0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2019-09-05 『彼/彼女を"殺す"のは、他の人に任せよう』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

(2)リスクが高い

(2)High-risk

運動エネルギーは、速度の二乗に比例します(さっきの疲労計算と同じ)。

Energy of movement is in proportion of square of the speed (as same as the fatigue calculation, I mentioned before)

110km/hの衝突時のダメージは、80km/hの事故のダメージ(筐体破壊等)の約2倍です。

The impact(of steel case, e.g) of the crash of the 110km/h speed is going to double that of the 80 km/h.

こちらは仮説でなく、運動エネルギーの法則から明らかな事実です。

This is not an assumption but a fact from the law of Energy of movement.

単純な確率にはできませんが、直感的には、

The following is too easy, however I know in my bones,

―― 4人家族の全員死亡にはならず、後部座席の2人は生き残る

For four people in a family, two people survive at back seat absolutely, not all death.

という感じの把握をしても良いと思います。

-----

一度、高速道路をバイクで走ってみれば、この感じ、一瞬で理解できます。

If riding a motor bike on a high way, I think you could get a feeling as soon as possible.

私は、学生の頃、バイクで長距離移動をしていましたが、120km/hなどというスピードは、恐しくてとても出せるものではありません。

When I was college student, I used a motor bike for a long distance, but I could not speed more than 120km/h for fear of death.

実際、高速道路におけるバイク事故の死亡率は、恐しく高いです。

In fact, the mortality rate of motor bike on a high way, is extremely high.

私が記憶している限り、自動車と比較して、"何割"増し、ではなく"何倍"増しの世界です。

As far as I know, it is a story that is not "what percentage" but "how many times".

ですので、私は、どんな「あおり運転」よりも、バイクが後方に出現する方が怖いです。

So I'm more afraid of the bike appearing backwards than any "tailgating".

そのような時には、わざと左側に寄せて速度を落して、バイクに追い越して貰うようにしています。

In such a case, I intentionally approach the left side to slow down and makes the bike overtake.

『彼/彼女を"殺す"のは、他の人に任せよう』

"Let's leave him to "kill" him/her"

と、思っているからです。

I think that.

(続く)

(To be continued)