)

この歌の歌詞を書き下そうとしたのですが、今、ちょっと試みただけで吐き気を催してきました(本当)。

This time, I tried to write the lyrics down, however, I felt dizzy even starting to write the first phrase.

しかたがないので、一言で纏めます。

It cannot be helped, so I try to make one phrase.

―― 『キスをしよう』を連呼し続けるだけの下品な歌

"It is a vulgar song, shouting repeatedly "let us kiss""

です。

小中学生の生真面目な潔癖感を考慮しても、聞くに耐えない「無知性な」歌詞だったと思います。

Considering neat paranoiac of junior and junior-high school students, I do say that it is unspeakable an unintelligible song.

歌詞の内容が「不気味」だし、非日常だと想定しても、歌詞の内容が「頭悪すぎる」し、

The contents of lyrics is "eery", and even if the background of song might be uncommon, it is too stupid.

そもそも、これって「セクハラを助長するような歌」という認定だってできるんじゃないでしょうか。

To begin with, I think that it is possible to approve "this song might cultivate sexual harassment".

今もなお、このような歌詞の歌を聞いて苦痛に耐えながら、ダンスを踊らされている小中学生がいるかと思うと、胸が痛みます。

When I think children who feel pain with hearing this song and letting them dance, I feel a tightening in my chest.

―― と、ここまで、あの歌に憎悪の念を持っているのは、私だけかな?

You might think that Ebata doesn't have to act like this.


2017-03-22 ―― 私は、私を許せない [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

The reason why I traveled in local place overseas was for my branding strategy, and unfortunately, it had no values for many people.

そして、「頻繁に実家に連絡を入れていた」理由は ――

In addition, the reason I tried to keep in touch with my parents, was

高校生の時、私は、大学の受験の後、家に連絡を取らずに、北海道を2週間くらい(軍資金2万円くらい)で、ヒッチハイクの旅をしていたことがあり、

When I was a high school student, I took a journey as a hitchhiker around Hokkaido Prefecture whit just 20,000 yen.

実家は勿論、親戚中でも騒ぎになり、大学に入学してからは、この信用回復の為、必死だったからですが ―― それ以上に、「私」の方に理由がありました。

I caused trouble for not only my family but also relatives, so I had to regain trust earnestly. and more over there was a serious reason for my part.

私が、大学の休みの帰省中に、一人で街をブラブラしていた時、私の母が事故に遭遇して、瀕死の重態になり、集中治療室で死線を彷徨っていたことがありました。

When I went back to my country house during the college vacation and lounge in the town, my mother encountered an accident, was mortally injured, and struggled against death with being treated in an intensive care unit.

まだ携帯電話というものが、今のように普及していなかった時代のことであり、このことで、誰も私を責めることはない、ということは、分かっています。

It is a time when mobile phones were still not popular as it is now, so I know well no one would blame me.

それでも、あの時の恐怖と後悔は、今でも私の心に、回復不能の深い傷を ―― 生きながらにして、腕や脚を切り落とさたかのような激烈な痛みとともに ―― つけていきました。

Still, fear and regret at that time still left me a deep unrecoverable wound in my heart, with intense pain like cutting off arms and legs while living.

だから ―― 身近な人間が死線を彷徨っている最中に、のんきに異国の街を旅していたとしたら、多分

So, if I were traveling in a foreign city to carefree, while familiar people were wandering around death, Maybe,、

―― 私は、私を許せない

"I can not forgive myself"

それが、私が、電話もないような異国の村から、必死で連絡を取ろうとしていた理由です。

That's why I tried desperately trying to get in touch from a foreign village, where there was no phone.

閑話休題

Quiet tapestry.

-----

話を戻します。

Let me go to the broad.

オッサンたちの「俺の若いころはな・・・」は、「お前たちは、いいなー」の裏返であることは間違いありません。

The old men's "when I was young..." is definitely reversing "I envy you".

しかし、「お前達のような恵まれた環境もなく、今の立ち位置まで来たこの私を、お前達はもっと、褒めよ、称えよ」と言っている ―― とまでは、さすがに、思っていません。

However, I don't think that the old men's intention is "you should praise me more and honor me more, because I can come up to the present position without privileged circumstances like you"

多分、オッサンたちには、若い人たちとしゃべる共通の「ネタ」がなくて、こういう話題しか提供できなくて ―― まあ、「可哀想な奴」なのですよ。

Perhaps they don't have common "stories" to tell the young people, and what they can is to offer only such a topic, In other words, they are "poor guys".

とは言え、オッサンの努力不足は責められても、良いでしょう。

However, the lack of their effort should be blamed.

オッサンと言えども、普段からネタ仕込みは大切ですよ ―― 人身事故とか、人工知能とか、ダイエットとか、原発事故とか、コーランとか、優生学とか、不妊治療とか、

Even though you were an old man, it must be important to make effort to get topics everyday, - Injury or death, artificial intelligence, diet, nuclear accident, Koran, eugenics, fertility treatment, etc.etc.

まあ、どえらい「スベり方」をするかもしれませんが。

The topics might make them cold.

-----

いずれにしても、あなたは、別段、飲み会で、そのオッサンの話を真面目に聞いてやる必要なんぞありません。

In any case, you do not need to listen to the old man's story at a drinking party seriously.

鬱陶しかったら、さりげなくトイレに立ち、そのまま別の席に移動してしまいましょう。

If he is stunned, you stand on the toilet casually, and let you move to another seat.


2017-03-21 『なんで、そんな辺鄙なところを旅していたの?』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ホテルの無料WiFiサービスを使うので、通信料は実質タダ。通話時間も気にする必要がありません。

The communication cost was free of charge because of free Wifi of the hotel. So she didn't have to take care of duration of call either.

そもそも、彼女たちには、「国際電話」という概念すら存在していないのかもしれません。

To begin with, they might not have the concept of "international call".

-----

―― 「俺の若いころはなぁ」

"When I was young, "

■電話が普及していない途上国の村に旅をして、

I visited a underpopulated village at a developing-country, telephones didn't become common,

■村で唯一の電話があるところが、その村の郵便局だけで、

the place where there was a telephone was only the post office in the village,

■その郵便局で、現地の言葉で、「電話を使いたい旨」を申し出て、

I asked them to use the telephone in the local language,

■その郵便局で、1時間くらい待たされた後、

I waited in about for an hour,

■今度は交換手に対して「Tokyo Operator Please!!」と何度も叫んで、

I shouted at the operator "Tokyo Operator Please!!" again and again,

■交換手に、電話番号を告げて、

I told the next operator my call number of my country house.

ようやく、実家との電話が可能となったものだ

I could talk to my parents,finally.

-----

しかし、こんな話をすれば、ポカンとした顔をされて、

However, if I talk about this, I will get a blank stare,

『なんで、そんな辺鄙なところを旅していたの?』

"Why were you traveling such a remote place? "

とか、

or

『なんで、いちいち、実家に電話を入れていたの?』

"Why were you calling parents' house so often? "

と、問われるに決まっています。

They bound to ask me the above.

(続く)

(To be continued)


2017-03-20 ―― 「俺の若いころはなぁ」という切り口で語り始める、オッサンにだけはなるまい [長年日記]

私には、

I have a word of honor that

―― 「俺の若いころはなぁ」という切り口で語り始める、オッサンにだけはなるまい

"I will not make me an annoying old man who begins to talk a story from the phrase of "When I was young....""

という誓いがあります。

こういうオッサンは、心底、鬱陶しい(うっとうしい)からです。

Such old men are really annoying many people.

自分の過去の苦労を認めて貰いたいという気持ちは ―― 特に今の私には ―― 理解できます。

I, who is one of old men, can understand the feeling of the old man, who wants to craves other approval of burdens of his past.

しかし、そのような苦労話は、「話す方は娯楽」であるが、「聞く方は苦痛」という非対称性の性質があり、

However, such hard luck story has a asymmetric feature that "people who speak it, is fun" and "people who hear it, is hell"

そして、大抵の場合、オッサンの側に「権力」(指導員とか上司とか幹部であること)が集中しており、

In many cases, the side of the old man (including mentors, bosses and executives) has a power.

加えて、若い人は、「あんたの飲み会の誘いに乗るくらいなら、家に帰ってゲームでもやるわ」ということになり、結局、オッサンも不幸になります。

In addition, the old man is also going to be unhappy, because the younger escape from him with saying "I would rather play a game in my room to go drinking with you"

-----

先日、家族で台湾に旅行をしてきたときの話です。

This is a story of family trip in Taiwan last month.

4人用の部屋がなかったので、私達は2人用の部屋を、2つを確保して、宿泊をしていました。

Our hotel had no quarter room, so we reserved tw0 double rooms.

ホテルに戻って、1つの部屋に集って、次の日の行動プランを、家族で話していた時のことです。

When we went back to the hotel at night, and gathered together in one room to talk about action plans for the next day,

<長女>のスマホが鳴って、長女が、スマホを掴んで、隣りの部屋にかけこんで行きました。

the senior daughter's smart-phone started ringing, and she rushed to the next door, grasping the phone.

なんでも 「LINEから、友人の大学の合格の報せが入ってきた」とのことで、隣りの部屋で、LINEフォンを使って、日本にいる友人と話し込んでいたそうです。

She said "from LINE, a report of my friend's passing the university was coming in", and she used a LINE phone and talked with a friend in Japan.

―― いいなー、と思いました。

I thought I envy her.

(続く)

(To be continued)


2017-03-19 番外編の予定があります。 [長年日記]

連載「人身事故」シリーズが終了しましたので、現在、アンケートの募集は中止しております。

Since the serial series "personal injury" series has ended, recruitment of the questionnaire is currently canceled.

今回のリリース後に、メール頂いた方には大変申し訳ないのですが、当方からご送付できる原稿がありません。

I'm very sorry for those who emailed me after this release, but there are no manuscripts that can be sent from me.

悪しからずご了承下さい。

I hope you understand.

-----

ただ、番外編の予定があります。

However, there is a schedule of the extra edition.

ですが、この番外編、インタビューに応じて頂けるかどうかにかかっていて、企画として成立するかどうか不明です。

However, this extra edition depends on whether an interview can be accepted, and it is unknown whether it will be established as a project.

企画倒れとなりましたらご容赦下さい。

Please forgive me when planning collapses.

また、その時点において、インタビューに応じて頂いた皆さんのメールアドレスリストは、最初のお約束通り、記憶媒体から全て抹消致しますので、御安心下さい。

Also, as promised first, please be assured that everyone's email address list that you accepted at that time will be deleted from the storage medium.


2017-03-18 「パパが偉そうに説教しているので、笑ってしまった」 [長年日記]

The other day, I released the final round of the accident series of injuries.

しかし、最近、私の家族が、私のコラムを全然読まなくなりました。

However, recently my family has not read my column at all.

人身事故もAIも、彼女らにとっては、あまり読みたいと思える内容ではないから、仕方ないとは思いますが。

It cannot be helped that they are not interested in both "personal injury" and "AI "

-----

しかし、今回<次女>に、無理矢理読ませて、感想を尋ねたところ、

However, when I forced my second daughter to read this comment and asked for impressions,

"I laughed the phrases you pretended to be great"

と言われてしまいました。

She said that.


2017-03-17 「私の人生など、結局、世の中を1mm足りとも動かすことはなかった」という諦観 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

自分が生きている間に、「国家」というシステムに、自分の思想や理想というプログラムを、力づくでインストールしようと無茶をします。

While they are alive, they try to install some programs whose names are "thought" or "ideal" to systems whose name is "nation" with force.

インストールが上手くできないと、システムの一部(または全部)を壊しででも、それを無理矢理やろうとします。

If the installation is not done well, even if they destroy part (or all) of the system, they will try to do it.

そして、「その方が絶対に良くなる」と叫び続けるだけで、客観的な根拠もデータも示さず ―― それどころか、それが上手くいないと、自分以外のものに責任を求め始めます。

What they do is, to just keep on shouting that "this way will be absolutely better" without any objective evidence or data. On the contrary, if it doesn't work well, they will start asking defects for others except for themselves.

その結果の着地地点が、「圧政」「侵略」「粛清」そして「虐殺」です。

The final terminals are "coercion","invasion", purge" and "massacre".

-----

思想や理想、そして、ホームページや、戦艦のプラモデルや、そして美少女フィギュアも、

We should prepare ourself for close out any thought, ideal, and web-site, plastic model and doll

自分が死ぬ時に、一緒に「処分する」という覚悟を持つべきです。

when we are dead at the same time.

「私の人生など、結局、世の中を1mm足りとも動かすことはなかった」という諦観こそが、

A philosophy of "My life, struggling against the world, was in vain"

後世の人間を「幸せ」にする ―― かどうかは、分からないですが、

is doubtful whether will make people in the future happy. however,

少なくとも「不幸」にしないことは保証します。

I assure that the philosophy will not make them misery.

-----

「思想や理想を永遠としたい」と考える人間がいなければ、勃発せずにすんだ戦争は沢山あり、死なずにすんだかもしれない数千万人の人がいます。

Unless there was peoples who believed in their thought and ideal eternally, more than several tens million people didn't need to be killed by war.

大量の美少女フィギュアだって、処分の為に不燃物としてゴミ業者に頼めば、お金はかかるのです。

Even a large number of beautiful girl dolls will cost money, if asking trash merchants as incombustible for disposal.

あなた以外の、誰かのお金が。

Someone's money, not yours


2017-03-16 ―― 理想を極めようとすると、思想的に「右」であれ「左」であれ、すべて「国家」に帰着する [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私の死後には、私のWebサイトは放置されて、レンタル費の未納や、会社の統合や倒産によって、全て消えてなくなるはずです(次女が引き継ぐ、という話もあるようですが)。

After my death, my web site is going to be left, and deleted by unpaid rental fees or bankruptcy or merger of the company.

アイドルの写真集、戦艦のプラモデル、美少女フィギュアなどの有体物も、原則として同じです。

Photo collections of idols, plastic models of battle ship, and dolls of animation heroin also follow the same path, as a rule.

自分と完全に同じ価値観をもつ人が、後継者になるという幸運でもない限り、それらの蒐集物のほとんどはゴミとして廃棄される運命にある、と思います。

Only if you have the fortune to find a people who can share the same values of you, and will become your successor, your collections could avoid to ne be doomed to be scrapped.

無体物であれ、有体物であれ、自分の生命と同時にそれらの価値は消滅する ―― これが基本原則です。

Whether it is intangible or tangible, the values disappear as soon as your own death - this is the basic principle.

-----

ところが、

However,

―― 自分の死んだ後にも、自分の価値観が永遠に続いて欲しい

"I want my own values to last forever even after my death"

という「無理のある願望」を維持したいと考える諦めの悪い人が、その価値観を運ぶ乗り物として「国家」というものを持ち出してきます。

A person, who wants to maintain the "impossible desire" and never give up, will bring out a thing called "nation", as a vehicle carrying that value.

誰かが言っていましたが、

Someone said that,

―― 理想を極めようとすると、思想的に「右」であれ「左」であれ、すべて「国家」に帰着する

"If trying to make the ideal, it comes to result in "nation", whether ideally "right wing" or "left wing""

というのは、けだし名言だと思います。

I think that it is a fame statement.

そんでもって、そういう諦めの悪い人たちが、「国家主義」とかいう「理想の『乗り物』」を作り出そうとして、大抵の場合、その「理想の『乗り物』」は、―― 内容の是非に関係なく ―― いらんことを起こすわけです。

In addition, those people who never want to give up, begin to create a ship for the "ideal" that name is "nationalism ". In many case, the ship will cause an irritation, regardless of the contents.

例えば、「1000年王国」とか、「八紘一宇」とか、「文化大革命」とか。

For example,"Kingdom of 1000 years", "Hakkou Ichiu" or, "Cultural Revolution".

ここで言う「諦めの悪い人」とは、必ずしもその思想の創作者とは限りません。

This means, "the person who never give up" is not only a founder.

むしろ、当初の理念を、自分たち(権力など)に都合のよく改造したい人たちの方が該当すると思います。

But also. I think "the person who wants to alter the interpretation of the original ideal and use it " corresponds to this case.

-----

まあ、いずれにしても、

Anyway,

―― 自分の信じる思想や、追求する理想は、自分の死とともに消滅する

"A thought I have believed or a ideal I have pursued is going go be lost. when I am dead."

そういう覚悟のない弱い人間たちが、「国家」にすがって生き残ろうとします。

Such weak people want to survive with using the concept of "nation".

(続く)

(To be continued)