2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-11-27 「どうせ、メーカーの回し者の記事だろ」との書き込みを発見しました。

「初音ミク」関連のコラムを寄稿していた時、どっかの掲示板で「どうせ、メーカーの回し者の記事だろ」との書き込みを発見したことがありました。

When I released the column about "Hatsune Miku", I found a comment on the web board, that is "Ebata was just the company provocateur".

ディスプレイに向かいながら、

I made a small talk unconsciously.

―― お前は、馬鹿か?

"Are you really silly?"

と、つぶやいてしまいました。

-----

私のコラムの内容で、一体、どこの、誰が(特に「私が」)、どういうスキームで利益を得られるというのか。

Who (especially "I") made profits, how, where on earth by my columns?

ちょっと考えれば分かりそうなものです。

I would like the person to tell "Do you have a pea-brain?”

-----

先日、出生率のデータ計算に血眼になっている私を見て、長女が、

The other day, when I calculated the birth-rate in Japan with blood in my eye, my daughter asked me

「パパって、国から調査の委託を受けているの?」

"Did you get jobs from the Japanese government?”

と尋ねてきました。

――なるほど、そうきたか。

Um... it makes a sense.

国の調査機関が、公には公表できない事実を、私が代弁しているとするなら、「国から調査の委託を受けている」という解釈が発生するのも自然なことです。

If the research organization of the government asked me to speak for another about what they never open by themselves, my daughter's question might be natural.

だけど、多分逆だろうなーと思います。

But unfortunately, I think it might be opposite.

「少子化白書」に思いっ切りケチをつけられた内閣府の調査機関の皆さんは、激怒しているだろう、と思っています。

I am afraid that the research engineers got mad with me, because I pointed out the problems in the white paper about the declining birth rates strategies.

-----

だいたいですね、技術系サラリーマンやっていて、原発事故のコラムを書くなんぞ、「自殺行為」に近い所業ですよ。

First of all, it is almost a subside attitude that the hired engineer wrote the nuclear accident in detail.

それでも、私が「危ないコラム」を書いているのは、何度も繰り返しになりますが、嫁さんと娘たちの為です。

But the reason why I keep writing such dangerous columns is to inform my wife and daughters the facts.

彼女たちが「分からない」といったら、それを、きちんと調べて、教えるのが夫であり父親と義務というものでしょう。

If they say "we don't understand the accident", their father should be used to investigate the reasons and processed of the accident.

-----

私は、コラムの依頼を受けた時、

When I accepted the column job, I declared the followings,

■私がテーマを選ぶ

I choose themes, and

■私の好きなように書く

Nobody interrupts my decisions.

という約束で、コラムを寄稿しています。

しかし、頼まれれば、「メーカーの回し者の記事」だって、バシバシ書きます。

The other hand, I don't care "company provocateur". If asked, I am going to write any column.

私はジャーナリストではないので、ジャーナリズムのモラルなんぞ知ったことではありません。

I am not a journalist, so I am not interested in the moral hazard of journalism.

(というか、誰か、一人くらい、私にそういう依頼をしても良さそうなものと思うのですが)

(Honestly speaking, I want to meet such persons who ask me the column)

但し、私はエンジニアですので、論理的に閉じていないような話なら書きません。正確にいうと「書けません」。

But I am a just engineer, so I don't write atheoretical documents. To be precious, I can't write them.

私達、エンジニアは、ロジックが存在しない文章を書くことが「できないように」完成してしまっているのです。

We, engineers, had been completed not to be able to write atheoretical documents at all.


2014-11-27 「無理な(仕事や勉強)への挑戦は、ご遠慮下さい」

駅では、よく「無理なご乗車は、ご遠慮下さい」とのアナウンスがされます。

In a station, we often hear the phrase "Please refrain from rushing to get on a train".

このフレーズは、もっと色々な分野に適用されて良いと思うのです。

I think this phrase should be applied for several fields.

「無理な(仕事や勉強)への挑戦は、ご遠慮下さい」

"Please refrain from rushing to study or work"

とか、誰か私に警告して欲しい。

I want someone give me the warring.

このアナウンスの前に

If they add the following word in the phrase,

「身の丈に合わない」

"Unearned"

をつけて貰えれば、もう言うことはありません。

It is going to make it perfect.

-----

これまで身の丈に合わない挑戦して失った時間を、それを挑戦しないで、もっと楽なことに使っていれば ―― と本当に思うのですよ。

I really think that if I had used the time for more relax and enjoyable things, nor for trying unearned challenges, I could have been happier.

受験した後とか、失敗したプロジェクトを思い出す時とか、テストを受けた後とか。

For example,

At the time I remember failure project, after entrance examination, after taking a test

テストを受けた後とか、

After taking a test .

テストを受けた後とか。

After taking a TOEIC.


2015-11-27 ―― そういって、ドタバタしている内に、人生、終わっちゃうから、心配するな。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

江端:「パパの場合、なんでも、好きになろうと常に工夫しているし、おおむね熱意と時間をかければ、なんとかしてきたと思う。但し、『人間』を好きになる工夫も努力もしたことはないが」

Ebata:"In my case, I always come to like anything, and almost hang enthusiasm and time an I think I did something. But I have not made an effort to came to like "a human being" at all.

長女:「工夫の方向が、普通の人と真逆だ・・・」

Daughter:"It is an opposite direction of the invention.

江端:「いやー、『人間』って、ほらさぁ、面倒だし、パラメータも多いし、非線形だし」

Well, "human being" is trouble, has many parameters, and non-linear.

長女:「・・・ま、いいや。で、具体的には?」

Daughter:"It is O.K. So what am I doing?"

江端:「やっぱり、『勉強』がてっとり早いかな。あれ、『成績』などという妙な計測手段や、『合格』などという変なボーダや、『学歴』とか言う資産さえ考えない限り、なかなか楽しいもんだしね」

Ebata:"After all "study" is quick. It is readily fun, even if there is no "results" that is strange instrumentation, no "pass" that is weird border, and no "educational background" that is a kind of assets."

長女:「JKの立場からすれば、『勉強』とは、『成績』で『合格』で『学歴』で、それ以外のことなんて考える余裕すらないんですけど」

Daughter:"From the view of high school student, "study" is absolutely equal to "results", "pass" and "educational background", and we don't think anything except for them."

江端:「まあ、そうだろうなぁ。それが普通だろう。うん、同情するよ」

Ebata:"It might be true. I can agree with you. Well I sympathise with you."

長女:「同情されたって、しょうがない」

Daughter:"I don't need your sympathy at all."

-----

―― 結局のところ、『好きなことをやる人生』を送るもっとも簡単な方法は、今、まさに、直面していることを好きになることだ

"After all, if you can live your life with "what you like", the best way to realize is to like anything you are facing now."

―― もちろん、それは難しいので、その『工夫』してみることを勧める。その『工夫』が上手くいなかったら、他の直面していることを好きになる『工夫』をしてみればいい。

"Of course, I know it is difficult, so I suggest that you make the "invention". If you fail, you can change the target and try to make it again."

でな、

"And,"

―― そういって、ドタバタしている内に、人生、終わっちゃうから、心配するな。

"You don't have to worry it seriously, because your life is not so long"

―― 『好きなことをやる人生』なんぞに拘らろうが、拘らなかろうが、そう大して変わらんのだよ、結局のところ

"Above all, even if you persist your life of "what you like to do", there is so much variation in your life."


2016-11-27 仕方がないので、今回は、簡易モデルで対応したいと思っています。

最近、ブラウザ表示ができる物理シミュレーションの技術が、物凄いことになっています。

Recently, the technology of physics simulation that can show them to a web browser has become amazing.

この技術を援用して、昨日の課題を解決する手法を、ずっと考えていたのですが、

I came up with this technology and thought about the method to solve the problem of yesterday,

―― 無理だ

"It is impossible"

と判断しました。

I finally decided the above.

まず、これらの技術を習得している時間がないことと、条件が複雑すぎて、物理モデルに至ることができそうにないと判断しました。

First of all, I do not have time to master these techniques, and I judged that the condition was too complicated to make the physical model.

仕方がないので、今回は、簡易モデルで対応したいと思っています。

It cannot be helped, and I will try to make a simple model.

-----

ちなみに、現時点で、「鉄道人身事故現場」を、物理モデルとしてシミュレーションした人は、いないみたいです。

By the way, at the present moment, there seems to be no one who tried to simulate the "railroad accident scene" as a physical model.


2017-11-27 『これを、愛する君に・・・』と言いながら、手渡ししています。

以前にも書いたかもしれませんが、今、江端家夫婦は、老眼が絶賛進行中です。

Old sight of both my wife and me, is progressing dynamically, as stated in my previous diary.

ですので、家の中、どこにでも、老眼鏡(100円ショップの眼鏡)が、あります。

So, we can find "reading glasses(\100)" anywhere in my house.

しかし、リビングのテーブルの上に、置かれている老眼鏡は、私が新聞を読む時に使って、そのまま自分の部屋に戻ってしまうので、

However, whenever I read a newspaper in the living room and use the glasses on the desk, I am going to take it to my room.

結果として

As a result,

―― 私の机の上に、5~6個の老眼鏡が散乱

"There are a few glasses on my desk."

という事態が発生します。

will occur.

人間というのは、同時に2つ以上の老眼鏡を使うことができないので、このような「老眼鏡のインフレーション」は、あまり意味がありません。

I know that human beings cannot use more than two "glasses" at the same time, but this "glasses inflation" is meaningless.

この現象は、週末に顕著になります。

This phenomenon stands out every weekend.

私が、終日、自宅で、執筆やら実験やらをやっているからです。

Because I am doing writings or experiments in my room all the day.

-----

という訳で、月曜日の朝、出社前に、

So, every Monday morning, I present, not

―― 両手いっぱいの花束

"Double handful of flowers"

ではなく、

but

―― 両手いっぱいの老眼鏡

"Double handful of glasses"

を、

to my wife,

『これを、愛する君に・・・』と言いながら、手渡ししています。

with saying "this is for you, my dear wife",

-----

嫁さんには、喜ばれています。

She looks like joyful, I think.


2018-11-27 ―― 直径10cmの樹木が3秒で裁断できる

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、あの巨木を一気に切り倒しても、それを置く場所がありませんし、作業している私の安全も確保できません。

However, even if I cut down that big tree at a stroke, I have no place to put it and I can not secure my safety working.

そこで、松の先端から、30センチ単位で、少しずつ時間をかけて(年単位)で、切り落していく戦略を取ることにしました。

So, I decided to take the strategy of cutting down at the end of the pine in units of 30 cm little by little (yearly).

ところが、これをノコギリでやると、恐しく時間がかかり、疲労も半端ではありません。

However, if I do this with saw, it will take a long time and my fatigue will not be serious.

なにか良い方法はないかと、調べてみたら、家庭用の電気チェーンソーというものがあり ―― そんなに高くない(6500円)。

I investigate something good, and there is a household electric chain saw - not so expensive (6500 yen).

私は、「チェーンソー」というと、林業従事者の専用機器、または金曜日に"ジェイソン"が人を切り裂く道具、くらいのイメージしか持っていませんでしたが。

"Chainsaw", what I had only the image of it, is a special equipment of forestry workers, or a tool that "Jason" cuts a person on Friday,

-----

早速、近くのDIYショップにいって、電気チェーンソーを購入し、試してみたのですが、

I immediately went to a nearby DIY shop and bought an electric chain saw and tried it,

―― 直径10cmの樹木が3秒で裁断できる

"Trees of diameter 10 cm can be cut in 3 seconds"

「豆腐を切る」ように、という言葉がピッタリくる感じです。

This feeling is "to cut tofu".

これまで、20分(休憩を含む)もかかっていたことを考えると夢のようです。

It seems like a miracle because it took 20 minutes (including breaks) so far.

-----

今回は、帰宅直前にチェーンソーを購入したので、十分な時間が取れませんでしたが、この年末年始は、

This time, since I bought a chain saw just before I got home, I could not get enough time. However during this year-end and New Year holidays,

『父の人生の作品を跡形もなく消し去る』

"Erase the masterpiece of my father's life at all"

という作業で忙殺されそうです。

It seems to be busy with the works.