0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2019-09-11 『「同性の性染色体による生殖の可能性」についての、極めて真面目な、そして、必死の相談』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「生殖が結婚の条件足りえない」ことは言うまでもありませんが、

Needless to say,"procreation" is not a condition of marriage,

―― 同性間での生殖を可能にする

"Procreation between people of the same sex"

ということは、前述の戸籍変更による結婚をするカップル、同性婚を望んでいるカップルにとって「福音」となると思います。

is absolutely good news for couples by changing census registration, or couples of the same sex who want to get married.

そして、同性婚を反対する人が、その大きな論理的根拠の一つを失う、という点においても、実に望ましいです。

And it is hopeful that groups of anti-same-sex marriage come to lose their background logically.

-----

先日メールで、性別変更後に結婚を希望しているカップルの方から、メールで相談を受けました。

The other day, I got a mail from a person who is going to get married, after an operation of changing sexual transformation.

詳細は割愛いたしますが、

I will omit the details, however, I will tell you that it was

『「同性の性染色体による生殖の可能性」についての、極めて真面目な、そして、必死の相談』

"A very serious and desperate consultation on the possibility of reproduction with homosexual sex chromosomes"

だった、とだけお知らせしておきます。

私、そのメールを読んだ瞬間、頭の中で『カチッ』という音が鳴ったことを覚えています。

I remember the moment when I read the e-mail, I heard a clicking sound in my head.

その日の私は、原稿の締切を翌日に迎える、いわゆる「修羅場」だったのですが、私は原稿作業を全部中止しました。

On that day I was the so-called "Shuraba(dreadful scene)", the deadline of a contribution was the next day, however I stopped all the work.

そして、「同性の性染色体による生殖の可能性」についての最新の情報検索を開始しました。

And I started the latest information search on "possibility of reproduction with same sex chromosomes".

-----

そして、

And,

『いきなり本論に入りますが、お問い合わせの件につきましては、法的側面と技術的側面の2つの課題があります』

"I suddenly entered the main story. For inquiries, there are two challenges, a legal aspect and a technical aspect."

という書き出しから始まるメールの作成を開始しました。

I started my mail with the above phrases.

そして、2回ほどメールのやりとりをさせて頂き、特に、法律面に関しては、以下のコメントを送りました。

Then, I exchanged emails about twice, and I sent the following comments especially on the legal issues.

=====

これにつきましては、このコラムを発表した時に、法律的観点からの個人的見解を出しております。

In this topic, when we published this column, we gave a personal view from a legal perspective.

The conclusion is that “(3) How to use iPS cells” means that “same sex baby” is not illegal.

I think this letter of the law is helpful for you.

=====

しかし、私がもっとも苦慮したのは、10年後の「同性の性染色体による生殖の可能性」について"数値"を尋ねられたことです、

However, what I was annoyed is to ask "numbers" about "possibility of reproduction with same sex chromosomes" to me.

(1)「試験管ベビー」という(ある種の差別的)用語が消えるまでの期間(40年)、

(1)the fading time of a term of "test-tube baby" (that is a sort of discriminative term)

(2)現状のiPS細胞技術の応用研究の状況、

(2)The present situation of applied research of iPS cell technology

(3)同一性染色体どうしの婚姻に関する法律面の整備、

(3)The enhancement of law about "reproduction with same sex chromosomes"

そして

and,

(4)同性婚に対する世間の賛否、

(4)The reaction of the public about same-sex marriage

などを、

e.t.c.

―― 主観的(×客観的)に判断して

I try to think of them subjectively (not objectively).

私は一つの確率の数値を、メールに記載して送付しました。

Finally I send a mail with "number" of possibility.

(続く)

(To be continued)