2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-11-10 今の私は、恐怖の真っ只中にいます。

先日、公開されたコラムは、結構反響があるようです。

My column, that was released last Friday seems to be pretty more popular than others.

寄せられているツイートの中で疑問のあるものに関しては、この反響が収まった頃、いつも通り質問ツイートをするつもりでした。

In the twitter messages about the column, I am suppose to send reply twitter mail when I have questions.

しかし、今の私にはそんな余裕はなく、恐怖の真っ只中にいます。

But I can't afford to do in the present, I was in horrified silence.

-----

私はツイッターという媒体があまり好きではないので、上記の対応を除けば、原則1日一回、この日記の更新に使うくらいです。

I don't like to use twitter, I always use it once a day to inform update my diary except for the above procedures.

昨日、次女の学芸会から戻ってみると、何を書いているか分からない(私のコラムとの関係が全く見えない)ツイートメールが、山のように届いていて、

Yesterday, I came back to my house, more than 10 twitter messages were arrived, and I could not understand what the messages mean at all.

―― 心底怖い

―― Fear at the bottom of my heart

と思いました。

私は、私のコラムに対する非難のツイートについては、同じようにツイートで反駁します。

I always try to send a counterstatement by twitter against critical twitter comment

しかし、今になって思えば、そこには「この人は、私の話の内容が理解できる人だ」という暗黙の前提があったように思うのです。

But as I called, I had some credit that "The person can understand what I explain" implicitly.

比して、今回一方的に送りつけられてきたツイートメールは内容が分からない。善意で解釈を試みてみても、本当に分からない。この人、何を言っているんだろう? 私のコラムの内容のことについて言っているのだろうか? 全然読み取れないーーー。

On the other hand, in this case, I could not understand who this person is, what he/she wants to say, whether he/she try to speak something about my column AT ALL.

大体、一回も連絡を取りあったこともない相手に、立て続けに10以上のツイートメールを送ってくるなんて ―― 無礼だと怒る気力すら湧き上がらず、私は、これまでの人生で味わったことのないような、物凄い恐怖を感じています。

Though this his/her action shold be extremely rude manner, sending more than ten message regardless of my intentions, I lose my angry and chicken with a simple heart

―― 世の中には、こんなことをする人間が、本当に存在するんだ

―― I can't believe that such an extreme person exists in the world

―― ストーカーをされている人の恐怖って、こんな感じなんだろうか。

―― The fear seems to be same as a people who are menaced by stalker.

以前日記でご紹介した、「突然、通勤電車の中で、笑いながら床を転がり回り始めた人を見た時」の、あの、戸惑いの入り混った恐怖と似ている気もしました。

It also might be same that I saw before the woman who were rolling around on the train with laughing.

-----

私は生まれて始めて、ツイッターの「ブロック」というものを、発動しました。その結果、その人のツイートは全て見えなくなりました。

For the first time, I put BLOCK function into motion in my life, and I could not watch any message from the person.

でも、その人が、まだ、意味不明のツイートを私に投げているかと思うと、今でも、怖くてたまりません。

But, I always has the fear, because the person might keep sending a lot of meaningless crazy messages to me.


2014-11-10 数分前の会話の内容が消えていく日常って、どんな感じなんだろう

(昨日の続きです)

そんなことを、ボンヤリ考えることが多くなりました。

I came to often think about such a thing darkly.

-----

このような、短期で記憶を失くしていく物語として、私が読んだものでは、小川洋子さんの、

There are several books whose story has a theme of losing memory for short term as follows.

「博士の愛した数式」

"The formula that The doctor has loved" by Ogawa Youko-san

最近では、西尾維新さんの新シリーズ

「掟上今日子の備忘録」

"Okitegami Kyouko's memorandum" as a new serried by Nishio Ishin-san, recently,

古くでは、故ダニエルキイスさんの

「アルジャーノンに花束を」

"Flowers for Algernon" by the late Mr.Daniel Keyes

など、色々あります。

どれも、素晴しい本で、お勧めできます。

The above books are wonderful and I can recommend them.

-----

しかし、これらの本を読んだところで、所詮は物語の話です、

However, the books are books, even if I read a lot of same kinds of book.

もし自分が、数分前の会話の内容が消えていく日常にあったら、どんな感じなんだろう、と思うことがあります。

If I had to live my life that is forced to eliminate my memory after several minutes, how can I feel the daily life?

■家族は、同じ話を何度も繰返しているらしい自分に、うんざりした顔をしている → だから、何か言うのが怖くて、何も言わなくなる。

- My family looks like tired of my same speaking repeat, so I feel fear to talking and am going to keep silent.

というように、日々の生活に対して萎縮してしまうかもしれません。

I am going to hesitate about any actions in my life, like that.

そもそも、

Above all, I think

■数分前の自分や他人の言動を忘れること自体が、相当な恐怖

- It should be terrible fearful to forget my action and other's saying in several minutes.

とも思えます。

そして、

And,

■その想いを、誰に伝えることもできず、また未来に残すこともできないという無念さとは、どのようなものか

- How sad that we cannot tell and leave my thought to others

を、想像することもできまません。

That is unimaginable for me.

いずれにしても、自分の気持ちが、誰にも開けることのできないブラックボックスの中で静かに消えて行く ―― ということは、誰も避けられないことです。

Anyway, nobody could be inevitable that my thought come to be fade away in a black box that cannot be opened.

それが緩やかに続いていくか、あるいは突然起こることかの違いはあれ ―― いずれ、誰もが「死」というフェーズを迎えることで、私達は同じゴールに到着することになるからです。

Even if there are difference between slowness and rapidness, we are going to arrive at the same goal whose name is "death".

-----

だから ―― 私は自分の考えを修正しなければならないのだろう、と思っています。

So, now I am going to think that I have to modify my policy by myself.

(続く)

(To be continued)


2015-11-10 "Any war is in daily life"

先日、NHKスペシャル「カラーで見る太平洋戦争」という番組を見て、呆然としてしまいました。

The other day, I watched the NHK non-fiction TV program "Pacific War in color" and be stunned by the program.

白黒フィルムの映像を、(コンピュータ処理などして)カラー映像にしたもの ―― と言ってしまえば、簡単ですが。

"The program tried to transform the films of Pacific War from monochrome into color", even if it is easy to say that,

I was really surprised to watching the program with coming to think that

―― 戦時中だって、私達の今の生活と、ほとんど同じじゃないか

"The life during the war was almost same as our life"

という思いで呆然としてしまいました。

というか、「怖くなりました」。

Expressed in another way, "I became scared"

白黒映像というだけで非日常だった映像が、実は、私達の生活と同じだった、という事実が、迫ってきたからです。

Though I felt the war was just tragedy of another world,

「戦争は、全く、非日常ではない」

"Any war is in daily life"

-----

戦争できないように、自らをがんじがらめにしてきた我が国の平和憲法(の解釈)は、今、複雑な国際化の中で、その制約を緩めつつあります。

Our horror "peace constitution (and its interpretation)" that stop going war on a short leash, becomes changing to remove their restriction by themselves in this complicated world affairs.

これは、間違っているとも言えますし、正しくとも言えます ―― 私は、どちらの側でも、論陣を張ることができますし、どちらの側でも論破される自信があります。

I think this trend of our society is both correct and wrong. Now I can set out argument of both sides, and I am confident to be argued off.

だから、私の主張は、一貫して、訳の分からん、軟弱なものになります。

So my arguments become meaningless and chicken consistently, that is

―― 私が死ぬまででいいから「私が生きている間は、平和憲法の精神を守り切ったよ」と言わせて欲しいなぁ

"I want to keep saying that "I have been able to save our "peace constitution" during my life, at least"

と。

(続く)

(To be continued)


2016-11-10 「あのな、今のところ『ロボットみたいな人』は、褒め言葉ではない」

最近、娘(長女)の面接のシミュレーションにつきあっています。

Nowaday I assist my senior daughter's interview simulation.

江端:「では、次の質問です。あなたのお父さんは、どのような方ですか」

Ebata:" Next question is about your father. Would you explain about your father?"

娘:「父は、ええっと、ダイエットをやると決めたら、2月足らずで、10kgの減量をし、ここ数年、毎日ブログを更新し続けることのできる ・・・ ええっと、『ロボットみたいな人』です」

Daughter:"My father can accomplish what he wants. For example, he had completed losing more than 10kg for two months, and he continues to open his diary on the Internet everyday for several month. He is like a "ROBOT" so called.

私は、眼鏡を外しながら、溜息をついて、娘に言いました。

I stopped the simulation and took my glasses off with a sigh, and said to her.

江端;「あのな、今のところ『ロボットみたいな人』は、褒め言葉ではない」

Ebata:"You know, at the present, "like a "ROBOT"" is not a honor phrase"

-----

隣で、嫁さんが、テーブルにうつぶして、笑いを堪えていました。

My wife sitting beside me, held back the laughter with keeping her head on the table.


2017-11-10 ですが、このようなパスワード変更のような地道でかったるい作業は、それでも、セキュリティ対策として、もっとも効果的であったりします。

会社の業務システムが、3ヶ月毎に全システムのパスワード変更を求めてきます。

Office business systems ask me to change my password every three months. with a blackmail of

―― パスワード変更しなかった、アウアントを失効するぞ

"if not, your accounts will be deleted"

という、脅迫を伴って。

(正確には、「パスワードが使えなくなります」とだけ言っているのですが、結局は同じ話です)

Correctly, the systems say just "your password will be expired soon", however this is the same story.

-----

ですが、このようなパスワード変更のような地道でかったるい作業は、それでも、セキュリティ対策として、もっとも効果的であったりします。

On the other hand, this annoying and tired operation to change password, is likely to be more effective.

以前、Twitterを乗っ取られるという事件があって以来、私は「原則として、パスワードは破られるもの」と考え方を改めました。

After my Twitter account was hijacked, I cleaned up my act of "any password will come to light".

実際のところ、現在のコンピュータのパフォーマンスであれば、「ワンフレーズ程度のパスワードは力づくで破れる」というのは本当です。

As a matter of fact, with current computer performance, It is true that "a password of about one phrase can be torn by force".

ところが、その「力づく」は「時間がかかる」ので、3ヶ月毎にパスワードを変更するという戦略は、「地道でかったるい」というコストに、そこそこ見当っているのです。

However, because that 'forceful' takes time, so the strategy of changing passwords every three months is reasonable price at the cost of "annoying and tired operation".

(続く)

(To be continued)