2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-11-16 私、修学旅行の宿泊先で、就寝時間になると、真っ先に寝てしまう生徒でした。 [長年日記]

私、修学旅行の宿泊先で、就寝時間になると、真っ先に寝てしまう生徒でした。

At the school trip destination, I was a student who first slept asleep at bedtime.

夜に騒ぐというイベントが嫌いという訳ではなく、クールに装いたいという中二病的発想でもなく、単に「睡眠不足」が嫌だったのです。

I did not dislike the event that makes noise at night, and I didn't want to pretend to be an adult. I just dislike "sleep deprivation"

吐き気や頭痛なく、寺院や風景を楽しみたかった ―― それだけです。

I wanted to enjoy the temple and the landscape without nausea and headache - that's all.

My behavior was demonstrated at skiing events with college colleagues, and my only skiing memory was skiing.

それはさておき。

That's aside.

-----

先日、茨城の研究所で研究発表会が開催されました。

The other day, my company's research presentation was held at a laboratory in Ibaraki prefecture.

私、その発前日の前日に、デモシステムの設営の為、会場入りをしていました。

I was entering the venue for the setup of the demonstration system the day before.

翌日もシステムの説明員をする必要があったので、その日は現地のビジネスホテルに宿泊しました。

As I needed to explain the system the next day, I stayed at a local business hotel at that night.

ビジネスホテルに入った後も、会社のメールボックスに、面倒な案件が入っており、その案件を片づけるのに、電話やらメールやらをかけまくっていました。

Even after entering the business hotel, troublesome projects were included in the company's mailbox. In order to clear up the matter, I was sending phone calls and e-mails.

-----

ようやく、それらを片づけた後、私は旅行用スーツケースの中から、自宅のPC(デスクトップ)を引っ張り出して、ホテルの机の上でシステムを組み立て始めました。

Finally, after clearing them, I pulled out my home PC (desktop) from the travel suitcase and began assembling the system on the desk of the hotel.

趣味のシミュレーションを作ったり、コラムの図面を書くには、自宅PCがどうしても必要だったからです。

It was because my home PC was absolutely necessary to make a simulation of my hobby and to draw a drawing of a column.

問題は、ディスプレイなのですが、最近のビジネスホテルのテレビは、PC用のデジタル/アナログ端末を具備しているので、大抵の場合はディスプレイとして利用することができます。

The problem is "display", however, recently most business hotels has a television with digital / analog terminal for PC, and it can be used as a display.

今回宿泊したホテルも、しょぼいサイズのテレビでしたが、ちゃんとPC用の端子を持っていました。

At The hotel we stayed at this time, the TV had a terminal for PC properly. even it was small size.

ところが ――

However,

デジタルも、アナログも、全く表示ができなかったのです。

Neither digital terminal nor analog terminal could display at all.

(続く)

(To be continued)


2018-11-15 『パソコン程度の機械を扱えない大臣に、"有能"とか"努力家"という言葉は似合わない』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、サイバーセキュリティを担当する大臣が、

The minister in charge of cyber security, should know

■システムがウイルスに汚染されて、ファイルの幾どが壊滅状態になる

"a system is contaminated with viruses, some of the files get destroyed"

■自分のパソコンから、攻撃用の通信パケットが無制限に発射され続ける

"communication packets for attack continue to be launched indefinitely from my personal computer"

■オペレーティングシステムが乗っ取られて、特権ユーザモードになっても、自分のシステムに入れなくなる

"my operating system has been hijacked, and even if I am in privileged user mode, I can not enter my system"

という、地面がグニャリと曲る感覚と、吐き気と貧血で、気を失いそうになるほどの「あの恐怖」

These fears, that make me faint with nausea and anemia, the ground come to turn with a gray,

を知っている人でなければならない ――

などと、狭量なことを言うつもりはないのです。

I do not mean narrow things with such as the above.

それは、「戦場の地獄を体験しなければ、国防を担当できない」という暴論 ――

Because it is wild view of "If you do not experience hell in the battlefield, you can not be in charge of defense."

「文民統制(シビリアンコントロール)の否定」と同じことだからです。

It is the same as ""Denial of civilian control"

-----

私の言っているのは、もっともっと低レベルの話です。

What I am talking about is a much lower level story.

そもそも、今時、「パソコンを打たない」というのは、「鉛筆を使わない」ことと同義といっても過言ではありません。

First of all, I think that it is not an overstatement to say "to not hit a keyboard" is same with "not using a pencil".

At the moment, a boss who try to convey my intention to his subordinates without using mail (or SNS), is "anti-government guerrilla" against "working way reform". Clearly, She/He is a "terrorist".

(もっとも、パソコンは打たないけど、スマホでメールやSNSを使っている、というのであれば、上記の内容は撤回し、担当大臣にお詫びする所存です)

(However, if the minister is using email or SNS with a smartphone, although he do not hit a keyboard of a personal computer, I will withdraw the above content and will apologize to the minister in charge)

-----

私の個人的な所感ではありますが ――

Although it is just my personal impression - I think,

『パソコン程度の機械を扱えない大臣に、"有能"とか"努力家"という言葉は似合わない』

"For a minister who can not handle machines like personal computers, they don't suit "competent" or "effort ".

と、私は思っています。


2018-11-14 「パソコンを打ったことがない人」が、我が国のサイバーセキュリティを担当する大臣である、ということに、最大級の不安を覚えます。 [長年日記]

私は、内閣を構成する"大臣"と言われている人が、有能であることを知っています。

I know that those who are said to be "ministers" constituting the Cabinet are competent.

そして、大臣の多くは、勉強家で、努力家であり、

And, many of the ministers are studying, endeavoring,

休日も深夜も関係なく、『働き方改革』の方針を完全に無視するような、ワーカホリックな働き方をしていること(と、その周辺の人にも強要することになっていること)を知っています。

regardless of holiday or late night, they have been workaholics that completely ignores the policy of "work way reform" (In additon, they have enforced to the surrounding people)

とは言え、大臣が、"有能"や"努力家"であること自体は、私にはどうでも良いことです。

Anyway, I am not interested in a minister's "competent" or "effort" itself.

"有能"や"努力家"であることで、我が国の国益 (も、正直どうでも良くて)や、私の私益に資してくれるのであれば、それで十分です。

It is enough for me if they are "competent" or "effort" and they will contribute to our national interests, and my interests.

大臣のプライベートな事項については、

Regarding private matters of a Minister, if there are even

―― セクハラしようが、パワハラしようが、不倫しようが、浮気しようが

sexual harassment, power harassment, affair, and cheating

私に関係のない世界であれば、本当にどうでもいいのです。

they really do not matter for me, if it is in another world.

-----

しかし、そんな私でさえも ――

But even I

「パソコンを打ったことがない人」が、我が国のサイバーセキュリティを担当する大臣である、ということに、最大級の不安を覚えます。

am worried about the greatest concern that "a person who has never used a personal computer" is the minister responsible for cyber security in our country.

もちろん、大臣の下には、有能な官僚の人たちが沢山いて、大臣を支えていることも知っています。

Of course, I also know that there are a lot of talented bureaucrats under the minister and supporting the minister.

また、大臣というものが、一部の職務の範囲においては、単なる「神輿(みこし)」であることも知っています。

I also know that a minister is merely a "nominal representative(mikoshi)" in the range of some duties.

(続く)

(To be continued)


2018-11-13 しかし、個人が『「個性」は大切である』と信じることは、自殺行為と言えます。 [長年日記]

「働き方改革」なるものが、政府主導で行われています。

The government-led program aiming to improve "work style reform" is going.

「働き方」というのは、個人の生き方の一つです。

I think that "work style" is one of personality of individual.

これを政府に指導されているという現実は、かなり恥かしいことのように思えます。

It is shameful that we are trying them under the leadership of the government.

とは言え、この件ばかりは、私は、政府を批判することはできない、と考えています。

However, I cannot blame the government about this programming.

長い間 ―― それこそ、20世紀の終り頃から、私達には、

For a long time, exactly, from the end of last century, we have had a history of defeat, that is

「個人の自由意思による『働き方』を、どんなに声高に呼びかけても、まったくワークしなかった」

"Though even someone persisted with "work style reform", we could not act in concert with them"

という敗北の歴史があるからです。

認めなければならないことは ―― 私達は、政府に「働き方」を「テンプレート化」して貰えなければ、『自分の働き方』すら決められない国民であるということです。

Above all, we have to accept that each of us cannot decide "our work style" by ourselves, without the blue prints from the government.

従業員を過労死に追いやり、家庭を破壊させ、結婚の機会を奪われ、育児を不可能とされ、介護を強要される ―― 全方向の閉塞感を感じながらも、どうすることもできなかった国民 ―― それが私たちです。

We could not reform our work style, despite of death from overwork, family breakdown, neurosis of child-raising, and nursing duty, so-called, "sense of stagnation"

もちろん、強烈な危機感をもって、個人で闘った人もいるでしょう。

Of course, I know that some persons tried to fight against the stagnation with serious sense of crisis.

しかし、結局それは、おおむね無益に終ったと、結論づけても良いでしょう。

However, I am afraid that their activities were almost in vain, after all.

政府自身が動いていること事態が、その証拠です。

It is an evidence that "the government works for it"

-----

しかし、これも考え方一つです。

However, there is also bright side of the above.

異質なモノ(人間)を排除して、組織(国や会社や学校)の存続を担保する ―― これは立派な「免疫システム」です。

"To eliminate extraneous objects(including human being) and to ensure an organization(like nation, company or school) safety" is perfect as "immune system".

社会を免疫システムとして把握すれば、「突出した個性」は、真っ先に「殺す」のが原則です。それは、システムを破壊する可能性を包含する、異質なモノなのですから。

If we regard our society as an immune system, "prominent personality" should be killed at the head. Because "prominent personality" is an extraneous object which will destroy the immune system itself.

しかし、同時に、それらの「突出した個性」は、定期的に一定数発生して貰わなければ困るのです。

However at the same aspect, the "prominent personality" will be expected to occur at regular intervals.

組織が、環境の変化に対応する為には、「突出した個性」をいつでも使える状態に置いておかなければならないのです。

To changes in the environment constantly, organizations are always ready to use "prominent personality" at any time.

だからこそ『「個性」は大切である』と説かれるのです ―― 「真っ先に殺す」こと前提として。

So, the phrase of "personality is important" have repeated again and again, on the premise that they are going to be killed"

-----

組織が『「個性」は大切である』と言うのは、全く正論です。

Any organization put forth a sound argument of "personality is important".

しかし、個人が『「個性」は大切である』と信じることは、自殺行為と言えます。

However, if you believe "personality is important", you are about to play Russian roulette.

私が半世紀に渡って観測した範囲内では、「突出した個性」のおかげで「幸せ」になったと思える人間は、一人もいません。

Within our life, that is over half a century, I could not find any person who can reach to happiness life because of "prominent personality".

ですので、少くとも、「働き方」というフィールドでは、「突出した個性」は、全て抹殺されたと考えて良いのでしょう。

At least in the field of "work style reform", I am afraid that all ""prominent personalities" has been killed.

-----

驚くべきことは、

Now I am amazed that

■私が、半世紀をかけてようやく獲得した、『突出した個性は殺される』という法則を、

- Though I got the the theory of "prominent personalities" are killed,

■私の二人の娘達は、ローティーンの時にすでに知得し、その法則に基づいて行動していた

- my daughters had already got the knowledge and acted based on the theory.

ということです。


2018-11-12 この「家」が、じいちゃんに「弔意」を示してくれた ―― [長年日記]

私のコラムなどを読んで頂くと、

When you read my column etc, you might think,

「江端は無神論者(または唯物主義者)で、UFO、お化け、幽霊(超常現象)の類は信じない人間」

"Ebata is an atheist (or a materialist), who does not believe UFOs, ghosts (paranormal) classes"

と思われるかもしれませんが、それは誤解です。

However, that is a misunderstanding.

実際に、私は、神みたいなもの(あれは「神」とは言い難い奴だったけど)を見ていますし、

In fact, I watched something like God (that was a hard to say "God"),

それに、UFO、お化け、幽霊などを体験した人(いわゆる「見える人」)を、「嘘つき」などとは思っていません。

Besides, I do not think anyone who had experienced UFOs, ghosts, (so-called "seeers"), is "liars".

むしろ、「いいなぁ」と思っています。

Rather, I think "I envy them".

チャンスがあれば、各種の測定装置を満載した旅行用のスーツケースを持参して、お会いしたいと、心から思っています。

If possible, I'd like to go to see UFOs, ghosts (paranormal) and etc. with a traveling suitcase full of various measuring devices.

-----

When my father died this summer, I brought a futon to my father's side and I tried to sleep together.

居間の時計で時間確認しようとしたのですが、時計の時間が6時間もずれていました。

I was trying to check the time with the clock in the living room, but the time on the clock was off by 6 hours.

居間の隣りの父の寝室の時計も、時間がずれていたことを、覚えています。

I also remember the time of the clock of my father's bedroom next to the living room was out of time.

まあ、時計が停止していた訳ではないので、「時計の電池が少くなったのだろう」と思っていました。

However, they didn't stop, so I thought, "watch batteries got weak."

スマホに起床時間をセットして、その夜は父と二人で寝ました。

I set my wake-up time on my smartphone and slept beside my father that night.

-----

2週間後、私は、相続や講座の手続で、再度帰省しました。

Two weeks later, I returned home again by inheritance and courses procedure.

その時、居間と寝室の時計の時間が元に戻っていることに気がつきました。

At that time, I noticed that the time of the living room and bedroom clocks was restored.

私は、姉が「時間合わせ」をしてくれたのか、あるいは、「電池交換」をしてくれたのだろうと思い、「忙しい中、わざわざ、時計の電池を交換してくれて、悪かったね」と言ったのですが、

I thought that my older sister did "time adjustment" or had "replaced the battery" and called her "while you were busy, I thank you for bothering to exchange the watch's batteries", however,

姉は、『そんなことは一切していない』と言いました。

My sister said "I have not done anything like that".

ちなみに、その時計は2つとも、乾電池で動く時計だったのですが ―― 電波時計のような、自動時間補正機能はありません。

By the way, both of the clocks work with batteries, and there is no automatic time correction function like a radio clock.

-----

私は、居間の時計を眺めながら、

While watching the clock in the living room, I talked to myself,

「じいちゃん(父)、愛されていたんだなぁ」

"Father, everyone loved you"

と、呟きました。

-----

この「家」が、じいちゃんに「弔意」を示してくれた ――

"This "house" showed "condolences" to my father"

私は、今も、そう思っています。

I still think so.


2018-11-11 ―― 人間側からのAI技術への破壊工作 [長年日記]

次のコラムの執筆の為に、簡単なシミュレーション実験をやっています。

For writing the next column, I am doing a simple simulation experiment.

「深層学習済みニューラルネットワークの『破壊実験』」です。

"Destructive experiment of deeply learned neural network".

見方によっては、

On the other hand, I can say,

―― 人間側からのAI技術への破壊工作

"Destruction work from the human side to AI technology"

という言い方もできるかもしれません。

但し、やっていることは、アホみたいに簡単なことですが。

However, what I am doing is easy as stupid.

-----

実際のところは、

Actually,

■ニューラルネットワークが、外部攻撃または自壊に対して、どの程度のロバスト性を持つのか

"How robust a neural network has against external attacks or self-destruction"

あるいは、

or

■ニューラルネットワークが、どこまで破壊されれば、使いものにならなくなるか

"How much can I stop a neural network if I break it.

の結果を、ザックリ知りたかったのです。

I wanted to know the result approximately.

一応、このような試みをしている論文等を探してみたのですが、見つけられませんでした。

I tried searching for papers about the above trial, but I could not find it.

実際のところ、自分で試したいですし。

Actually, I also try it by myself.

-----

今月の、働き方改革シリーズの「介護」の最終回として、その結果を開示する予定です。

I plan to disclose the results as the final round of "nursing care" of this month's "work way reform" series.

今回のコラムも『極めて不快』な内容となる予定です。

This column will also be "extremely uncomfortable" content.


2018-11-10 コンテンツを広めていくものは、宣伝でも、広告でもなく、そのコンテンツを勧める人物の「人となり」である、と実感しています。 [長年日記]

20年くらい前の話です。

It is a story about 20 years ago.

私は、後輩の女性研究員と組んで仕事をしていた時期がありました。

There was a period when I worked with a junior female researcher.

彼女とは、色々な話をしたのですが、特に、宮部みゆきさんの著書「火車」の話で、異様なテンションで盛り上がったのを覚えています。

I talked with her a lot. Especially, in the story of Miyuki Miyabe's book "Kasha", I remember being raised with strange tension.

She: "By the way, Ebata-san, do you know "BANANA FISH"?"

江端:「いや。著者は日本人?」

Ebata: "No, is the author a Japanese?"

彼女:「日本人のコミックです。必ず読んで下さいね」

She: "It's a Japanese comic, be sure to read"

と、言われて、『BANANA FISH』の話は、その時限りとなりました。

After that, the talk about "BANANA FISH" was limited to that time.

そして、私は、その後1年くらい、そのことをすっかり忘れていました。

And, I forgot it for a year.

-----

ある日のこと、古本屋で、『BANANA FISH』の古書を手にして、何気なく第1巻を購入し、まあ、最初は、それほどの感慨を持たずに読んでいました。

One day, at the secondhand bookstore, we purchased the first volume of used "BANANA FISH". And at the beginning, I was reading with not much emotion.

その後、加速的に購入を重ね、嫁さんを巻き込んで、『BANANA FISH』は、江端家の大ブームとなりました。

After that, I repeatedly purchase it acceleratingly, involving her wife, and "BANANA FISH" became a big boom of the Ebata family.

今、江端家の永久保存コミックとなっています。

Now, these books have become eternal preservation comics of the Ebatas.

-----

I mentioned content harassment (Concara) in the past.

コンテンツを広めていくものは、宣伝でも、広告でもなく、そのコンテンツを勧める人物の「人となり」である、と実感しています。

I realize that what is going to spread the content is not "advertisement" or "advertisement" but "personality" of the person who recommends the content.

信頼できるパートナーであった彼女の、たった一度の、たった一言の『BANANA FISH』で、江端家は、貴重なコンテンツを得ることになったのです。

With only one word of "BANANA FISH" only one time from my trustworthy partner, the Ebatas got valuable content.

-----

『BANANA FISH』は、現在アニメで放映中です。

"BANANA FISH" is currently being aired on animation.

このアニメは、原作をきちんと再現した、良心的な作品で、とても好感が持てます。

This animation has reproduced the original correctly with a conscientious work, so I can feel good.

それでも、私は、コミックを読んだ時の、とてつもない非日常に戦慄し、涙が止まらなくなるほどの感動を再現することが、どうしても、できないのです。

However now I cannot restage of trembling in tremendous extraordinary life and feeling tears keep filling my eyes, when I read comics at the first time.

-----

以前も申し上げましたが、

I have already told you that

『作品(コンテンツ)というのは、その作品に接したその時点の、

the evaluation of a work (content) may change, at that point of contact with the work,

年齢、自分の知識や嗜好の度合い、読解力、時代背景、下手すれば、天気とか季節によってですら、

their age, degree of their knowledge and preference, reading comprehension, era background, even by weather and season,

評価が変わることがあります』

の、具体例だと思います。

I think that this is a easy example.

-----

私は、この日記を読んで下さっている皆さんが、

I hope that you who are reading this diary, will have a chance,

一番大切な本を、

the most important book,

一番大切な時に、

at the most important time,

一番大切な人から勧められることを、

will be recommended by the most important person,

心の底から祈っております。

at the bottom of my heart.


2018-11-09 "Google裁定"によって、一応の決着を見ることができる、という点にあると思っています。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

問題は「Google世論調査」の対象です。

There is a problem that is a target of "Google opinion poll".

当然ですが、ブログやSNSを使わない人の意見は、デジタルコンテンツとしては記録されないので、それは "Google世論"としては、反映されません。

Needless to say, the opinions of people who cannot use blog and SNS, are not be recoreded as digital contents. So the opinions will be not reflected by the "Google opinion poll".

それに、PCや携帯電話やスマホを持っている人でも、ブログやSNSで発言するとは限りません。

Even if not all persons who use PCs, cells and smartphones, say something by blog and SNS.

In addition, I know that there are many people who cannot use PCs, cells and smartphones (I had already simulated the ratio before)

加えて、先日も述べましたが、PCや携帯電話やスマホを使えない人が、世の中を動かす側に多く存在しているのです。

Moreover, I said before that many persons in authority cannot use them.

このように、「Google世論調査」は、デジタルを利用できる人だけを調査対象としている点で、すでに歪みがあります。

In the way, "Google opinion poll" is not suitable as a method of "opinion poll", because the target is only for digital winners.

-----

ですが、最近の私は、

However, recently I come to think,

―― もう、それでもいいのかな

"So what?"

と思い始めています。

なぜなら「完全な世論調査」というものは存在しないからです。

To begin with, there is no perfect "opinion poll" in the world.

一般の世論調査でも、意見を表明したい人の結果だけを数値を示しています(NHKの電話調査でも、有効アンケート数は半分程度です)。

General opinion polls show the result of people who come out (In the telephone survey of NHK, valid respondents to a questionnaire are nearly half.

ならば、一般の世論調査で意見を表明している人と、ブログやSNSで持論を展開している人は、同じ属性であると考えても、差し支えないと思うのです。

Therefore, there is no problem to think that both the behavior of the people of general opinion poll and of the people who open their opinion in blog and SNS are almost same.

-----

まあ、Google世論調査の主なメリットは、

To tell you the truth, I think that the merit of "Google opinion poll" is, for example,

『「チャーハン」と「餃子」、どちらに人気があるか?』

Which is more popular "fried rice" or "dumpling"

という、比較的どーでも良い議論に対して、―― それが暴力沙汰に発展する前に、

that is relatively trivial matter, but this often become "violent row"

"Google裁定"によって、一応の決着を見ることができる、という点にあると思っています。

"Ruling of Google" can avoid troublesome affairs like above.


2018-11-08 ―― Google世論調査 [長年日記]

「世論」というのは、調べるのが難しいです。

"Public opinion" is hard to investigate.

マスコミや政府などは、これらの情報を得る為に、大規模なアンケートを行うことができます。

Mass media, government, etc can do large scale questionnaire to obtain these information.

しかし、このようなことは、資金力を持つ法人に限られます。

However, such activities are limited to corporations with financial resources.

週末ライターでは、到底太刀打ちできません。

Weekend writers can not compete at all.

太刀打ちできないからこそ、シミュレーションや、各種の数理計算や推論のツールを、姑息に使い回さなければ、やっていけないという事実があります。

Because a weekend writer cannot compete at all, I should do simulation and use various mathematical calculations and inference tools, as palliation.

-----

最近、私は、世論の簡単な調査方法として、"Google"の検索エンジンを使っています。

Recently, I am using "Google" search engine as a simple method of investigation of public opinion.

アンケートとはその目的は違いますが、特定の用語を入力すれば、ヒット数が直に分かることは、ざっくりとした世論を調べるのには向いているのです。

Although the purpose is not the same as the questionnaires, if you enter a specific term, you can get the number of hits directly. It is suitable for investigating rough public opinion.

例えば、"介護"と、"楽しい介護"という用語でヒット数を比較すれば、「楽しい介護」という概念は、「介護」というコンテンツの中、0.01%以下しか存在しないことが分かります。

For example, if you compare the number of hits with the term "nursing care" and "enjoyable nursing care", you can see that the concept of "enjoyable care" is less than 0.01% of the content "nursing care".

事実上、そのような概念「楽しい介護」は、「存在しないと考えても良い」と判断することができます。

In fact, we can judge that there is no concept of "enjoyable care" in the world.

また、"Googleトレンド"というサービスを使うことで、ある用語が、どの時期に頻繁に登場してきたかが分かります。

By using the service of "Google Trend", we can know when a specified words appeared and disappeared.

例えば、バズワード("M2M"、"ロングテール"、"ビッグデータ"等)が、いつごろから使われるようになって、いつごろに使われなくなっていったのかを知ることができます。

For example, we can know the lifecycle of the words of "M2M" "Long tail" and "Big Data" with "Google Trend"

Googleは、超低コストの世論の調査手段と言えます。

Google is the super lowest method to investigate "Public opinion"

つまり、

It is

―― Google世論調査

"Google opinion poll"

です。

(続く)

(To be continued)


2018-11-07 ―― 杖を持ち、髭をはやした「伊藤博文」になったような気持ちで。 [長年日記]

次女の学校の先輩に、シュタインズゲートゼロの視聴を、熱心に勧める先輩がいるそうです。

I heard that there is an elder student of my second daughter, who is exhorting to watch "Steins Gate Zero"

その話を聞いて、私は、

Hearing the story, I was very impressed

『今どき、なかなか見所のある若者だ』

"one of the best fellows with admirable spirit going"

と、感心していました。

―― 杖を持ち、髭をはやした「伊藤博文」になったような気持ちで。

feeling to make me "Itou Hirobumi" who let the beard grew and had a stick in the hand.