0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2019-09-04 ―― 疲れを蓄積させる「高速運転」なんぞ、バカらしいくてやってやれるか [長年日記]

「あおり運転」というものは、昔から存在していたと思いますが、近年は、ドラレコ(ドライブレコーダ)とSNSによって、かなり様相が変わってきました。

"Tailgating" has existed for a long time. In recent years, the appearance of "tailgating"has changed considerably with drive recorders and SNSs.

ですが、今日は、その話はしません。

However, today I won't talk about that.

私、高速道路で、滅多なことで「追い越し車線」を走ることはありません。

I rarely run on the “passing lane” on the highway.

基本的には、最低スピード(80km/h)をキープして「走行車線」を、のんびりと走っています。

Basically, I keep running at the minimum speed (80km) and drive slowly in the "driving lane".

-----

なぜ、このような走行をするかというと、メリットが沢山あるからです。

This is because there are so many benefits in this way.

(1)疲れない

(1)Not tired

高速運転は、脳に過負荷な処理能力を求めますし、体の緊張による体力の消費も激しいです。

High-speed driving demands processing power that overloads the brain, and the consumption of physical strength due to body tension is intense.

計算すれば分かることですが、高速運転をする疲労を、サービスエリアで休憩する時間で換算すると明らかです。

As you can see from the calculation, it is clear that the fatigue of high-speed driving is converted to the time taken for a break in the service area.

例えば、私の実家までの帰省ルートである、高速道路300km(川崎~豊田)で考えてみます。

For example, let me think the 300km long expressway (Kawasaki-Toyota), which is the return route to my parents' home.

平均時速80kmと110kmで走る場合、計算上、到着時間に、1時間弱の差が発生します。

When running at an average speed of 80km and 110km, there will be a difference of less than 1 hour in arrival time.

私は、高速道路の運転時間は5時間(渋滞がない場合)です。

I drive on the highway for 5 hours (without traffic jam).

休憩を4回ほど取りますので、一回の休憩は18分程度になります。

Since I take about 4 breaks, each break takes about 18 minutes.

110km走行は、80km走行の1.38倍(=110/80)疲れると仮定してみます。

Let's assume that 110km travel is 1.38 times (= 110/80) tired than 80km travel.

この場合、休憩時間が疲労に比例するとした場合、一回の休憩時間は、25分となり、休憩の合計は約100分となります。

In this case, assuming that the break time is proportional to fatigue, the break time for each break is 25 minutes, and the total break is about 100 minutes.

こうなると、到着時間のメリットは、30分程度しかメリットがありません。

In this case, the advantage of arrival time is only about 30 minutes.

-----

しかし、疲労が「速度」に対して「線形」というのはかなり楽観的な仮定だと思います。

However, I think that fatigue is "linear" with respect to "speed" is a fairly optimistic assumption.

視覚情報が2次元であることを考えると、視覚と緊張の疲労は、二乗に比例すると思います。

Considering that visual information is two-dimensional, visual and tension fatigue is proportional to the square.

つまり1.38^2 = 1.90です。

That is 1.38 ^ 2 = 1.90.

この値で計算すると、必要な休憩の合計時間は137分となり、逆に7分ほど遅れることになります。

If calculated with this value, the total time required for the break is 137 minutes, and on the contrary, it will be delayed by about 7 minutes.

結論から言えば、

In conclusion, I think

―― 疲れを蓄積させる「高速運転」なんぞ、バカらしいくてやってやれるか

"Fast driving" that accumulates fatigue is ridiculous"

ということになります。

(続く)

(To be continued)