2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|

2013-04-06 嫁さんが「情報処理試験に行く」と言いました。

嫁さんが「情報処理試験に行く」と言い出した時、私は驚愕しました。

私が知る限り、嫁さんのワープロソフトの利用回数は2回/年。

Googleは、ランチのレストランを探す時のみに、そして、GoogleMAPは、バイト先に行く時だけ使われるという状況。

Youtubeなどは、私が使っているのを横で眺めているくらいです。

その嫁さんが、「情報処理試験」を口にしたのです。これは、我が家では多分今世紀最大の事件といっても過言ではないでしょう。

もちろん「無謀」という一言が浮んだもの事実ですが、ようやく「情報処理」の必要の認識に至ったかと思うと、感無量でした。

-----

「で、何を受験するの? やっぱり『ITパスポート』からかな。色気を出して『基本情報技術者』という手もあるよね」

と、私が言うと、「何の話?」という顔をして、私を見返してきました。

「いや、だから、情報処理試験の受験科目」

-----

嫁さんは、情報処理試験の「試験監督」のアルバイトに行くのだそうです。

紛らわしい。

ところで、以前にも書きましたが、嫁さんが言うには、午前の試験で「氏名の記入忘れ」をした人が多いそうです。勿論、この段階で不合格確定です。

――「今日はいい天気ですよね。午後から映画にでも行かれては?」と、試験監督者としてアドバイスするのは駄目かな?

と言ってみましたが、当然駄目に決まっています。

ですから、受験生が、午後の試験をがんばって取り組んでいる様子を見ると、「とても切ない」そうです。

-----

という訳で、嫁さんの為にも、受験生の皆さんは「名前と受験番号の記入」だけは忘れないで下さい。


2014-04-06 ―― それって、基本的に政治のパワーバランスの話だよなぁ

長女のインタビューを受けながら人間関係図を書いていたのですが、これが酷く難しい。

Hearing her talk with writing down the figure, it is very difficult to understand it.

■長女の所属しているグループの構成員は4名。

- Four members in her group.

■このグループは、別の2つのグループと友好関係にあるのだが、そのグループの一つのリーダ格の女子とは、双方本質的にそりが合わないらしい。

- However the group has a good relationship between two other groups, my daughter doesn't like a person who is likely to be a leader in other group.

―― それって、基本的に政治のパワーバランスの話だよなぁ

I thought that "It is a governor of power balance isn't it?"

と思いながら聞いていました。

江端:「で、今回の問題点とは何だったんだ。要するに、同じグループの子と一緒のクラスに成れるかどうか、という理解でいいのか」

"What is the problem of this class changing? In short it is whether you could join a member of your original group in your new class"

長女:「そんな単純な話ではない」

"Not so simple"

■まず、同じグループの人間と一緒になれる確率は、絶望的に低い。4人に対して、クラス数が多すぎるから。

- "The probability of joining old member in new class is low despairingly, because there are many classes against the numbers of my original group.

■とすると、次善の手は、友好関係にあるグループの子と巡り会うことになる。

- So, I had to have another strategy that I search a girl who was in another original group.

■ところが、上記の問題のリーダ格の女子が、同じクラスになると、その子の求心力で、友好関係のグループの女子が、そちらに引っ張られるだけでなく、私もそこに組み込まれてしまう可能性がある。

- But if there is the leader in same new class, I was joined a new group that is managed by the leader because of her charisma.

江端:「つまり、グループまたは友好関係のグループの子が同じクラスとなり、かつそのリーダ格の子が、同じクラスとならない、という条件が必要になる、という理解でいいか」

"In conclusion, what you need conditions are (1) there is a girl who were joined in friendly group in your new class, and (2) there isn't the leader in your new class.

長女:「それでいい」

"Right"

江端:「理解した。しかし、その場合10分間という制約時間の話の必要性が分からんが」

"I got you, but I don't know another issue, that "indispensable ten minutes""

(続く)

(to be continued)


2015-04-06 今は「座っている二宮金次郎の像」があるそうです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

あるバラエティ番組で見たのですが、最近、二宮金次郎の石像が、小学校から無くなりつつあるそうです。

I watched a TV talk-show, and I know that stone figures of "Ninomiya-Kinzirou" become to be dismissed from the junior school recently.

これは、偶像崇拝と歴史文化を取り違える、アホなコミュニストか原理主義者の仕業か、と思ってみたいたら、あにはからんや、どうやら、現場の声からのようだったようです。

I suspected that foolish communists or fundamentalists who cannot understand the difference between heathenism and historical culture assets, are destroying the stone figures, without reason.

But this has been requested from the work front, like the followings.

―― 努力を尊ぶ姿勢は受け継ぎたいが、子どもが働く姿を勧めることはできない

"It is hopeful to take over the stance to show children his effort, but working child is not suitable for the present education policy.

―― 歩いて本を読むのは危険

"It is danger to read books with walking"

という話があり、今は、「座っている二宮金次郎の像」があるそうです。

Now we can find stone figure of "sitting Nimomiya Kinzirou"

―― 教育に無理解な保護者による、子どもへの虐待の象徴

A symbol of physical abuse of children by the guardians who cannot understand compulsory education.

という意見もあるようです。

-----

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、私はこれらの意見に「同意」しています。

Contrary to your expectation, I can agree to the the above opinions.

二宮金次郎のように、

In addition, it is too hard for children to model after him, like

■勉学に対する探究心と、

having a deep spirit of inquiry for studying,

■その探究心に対する保護者の無理解に対してたった一人で闘った人を、

struggling against his guardian who could not understand the significance of that studying.

■小学生の規範とするのは

「ちょっと厳しい」ように感じるのです。

-----

ただ、そうすると「偉人」と言われている人から学ぶべきものは何か、という話になってしまいます。

But the story ig going to "what we can learn from a great person".

私は、「偉人」とは『私とは縁(えん)も縁(ゆかり)もない』偉い人であり、それを自分に「照らす」必要なんぞ全くないと思っています

I think that "a great person" is a great person who has neither the relationship(bond) nor the relationship (connection) with me, and we don't have to copy the great person at all.

―― が、この話はいずれどこかで。

But I will talk this story in the future.

-----

まあ、二宮尊徳のウォーキングリーダーの精神は、私の心の中にあればよく、それを多くの人と共有する必要はないのです。

Well, the mind of the walking leader of Ninomiya Sontoku should be in my heart, and I don't need to share it with many people.


2016-04-06 「若者だけを狙った嫌がらせ」という市場があれば、きっと売れる。

音声デバイスを使って電波時計用の信号を生成するソフトウェアを使って、屋内電波塔の作成を試みているのですが、上手く動いてくれません。

Now I am trying to make a "indoor radio clock tower" using a sound device and a software of the wave generator.

ヘッドホンを時計に装着したら、電波時計が、偽の時間(ダミータイム)を受信することが分かったのですが、受信用アンテナを使う実験やその他の実験で、ことごとく失敗しています。

I have already found that the wave clock could get the dummy time the generator made, using a headphone, So I knew to use the receive antenna and other experiments in vain.

-----

かなりヤケになっています。

I become serious.

中国製の音声増幅器(600円)と、スピーカー(500円)を取り寄せて、実験を繰り返しています。

I got a sound AMP made in China, and a pair of speaker, and go over the experiment.

スピーカー自体は必要ないのですが(音声は不用)、スピーカーの磁石とコイルが、ほどよく電波を作ってくれるのではないか、と期待してのことです

Actually, the speaker(sound) is not needed, however I expected that the magnet and coil made a proper eleactric wave.

結果としては、実験は失敗でした。

As a result, the experiment was a failure.

-----

以前ノートパソコンを使って、オフィスで同じ実験をやったところ、「不快な高調波の音が聴こえる」と、同僚から苦情を受けました。

When I tried the same experiment using notebook computer at my office, the colleagues complained that they hear unpleasant harmonic sound"

でも、私には全く聴こえないのです。

But, I didn't hear anything at all.

昨夜、2階の私の部屋で、この音声信号を最大レンジで増幅発生させていたところ、1階のリビングにいた次女が、私の部屋に飛び来んできました。

Last night, when I amplified the sound at maximum range on the second floor of my room, my second daughter who was on the first floor of the living room, jumped to my room.

「パパ、凄い不快な音が聴こえてくるけど、一体、何?」

"Papa, a great unpleasant sound is heard. what's that?"

ところが、そのスピーカの横にいる私には聴こえず、次女といっしょにいた嫁さんにも聴こえなかったようです。

However, I could not hear the sound and , my wife who was together with the second daughter seemed not to hear.

-----

40kHzの音声信号(または、その1/3の周波数の音声信号)は、攻撃する人間を選ぶようです。

The 40kHz audio signal (or, the audio signal of the frequency of the 1/3) is to choose a person to attack.

これは、「屋内電波塔」ではなく「エイジング測定器」として売れるかもしれません。

I might sell this machine as instead of "indoor tower," "aging measuring instrument".

それ以上に「若者だけを狙った嫌がらせ」という市場があれば、きっと売れる。

Moreover, if the market that "the harassment aimed at young people only" exists, this will be sold a lot.


2017-04-06 ―― 家庭教師、塾講師のアルバイトはやめておけ

学生の頃、アルバイトで家庭教師をやっていました。

When I was a college student, I was a tutor at a part-time job.

家庭教師は時間当りの収入が良いと言われて、(多分)今でも学生に好まれていると思うのですが、今こそ、私は声を大にして言いたい。

It is said that tutor get good income per hour. So (probably) I think that many college students are in favor with this part-time job, however, right now, I want to say with big voice.

―― 家庭教師、塾講師のアルバイトはやめておけ

"Tutor or prep school instructor is not good for you"

実際に計算すれば分かるのですが、先ず、家庭教師、塾講師は効率が悪いのです。

Although you can understand if trying to calculate it, first, tutor or prep school instructor are inefficient.

連続労働時間が短いので、所定の場所に行くまでの時間など換算すると、単位時間あたりの単価は、決して高くないです。

Since continuous working hours are short, The unit price per unit time is not expensive at all, when converting the time to go to a predetermined place, etc.,

そして、家庭教師ができるような人は、そこそこ有名な大学の学生であることが多いと思いますが、そのような人は、原則として「頭が良い」です。

And those who can work as a tutor are often students of a famous university. and such a person is "smart" in principle.

ですので、そのような『頭の良い人』は、

So, this "smart person" cannot understand the existence of children who

『私が、これだけ、力と弁を尽くして、スマート、かつ論理的に解説しても、私の話を理解できない子ども』

"can not understand my story, even if he/she explains something logically, smartly, with all their strength and valuables"

の存在を、理解できない。

そういうことに慣れていない『頭の良い人』は、子どもが「不真面目」であるとか「自分が舐めている」とか、そちらの方に思考が行ってしまうのです。

The "smart person" who is not accustomed to such a situation, comes to think "this child is "unfaithful" or "I am licking"

だから、子どもに対して思わず「声を荒げてしまう」家庭教師や塾の講師が登場してくる訳です。

Therefore, some tutors or prep school instructors are coming up, who will ruffle their voice unintentionally to the child"

-----

人に何かを教える人が、第一に覚えなければならないことは、

The first thing that a person who teaches something to persons, are

「多くの子どもにとって、『勉強は苦痛』である」

"Studying is a pain for many children"

という冷徹な事実と、

as a cold fact, and

「人に何かを教える行為は、それ自体が『虐待』にすら成り得る」

"the act of teaching something to a person becomes even "abuse" itself"

という、徹底した現状認識です。

as a thorough understanding of the present situation.

(続く)

(To be continued)


2018-04-06 ―― これも、いずれ、コラムのネタとして、取り返す

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

とは言え、上記(1)~(4)はF2Fコミュニケーションの手段としては、非常に優れているのは、認めざるを得ません。

Be that as it may, it is undeniable that the above (1)-(4) is worth its weight in gold.

町内会には、企業のように、強制的にF2F(定例会議とか、幹部報告とか、飲み会とか)を実施する手段がありません。

Neighborhood association(NA) has no method, which is, for example, compulsive Face to Face meeting(regular meetings, executive reports and drinking parties) like company's activities.

そもそも、町内、決定的に、コミュニケーションの機会が少ないのです(サザエさんの世界観は、すでに崩壊しています)。

There is less communication opportunities absolutely.(No Sazae-san's world now)

町内のコミュニティを維持・継続する点において、「アナログ運用」は、欠くことのできない「超優良ツール」とも言えます。

In order to keep and maintain a town community, an "analog management" is indispensable super-method.

しかし、効率の悪い「アナログ運用」を続ければ、「デジタル運用」に慣れきった若い人から町内会を離れていくのは必定です。

However, if continuing the inefficient "analog management", it is inevitable that younger residents, who are used to "digital management" are running away from NA1.

-----

ですので、私は、今「町内会のアナログとデジタルのハイブリッド化」を進めようとしています。

Now I am trying to drive "Hybrid NA management with both analog and digital".

家族は、全員一致で『そんな面倒なことには手を出すな』と大反対の嵐です。

However, my family strongly opposes it ,saying "stay out of trouble!"

私自身も『町内会の役員なんぞ、罰ゲームだと思って、2年ほど我慢すれば良いだけのもの』とも思っています。

I also think "the board member of NA is a sort of unlucky, and I stay there quietly" is optimal strategy".

残念ながら、多分、それは正しい。

Regrettably, that is right.

-----

こんな自己矛盾に陥いた時、私には、私自身にかける魔法のフレーズがあります。

When I am in self-contradiction, I have a magic phrase only for me.

―― これも、いずれ、コラムのネタとして、取り返す

"I will write this trouble in my column and release it to the world"

でも、この魔法の呪文を使える人が、それほどいるとは思えません。

However I am afraid that few people can this magic spell.

『町内会 = 罰ゲーム』を受けいれるか、見方を変えるかは ――

whether you think "NA is equal to "unlucky"" or "trying to change the view".

当事者の努力次第です。

It depends on you.

検討を祈ります。

I hope you will do your best.