0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2019-08-12 人生は、試行錯誤を繰り返すには、短か過ぎると思うからです。 [長年日記]

実家まで、自動車で、早くて6時間、渋滞に遭遇すると、12時間をかけて帰省していました。

I went country home for 12 hours. If I encountered a traffic jam as early as 6 hours by car.

家族4人で移動することを考えると、新幹線を利用することなど、思いもよらぬことだったからです。

The cost is going to be more expensive that using the Shinkansen for four people of my family.

しかし、家族のライフスタイルは、変化し続けています。

However, the family lifestyle continues to change.

一人はインターンシップ、一人は旅行、一人は実家に帰省、私も実家に帰省と、みんなバラバラに行動しております。

One is for an internship, one is for a trip, one is for going country home, and I am also going counter home again.

1人、2人、3人、4人と増えて、集中的行動から、自律的分散へと状態遷移し、さらに、今後、メンバが減っていき、最後には1人となるか、その数を待たずに消えることになるのだろうなぁ、と思っています。

With one, two, three and four people, the state transitions from intensive behavior to autonomous decentralization. In the future, the number of members will decrease, and eventually I will be the last. Or, I think that I will disappear without waiting for that number.

-----

マクロ的に見れば、私の人生は、テンプレのフローを一つ一つ潰しているだけのような、単純なものです。

From a macroscopic point of view, my life is as simple as stepping the template flow one by one.

しかし、ミクロ的に見れば、いつでも、予想の斜め上のできごとばかりだったような気がします。

However, from a microscopic point of view, I always feel that it was just what was expected above.

先人の知恵やノウハウが、自分のケースは、ほとんど当てはまらないことばかりでした。

The wisdom and know-how of the ancestors were almost never useless for my case.

できごとが終った後、十分に時間が経過した時、「先人の知恵やノウハウが、当っていたかのように錯覚する」だけのことです。

When enough time has passed after the event is over, it is just an illusion that the wisdom and know-how of the ancestors were hit.

-----

とは言え、先人の知恵やノウハウを、上手く「パクる」ことは大切だと思っています。

However, I think it is important to “imitate” the wisdom and know-how of our predecessors.

人生は、試行錯誤を繰り返すには、短か過ぎると思うからです。

Life is too short to repeat trial and error.

『僕の前に道はない。僕の後ろに道ができる』という詩があります。

"There is no way in front of me. A road appears behind me". This is one phrase of famous peom in Japan.

私が初めてこの詩を読んだ時に、「この人(詩人)、コスト計算のできない、ペシミストだなぁ」と思いました(*)。

When I read this poem for the first time, I thought, "This person (poet) is a pessimist who cannot calculate the cost"(*).

(*)今回、102行の全文の方も目を通しました。

(*) This time, I read the full text of 102 lines.

はっきり言って、効率が悪い。

To be clear, it is inefficient.

私なら、

For me, I will write,

『僕の前の道を歩きつつ、必要な時に最小の道路建設コストで目的地に到達する。僕の後ろできた道については、利用料を徴収する」

"Walking the road in front of me, I reach the destination with the lowest road construction cost when needed. I will collect usage fees for the roads behind me"

と唄います。

(ちなみに、これ、万国の特許法の基本的な考え方です)。

(By the way, this is the basic idea of patent law in all countries).

(続く)

(To be continued)