2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2017-11-13 ―― とまあ、こんな風に、仕事というものは、運命的に「仕事を破壊する機能」が漏れなく付いてくるものです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

とは言え、上司には、部下の管理責任もありますし、部下の失敗に対して責任を負わされることもあります。

However, any boss has managerial responsibilities for his subordinates, and sometimes they are responsible for their failure.

部下の仕事をフォローするのは、上司の大事な仕事です。

It is an important work of my boss to follow his/her work.

上司は、話したがらない部下から、仕事の進捗報告を聞き出す ―― 尋問する ―― 必要があります。

A boss needs to hear "interrogate" the work progress report from a subordinate, even if they don't like

リスクの高い内容に関しては、部下の仕事を「潰す」ことも必要になるでしょう。

Regarding high-risk content, the boss should need to "crush" the work of his subordinates.

仕事は「個人の趣味」ではないのですから。

Because works are not an "individual hobby".

-----

さて、こうなってくると、部下は、上司が尋問に対抗する為に、「上司によって、今の仕事をひっくり返されないような内容の報告」 ―― 当たり障りのない報告 ―― を始めます。

Well, as this comes, we will begin to "report contents that my boss will not overturn my current work" in order to counter the interrogation by his boss,

最悪のケース、部下が最初から「チャレンジブルな仕事」を、諦めてしまうようになることです。

In the worst case, a subordinate is getting to give up "challenging job" from the beginning.

チャレンジブルな仕事を選ばなくなった職場は、当然のことながら停滞していきます。

As a matter of course, The workplace which no longer chose a challenging job, is going to stagnate.

―― とまあ、こんな風に、仕事というものは、運命的に「仕事を破壊する機能」が漏れなく付いてくるものです。

- Well, like this, any work must have "function to destroy work" fatefully.

(続く)

(To be continued)