2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-11-13 ツンデレキャラ風に言うと「あなたが、江端の日記を翻訳したっていいんだからね」

最近、日記の内容を、ワンセンテンス単位で、「日本英語」(次回のコラムで御説明予定)に翻訳したものを開示しています。

Recently, I open my diary by "Japanese English"(I am going to explain it at the next serialized column).

しかし、なんらのフィードバックもなく、このような「日本英語(ジャパニッシュ)」を使い続けると、いずれは、私にしか通用しなくなる「江端英語(エバンゲリッシュ)」に堕ちることは確実です。

If I continue to use this Japanese English without any feedback, this Japanese English is going to corrupt and change it to "Ebanglish" that nobody could read.

-----

という訳で、今度も誰からも応募がないだろうと知りつつ、お願いをしてみます。

So, today I also try asking thought I know that anybody doesn't apply for it.

どなたか、私の日記を英語に翻訳して頂ける方はいませんでしょうか。

Would you please translate my diary in YOUR English?

目的は、皆さんへの英語学習の機会の御提供です。自分の英語でとにかく何かを書いてみるという「きっかけ」になれば良いな、と思っています。

The purpose of this event is to provide a chance of your English study. I believe that writing English is good chance for you.

そして、私の方の目的は、江端の英語の「エバンゲリッシュ」への堕落防止です。

And the purpose of mine is to stop my degenerate English.

皆さんの英語を読ませて頂き、

I read your English,

「おお! そういう書き方があるか!!」

and I want to be moved with saying "Oh it's a nice expression"

と感動したいなぁ、と。

-----

I am going to open your English on my web site.

英語専用のメールアドレスを作りますので、そちらに、無造作に投げて頂ければ結構です。原則全文公開。実名、変名、匿名、いずれのご要望にも応じます。

I will make a new mail address in order to get your English sentence, and you could send me the mail whenever you want.

そして、あなたの書かれた英文に関して、誰も批判が「できない」ような仕組みとします(フォロー等を一切できないようにします→私の日記の公開方法と同じです)。

I also make the system that nobody critics your English.

また、適当に送って頂き、適当に止めて頂いて結構です。私はブログに書き写すだけの、ただの機械となるつもりです。

Anytime you start it, anytime you stop it. I will make me a machine to copy your English to the web site.

ご希望の方がいらっしゃいましたら、こちらからメールでご連絡下さい。

Please don't hesitate to contact me by my E-mail address.


2014-11-13 「ほれ! 仕事をやめて掃除をせんかい!」

社内で安全衛生委員をやっている私は、毎週の掃除を率先してやっており、全員で掃除をさせるようにハッパをかけています。

I am a member of company safety and health committee. I make a habit of being first to do the sweeping, and fire up coworkers to start the cleaning.

江端:「ほれ! 仕事をやめて掃除をせんかい!」

Ebata: "Guys! Stop working and start sweeping!! "

と研究員に掃除機を押しつけると、

And I pass the younger coworker to the sweeper, he said sleepy,

「江端さん、若手に振って下さいよ」

"Ebata-san, Let the younger do"

と、面倒くさそうに言うので、

「私より若いやつは、全員『若手』だ。『若手』でないものは、この場で手を上げてみろ」

"People, who are younger than I, are the younger. If not, put your hand up now."

と一喝したら、誰も何も言えませんでした。

Nobody could challenge me.


2015-11-13 ―― NHKの受信料が値上げしても、甘受できる

昨日、同僚から、「「映像の世紀 デジタルリマスター版 」は、今日から始まりますよ」と連絡を受けました。

Yesterday, my coworker gave me a comment of "the remasterd revision of "A century of movies" is going to start from today"

(私の昨日の情報が正しかったか、間違っていたのかは分かりませんが)、とにかく、皆さん、この番組はお勧めです。是非ご覧下さい。

(Though I don't know whether the information of my diary was correct or not, ) I strongly recommend to watching this program.

少くとも、この私に、

At least this works made me feel that

―― NHKの受信料が値上げしても、甘受できる

"I can accept to raise the price of monthly payment of NHK viewing fee"

と思わせる作品です。

逆に言うと、「この番組のどこが、どう面白いの?」と思う人から、NHKの受信料分を、簒奪(ドロボウ)している ―― という理屈も成立すると思っています。

In opposition, a theory that "I rob other persons who are not interested in the program, of the payment" is going to make up, I think.

-----

要するに、ズルいんですよ、私は。

In short, I am wiliness.

自分が不利益になるのであれば、正義をかざして、バトルモードに入るくせに、

If I am damaged by something, I am going to crush them with wielding justice.

自分に利益が見込めるのであれば、平気で「正しさ」に目をつぶり沈黙する

―― 私は、そういうヤツです。

If I think I get some merit, I am going to be silent with cheating myself of the right.

皆さんと同様に。

"Same as you"


2016-11-13 ―― これじゃなくて、CMと同じハンバーガを下さい

今度、マクドナルドに行ったら、言ってみたいセリフがあります。

Next time, when I go to McDonald's, I want to say a phrase.

―― これじゃなくて、CMと同じハンバーガを下さい

"It is not this, please give me the same hamburger as CM."

------

江端:「肉汁の弾けるぶ厚いハンバーグが、熱々のフライパンから飛び出してきて、バンの上でジャンプする、あのハンバーガーです」

Ebata: "I want the hamburger that a thick hamburger bursting with gravy jumps out of a hot skillet and jumps over the bun"

江端:「この、外部から存在が視認できないような、薄いハム2枚分の肉の円形の何かをはさんだものは、要りません」

Ebata:"I don't need this one that looks like something of meat of thin ham that I cannot recognize visually.

江端:「取り替えて下さい」

Ebata: "Please change."


2017-11-13 ―― とまあ、こんな風に、仕事というものは、運命的に「仕事を破壊する機能」が漏れなく付いてくるものです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

とは言え、上司には、部下の管理責任もありますし、部下の失敗に対して責任を負わされることもあります。

However, any boss has managerial responsibilities for his subordinates, and sometimes they are responsible for their failure.

部下の仕事をフォローするのは、上司の大事な仕事です。

It is an important work of my boss to follow his/her work.

上司は、話したがらない部下から、仕事の進捗報告を聞き出す ―― 尋問する ―― 必要があります。

A boss needs to hear "interrogate" the work progress report from a subordinate, even if they don't like

リスクの高い内容に関しては、部下の仕事を「潰す」ことも必要になるでしょう。

Regarding high-risk content, the boss should need to "crush" the work of his subordinates.

仕事は「個人の趣味」ではないのですから。

Because works are not an "individual hobby".

-----

さて、こうなってくると、部下は、上司が尋問に対抗する為に、「上司によって、今の仕事をひっくり返されないような内容の報告」 ―― 当たり障りのない報告 ―― を始めます。

Well, as this comes, we will begin to "report contents that my boss will not overturn my current work" in order to counter the interrogation by his boss,

最悪のケース、部下が最初から「チャレンジブルな仕事」を、諦めてしまうようになることです。

In the worst case, a subordinate is getting to give up "challenging job" from the beginning.

チャレンジブルな仕事を選ばなくなった職場は、当然のことながら停滞していきます。

As a matter of course, The workplace which no longer chose a challenging job, is going to stagnate.

―― とまあ、こんな風に、仕事というものは、運命的に「仕事を破壊する機能」が漏れなく付いてくるものです。

- Well, like this, any work must have "function to destroy work" fatefully.

(続く)

(To be continued)