2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-11-29 『世界は私を助けてくれない』 [長年日記]

私は、大学時代の多くの時間を、アルバイトにつぎ込んでいました。

I spent a lot of my college days working part-time.

家庭の事情で、仕送りが困難だった時期に、学費と生活費を稼がなければならなかったからです。

It was because I had to earn tuition and living expenses at the time when it was difficult to send money to me with the circumstances of the family.

「学校」→「バイト先」→「下宿」のループを続けていました。

I continued the loop of "school" → "working" → "lodge".

いわゆる「苦学生」というヤツですが、不思議と、あまり辛い記憶としては残っていません。

It is a so-called "suffering student", however, it is strange that I do not remember as much painful memory.

そういう状況を察してくれていた友人たちは、とても優しかったように思います。

Friends who had been observing such my situation, seemed be very kind in my memory.

ノートやレポートを見せてくれたり、ご飯を作って(×奢って)くれた記憶が残っています。

They showed me notes and reports, and made dishes (not "treated me").

―― まあ、私の、記憶の改竄の可能性もありますが。

Well, it might be just my enhanced memory.

-----

そんな感じで、毎日、一人で走り回っていたので、「付き合い」という概念が発生しませんでした。

Since I ran around all day alone like that, I could not get the concept of "association".

ですので、「交友関係に悩む」というチャンスにも恵まれませんでした。

So, I could not get a chance of "suffering from friendship relationships".

今になって考えると、これって、相当「幸せ」なことだったんじゃないかなー、と思うことがあります。

Turn to thinking, this was quite "happy" for me.

(まあ、その他のことについては、結構な地獄でしたけど)

(Well, for other things, it was a pretty hell, though)

-----

基本的に

Basically,

『世界は私を助けてくれない』

"This world will not help me"

という世界観が、

as the world view was fixed as

『事実』

"fact".

として固定されていましたので、

私は、世界を『恨む』必要もありませんでした。

So I didn't have to "hate" this world.

(続く)

(To be continued)