2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-11-29 こんな真剣に「哲学」している方を、邪魔することなんてできない。

先日、帰宅が遅くなり、丁度午前零時頃、駅から自宅まで歩いて帰宅していた時のことです。

The other day, I was late, and went home from the station at just before midnight.

駅から自宅までの道は、当然誰一人いなく、私はひとり、歩道に設置された街灯の下を繋ぐように歩いていました。

I was walking walk along a sidewalk alone under street lamps

ふと前を見ると、

I happened to find ahead,

―― 猫

A cat

歩道のど真ん中で、街灯の下の弱々しい光の元、伏せながら、何かを考え込む風に、ひたすらじーっと考えている、

The cat looked like thinking something deeply, under weaker shine of street lights in the middle of the sidewalk.

私が近づいても、逃げる素振り一つなく、

The cat was just thinking without running away, despite of my approach.

ただ、沈思している ―― 猫。

彼または彼女は、何か人生について、または世界について、私の存在も気がつなかい程、深く真剣に、何かを考え込んでいるようでした。

She or he kept sitting on the sidewalk with brooding brows. I didn't know what she or he was considering, life, world, peace or something.

私は、そのオーラに圧倒され、歩道から降りて、車道の端を歩き始めました。

I was overwhelmed her or his aura and step down the sidewalk and started walking on the road side.

-----

「人間が猫に道を譲る」というのは、レアなケースだとは思うのですが、

This is a rare case that a human gives the way to a cat.

こんな真剣に「哲学」している方を、―― それが、例え猫であろうとも ―― 邪魔することなんて絶対にできない、と思いました。

Someone who speculated in a philosophical manner in deeply serious -- even it was a cat --- I thought that I could never bother her or him.


2014-11-29 「分からない文章は、よくない文章だ」と知りました。

(昨日のつづきです)

A新聞の記事は、本当に何を言いたいのか分からないのです。

In fact, I don't understand what the articles want to say to me.

学生の頃、A新聞の文章はよく入試に出ていました。

When I was a high school student, the articles often appeared in college entrance examinations.

そして私にはその問題は難しかったので、きっと優れた文章なのだと思っていました。

And I felt that the problems were difficult, so I think that there were predominant articles.

しかし、社会人になって、技術者になって、テクニカルライティングを学んで、「分からない文章は、よくない文章だ」と知りました。

However, when I become an adult, an engineer and learned technical writing methods, I noticed that "a sentence not to understand is the sentence that is not good"

そして、少しでも分かりやすいコラムを書こうと、日々研鑽を重ねている(つもりの)私から見て、そういう記事を読むと

I have intention to repeat study every day to write readable columns.

For me, whenever I read the articles of a A newspaper, I feel

―― 正直面白くない。

"Uncomfortable"

-----

でも、A新聞社には罪はありません。

But there is no crime in the A newspaper publisher.

私の頭が悪いのが、悪いのです。

It is bad that I am dull.


2015-11-29 「大人は、みんな、中二病を経験して来ているんでしょう?」

長女:「大人は、みんな、中二病を経験して来ているんでしょう?」

Daughter:"Every adults have already experiment "Chuuni-byou"(behaving in a way characteristic of teenager) haven't they?"

日曜日の朝、我が家では時々、ファミレスで勉強会(私の場合は仕事) ―― 「朝勉」と呼んでいます ―― をします。

On Sunday early morning, we sometime go to a family restaurant to study something, that we call it "Asaben" (Early bird's studying).

まあ、彼女達にしてみれば、モーニングメニューを父の財布で食することも、大きな目的の一つでしょうが、多分それだけではないと思っています。

As for them, they can have a chance to eat out with my money, but I think it is not enough.

私の目の前で、ダベっていたり、眠ったりしたら、それなりに酷い目(説教部屋)に合う ―― という緊張も利用しているのしょう。

Even if they chat or drop off to sleep in front of me, they should face miserable something ( being mad at me). They want to use the environment.

ただし、食事(朝食中)は、自由にチャットして良いことになっておりますので、皆が適当な話をしています。

But during the eating time, we can chat any topic freely.

-----

江端:「『みんな』かどうかは、分からないけど、程度の差こそあれ、中二病のようなものにはなってきていると思う」

Ebata:"I doubt "Every adults", however, everyone have experimented like "Chuuni-byou" to some extend."

長女:「それって、『無駄』じゃん」

Daughter:"It must be in vain"

江端:「・・・背景の説明から頼む」

Ebata:"Please explain the background first"

長女:「だって、私達が、中二病的な発言をしても、大人達は、薄い笑顔で、軽くいなすよね。『そうそう、そういう風に考える時期なんだよねー』という、高い目線から」

Daughter:"many adults always look at us with superior attitude and soft smiling when we talk something seriously. They are likely to saying "it is a just time now"

江端:「なるほど。それは、正しいと思う」

Ebata:"I see. I think you are right"

長女:「で、中二病的な考え方って、多分、もう出つくしているいて、そんなにバリエーションはないんでしょ? 」

Daughter:"But I think that there are few variation we come to think over"

江端:「そうだなぁ。ティーンエイジャ達が辿りつくことのできる、いわゆる『社会的な矛盾』というのは、数としては知れているかなぁ」

Ebata:"Let me think. Yes. "Social contradictions" that teenagers can come up with are not so much.

長女:「つまり、課題とその答が揃っているなら、最初から教えてくれればいいじゃん」

Daughter:"You know both the problem and the answer don't you? Why don't you tell me them first?"

江端:「ああ、分かった。そういうことね」

Ebata:"O.K. I understood what you claim"

長女:「私達が思い悩む必要って、全くの『無駄』じゃんか」

Daughter:"What we are bothering are absolutely in vain."

江端:「そうとも言えないんだ。中二病は、発病しないと大変なことになるんだ。必ず発病して貰わないと、私達の社会としては困ることになるんだ」

Ebata:"It is not necessarily correct. You should cause this illness not only for you but also our society"

長女:「どういうこと?」

Daughter:"What does it mean?"

江端:「中二病に罹患せずに成長すると、『殺人マシーン』になることが、歴史的に実証されているんだよ」

Ebata:"If you grow up without "Chuuni-byou", you could make you "killing machine". This is a historically accurate account.

(続く)

(To be continued)


2016-11-29 『あの国の国民! どうかしているぞ!!』とリビングで叫んでいた私に対して

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Over the AI(5) ---- beyond a reach of our imagination"

Silent Artificial Intelligence - Why was not AI used to predict US presidential election ?

-----

シミュレーションの出力結果を見て、

After reading the simulation results,

血の気の引いた顔をして、階下に降りてきて、

I went down to the living room with pale face,

『あの国の国民! どうかしているぞ!!』とリビングで叫んでいた私に対して、

and was shouting "People in the States are crazy!!"

In contrast, my wife who

私のYシャツにアイロンをかけつつ、録画したドラマをから目を離さずに、

ironed my Y-shirt while staring at the recorded drama, and

「そうかー、それは大変だねーー」

gave me a vague answer of "Okay,Okay, that is tough, is not it?"

と生返事を寄越した、

そういう研究員の妻は、

実在します。

has existed.


2017-11-29 『世界は私を助けてくれない』

私は、大学時代の多くの時間を、アルバイトにつぎ込んでいました。

I spent a lot of my college days working part-time.

家庭の事情で、仕送りが困難だった時期に、学費と生活費を稼がなければならなかったからです。

It was because I had to earn tuition and living expenses at the time when it was difficult to send money to me with the circumstances of the family.

「学校」→「バイト先」→「下宿」のループを続けていました。

I continued the loop of "school" → "working" → "lodge".

いわゆる「苦学生」というヤツですが、不思議と、あまり辛い記憶としては残っていません。

It is a so-called "suffering student", however, it is strange that I do not remember as much painful memory.

そういう状況を察してくれていた友人たちは、とても優しかったように思います。

Friends who had been observing such my situation, seemed be very kind in my memory.

ノートやレポートを見せてくれたり、ご飯を作って(×奢って)くれた記憶が残っています。

They showed me notes and reports, and made dishes (not "treated me").

―― まあ、私の、記憶の改竄の可能性もありますが。

Well, it might be just my enhanced memory.

-----

そんな感じで、毎日、一人で走り回っていたので、「付き合い」という概念が発生しませんでした。

Since I ran around all day alone like that, I could not get the concept of "association".

ですので、「交友関係に悩む」というチャンスにも恵まれませんでした。

So, I could not get a chance of "suffering from friendship relationships".

今になって考えると、これって、相当「幸せ」なことだったんじゃないかなー、と思うことがあります。

Turn to thinking, this was quite "happy" for me.

(まあ、その他のことについては、結構な地獄でしたけど)

(Well, for other things, it was a pretty hell, though)

-----

基本的に

Basically,

『世界は私を助けてくれない』

"This world will not help me"

という世界観が、

as the world view was fixed as

『事実』

"fact".

として固定されていましたので、

私は、世界を『恨む』必要もありませんでした。

So I didn't have to "hate" this world.

(続く)

(To be continued)