2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2015-10-20 「友人を失わずにいる」ということは、「自分が何も変わっていない」ことで、「進歩も退化もしていない」ということです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「友人を失わずにいる」ということは、「自分が何も変わっていない」ことで、「進歩も退化もしていない」ということです。

"Life without losing friend" means "nothing to change one's life". And it also means "no setting up" and "no setting back".

それは、「『生きている』ことの否定ですらある」と、私は思うのです。

I think that "it is denial of my life".

もっと突き詰めて言えば、友人とは、自分の人生の局面ごとに切り替わる変数であるだけでなく、時間とともに値を変化しつづけるパラメータである、ということです。

Moreover, friend is not only a variable that is switched on each phrase of my life, but also a parameter that keep changing with time.

「友人」がパラメータであるなら、「クラス」とはパラメータの配列です。

If friend is a parameter, the class is an array of the parameter.

いずれにしても、メインルーチンである「あなた」にとって、「友人」とは、その処理の間だけ(例えば、1年限定)にだけ参照される、

Anyway, for you as a main routine, your friends are

―― ただの変数のパラメータに過ぎない

just parameters of variable

that is referred by the main routine only for one year for example.

パラメータならば『参照程度に留めれば良い』。

You may treat your friends as just parameters.

どうせ3年もしない内に、忘れてしまうんだから。

You will forget your friend within three years.

(正確に言うと、「忘れてしまったことすら忘れてしまう」のですが)

(To tell you the truth, "you forget "what you have forgotten your friend"")

もっとも、メインルーチンの振舞いが、変数のパラメータでセンシティブに変動するケースもあり、このような「系(システム)の不安定さ」がティーンエイジャの特性とも言えますが。

But there are some cases that a behaviour of the main routine is changeable, based on change of the values of parameter. So this is a teenagers characteristic of "unstable system".

(続く)

(To be continued)