2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2018-02-13 脳の疲れ方が違うなぁ ―― と実感しています。 [長年日記]

ここ2~3ヶ月ほど、プログラムのコーディングに狂っていました。

I have been crazy for a programming for a few months.

報告書等のドキュメントワークが溜りに溜って、コーディングを一時中断せざるを得なくなりました。

However, I have left a lot of document works, so I had to stop the programming.

で、ここ数日、鬼のように文章を書きまくっているのですが、疲労の内容が違うようです。

For a few days, I wrote and wrote documents, and I noticed that there are two types fatigue.

-----

脳の疲れ方が違うなぁ ―― と実感しています。

I realize that the overloads of brain are different,

コーディングの場合、100万のオブジェクト全部を、同時に追跡するというような緊張状態が続き、帰宅時には、脳も体もフラフラになります。

In case of the coding, I have to chase more than 1 million's object at the same time, so I am exhausted when going home.

ドキュメントの場合、一本、筋の通ったストーリーとしなければならず、どこか一箇所でもロジックが破綻していると、その破綻を修復する為に、他の破綻を生み出す、という連鎖で、ストレスが極限に達します。

In case of the writing, I have to make a story with a reasonable logic. Even if one collapse of the logic happens, I have to make another collapse in order to fix the previous collapse. That is a negative catenation, so called. Anyway I have been under a lot of stress.

どっちも、ラクではありません。

Both of them are not "easy".

しかし、私の望みは、「ラクして、日々を送りたい」です。

However my ultimate hope is "to live my life easily".

「金」も「名誉」も、そこそこあれば良いのですが、私にとって、これらは「ラク」と可換可能です。

Of course, I want "money" and "honor", however I can exchange them with "easy" for me.

しかし、「ラク」を極めると、「金」も「名誉」どころか、「私ができそうな仕事」を失いかねないので、なかなか「ラク」に倒れることもできません。

However, when we want to become a "easy" master, I think that I will lose not only "money" and "honor" but also "my favorite works". So it is difficult for me.

(続く)

(To be continued)