2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|

2018-04-25 『論理的であることが、必ずしも正解ではない』と、かなりいい感じで説教されました。 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(48) : Work style reform(7) "

Use of woman, and, gentle death of the state

-----

今回は、酷く後輩に叱られました ―― めずらしく。

This time, unusually, my junior scolded me badly.

『論理的であることが、必ずしも正解ではない』と、かなりいい感じで説教されました。

"To be logical is not necessarily a correct answer," I was pretty much preached by him.

でも、それを言うなら「連載開始時だろ?」 とも思うんですよ

But if he wants to claim that, I think "it was time to start serialization"

今回のコラムには、「論理的に語れない、人間としての根本的な不愉快さ」があるんだろうと推測しています。

I guess there will be "fundamentally unpleasantness that can not be described logically" in this column.


2018-04-24 ―― 江端は、インターンシップの学生に、パワハラを働いた [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

彼には、私達の研究チームが、企業の第一線で番を張る、「凄い頭脳集団」と見えたのかもしれない ―― と。

He might create an illusion of "great thinktank" on the edge of international company."

『はっはっは、笑っちゃうよなぁ』と言うのは簡単です。

"Ha-ha-ha, You are kidding! " is easy to say. "

しかし、これは、本質的に、「パワハラ」や「セクハラ」の原型であると言えます。

However, I think that this is basically an proto-type of "power harassment" and "sexual harassment"."

「パワハラ」や「セクハラ」の大部分は、基本的に、

Many accidents of "power harassment" and "sexual harassment" is essentially generated by "

(A)自分の地位に対する無自覚、と、(B)その地位が与える他人への影響の無自覚の、両方から発生します。

Both non-consciousness of (A)their positions, and (B)affects, derived from the positions."

ですから、いつだって、「パワハラ」や「セクハラ」の当事者は、基本的に加害者意識はゼロです。

So, basically, anyone who is a central player of "power harassment" and "sexual harassment", has any victimizer-minded"

だって、上記(A)(B)のいずれにおいても、徹底的に、軽薄なまでに、無自覚なのですから。

Because they are juking and jiving and have no awareness of the above both (A) and (B). "

-----

だから、私は常に言っているのです。

So I often say that "

―― "フレンドリーな上司"とか、"気楽にしゃべれる教授"とか、そういう、アホな幻想は、とっとと捨てなさい

"Put your foolish illusions away, like "friendly boss" or "comfortable professor"" "

と。

私達は、どのような立場であれ、「立場」があれば、常に「パワハラ」「セクハラ」の加害者となることから逃げることはできないのです。

We cannot escape from our position, even what kinds of position. and also cannot escape from being victimizer of "power harassment" and "sexual harassment"."

ましてや、大臣や次官ともあろう人なら、誰に何を言っても「パワハラ」となることを覚悟すべきですし、

Moreover, even if you are a minister or vice minister, whatever you say to anyone, you should be prepared to be blamed for "power hurdles""

ましてや、性的なことを個人的に発言すれば、本人の意図がどうであれ、100%、「セクハラ」になる 。

Even if you speak to someone about sexual issue personally,, whatever your intention is, it will be 100% "sexual harassment"."

その程度の自覚は、あってしかるべきでしょう ――

Whoever should have the awareness as least. So I think "

バカなんじゃないんですか、あいつ。

Is that guy an really idiot ?"

-----

とはいえ、以上の話を総括すると、

It can be concluded that"

―― 江端は、インターンシップの学生に、パワハラを働いた

"Ebata should be blamed for the power harassment""

という結論になってしまいますが、

And, that's right."

それで、正しいのです。


2018-04-23 もしかしたら、彼は『怖かったのかもしれない』 [長年日記]

私の所属する研究所は、インターンシップ制度で、大学の学生の研究員を受けいれています。

My research laboratory is accepting college students by an internship program.

私自身は、担当したことがないので(or 担当させて貰えないので)、詳しくは知りませんが ――

I have never experimented such a management before (or, nobody wants me to manage a college student). Anyway I don't know the program in detail.

そういえば、一度、欧州のインターンシップの学生に請われて、「『北極ラーメン』ツアー」を実施したことがありますが、まあ、その程度です。

As I recalled, once I designed the "Hokkyoku-Ramane tour", when the internship student from Europe asked me.

インターンシップの期間は、大体3週間程度です。

The period of an internship program is almost three weeks.

3週間くらいでは、一つのテーマを完遂することはないので、データの解析をして貰い、最終日にその結果を発表して貰う、などということをやっているようです。

Of course, it might be difficult for them to complete one study perfectly, so in many case, we asked them to analysis data, and and present the result at the end of the period.

-----

一度、インターンシップの学生も交えて、研究チームでランチを取ったことがあるのですが、彼の大学の研究テーマが、ニューラルネットワークに関わるものだったので、私は簡単な質問をしました。

Once our research team had the internship student for lunch. I knew that His subject of research is related to ""neural network", so I asked him some questions.

江端:「ニューラルネットの層数はどれくらい? 入出力のニューロン数は? デープラーニングを使った? どの学習方式?」

Ebata:"How many layers, how many input and output neurons in your system ? Did you try to use deep leaning? What kind of the method are you trying ?"

と尋ねたのですが、彼は、モゴモゴとした口調で、あまりハキハキした感じでは語ってくれませでした。

However, he was mumble, and could not answer my questions clearly.

-----

―― なんだろうなぁ? そういう性格なのかなぁ?

"Why did he behave like that? Is that just his character? "

などと考えていたのですが、後になって、

I was thinking that, however, after that I came to think that

もしかしたら、彼は『怖かったのかもしれない』

"It may be that he felt fear"

と思い至りました。

(続く)

(To be continued)


2018-04-22 ―― アルコール摂取量に応じた、人格の崩壊の有様 [長年日記]

最近、ある理由があって、現在、アルコール摂取を完全に止めています。1ミリリットルも口にしていません。

Recently, there are certain reasons, I am completely stopping alcohol consumption now. I do not even mention 1 milliliter.

ところが、4月は飲み会が多くて、正直困っています。

However, in April there are many drinking party and I am embarrassed to be honest.

飲み会の席で、

At the drinking party 's seat,

同僚:「江端さん。ドクターストップですか?」

Colleague: "Mr. Ebata, the doctor stooped it?"

と言われる度に、

Every time I responded

江端:「はっはっは、この私を『医者』ごときが止められると思います?」

Ebata: "Ha-ha, do you think that even a doctor can stop me?"

とニッコリ笑って応えると、『いろいろ察して』貰えるようで、この話題には誰も触れなくなります。

with smiling, nobody comes to touch this topic to be recognized something.

それはさておき。

Set it aside.

-----

酒が飲めなくなると、色々と見えてくるものがあります。

When I do not drink, I can see something various.

―― アルコール摂取量に応じた、人格の崩壊の有様

"Personal collapse presumably according to alcohol sumption"

が、はっきりと見えて、正直、本当に「怖い」です。

To me, it is clearly visible, honestly, it's really "scary."

飲み会の開始時の、前や隣りの席の人間が、どんどん、異様・・・もとい、別な人格(あるいは、隠れていた人格)に変化している様を、まざまざと「観測」することになるからです。

Because I will "observe" a lot about people at the next seats, who is changing to a different personality (or hidden personality) from the start time of the drinking party.

今まで、「怖い」と感じなかったのは、私もアルコールを摂取して、同じ世界線を生きていたからだろうと考えています(要するに、自分も同じように「酔っぱらって」、「人格崩壊・・・もとい、人格変化」をしていた、ということ)

I have not able to be feel "fear" since now. I think the reason is that I also change the my personality with drinking, and start to live in the another world.

気分は、岡部の「リーディングシュタイナー」です。

The feeling is, ... let me think... " Okabe's Reading Steiner"

-----

私の嫁さんは、生まれながらにして、アルコール分解能力を持たない、いわゆる「下戸」です。

My wife is a so-called "Geko" who has no alcohol decomposing ability by nature.

ですので、私は、嫁さんに、

So I asked her

「今まで、ずっとこんな怖い人生を生きてきたのか?」

"Have you ever lived such a scary life until now?"

と尋ねたところ、嫁さんは、『特に、これといった感想はないなぁ』と応えました。

However she responded, "I never thought of scary, in particular"

こんな身近に、『孤独の観測者』がいたのかと、感慨ひとしおでした。

I felt a deep emotion that there was an "observer of loneliness" close to me.


2018-04-21 私の『シュタインズゲート視聴則』―― に従う必要があることを思い出したからです。 [長年日記]

昨夜、デモ用動画のレートダウン + メディア変換 ―― まあ、要するに、『面倒なこと』です ―― が上手く動かすことができず、遅くまでパソコンを闘って、フラフラになって帰宅しました。

Last night, I was trying rate down of demo video + media conversion - well, in short, "troublesome thing", however I could not be moved well, went home in exhaustion.

帰宅した時には、午前0時を過ぎていたのですが、「シュタインズゲート・ゼロ」の第2話が録画されていることに気がつきました。

When I came home at midnight, I noticed that the second episode of "Steins Gate Zero" was recorded.

早速、視聴しようとしたのですが ―― すんでのところで、思い止まりました。

I tried to watch it immediately - but I stopped thinking very much.

なぜなら、「シュタインズゲート」シリーズを、視聴する時には、

Because, I think when viewing the "Steins Gate" series,

●まず、風呂に入って、体のヨゴレを落し、

- First of all, take a bath, drop the body dirty,

●その後、冷水で体を引きしめた後、

- pulling the body with cold water,

●塩水で口をすすぎ、

- Rinsing mouth with salt water,

●白襦袢で身を被い、

- covering myself with white jelly,

●テレビの前で正座して、

- seating in front of the TV,

●雑念を払い、一心に集中する

- paying attention and focusing on one thing

という ―― 私の『シュタインズゲート視聴則』―― に従う必要があることを思い出したからです。

I remembered that I have to comply with my "Steins Gate viewing rule".

-----

話は変わりますが、そろそろ、「AIシリーズ」の連載も、そろそろ終盤に向かっています。

By the way, it is almost time for the series of "AI series" to head to the final stage.

次に連載を頂く為の営業ネタを考えているのですが、チラっと、

I am thinking about sales stuff for the next series,

―― 「シュタインズゲート論」

"Steins Gate Theory"

というのをご提案させて頂こうかなと、思いました。

I thought I would suggest it.

しかし、その次の瞬間、

However, at the next moment, I could watch

●『江端さん? マジですか?』と応える、編集長のTさんと編集担当者のMさんの、ひきつった笑顔、

the smile faces of Mr. T, editor-in - chief, and Mr. M 's editor in charge with saying "Mr. Ebata? Are you serious ?

と、

and

●その後ろに立ち上る「憤怒のオーラ」

"aura of anger" rising behind it

が見えましたので、

この日記は、『β世界線のできごと』として、『なかったこと』とさせて頂きます。

You will forget the existence of this diary, because it is event of other worlds.


2018-04-20 「審査官様の足の裏だって舐めることができる」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

意見書や補正手続を通じて、審査官様への忖度をしてきた私は、自分の発明で、特許権を得る為なら、

Though my written opinion and amendment procedures, I'm doing something to the examiner. If I am going to get patent rights of my invention, I can say that

「審査官様の足の裏だって舐めることができる」

"I can lick the examiner's soles of the feet"

と自負しています。

私は、特許明細書 ―― という名の公文章 ―― を、行政機関と法律の命じるところに従ってきました。

I have worked seriously about the patent specification, as a public documents",

これまで、だたの一度も逆らうことなく、正直に、真摯に、愚直に取り組んできました。

according to the administrative agencies and the orders of the law, without ever going against it,

-----

しかし、その行政機関自身が、自らルールを曲げるのであれば、

If the administrative agency himself bends the rules himself,

―― 行政命令と法律に従って「審査官様の足の裏を舐め続けてきた」この私の無様さは、一体何だったのか?

How awkward I am to continue to "lick the examiner's soles of the feet"?

と、泣けてきます。

My tears came into my eyes.

-----

私は、

I don't want to say

『権力者に忖度して、公文章の改竄を命じた者や実施した奴は、自分の職場(役所)の前で腹を切って死ね』

"Anyone who ordered falsification of the public sentence, or executed it with depending on the power, does "harakiri" in front of their office building."

―― と、までは言いません。

私は、

I just claim that

●「改竄」ではなく、行政法の法的手続にのっとり「補正」または「訂正」の処理をして、きちんと開示をしろ

Not "falsification" but "compensation" or "correction" based on the administrative law, they should open the public document to people,

と主張しているのであって、

そして、

and

I also just request them to

●「補正」または「訂正」の意見書の理由の欄に、『権力者またはその家族への忖度の為』と、きちんと記載しろ

"write the reason for the "compensation" or "correction" correctly, for example, "the abuse of power, including the family"

と言っているだけです。

-----

もし、それが事実ならば。

If it is true.


2018-04-19 しかし「公文章の改竄」だけは、絶対に許さん。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

賄賂やら、汚職やらは、公平な行政システムを歪めるという点においては許されませんが、それでも、私は、その抗議活動は、他の人に放り投げ・・・もとい、任せています。

Bribery, corruption should not be allowed because distorting the fair administrative system, however, I am leaving that protest activity to others.

首長や議員の、浮気、不倫に至っては、本当にどーでもいいです。

I don't care about affiliation and affair of chiefs and lawmakers at all.

もっとも ――

However, I come to think that

■お前、なんでそんなに「暇」なんだ?

- Why do you have "free time" so much ?

■お前の仕事って、そんなに「楽」なのか? なんでまだ、そんな体力が残っているんだ?

- Why do you seem to die due to the duty of public service ?

―― とは思っています(デバッグで狂っている最中には、特に)。

(while being crazy for debugging, especially)

どこのだれが、権力者に忖度しようが、金、女または男、権力、その他、誰が何をどう、媚びへつらおうとも ―― 私は、一切、興味はありません。

No matter whoever reads what the power is implying, with money, women or men, power, and others, I don't care of it.

------

しかし「公文章の改竄」だけは、絶対に許さん。

However, I never forgive a people who do "falsification of the public sentence" absolutely.

誰がなんと言おうと、私だけは、絶対に許さん。

Whatever someone says, I never forgive the person.

-----

もっとも、誰であれ、権力者に忖度するのは仕方がないことだろうとも思います。

However, I think that it would be inevitable for many people to imply the power.

上司に逆らえないサラリーマンの私と、権力者に弱い(小)役人のあなたたちと、どれほど違うか ―― 「大して違いはない」と、分った上で言います。

I will tell you, even though I know well that "there is no big difference between you who are weak officials against the power and I who cannot resist my boss.

(続く)

(To be continued)


2018-04-18 要するに、「公文章の改竄」とは、「独裁的権力」とのペアで提供されるものです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

In the book whose title "1984" written by Geoge Orwell, the protagonist is working for amendment of the public documents, as a specialist about interpolation of public documents, in the government organization of one-party dictatorship.

党の公式発言と矛盾する書類は、この組織によって修正 ―― 改竄され、結果として、「党は間違いを犯さない」を実現している訳です(もっともこの部署は、国民から秘匿されていますが)。

Documents inconsistent with the party's official remarks are modified / tampered with by this organization. As a result, this action realizes "the party does not commit mistakes" (Of course, this department is kept secret from the public).

要するに、「公文章の改竄」とは、「独裁的権力」とのペアで提供されるものです。

In short, "falsification of public sentence" is provided in pair with "dictatorship power".

それが、「民主主義」の概念の対極に立つものであることは、言うまでもありません。

It goes without saying that it stands at the opposite of the concept of "democracy".

------

私は、今、

Now,

『権力者に忖度して、公文章の改竄を命じた者や実施した奴は、自分の職場(役所)の前で腹を切って死ね』

"Anyone who ordered falsification of the public sentence, or executed it with depending on the power, does "harakiri" in front of their office building."

―― などと放言しないように、自分の感情を必死で押さえています。

I am desperately holding down my emotion, and do not say the above sentence.

まだ、正確な事実が、完全に明かになった訳ではないからです。

It is because the exact facts are not completely clear.

「推測」に基づく感情的な言動は、社会にも良くないですし、なにより自分の価値を貶めます。

Emotional behavior based on "guesses", is not good for society, and moreover the action will get my values down.

そのようなことは、厳に慎まなければなりません。

I must strictly refrain from such things.

しかし、繰り返しになりますが、

However, repeatly, I also think

―― データが出揃ったら、こっちのもんだ

"After getting information, I can start a self-paced attacking"

とも、思っています。

(続く)

(To be continued)


2018-04-17 ―― 特許庁長官と担当審査官を、特許庁の建屋ごと爆殺して、そのガレキの前で自決してみせる [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

エンジニアである私にとって、行政府と直接的に関わるところがあるとすれば、「特許庁」です。

A public office which I relates as an engineer, is the patent office.

特許庁は、優れた発明であれば、(出願人の能力と執念によっては)大企業でさえも倒産させる程の権力(特許権)を付与するところです。

The patent office gives patent rights, which can make even a big company bankrupt (if you have a prominent capability and persistence).

ですから、その運用は、高度な巨大精密工場のように、緻密かつ精緻であり、発明者や出願人と特許庁の、相互の絶対的信用関係なしには成り立ちません。

Therefore, the management works extreme precise and exhaustive, like a sophisticated giant factory, and the mutual absolute relationship of trust between patent applicants and the patent office should be indispensable.

間違っても、「公文章」である特許明細書(*)を、出願後に改竄することなどありえませんし、法律て認められた、補正、訂正の手続以外の手段では変更することができません。

Nobody can tamper with a patent application, as an official document, except for the special administrative procedure "compensation" or "correction".

(*)国家の管理下において公開される文章という意味では、公文章と解して良いと考える(江端解釈)

(*)I think that a patent application is equal to an official document, because it is going to be opened under the government control.

また、その変更の内容と経緯は、(法定期間の経過後)無条件かつ無制限に、国民だけでなく全世界の人間なら誰でも閲覧できる状態になっています。

And the administrative procedure should be opened to all people in the world without reservation and restriction.

そこには、特許庁の審査官、審判官、職員の「恣意」が入り込む余地は、全くありません。

Even if the are examiners hearing examiners and office staff, their arbitrariness should be prohibited rigidly.

-----

もし、この特許制度の運用を、権力者や、権力者に忖度するものによって、ひん曲げられたら、私は、

If persons in authority and adulators interfere with the management of patent system,

I have really a spirit that

―― 特許庁長官と担当審査官を、特許庁の建屋ごと爆殺して、そのガレキの前で自決してみせる

"I will kill Director-General of the Patent Office and the examiners in charge by a bomb with the office building , and also kill myself at the front of the rubble."

くらいの気概があります(本当)。

それくらい、私の中では、特許明細書 ―― という名の「公文章」は、神聖にして犯されざる、絶対的なものなのです。

In my mind, "patent application" as a official document, is sacred, unviolated and absolute object.

(続く)

(To be continued)


2018-04-16 ―― データが出揃ったら、こっちのもんだ [長年日記]

私は、世間で事件があった時、それが自分がコントロールできる事件でない限り、その事件が収束するまで、ブログであれ、Twitterであれ、Facebookであれ、コメントを出さないことにしています。

Even when an affair happens in the world, I am suppose not to voice my opinions about the affair, by blog, Twitter, Facebook.

これは、私の経験に因るものです。

This is a based on my experiments.

-----

私は、私の著作を非難(×批判)してきた人間に対して腹を立てた時、私は、まずその人間の過去の発言を、徹底的に調べ上げます。

When I get angry with the opinion that criticizes my contents, first of all, I will take a survey of the person's past comments completely.

If the person

●自分で検証することなく

didn't validate the evidence of an affair,

●裏の取れていない怪しげなニュースソースを安易に信じ

come to believe a murky news source with little evidence

●簡単に批判コメントを出す

and comment negative opinions easily,

という人間であることが分かれば、

I decide that the person is a

―― 低能

"weak head"

と、決めつけて、「溜飲を下げる」ことにしているからです。

and come to feel heartily gratified.

私がその気になれば、その人物に対して、この事実とそのデータを突き付けて、「恥をかかせること」はそんなに難しくありません。

If I feel an urge to do it, I think that it is not difficult for me to put him/her to shame with the fact and data.

『なぜそんなことが言い切れるか』というと、過去、実際に(以下省略)。

"Why does Ebata say it ?" The reason is, I, in fact (omitted)

------

逆に言えば、私は、「脊髄反射的に記載した、迂闊なコメントが、後々、自分の評価を下げてしまう」という事実をよく知っているのです。

Therefore, I know well that "a careless comment like spinal reflex, comes to downgrade assessment of myself"

そもそも、私なんぞがコメントしたところで、世の中は1mmも変わらないでしょう。

To begin with, if I comment on something, I cannot change the world at all.

そして、「事実やデータが一通り出揃ってから動き出しても、決して遅くはない」と思っています。

Moreover, I think "it it not late when I go on the move, after I get all the information at hand"

------

しかし、

On the other hand, I also think

―― データが出揃ったら、こっちのもんだ

"After getting information, I can start a self-paced attacking"

とも、思っています。

その時点で、「事実」と「ロジック」と「数字」の3点セットで、打って出れば良いのです。

At that time, I can make a sortie with the fact, logic and math.

(続く)

(To be continued)