2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-11-14 私はそういう「オッサン」になりたい

雨ニモマケズ

風ニモマケズ、

I never lose to rain, I never lose to wind.

は、宮沢賢治の超有名なフレーズの一つですが、私は生まれて始めて、このフレーズを知ったとき、子供心に「この人は、世間知らずなのか?」と思ったことを覚えています。

This is the famous phrase of the writer Kenji Miyazawa.

When I knew the phrase, I doubted whether he was an naive man in my children mind

-----

私の会社の隣には、相当大きな物品配送センターがあります。

A big goods distribution warehouse is located next to my company.

配送用の小型バン30台以上が倉庫に横付けして、配送を行っているようです。

More than 30 small track wagons is alongside the warehouse and works for the distributions.

制御システムのエンジニアとしては、一目でいいから中を見学したいものです。

As a control system engineer, I want to see the inside of the warehouse.

それはさておき。

By the way.

-----

今朝、会社の構内を歩いていると、小型のトラックが一人のおっさんの前に立ち塞がっていました。

This morning, When I walk in the company campus, I saw an old man was standing beside a track.

「きゃ!、何するのよー!!」と叫んだ、そのオッサンは、現場作業服を着た50歳代の、小太りで、いい感じにハゲている、でも、親しみやすそうな方でした。

“Eek! Gonna be something!”

He was wearing work clothes, and looks like fat, bald and friendly.

一瞬ビビりましたが。

Though I was chatter at that time,

多分「あちら方面」の方ではなく、冗談で叫んでおられたのだろうなーと、推測しています。

He seems not to be homosexuality and yelling at joke.

私はなんか嬉しくなりました。

I was glad something.

こういう感じにギャグを発し、そんでもって、思いっ切り「外す」

To say a gag, and miss the mark extremely

私は、―― そういうに「オッサン」になりたいのです。

I want to be an old man like that.


2014-11-14 ―― その漫画の題名は、『あんぽと』ですね。

If somebody reads this essay, they might misunderstand that I was a fighter who fought in the security treaty struggle (No chance in a million?)

ところが、私が大学に入学したのは、60年安保闘争は言うに及ばず、70年安保ですら、すでに終焉して十数年が経過した時です。

However, when I entered the college, not only 60's but also 70's security treaty struggle had already finished before ten several years.

ただ、個人的な興味から、この時代のことは、かなり詳しい人間だと思います。

According to my interests, I am pretty familiar with something for this period.

-----

私自身は画才がないのですが、それでもコミック漫画を書いてみたいと思うことがあります。

Though I know well that I have no talent of drawing, I sometimes want to make manga-comics.

文字の力は、やはり絵画や音楽の力には遠く及ばないことは、現実に認めなければならないと思いますし、そういう意味で、画才や音才を持つ人を、うらやましいと思うのです。

I think that the power of painting and music is prior to the power of writing, and I am proud of the person who has talents like that.

それで、今の私の壮大な夢は、

I have one big dream, and that is

―― 70年安保闘争を、萌え絵で描く

"Drawing the 70's security treaty struggle with MOE painting"

です。

戦艦を萌え絵で表現する時代なのです(私は、あまり好きではありませんが)から、70年安保闘争だっていけるはずです。

Now, some historical battle ships were deformed as pretty girls of MOE painting (however I don't like them well). So the 70's security treaty struggle is going well.

もちろん、思想背景、当時の世相なども、ちゃんと取り入れます。

Of course, the background of the thought and the phase of life are including.

プロット作りは、任せておいて下さい。

Please leave it to me to make the plots.

-----

という話を同僚にしたところ、以下のメールを貰いました。

After talking the above story, I got mail from my coworker.

―― その漫画の題名は、『あんぽと』ですね。

"The title of the comic is "ANPOTO"

-----

上手いこと言った。

He couldn't have put it better.


2015-11-14 そろそろ「彼」が、『江端に利用されている』ということに気がつき始めたようです。

私のコラム連載では、文章の付録に「レビューア」のコメントを付けることがあります。

In my column serialisation, I often add a comment of "reviewer" as an appendix.

いわゆる

It is

―― 「無礼な後輩シリーズ」

"arrogant junior fellow", so called.

です。

私としては、こんなシリーズ、とっとと止めたいのですが、不思議なことに、

For me, I want to stop this series as soon as possible, however, strange to say,

■編集部に人気がある

It is popular for the editorial office

■冒頭と「無礼な後輩シリーズ」だけを読む、という(随分な)読者がいる、

There are some readers who read only the first part and this "arrogant junior fellow".

■ネガティブコメントのツイートが来なくなる

Few negative comment is coming.

という効果もある為、なかなか止められないという背景があります。

For the effectiveness of the above, I cannot decide stopping the series.

なにしろ、彼はボロクソに私のコラムを酷評するものですから、読者(の中でも、特に不愉快な気分になった人)は、『溜飲が下がる』という効果もあるのかもしれません。

You know, his criticism has been extreme so much. so some reader who might feel complaining of my columns might feel heartily gratified.

-----

まあ、私も、最近は、このシリーズを使って、私が書き切れなかったことを、「彼にしゃべらせる」という演出もやっているのですが、

For me, I have used his criticism for my opinions with his tongue recently, though

そろそろ「彼」が、『江端に利用されている』ということに気がつき始めたようです。

he becomes to notice that "Ebata makes use of him well" day by day.

ついに、無礼な後輩から、「無礼な後輩シリーズ」のレビューまで要求されるようになりました。

At last, he is going to ask me to submit the pages of "arrogant junior fellow" to him.

本文で一回レビューされた上に、さらにもう一度、「無礼な後輩シリーズ」も、無礼な後輩にレビューされることになったのです。

Now I have to submit the draft of my column to him twice. for not only the original but also the appendix

―― 面倒くさいなぁ

"That's a bother."

と思うのですが、仕方がありません。

But it cannot be helped.

-----

で、先程、「無礼な後輩シリーズ」をレビューした無礼な後輩から電話が来ました。

I have just been called from the "arrogant junior fellow" after reviewing the draft.

―― なんだ、江端さん。ちゃんと書けるじゃないですか。見直しましたよ

"Ebata-san, you could get it right. I think better of you than I did before."

と、相変らず彼は、無礼な後輩コメントを、無礼なままに語る、無礼な後輩でした。

As usual, he was a "arrogant junior fellow" with speaking arrogant comments by the look of arrogant.


2016-11-14 「生まれた瞬間から、その価値観を尊重すべき人格を有する、独立した個人」

以前、嫁さんから

The other day, my wife said,

「確かに、子どもにはお金がかかるよ。でも、子どもは、そのお金の価値を遥かに上まわるものを、私たちに与えてくれているよね」

"We should cost a bundle for children, however the children give us something valuable far beyond the cost"

と言われて、

Afresh, I noticed,

―― あ、そりゃそうだ

"Quite so."

と、改めて気がついた、という話をしました。

I had told you the above story before.

(勿論、この話が『普遍的な解』ではない、ということも十分理解していますので、突っ込まないで下さい)

(Of course, I know that this is not a "universal answer", Please make me skip this theme more)

それはさておき、

Above and beyond this,

-----

先日、娘に「パパにとって私達って、どういうモノ?」と尋ねられた時に、

The other day, my daughter asked me "For you, what is our significance of existence?"

私は、胸を張って応えました。

I made a reply with confidence,

「生まれた瞬間から、その価値観を尊重すべき人格を有する、独立した個人」

"You are independent persona, which I should show my respect for your original sense of worth at the moment of your birth"

と応えたら、

She said that

「ああ、だからパパからは愛が感じられないんだ」

"Well, well, I can understand why I can feel your love from you"

と言われました。

(続く)

(To be continued)


2017-11-14 ―― 政府の求める「働き方改革」に、逆行するものになることは確実ですが。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

チャレンジブルな仕事は、業務時間ではやらず、週末や休日や年休にプライベートに実施する ――

Challenging tasks are not done in business hours, but in private hours on weekends holidays and year-end holidays.

という、「週末エンジニア」の発想に至ってしまう訳ですよ ―― 不本意ながら。

The idea of "weekend engineer" is coming to me --- unwillingly.

これも、「働き方改革」と言えば言えるでしょう。

This can also be said "working way reform".

もっとも ――

Although -

●恋愛や婚活の時間を奪い、

- Stolen the time of romance and marriage

●生産性を低下させ、

- Reduced productivity,

●時短トレンドに逆らい、

- gone against the short-term trend

そして、

and

●人口減少を加速させる

- Accelerated population decline

―― 政府の求める「働き方改革」に、逆行するものになることは確実です。

It is certain that it will go against what the government wants "working way reform".