2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|

2016-01-13 「よく分からんが、それって、私が理解しなければならんことか?」 [長年日記]

昨日、コラムのレビューを頼んでいた後輩(いわゆる「無礼な後輩」)から電話がありました。

Yesterday, I talked to the "rude junior co-worker" by phone about the review of my new column.

いつもの通り、一通り、コラムに対する無礼な批評を聞かさせてから、 先日の「お土産事件」に関しても、言及されました。

As usual, he gave me many critics against the column, and he started to tell me about the "souvenir affair".

後輩:「江端さんが、今になって『転向する』ことが、私達に対する『大きな裏切り』である、ということをちゃんと理解していますか?」

Junior:"Do you really understand that you have betrayed us tremendously by your turnabout."

江端:「そんな、高々『お土産のお菓子』程度のことで、大袈裟な・・・」

Ebata:"Too swollen. It is just a snack box at most isn't it?"

後輩:「ご存知でしょうが、私達は、江端さんの生き方や考えかたに対して、これっぽちも、憧れてはいません」

Junior:"You know, we don't envy your life style and thought at all"

江端:「・・・」

Ebata:"..."

後輩:「しかしながら、江端さんが、訳の分からない主義主張を貫き、その結果、酷い目に遭っている日常を、心の底から楽しんで見ている ―― そういう私達の立ち位置を、分っていますか?」

Junior:"However, we always enjoy your behaviour based on your unreasonable theory and policy. Can you understand that we all are observers of watching your daily troublesome with pleasure.

江端:「よく分からんが、それって、私が理解しなければならんことか?」

Ebata:"I can't understand what you said , but do I have to understand it?"

後輩:「江端さんが、今さら主義主張を変えるというのであれば、これまで私達が受けとれなかったお土産の損害を、私の入社時まで遡って、補償して頂けるのですよね?」

Junior:"After all these years, if you want to change your policy, you can indemnify me for the damage of souvenir, in compensation for retrogressive snacks, can't you?""

-----

今一つ、理解できていないのですが ――

I can't understand what he wanted to say, however,

私が「お土産を買ってくるようになったこと」が、彼にとっての「大事件」だった ―― ということだけは、理解しました。

my "souvenir affair" seems to be one of the most important accidents in his life.