0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2019-09-12 ―― バイオハッカー [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私が一階のリビングに降りて、家族(嫁さんと長女と次女)に、今回の経緯と「数値」について説明した時に、全員が、一斉に声を挙げました。

When I got down to the living room on the first floor and explained to the family (wife, daughters,) about the process and the "numbers", all of them said to me "Question!".

長女:「パパ。その数値は、あまりに"楽観"に過ぎるんじゃないかな」

Eldest daughter: “Daddy. The numbers are too optimistic.”

次女:「生殖技術は、IT技術とは違うんだよ」

Junior daughter: "Reproductive technology is different from IT technology."

嫁さん:「現状、我が国では同性婚の立法化も成立していない状況だし」

Wife: "Currently, there is no legislation for same-sex marriage in Japan"

(ちなみに、我が家は、全員が「同性婚支持派」です(ちなみに、私が"洗脳"したという事実はありません))

(By the way, all of our family are "same-sex marriage supporters" (Though, there is no fact that I have "brainwashed"))

私は、『彼女らの意見は、それぞれもっともである』とも思いました。

I also thought “their opinions are reasonable"

-----

ただ、私は、今回の「主観的数値」を導くに際して、これまでにない一つの可能性を加えています。

However, I have added an unprecedented possibility when deriving this "subjective value".

"Bio hacker"

です。

バイオハッカーとは、「生物」や「遺伝子」などを「ハック」しようと試みる、知識を有する一般人や研究者のことです。

A bio hacker is a knowledgeable person or researcher who tries to "hack" "living organisms" or "genes".

ちなみに、ここで言う「ハッカー」とは、いわゆる、社会や個人に損害を与える「クラッカー」の意味でなく、本来の意味("高度な専門家"、転じて、"マニア"、"おたく")です。

By the way, "hacker" here means not the so-called "cracker" that damages society or individuals, but the original meaning ("advanced expert", in turn, "mania", "nerd") is.

ちなみに、私は『そもそも、エンジニアたるもの、ハッカーの自認なくして、どうする』と思っている人間の一人です。

By the way, I am one of the people who thinks “Every engineer should be self-identification of hackers".

-----

バイオ技術を、IT技通と同じように論じることできないかもしれませんが ―― 1970年ころのエンジニアも同じように考えていたはずです。

Bio technology may not be able to be discussed in the same way as IT technology, but engineers around 1970 should have thought the same way.

―― コンピュータとは、国家や巨大企業やのような、膨大な資金と権力を持っている一部の組織だけの占有物である

"Computers are occupancy of only some organizations, such as nations and large corporations, that have enormous funds and power.

と。

パソコンの時代になって、完全な独占ではなくなったとしても、まだコンピュータのハードウェアやソフトウェア(特にオペレーティングシステム(OS))は、企業の占有物でした。

Computer hardware and software (especially the operating system (OS)) were still the company's occupancy, even though it was not a complete monopoly in the PC era.

そこに登場したのが、完全なオープンなOSであるLinuxです。

What appeared there was "Linux", that a a completely open OS.

この時から、コンピュータ帝国は崩壊し始めました。

そして今、4人家族の一日の材料費より安い値段で、1970年代のメインフレームの計算能力を越える、てのひらサイズのコンピュータ(Raspberry Pi等)が、通販で購入できるようになりました。

Now, we can buy a palm-sized computer (such as a Raspberry Pi) at a price that is cheaper than the cost of my family daily foods, and the performance is exceeded for mainframes in the 1970s.

ここに来るまで、ざっと半世紀。

Roughly half a century has been needed.

(続く)

(To be continued)