0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2019-04-07 そもそも、私は、「AIエンジニア」という職種は存在しないと思っています。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

To begin with, I don't think the job description of"AI engineer" exists.

さらには、この「AIエンジニア」という言葉に違和感や不快感を感じない人は、「本質的に"AIの技術(×AI)"を分っていない」という逆説的な証明になっていると、確信しています。

In addition, I confirm that it is a paradoxical prove that persons who don't feel unpleasant sensation or sense of discomfort don't understand "what AI is" at all.

------

昨夜、深夜まで、

Last night, I worked for

■1600億個の「状態」を、8400万個の「状態」まで縮減する方法を考案し、

- inventing a method to reduce 160 billion "states" to 84 million "states",

■メモリ空間上に動的に展開した「状態」を、C/C++言語のポインタのお化けでリンクさせ、

- linking the dynamically expanded "states" in the memory space, huge pointers with C/C ++ language

■Q-Learning学習の逆報酬ルーチンまでを実装し、簡易デバッグまで完了し、

- implementing a reverse reward routine for Q-Learning learning, and completing simple debugging,

頭の中でコードが暴れ回って、昨夜、ほとんど眠れなかった私は、

I could not sleep well last night by the code running wild in my mind,

『―― 10連休で人生を変える。AIエンジニアになろう』

"Change your life for 10 consecutive holidays. It will make you an AI engineer"

という広告フレーズに、最大級の「詐欺臭」を感じている訳ですよ。

I feel the biggest "scammerous odor" in the above ad phrase.

------

しかし ―― です。

However,

もし、『―― 10連休で人生を変える。AIエンジニアになろう』が現実のものであるなら、これは、技術革命といっても過言ではない、世紀の大発明です。

if the phrase of "Change your life for 10 consecutive holidays. It will make you an AI engineer" is true, this is a great invention of the century, not to say the technological revolution.

私は、この世紀の大発明に対して、頭(こうべ)を垂らして、謝罪し、服従するしかありません。

I have no choice but to apologize and submit my head for the great invention of this century.

という訳で、私から一つ、提案させて下さい。

So, let me suggest one propose from me.

この手の宣伝をしているイベント会社の皆さんは、私をレビューアーとして、そのイベント(講習会等)に招待して頂けませんでしょうか。

Could you invite me to the event (training etc.) as a reviewer, if you work for an event company ?

技術ライターとして、私、イベントの記事を執筆します ―― 勿論、「無料」で書かせて頂きます。

As a technical writer, I write an event article-of course. of course, it is "free of charge".

是非、ご検討頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

Thank you for your consideration.