2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|

2013-11-29 こんな真剣に「哲学」している方を、邪魔することなんてできない。 [長年日記]

先日、帰宅が遅くなり、丁度午前零時頃、駅から自宅まで歩いて帰宅していた時のことです。

The other day, I was late, and went home from the station at just before midnight.

駅から自宅までの道は、当然誰一人いなく、私はひとり、歩道に設置された街灯の下を繋ぐように歩いていました。

I was walking walk along a sidewalk alone under street lamps

ふと前を見ると、

I happened to find ahead,

―― 猫

A cat

歩道のど真ん中で、街灯の下の弱々しい光の元、伏せながら、何かを考え込む風に、ひたすらじーっと考えている、

The cat looked like thinking something deeply, under weaker shine of street lights in the middle of the sidewalk.

私が近づいても、逃げる素振り一つなく、

The cat was just thinking without running away, despite of my approach.

ただ、沈思している ―― 猫。

彼または彼女は、何か人生について、または世界について、私の存在も気がつなかい程、深く真剣に、何かを考え込んでいるようでした。

She or he kept sitting on the sidewalk with brooding brows. I didn't know what she or he was considering, life, world, peace or something.

私は、そのオーラに圧倒され、歩道から降りて、車道の端を歩き始めました。

I was overwhelmed her or his aura and step down the sidewalk and started walking on the road side.

-----

「人間が猫に道を譲る」というのは、レアなケースだとは思うのですが、

This is a rare case that a human gives the way to a cat.

こんな真剣に「哲学」している方を、―― それが、例え猫であろうとも ―― 邪魔することなんて絶対にできない、と思いました。

Someone who speculated in a philosophical manner in deeply serious -- even it was a cat --- I thought that I could never bother her or him.