2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|

2013-11-12 「霧のロンドンエアポート」

昨日、 このコラムの「染色体異常」の発生メカニズムに関するにお問い合わせを頂いたお医者様。

Hello, Doctor who inquired about "mutation errors" in my column last night.

私のリプライメール届いているでしょうか。

Could you get my reply mail?

エラーメール(たぶん転送先アドレスだと思いますが)が戻ってきて心配しております。

I am afraid that I received some error mails from your mail server.

もし、届いていないようでしたら、再度ご連絡いただけまますようお願い申しあげます。もし、届いているようでしたら、当方からの依頼の件(2件)について、ご検討いただけますよう、お願い申し上げます。

If you could not get my mail. please contact me at the same my mail address again. When you got my mail, please consider my two requests at the bottom of my heart.

-----

メールに対してブログでご回答するって、なんか、スパイ映画みたいですよね。

Do you think that giving reply to someone's mail looks like a spy movie, don't you?

例えば、ラジオやテレビで、ある一人のスパイにしか分からないメッセージを流す、という場面とかありますよね。

There are movie scenes that some VIP person broadcasts messages to a specific spy through radio or televisions.

「本日、ロンドンエアポートは、霧です」というニュースを、テレビやラジオで流す(パタリロの「霧のロンドンエアポート」より引用)。

For example "Today London airport is in mist" for an agent on radio.

そのフレーズが、ミッションの開始命令になっている、と。

The phrase is an order to start his mission.

うん、なんかかっこいいぞ

Uh, it's cool.

このように、特定の人(今回はお医者様)に対して、ブログでメッセージを公開する、というのも良い。

So, my action is also cool because of transmission my messages to the doctor ONLY..

―― あれ、違うか。方向が逆か。しかも、ブログというのも、なんかショボいかなぁ。

Un ? Nahhh ? Reverse? Added, using blog is "foggy".

-----

しかし、私、ヒースロー空港には、3回程行ったことがあるのですが、「霧のロンドンエアポート」を見たことがありません。

I have never seen "Misty London airport", though I went Heathrow Airport three times.

そうか、「霧のロンドンエアポート」というのは、単なる都市伝説になのですね。

_ I got it! That's s just "rumor" isn't that?


2014-11-12 ―― 死体を運びたい

The other day, I wrote the column that engineers have some tasks of not only "creating" but also "destroying", and the "destroying" task is really important.

本日は、その一例を、私のメールから紹介します。

Today I will introduce you one example from my mails.

======

To:研究スタッフ各位

To: Guys of the team.

先日、中国の研究所から返却されてきた無線通信実験システムを、現在、絶賛破壊中です。

A few days ago, our wireless communication experiment system returned from the research laboratory of China, and I am destroying the system radically.

昨日、通信ボードを貸与して頂いた会社に返却し、本日から、ボードコンピュータの破壊作業に入ります。

Yesterday I completely returned the communication board to the company that had borrowed for us. Today I am going to start to destroy the board computer.

このボードコンピュータが欲しい人がいたら、本日中に江端に「待て」をかけて、江端から奪い取って下さい。

If somebody needs this computer, please let me know and say "Stop" by today, and rob me of it.

-----

それと、輸送につかった強化ダンボール箱も一つ余っています。

In addition, one transportation carton box that was made by enhanced paperboard is remaining.

人一人をそのまま入れて運べる大きさがあります。

The size is enough to carry one person.

今日から、この箱も本格的に破壊を開始しますが、

I am also going to destroy this box too from today.

However if someone want to

―― 死体を運びたい

Carry a dead body,

等のニーズのある人は、江端に私信で連絡して下さい。

and others, let me know by a private mail.

タダでお譲り致します。

I give you it free of charge.

以上

======


2015-11-12 「ぎっくり腰」というのは、ある日突然やってきて、その発動時間は0.5秒程度です。

「ぎっくり腰」というのは、ある日突然やってきて、その発動時間は0.5秒程度です。

One day "strained back" comes suddenly, and the execution time is , I think, less than half second.

私は今、その「ぎっくり腰」の発動時間が48時間程度という、言わば「じわじわ腰」という状態に陥っております。

I am afraid that I am now "smoothy back" so called, that the executive time seems to be more than 48 hours.

日に日に状況が悪くなってきて、ついには、激痛で歩行困難になってしまいます。

The pain become worser day by day, and I cannot walk normally with the hard back pain.

「歳」というものもあるのでしょうが、基本的には仕事の量、困難さによって、発動条件が揃います。

One of the reason might be my age, but basically the execution condition is determined by amount of work and their difficulties.

このシーケンスは以下の通りです。

The sequences are followings.

(Step.1)腰が痛くなる

(Step.1) The backache comes.

(Step.2)寝返りを打つと激痛で目が覚める

(Step.2) I wake up by the pain when I roll over in my sleep.

(Step.3)アルコールを摂取する

(Step.3) I drink alcohol.

(Step.4)睡眠薬を投与する

(Step.4) I take a sleeping tablet.

(Step.5)睡眠不足のまま出社する

(Step.5) I go to the office without enough sleeping.

(Step.6)疲れが取れず、さらに腰が痛くなる

(Step.6) I don't feel refresh and the backache become worse.

というプロセスで、このループが回り続けると、やがて心も蝕まれていきます。

During this process, my mind become collapse soon.

-----

私が倒れると、プロジェクトが倒れ、そして、誰も彼をも不幸にして、最悪の結果になりかねません。

I know well that, if I am knocked down, a project will also be knocked down. and final everybody is going unhappy.

大切なのは、我慢することなく、職場で「痛い」「つらい」「もうダメ」と叫ぶ勇気で、これが、結局、関係者を、「最悪」から救うことになります。

The important thing is not to endure the pain, but have a bravery to shout "pain!", "hard!" and "impossible" in your office. After all, your bravery will save all of your colleague.

私は、久々に、この切り札を切らざるを得ませんでした。

This time, I had to use the above methods.

ちょっとカッコ悪いんですけどね。

I know that it is clunky.


2016-11-12 「はい。私の座右の銘は『"俺が"やらなきゃ、"誰かが"やる』です」

It is the continuation of the story of interview lesson the day before yesterday.

面接の技を見せる為に、私が受験生、娘が面接官の役割で、シミレーションを行いました。

In order to show the skill of interview, both my daughter and I started the simulation. I was the role of a student, my daughter was the role of an interviewer.

娘(面接官):「最近、興味のもった時事問題はなんですか」

Daughter (Interviewer): "What is your interesting current affairs problem?"

私(受験生):「はい。鉄道の人身事故と人工知能です」

I (Examiner): "Yes, they are a railway accident and artificial intelligence"

娘(面接官):「それはどんなことですか」

Daughter (Interviewer): "What are them?"

私(受験生):「はい。鉄道の人身事故については、5万件のデータ解析と、さらに3000件のツイッターメッセージの数理解析を行い・・・」

I (Examiner): "Yes. according to railway injuries, I checked 50,000 data analysis and further 3000 Twitter messages with mathematical analysis ..."

そこで、嫁さんが口を出してきました。

Therefore, my wife caught my mouth.

嫁さん:「待った。 高校生が、そんな解析作業を日常的にする訳がないでしょうが」

Wife: "Wait. It is nonsense. An ordinal high school student will have no reason to make such analysis work on a daily basis"

私:「ああ、それもそうか。じゃあ、最近の人工知能のブームについて。『そもそもフォンノイマンの提唱したコンピューティングアーキテクチャでは・・・』」

Me: "Oh, is that so? Let me change the subject. Go to about artificial intelligence. "Computing architecture proposed by Von Neuman is ...." "

嫁さん:「ええっと、もういい。次の質問に行って」

Wife: "Well, it's OK, go on to the next question"

-----

娘(面接官):「では、仕切りなおして・・・ あなたの『座右の銘』を教えてください」

Daughter (Interviewer): "Then, go to the next stage. Would you please tell me your "motto"?"

私(受験生):「はい。私の座右の銘は『"俺が"やらなきゃ、"誰かが"やる』です」

I (Examiner): "Yes, my motto is "anyone will do it, even if I will not do it""

わずかな沈黙の後で、嫁さんが言いました。

After a brief silence, my wife said.

「あのさあ、『"俺が"やらなきゃ、"誰かが"やる』を座右の銘にするような受験生を、合格させると思う学校があると思う?」

"Do you think that what school wants to pass the candidates who have such "motto" ?"


2017-11-12 ―― 上司が部下から相談されななんてこと、当たり前じゃんか?

「部下が案件を隠す」と嘆いている管理職の人の愚痴を聞いたことがあります。

I heard a complaint of administrative position's person that is "subordinates try to hide their works".

要するに「部下から相談されない上司」ということです。

In short, that means, "nobody asks boss's advice"

しかし、私は、

However when I heard the complaint, I think

―― 上司が部下から相談されないなんてこと、当たり前じゃんか?

"It is no wonder that subordinates don't want to ask boss's advice"

と、思っています。

------

理由は簡単です。

The reason is simple.

下手に相談して、自分の進めている仕事に手を突っ込まれたら、やりにくくなるからです。

If they ask their boss about the work, it will come annoying for them to interfere with the progresses.

「時短」「生産性」を実現する上での、最上の対策は「上司からの干渉を排除する」のが一番てっとり早いです。

In order to realize "reduced working hours" or "productivity promotion". it is the best way to erase boss's interference in advance.

さらに、上司の「手の突っ込み方」にも問題があります。

In this case, the boss's "how to interfere" also has problems.

部下が進めている方向を変えないで、「アシスト」「アドバイス」に徹すれば良いのですが ―― 大抵の「部下から相談されない上司」の多くは、部下のやっていることを否定して、新しい案を出す奴と相場が決っています。

I think that the boss should "assist" or "give an advice" without trying to change works procedure, however, many of "most bosses not consulted from subordinates" is trying to deny what his subordinates are doing, and to present a new plan.

とにかく仕事を始めてしまっていて、後戻りのできないところにいる部下にとっては、自分の案と、上司の案の、どっちの案が優れているかどうかは ―― 本当にどーでも良いことなのです。

For a subordinate who has started work, and is not able to go back, they are not interested in which plan is better for their plan and their manager's plan.

(続く)

(To be continued)


2018-11-12 この「家」が、じいちゃんに「弔意」を示してくれた ――

私のコラムなどを読んで頂くと、

When you read my column etc, you might think,

「江端は無神論者(または唯物主義者)で、UFO、お化け、幽霊(超常現象)の類は信じない人間」

"Ebata is an atheist (or a materialist), who does not believe UFOs, ghosts (paranormal) classes"

と思われるかもしれませんが、それは誤解です。

However, that is a misunderstanding.

実際に、私は、神みたいなもの(あれは「神」とは言い難い奴だったけど)を見ていますし、

In fact, I watched something like God (that was a hard to say "God"),

それに、UFO、お化け、幽霊などを体験した人(いわゆる「見える人」)を、「嘘つき」などとは思っていません。

Besides, I do not think anyone who had experienced UFOs, ghosts, (so-called "seeers"), is "liars".

むしろ、「いいなぁ」と思っています。

Rather, I think "I envy them".

チャンスがあれば、各種の測定装置を満載した旅行用のスーツケースを持参して、お会いしたいと、心から思っています。

If possible, I'd like to go to see UFOs, ghosts (paranormal) and etc. with a traveling suitcase full of various measuring devices.

-----

When my father died this summer, I brought a futon to my father's side and I tried to sleep together.

居間の時計で時間確認しようとしたのですが、時計の時間が6時間もずれていました。

I was trying to check the time with the clock in the living room, but the time on the clock was off by 6 hours.

居間の隣りの父の寝室の時計も、時間がずれていたことを、覚えています。

I also remember the time of the clock of my father's bedroom next to the living room was out of time.

まあ、時計が停止していた訳ではないので、「時計の電池が少くなったのだろう」と思っていました。

However, they didn't stop, so I thought, "watch batteries got weak."

スマホに起床時間をセットして、その夜は父と二人で寝ました。

I set my wake-up time on my smartphone and slept beside my father that night.

-----

2週間後、私は、相続や講座の手続で、再度帰省しました。

Two weeks later, I returned home again by inheritance and courses procedure.

その時、居間と寝室の時計の時間が元に戻っていることに気がつきました。

At that time, I noticed that the time of the living room and bedroom clocks was restored.

私は、姉が「時間合わせ」をしてくれたのか、あるいは、「電池交換」をしてくれたのだろうと思い、「忙しい中、わざわざ、時計の電池を交換してくれて、悪かったね」と言ったのですが、

I thought that my older sister did "time adjustment" or had "replaced the battery" and called her "while you were busy, I thank you for bothering to exchange the watch's batteries", however,

姉は、『そんなことは一切していない』と言いました。

My sister said "I have not done anything like that".

ちなみに、その時計は2つとも、乾電池で動く時計だったのですが ―― 電波時計のような、自動時間補正機能はありません。

By the way, both of the clocks work with batteries, and there is no automatic time correction function like a radio clock.

-----

私は、居間の時計を眺めながら、

While watching the clock in the living room, I talked to myself,

「じいちゃん(父)、愛されていたんだなぁ」

"Father, everyone loved you"

と、呟きました。

-----

この「家」が、じいちゃんに「弔意」を示してくれた ――

"This "house" showed "condolences" to my father"

私は、今も、そう思っています。

I still think so.