2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2018-09-25 彼らの英語を「笑う」ためではありません ―― 彼らの英語に「学ぶ」のです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そこで、私は提案したいのです。

So I want to propose a series of

「英語に愛されないエンジニアの新行動論(第2弾) ―― 私たちの先人である日本人の『日本英語』をレビューする」

"A new theory of engineers who are not loved by English, the 2nd season --- Reviewing "Japanese English" to learn lessons from our forerunners"

の連載化です。

日本人のテロリストや政治家が発してきた、一見「拙い」ように見える英語こそが、私たちの『日本英語』であることを、過去の事例を山ほど詰み上げて示してみたいのです。

The English, used by Japanese terrorists and politicians, however that seems unskillful, is truly "Japanese English", by cumulating a lot of the past incident.

彼らの英語を「笑う」ためではありません ―― 彼らの英語に「学ぶ」のです。

The purpose is not to smile contemptuously,but to learn something from their English.

そして、私たちの『日本英語』を、海外に「理解」させるのです。

and to make people in overseas understand our "Japanese English".

-----

ちなみに、私、『あなたの英語は、ネイティブにはこう聞こえます』とか言う本を見るたびに、その著者や出版社に対して、

By the way, whenever a book title "You English is understood by native speakers" gets into my eye, I think

―― くたばれ

"Both the author and the press go to hell"

と、心の底から思っています。

at the bottom of my heart.

どうせ出版するなら、

If they do it at all, they should produce the book whose title is

『あなたがネイティブなら、日本人の英語をこう解釈しなさい』

"If you are native, you may understand Japanese English like this"

という本を英語で出版しやがれ、馬鹿野郎めが ―― と。

-----

まあ、それでも、私は、

Anyway, I think that I have contributed to world peace, rather than

『世界の人民を幸せにする為に、自己犠牲を払っている』と考えたヤツらよりも、

people who believe "I am acting of self-sacrifice for peace of the world",

『三流で、凡庸で、自己中である』という自覚のある私の方が、

even if I am a third-rate,mediocre, and self-employed.

遥かに世界平和に貢献してきた ――

このことだけは、誰がなんと言おうとも、確信しています。

Whatever you say, I am convinced of that.


2018-09-24 ―― その"センター"の使う英語が、この程度 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

当初、私は、上記の"for nothing"を、"fanatic(狂信的な)"と聞こえてしまい、困惑してしまっていました。

Initially, I misunderstood the above "for nothing" as "fanatic" and I was confused.

もし私が日本政府代表だったら ―― 「狂っている? はぁ? 」って思い、腹を立てて、『オマエモナー』とか『お前が言うな』とか、つっこんだに違いない。

If I had been a representation of government of Japan(GOJ), I would have said to them "you too." or "you don't say that"

もっとも、その後、逆上したテロリストに人質を殺害される、という最悪のシナリオになったかもしれません。

And after that, frenetic terrorists would have killed the hostages on the plain. The nightmare scenario might have come.

私は、日本英語の支持者ではありますが「人命のかかる場面での、日本英語の使用はやめよう」と決意しました。

Although I am a supporter of Japanese English, I decided to "stop using Japanese English in life-threatening work".

それはさておき。

By the way,

-----

しかし、その一方で ――

On the other hand,

The English used by the Japanese Red Army was the same as the concept of "Japanese English" that I am aiming (although very unwillingly).

■発音、文法、婉曲、比喩表現 ―― 全部無視。

- Pronunciation, grammar, euphemism, metaphorical expression - they were all ignored.

■要求は明快に2つ程度に絞り、それ以外は一切交渉に応じない

- They limited the about two requests, and they did not accept negotiations more.

彼らには、交渉するだけのコミュニケーションの道具(英語力とか語彙力)が"ない"か"足りない"だけだったかもしれません。

They might not have had communication tools (English ability or vocabulary skill) to negotiate.

しかし、結果として、彼らは、当時の日本政府を屈服させたのです。

However, as a result, they succumbed to the Japanese government of those days.

-----

国際テロリストは、当然、各国政府を恐喝し、莫大な身代金や、超法的措置(収監中の同士の解放)を交渉する者です。

International terrorists are naturally negotiators, who blackmal goverments, request enormous ransom and release of imprisoned prisoners.

それは、全世界から注目される、華やかな国際的舞台の"センター"です。

It is a "center" of the ornate international stage, which attracts attention from the whole world.

―― その"センター"の使う英語が、この程度

"This center's English wasn't as good as I thought"

これは、私達日本人に、大変な勇気を与えてくれたと思うのです。

I think that they gave tremendous courage to us (Japanese).

「人間、死ぬ気(実際、彼らは自決覚悟だった)でしゃべれば通じる」 ―― ということを、文字通り、彼らは証明して見せたのです。

"Humans being can communicate anyone, if preparing for death"(Actually, they were prepared for self-determination). Literally, they proved it and showed us it.

(続く)

(To be continued)


2018-09-23 完璧でかつ完成した"日本英語"だからです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

■うん、そりゃそうだ。全くもって正論

- Me either. You are right absolutely.

■なぜ「革命」になるのか? それは「革命」というものが、事後的かつ遡及的に確定するものだからである

- Why is it a revolution? The reason is that "revolution" is definite afterwards and retrospectively

■故に、彼らが、事件を起こした時点で『革命』と(一方的に)主張することには、未来が確定していない時点においては、(無理はあるが)矛盾はない

- There is no contradiction (but unreasonable) that they (unilaterally) insist on "revolution" at the time of the incident

■ぶっちゃけ『上手くいけば「革命」、失敗すれば「テロ」』

- To tell you the truth, "If working well, it becomes "revolution", otherwise, it become "terrorism""

■だから、ハイジャックをやっている日本赤軍のメンバの「革命」と、るろうに剣心の緋村、坂本竜馬、レーニンの「革命」とを、その事象の発生時に区別するロジックはない

- So, we don't have any logical explanation of difference between the activities of the Japan Red Army, and of Himura Kenshin, Sakamoto Ryouma, Lenin.

■但し、発生時の「民衆の支持」という点において、 日本赤軍は、発生時において「革命」の成立要件は成立していなかったようには思う

- However, in terms of "popular support" at the time of occurrence, I think for the Japanese Red Army, the requirement for establishment of the "revolution" was not established at the time of occurrence.

■少なくとも、剣心、竜馬、レーニンは、民衆を人質にするようなことはしなかった(多分)

- At least, Kenshin, Ryoma, Lenin did not do things like make the people hostage (maybe)

―― ということは一切語らずに、適当に相槌を打っておきました。

I made a quick response, without saying any more.

Because I was scolded by my wife for a long time when I talked to my daughter about "Chushingura".

それはさておき。

Set it aside.

-----

I felt a bit strange, while watching the scene of negotiations at Dhaka Airport, between the airport control of the local Malaysian government and the Japan Red Army on the plane, in English by wireless.

まず、字幕翻訳に「悪意」があるなぁ、と感じました。

First, I felt that there was "malice" in subtitle translation.

日本赤軍のメンバが、

Members of the Japanese Red Army, said

""Yes" horizon bargain with us for nothing" と語った(私にはそう聞こえた)シーンがあったのですが、字幕では、『交渉など糞喰らえだ』と翻訳されていました。

""Yes" horizon bargain with us for nothing" (I heard like that), in subtitles, it was translated as "fuck off this negotiation!"

もちろん、これは、正確に訳せば ―― というか、ぶっちゃけ、私には訳せなかったのですが、この英語は日本の中高教育では0点の英文でしょう ――

Of course, if we try to translate it exactly, to tell you the truth, I could not translate it, in addition, this English phrase were 0 point English in Japanese middle school class

『"Yes"をいつまでも続ける交渉など、我々には意味がない』

It was that "This negotiation is meaningless, because you just continue to say "Yes"

です。

その他、"Japanese regime makes stupid things"も、"We are against Japanese regime"も、私には完璧に理解できます。

Other phrases of "Japanese regime makes stupid things", "We are against Japanese regime" are easy to understand for me.

なぜなら、彼らの使っている英語のレベルは、私の英語と同程度であっても ――

Because, the lever of their English was same as my English. and

これは英国や米国ベースの英語ではなく、

This is not British and US based English,

完璧でかつ完成した"日本英語"だからです。

but is perfect and completed "Japanese English".

(続く)

(To be continued)


2018-09-22 次女:「なんで、飛行機をハイジャックすることが『革命』になるの?」 [長年日記]

先日、自宅のネットワークの保守を行う為に、リビングのパソコンでYouTubeの動画を流し続けていました。

Previously, in order to maintain home LAN, I kept displaying a video of Youtube in the living room.

内容は、日本赤軍のテロ事件(ハイジャック事件)に関する古いドキュメンタリ番組でした。

The content was an old docutainment of hijack incident of the Japan Red Army.

私、こういうテロリストを扱った番組が好きです。

I like docutainments like this, about terrorist incidents.

こういう番組を視聴していると、

Whenever I watch such a program, I can understand deeply that

『三流で、凡庸で、自己中である自分が、いかに世界平和に貢献してきたか』

"How have I contributed to world peace, because I am a third-rate, mediocre, self-employed ?"

を実感できるからです。

------

『世界の人民を幸せにしたい』 ―― 古今東西、これくらい、迷惑で危険な思想はありません。

"I want to make the people of the world happy" - There is no annoying and dangerous thought of all ages and countries.

オウム真理教も、日本赤軍も、その他、あらゆるテロの思想の根本は「ここ」にありました。

For Aum Shinrikyo, the Red Army of Japan, and other fundamentals, the root thought of terrorism is "here".

正確に言えば、ここにもう一つ、

To be precise, if a thought of

「人民を幸せにする為には、少数の人民の犠牲は止むを得ない」

"In order to make the people happy, the sacrifice of a few people is inevitable"

が、付け加わった時、テロリズムは完成します。

is added, any terrorism will be completed.

-----

たまたま、リビングで、その番組を見ていた次女が尋ねてきました。

By chance, in the living room, my second daughter(SD) who was watching the program, asked me,

次女:「この人達は、何の為にこんなことやっているの?」

SD: "For what purpose do these people do this?"

江端:「いわゆる『革命』といわれるものの為だな」

Ebata: "That is for the reason of the so-called "revolution""

次女:「『革命』って何?」

SD: "What is "revolution" ?"

私が「革命」という概念を、娘に一通り説明した後、再び次女が尋ねてきました。

After I explained the concept of "revolution" to my daughter, she asked me again.

次女:「なんで、飛行機をハイジャックすることが『革命』になるの?」

SD: "I don't know the reason why hijacking an airplane become "revolution"?"

(続く)

(To be continued)


2018-09-21 私は、最終回で、「クリス」と「アマデウス」が口喧嘩するシーンを見たい。 [長年日記]

先週、シュタインズゲートゼロ第21話を見た感想を記載しました。

Last week I wrote the impression of seeing Steins Gate Zero episode 21 .

"If you merely destroy" Amadeus", it is sufficient to destroy the storage sector randomly by bit rewriting attacks, etc, in a few minutes. But it will be nonsense"

-----

今週、シュタインズゲートゼロ第22話を見た直後の感想です。

This is the impression just after seeing Steins Gate Zero episode 22 this week.

『ちっ・・、 違うぞ! 私は、この作品の製作者に、知り合いは一人もいない!』

"No! It is not me! That's wrong. I have no acquaintance with the creator of this work!

『ネタバレなんぞ、できようはずもない! 大体、こんなシナリオ(第22話)、私ごときに予想できるかぁ! 』

"I am not a spoiler. It is impossible. Above all, I can not predict such a scenario (episode 22)!

と ―― 誰に向かって言っているのか分からないまま ―― 心の中で無罪を主張し続けていました。

I kept insisting on my innocence in my mind, without knowing who that is.

-----

ところで ――

By the way,

私は、当初、ダルは、過去において、破壊バッチプログラムをアマデウスに仕込み、現時点での比屋定真帆の命令によって、そのバッチプログラムを起動させた、と思いました。

At the beginning, I thought that Dal took the destruction batch program in the Amadeus system in the past, and Maho Hiyajyo had launched the batch program at the current moment.

しかし、これでは、過去に遡って、アマデウスを破壊することはできません。

However, by this way, they can not destroy Amadeus in the past day.

とすれば、ダルは、破壊バッチプログラムと同時に、比屋定真帆の制御命令を録音した音声ファイルも、過去の自分に向けて転送したんですよね?

If so, Dal also transferred the audio file that recorded the control order of Haho Hiyajyo with the destruction batch program at the same time to the past himself, did not he?

そうしないと、現時点のモード(イマージェンシモード)の設定変更は発動されず、過去のアマデウスには届かないはずですから。

Otherwise, the setting change of the current mode (emergency mode) will(?) not be triggered at the past time, and should not reach the past Amadeus.

比屋定真帆は、万一、過去のアマデウスの破壊に失敗した場合でも、レスケネン教授やロシアにアマデウスを渡さない為に、現時点のアマデウスにも、自壊命令を発動した、と。

Maho Hiyajyo, even if she failed to destroy the past Amadeus, she also invoked a self-destructive order to Amadeus at the moment so as not to give Amadeus to Professor Leskennen or Russia.

あるいは、ダルは、オートマトンによって、バッチコマンドの時間逆転送を実施したのか?

Or using automaton mechanism, Dal carried out batch command, time reverse transfer?

(この辺は、ジェームズ・P・ホーガン先生の、『未来からのホットライン』に、同じ方法の記載がある)

(There are descriptions of the same method in the book by "Dr. James P. Hogan", "hot line from the future")

-----

ちなみに ――

In addition,

管理者権限さえあれば、自壊命令は、結構簡単です。

Even if you can get administrator authority, the self-destructive command is quite simple.

システム自壊命令の最終コマンドは、

The final command of the system self-destruction is

"rm -rf /"

"rm -rf /"

です(分かる人には分かる)。

This is just an aquired taste, isn't it?

-----

あと、もうひとつ。

One more,

私は、最終回で、「クリス」と「アマデウス」が口喧嘩するシーンを見たい。

I would like to see the scene where "Chris" and "Amadeus" quarrel in the last round.


2018-09-20 というような、(物理法則を完全に無視した)新しい書籍は発明されないものだろうか、と。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

江端家は、本の置けるところであれば、手すりであろうが、階段であろうが、居間の床であろうが、風呂の脱衣所であろうが ―― どこにでも、本が放置されております。

In the Ebatas, I can find books everywhere, handrail, step, living floor, bathhouse

本が視野に入らない場所は、我が家にはありません。

There is no place in my house where the book does not come into view.

我が家には、

There is an brutal book acquisition model in our house.

■父親が、率先してコミックやラノベを購入し、

- I take the initiative to purchase comics and novels,

■娘たちの興味を焚き付けた後、、

- after attracting their daughters' interests,

■娘たちのこずかいで続刊を購入させる、

- I let them purchase a sequel by girls' pocket money,

という、エゲツないビジネスモデルが確立しています。

(『私が飽きっぽい』ということもあるのですが)

( One reason is "I'm getting tired of it")

その他、江端家が、市営図書館から、毎月借りている本は、平均20冊程度にはなっているのではないかと思います(ちゃんと計測している訳ではありませんが)。

In addition, the book borrowed monthly from the municipal library by the Ebatas, might be about 20 volumes on average (However, I didn't check it accurately).

で、その度に思うのです。

So, I think each time.

―― もっとなんとかならんかなぁ

"Can I make something more?"

と。

-----

■部屋に本を散乱させることなく、しかしながら、家族全員が、その本へのアクセスを共有でき、

- Without scattering books into the rooms, the whole family can share access to the book,

■どんな乱暴な取り扱いをしても、自分のメモの書き込みんでもO.K.で(図書館の本でも)

- Whatever rough handling, writing your own memo are O.K. (even in books in the library)

■大きな画面で、迫力のあるコンテンツを楽しめて、かつ、狭いスペースで読むことができ、

- I can enjoy powerful content on a large screen and can read in a small space,

■電源を全く必要とせず、特別な電子デバイスを使わない、

- No power supply required, no special electronic devices are used,

というような、(物理法則を完全に無視した)新しい書籍は発明されないものだろうか、と。

I am looking forward to appearing an innovative book (even, it is completely ignoring the laws of physics).

そういう、無茶なことを考えています。

I am thinking about that kind of thing like that.


2018-09-19 この2つについて「どちらが良い」という議論は不毛です。 [長年日記]

以前から、私は、

Previously, I have repeated

電子書籍本(書籍、コミック)を貸し出す「サイバー図書館」が登場する ――

""Cyber libraries" is coming, that lend electronic books(e-books)"

と予想しており、多分、そうなっていくと思っています。

and I believe that it will appear on our life.

その一方で、ここ1年ほど、私は、スマホで電子コミックを読み続けて見ました。

On the other hand, I continue to read e-book by my smartphone.

その結論は、「アナログ(印刷)と比較して、面白さが減る」でした。

The conclusion is "e-books" are less interesting than analog-books(a-books)

-----

スマホでの電子書籍の購読は、

The merits of e-books are,

(1)持ち歩きに便利(重くないし、かさばらない)

(1) Convenient for carrying (not heavy, bulky)

(2)食事を食べながら楽しめる(スマホの大きさ以上のスペースが不要)

(2) to enjoy while eating a meal (no more space than the size of a smartphone)

(3)自分のプライバシーを守りやすい(何を読んでいるのかが、他人から分かりにくい)

(3)easy to keep my privacy (difficult for others to understand what I am reading)

(4)コストパフォーマンスが良い(安い)

(4)good cost-performance(cheap)

などのメリットがあります。

as their merits.

-----

一方、旧来のアナログ書籍の場合、

On the other hand, the merit of traditional a-books are,

(1)大きくて、見やすく、迫力がある

(1)big size viewer and strong visuals

(2)書き込める

(2)writable,

(3)取り扱いがラク(落しても壊れないし、風呂の中でも読めるし、電源を心配しなくてもいい)

(3)easy to use(toughness, readable in a bath, and no need battery)

などのメリットがあります。

この2つについて「どちらが良い」という議論は不毛です。

For these two, the argument of "Which is better?" is fruitless.

「どっちも良い」で、良いのです。

"Both are good" is good.

-----

私が、今考えていることは、さらに不毛な

What I am thinking about is more fruitless

―― もっとなんとかならんかなぁ

"Can I make something more?"

という愚痴です。

as a complaint.

(続く)

(To be continued)


2018-09-18 つまりですね、『システムは、内通者を作れば100%破れる』ということです。 [長年日記]

「パソコンの操作方法を、電話で教える」という行為は止めた方がいいです。

I don't think that you teach the way to operate a personal computer by phone.

相当、高い確率で、喧嘩になるか、そうならないまでも、険悪なムードになるからです。

It will be fighting with a high probability, or it becomes a bad mood even though it does not become fighting.

教える方は、頭の中でパソコン画面をイメージして、そのイメージに基づいて、キーボードやマウスの操作方法を教えるのですが、

The one who teaches how to operate the keyboard and mouse based on images of a computer screen in the head, however,

教えられる方は、実際のパソコン画面を見ているのですが、その画面は「教える人の頭の中のイメージ」とは違います。

the other who is taught is looking at the actual PC screen, but the screen is different from "the image in the head of the teaching person".

で、結局「そんなアイコンはない」「入力ができない」「そんなハズはない」「OKボタンを押したのか」というようなセリフが飛び交うことになります。

After all, "No icon like that", "I can not enter", "No way" "Did you pressed the OK button?" will be flying across,

そして、大抵の場合、お互いが「そんなことも分からんのか」「ちゃんとした指示もできないのか」と、お互いを無能扱いして、不愉快な思いをしながら、この試みは高い確率で失敗に終わります。

And, in most cases, Each of them says "Don't you understand such a thing" or "Can't you properly give instructions" with treating each other incompetent. While doing unpleasant feelings, this attempt will be a failure with a high probability.

ところが、リモート環境で、両者が同じ画面を共有しているような場合には、こういうことは発生しにくいです。

However, when both share the same screen in remote environments, this is unlikely to occur.

対象が具体的に固定されるからです。

It is because the target is fixed concretely.

-----

私は以前、嫁さんの実家の鹿児島でパソコンのメンテナンスをするのに、VNC(Virtual Network Computing)というソフトウェアを使っていました。

I previously used software called VNC (Virtual Network Computing) to maintain personal computers in Kagoshima, my wife's parents' home.

これは、自宅のブラウザに鹿児島のPC画面を表示して、しかも、直接、その画面を操作できるものです。

This is what allows me to display the PC screen of Kagoshima on my home browser, and directly manipulate that screen.

簡単にいうと「PCの乗っ取り」です。

In short, it is "hijacking of PC".

これで、私は、鹿児島のPCを確実にメンテナンスすることができました。

Using this software, I was able to reliably maintain the PC of Kagoshima.

しかし、嫁さんは、

However, my wife said to me,

―― 勝手にPCのマウスが動いて、ウィンドウが開いて、文字が入力される様子は、とても気持ち悪かった

"It was very bad feeling that the PC's mouse moved without permission, and the window was opened and characters were entered"

と、語っています。

-----

もっとも、「PCの乗っ取り」といっても、私があらかじめ仕込んでおいたプログラムを起動させないと、何もできません。

However, even if it was "hijacking PC", I can not do anything unless I activate the program that I had previously loaded.

しかし、今回の場合、以前、私が鹿児島の嫁さんの実家に行った時に、自動起動プログラム(見方によっては『トロイの木馬』)を仕込んでおきましたので、問題なくPCに侵入することができました。

However, in the case, when I went to my hometown of Kagoshima's wife before, I loaded an automatic launch program ("Trojan horse" so called), so I can hack the PC without problems.

つまりですね、『システムは、内通者を作れば100%破れる』ということです。

In other words, any system security can be broken by 100% if you make a intruder.

内通者を作らないまでも、システムの内部に『木馬』を仕込んでしまえば、外部から情報を抜き出すことなんぞは、造作もないことなのです。

Even if you do not make an intruder, if you put "horses" inside the system, it is a piece of cake to to extract any information from the outside.

-----

ですので、我が家の家族が、簡単にスマホを、自分以外の人間に操作させているのを見ると、本当に、

So, when you see that my family can easily make others operate their smartphone,

―― 勇気あるなぁ

"They are really courageous."

と、思うんですよ。

I think that.


2018-09-17 ―― その直後に、返事が来なくなる [長年日記]

時々、ティーンエイジャの方から、メール(ファンレター?)を頂くことがありますが、 ぶっちゃけ、キチンとお返事できておりません。

I sometimes get a mail(fan-letter?) from teenager, to tell you the truth, I cannot send a reply mail for it.

というのは、若い方からのメールに、真剣かつ誠実に対応しようとすると、どうも、その若い人を傷つけてしまっているように思えるのです。

That means, when I try to answer a question from them seriously and honestly, I am afraid that I will hurt their heart unconsciously

これまで、

Up to now, I got mails about my column of

"hydrogen bomb" (not nuclear reaction but chemical reaction)

and

"diet"

についての感想やら質問やらを頂いたことがあり、

that included impressions and questions.

私は、頂いた質問に対して、適用すべき方程式や理論、そして、詳細なデータを付けて返事をしたのですが、

And I send the reply mail included applicable formulas and theory and detailed data.

―― その直後に、返事が来なくなる

"After that, the next mail doesn't come."

ということを、結構な回数、体験しています。

I have experimented that several times.

-----

で、ここからは推測なのですが、

So, it is a guess from here,

私のような「理系エンジニア」にとっての「数値や数式が満載された検討レポート」は、

for "science engineer" like me, "a report full of numerical values and mathematical expressions" will be

■質問者の予想を超えて、専門的で、かつ、難しく、

- beyond the expectation of the questioner, and it is professional and difficult,

■その内容が理解できず、返事をしようにもできない

- hard to understand and to reply

となり、結果として、

As a result, I suspect them of

―― 『検討不十分である』と、江端から批判されているように感じる

feeling that Ebata criticises "the study is inadequate"

のではないかと、疑っています。

ファンレターを送って頂いた若い方が、江端を忌避するようになるのは ―― ちょっと悲しいですが ―― 仕方ないとしても、

It can not be helped that young people who sent fan letters, comes to avoid me, even if it sad, however,

「論理的思考」や「数理的アプローチ」までをも嫌悪するようになっては、私の本意ではなく、本末転倒もいいところです。

If they become dislike of "logical thinking" and "mathematical approach", that is not my intention, and I have got your priorities wrong,

-----

という訳で、これまでメールを送付して頂いたティーンエイジャの皆様。

So, for everyone who mailed me ever.

『本日のこの日記を読んだ』と一言添えた上で、再度メールを頂ければ、その時は、私も肚を括ってお返事致します。

If you e-mail me again after saying "I read this today's diary", at that time, I will also reply seriously.

プロの研究員の、冷酷なロジックと、膨大な数値データの洗礼で、お迎え致します。

I will welcome you with ruthless logics and baptism of enormous numerical data of professional researchers.


2018-09-16 私も江端さんと同じように、自分の親は自分で殺します。 [長年日記]

以前、

Previously, I wrote a diary whose title is

"I have to make a decision to "kill" my father"

という日記を記載しました。

これを読んで頂いた、以前、コラムでお世話になったお医者様の

The doctor who read this diary, and got me advice, that name is

"Dr.Shibara of "Shibata report" or Self-proclaimed "Dr.Shibata in cutting in two under train wheels""

より、以下のメールを頂きました。

gave me the following mail.

-----

このメールを読んで、私は非常に感銘を受けました。

I read this email and I was very impressed.

このメールは、多くの人に読まれるべきメールであると考え、私は、シバタさんにメールの全文公開をお願いして、ご許諾を頂けました。

I thought that this e-mail is an e-mail to be read by many people. So I asked Dr.Shibata to publish the full text of the e-mail, and got permission.

======

江端智一様

Mr. Tomoichi Ebata

まずは御尊父様のご冥福をお祈り申し上げます。

First of all, I pray from the bottom of my heart that your father's soul rests in peace.

日記を拝読いたしました。

I have read your diary.

大変な覚悟をもって「殺した」という表現をされたことと思います。

I think that you could use the expression of "killing" with your serious preparedness.

そのような意味では、私も、これまでに数十人の患者を殺してきました。

In that sense, I have killed dozens of patients so far.

本人または家族が健康の回復を私に依頼し、それが達成できなかったということです。

That means, the principal or their family asked me to restore the health, and I could not achieve it.

-----

世の中の多くの死は、医療にかかり、しかし回復に至らないという点で、医師は年に百万の単位で人を殺し続けています。

The doctor continues to kill people in units of one million a year, in terms of medical treatment but not recovering.

半世紀ほど前までは、医師が独断で死に方を指定することがまかり通っていましたが、このようなpaternalismは徐々に廃れてご本人やご家族の意思が尊重される時代になってきました。

About half a century ago, it was clear that doctors would be willing to designate how to die, however, such paternalism has gradually become obsolete and the will of the principal and family is respected.

これは、ある意味では、殺し方の決定権を家族に押しつけています。

In a sense, this is forcing the family members to decide how to kill them.

そして、医師が実行犯です。

And the doctor is a criminal.

In your column, whose title is "Work style reform(10) elderly care - Sacrifice by medical advances) you wrote, we have to face "the era when you must choose a way of killing" for the first time in the history of humanity.

これまでは、できる限りの延命(人工呼吸器や高カロリー輸液によって)を選択することが多い時代がありました。

Up to now, there was a time when choosing the maximum possible life extension (by ventilator or high calorie infusion) as much as possible.

その結果(と断言はできませんが)「自分の親の殺し方を間違えた」と後悔を身をもって感じている人が今の団塊の世代に多い印象があります。

I have the impression that there are many people in baby-boomers era, that feel regrets, "I made a mistake in murdering my parents(Although I can not assert it).

「苦痛となる処置を避ける(≒死期を定める)」という選択は、尊厳死の概念と共に徐々に一般的になってきている印象がありますが、これには、先の世代の膨大な量の後悔の塊、怨念と怨嗟がこもっています。

There is an impression that the choice of "avoiding painful treatment (that is equal to defining the death period)" is gradually becoming increasingly common with the concept of dignity death, however I think that this includes enormous amounts of repentance, generations and grudges of the previous generation.

今の死の臭いの薄い時代、「いつかあなたが親の命の終わり(≒親の殺し方)を決める時が来る」という現実を学ぶ機会が必要なのかもしれません。

A age of the light smell of death, we might have to learn the reality that "Someday the time will come when you decide the end of your parent's life (how to kill your parents)"

-----

私も江端さんと同じように、自分の親は自分で殺します。

I will kill my parents by myself as well as Mr.Ebata.

だれかに譲るつもりはありません。

I will not give this role to someone.

弟がおりますが、恐らく私は我を通すでしょう。(でも、ケンカになったら折れてしまうとも思っています。それが私です。)

I have a younger brother, but perhaps I will get my own way.(But I also think that I will break if I become a fight. It is me)

もし私自身が死ぬときには、自分自身の意志を表明できない中で、自分の子供が熟考の末に私の死に方を決めて殺してくれるのであれば、赤の他人の医師に死に方を決められるよりも満足して死ぬことができると信じています。

When I die, I believe that if my child decides my way of death after the contemplation even when I could not express my thought, the decision is better than a doctor as a stranger.

(私の死に方を自信を持って決めてくれるような大人に育って欲しいと願っています。)

(I hope that my child grows up to adult who will decide the parent's death confidently.)

そのようなわけで、御尊父様におかれましては、大変な孝行息子に恵まれたのだなあと、思いました。

As such, I thought your father was blessed with a excellent filial piety.

合掌

Praying hands.

シバタ

Shibata

======