2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-11-05 「でたらめ英語」、別名「江端英語(エバンゲリッシュ)復古計画を発動します。

先日、久々に英語の打ち合わせに出たのですが、ショックを受けています。

I attended a meeting. That's official language is English after a long interval, and I got a shock.

ヒアリングに関しては、まあ、「なんともならない」ことをなんとか納得しているですが、スピーキングに関して、あの「すごい」が出てこなくなった。

As for my hearing skill, I know that it has been beyond redemption. But, the speaking also has been broken perfectly, that someone told me that "it is very awful".

でたらめで、意味が通じなくても、私は「英語のようなもの」を発すること、そして、それを止めずに延々と続けられることにかけては、自信があったのです。

I was confident in myself to speak "sort of English" even if nobody could understand what I said at all. What I could do is to keep speaking the English endlessly.

―― それすらなくなった私に、一体何の価値がある?

What's the validation of my worth without using such disorganized English?

-----

と言う訳で、窮余の策ではあるのですが、「でたらめ英語」、別名「江端英語(エバンゲリッシュ)復古計画を発動します。

For this the above reasons, I am going to start the Ebanglish (that means Ebata's English) rebirth project, as any port in a storm.

で、何をやっているか、というと、ご覧頂いていることです。

So, what I do is what you see.

いつまで続くか分かりませんが、取り敢えず、エバンゲリッシュを奪取するのが目的です。

Though I can't tell you clearly that when I finish this project, the main purpose is to regain my Ebanglish.

副次的な目的としては、皆さんに「英語」に対する自信をつけて頂くこともあります。

There is a subordinate purpose. I would like you to build self-confidence for you.

大丈夫。この程度の英語で「私は世界を歩いてきました」。

No problem. I have walked around the world with such ruined English.

-----

エバンゲリッシュとは、プロテスタントのキリスト教の意味もあるそうです。

Evangelische(German), that is not "Ebanglish", has a mean of Protestant Christianity.

偶然ですが、私は、プロテスタント学派の大学を卒業していることもあり、まあ、違和感ない、ということで。

I have graduated from the university of Protestant School. It is just a coincidence.


2014-11-05 『シーは、ミーにとって、高嶺のフラワーだよ』

(昨日の続きです)

嫁さん:「反対。そんな英語は楽しくない」

Wife:"Objection! It is not enjoyable."

江端:「反論。楽しい『漢字の書き取り』なんて存在しただろうか?」

Ebata:"Argument. Have you had experimented delightful Kanji dictation?"

嫁さん:「コミュニケーションが英語の本質でしょう?」

Wife:"The communication is the main purpose of studying English isn't it?"

江端:「『晩秋』『奇貨』『遡及』という言葉を、日本語の会話の中ですら、使ったことある?」

Ebata:"Did you use the following Kanji "Banshuu","Kika", Sokyu" in your conversation?"

嫁さん:「・・・」

Wife:"...."

江端:「『冷蔵庫』『おたま』『消しゴム』『文房具』『運動会』。この辺の英単語が、直ちに思い浮べることができるようになって、

Ebata:""refrigerator","ladle","eraser", "stationery”, “athletic meet". If they could bring the words to mind immediately, and,

―― これが、小学校卒業時に、頭から1秒以内に取り出せるようになっていれば、

They could pick them up within one second at their graduation ceremony,

日本人の英会話のパラダイムは劇的に変わるぞ」

The paradigm of Japanese English conversation is going to change dynamically."

-----

この「英単語だけを丸暗記させる」カリキュラムによって、小学生が、ルー大柴さん化するかもしれず、回りの大人はイライラするかもしれません。

Thanks to this program "learning only English words by heart", all of junior students might be going to act like RuuOshiba-san, and they should annoy us, around them.

『シーは、ミーにとって、高嶺のフラワーだよ』

"She is a beautiful flower in a high mountain for me. (She is an unattainable object for me)"

などと、しゃべる小学生のガキがいたら、確かに殴ってしまいそうですが、

If I find a boy who speaks the above phase, I suppose to knock him over.

これも、我が国のグローバル化の、避けられないアプローチだと考えれば、私は我慢できます。

However this process is inevitable toward Japanese globalization, I think I put up with his foolish act.


2015-11-05 「ダイエットは細部に宿る」

「神は細部に宿る」という言葉があります。

There is a saying "God dwells in the details".

建築のデザインの世界の格言だそうです

I heard that it came from a field of architecture design.

そもそも、建築物というのは構造力学を無視して作ることはできません。

Above all, any architecture cannot ignore theory of structures.

それらの力学をシンプルに包含し、それと融合する細部へ徹底的なこだわりのデザインなくして、美しく、価値のある建築物は成立しない ―― というのが、その精神なのだそうです。

The basic concept is that any architecture should include the theory, and amalgamate its detailed aspects, in order to make them valuably and beautifully.

この考え方は、全ての創作物に共通するもので、システムについても、同様です。

This concept commons to any creations in any field. "System" is also same, I think.

システムの中でも、特に社会インフラシステム(電力、水、ガス、鉄道、交通等)においては、「神は細部に宿る」というのは、もはや「格言」どころではありません。

According to the social system like electricity, water, gas, train, and transportation, especially, they are no longer a mere "saying".

そのような「神を細部に宿らせなければ」、そのシステムは、簡単に「人を殺すシステム」に変ってしまうからです。

If we cannot apply the "God" to the social systems, they are going to change "killing system" easily.

(これについては、何度もお話していますので、本日は、このテーマはスキップします)

(I want to omit this story this time, because I often have already shown before.)

-----

「ダイエットは細部に宿る」

"Diet dwells in the details".

この一年、江端家第一次、第二次ダイエット計画を経て、先日、人間ドッグでの計測で-12kgの減量が公式に確認されました。

The other day, I confirmed that I could lose weight of 12kg, through the first and second diet plans in the Ebata's for one year.

# ま、元々太っていたし、目標(BMI=22.0)未達(現在22.5)ですけどね。

However, I was heavy by nature, and I could not have reached the first target yet (BMI=22.0).

しかし、この「-12kg」を「-12kg」として把握するのは正しくないのです。

But I think that it is a mistake to understand the "12kg" as just "12kg".

私は、この1年、0.1kg単位で、120個を、一つ一つ取り除くという作業 ―― 「細部」に拘ってきました。

For one year, I have sticked to detail parts, that means that there were 120 objects by each 0.1kg unit.

(続く)

(To be continued)


2016-11-05 「営業でお客さんのところに行く時には、江端さんの連載コラムのハードコピーを持って行くんですよ」

Previously, I had written about a certain control LAN protocol.

その製品を取り扱っている日本法人の社長さんから、ご招待頂いて、技術ミーティングに参加させて頂き、懇親会にも招待して頂きました。

From the President's Japanese subsidiary that handled the product, I was invited to technology meeting, and in additon, to the social gatherings.

ビールを片手に、小皿に寿司を取っていたときに、EtherCATを取り扱っている会社の営業を担当している方から、声をかけられました。

When I was taking a sushi on small plates, with beer cup in other hand, I was called to one person, who were in charge of sales management of EtherCAT products in the company.

-----

「営業でお客さんのところに行く時には、江端さんの連載コラムのハードコピーを持って行くんですよ」

"When I go to a customer in the business, I take hard copies of your columns"

「なぜですか」

"May I ask you "why" ?"

「いや、お客さんに説明するより、江端さんのコラムを直接読んで貰った方が、早くご理解頂けますし、なによりウケます」

"Well, asking our customer to read the Ebata-san's colum is better than explaining the technical issue of mine. They can understand EtherCAT easiler, and moreover it cracks them up."

-----

目から鱗(うろこ)の発見でした。

The story was literally an eye-opener to me.

―― なるほど、私のコラムには、そういう使い道があるのか

"Well, my column is usable like that"

コラムなんぞは、読んだら、直ぐに忘れ去られるという性格のコンテンツです。

"Column" becomes soon forgotten, after it is read.

ですので、こういう使い方をして頂ている話を教えて貰うと、私はとでも嬉しいのです。

So, I can feel happy whenever hearing the story like the above.


2017-11-05 要するに、江端家宅は「ホットスポット」ということです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もう一つ、家族全員が、リビングに集って、バラバラに別々な作業をしながらも、会話を続けているというこの状況を作っているのは、

For one more topic, I think that one reason why my family members can keep conversation, in each individual task, is

●「無線LAN」のアクセスポイント

"Wireless LAN access point(WiFi)"

も、一因であると考えています。

我が家では、光ケーブルを経由してインターネットに接続しており、私は、自分で無線LANのアクセスポイントを敷設しています。

In my house, I have installed the WiFi by myself, using existing fiber cable Internet.

ですから、家族全員が、スマホやパソコンを、通信容量を気にすることなく使えて、通信速度も極めて高速です。

So, all can use volumetric and fast network environment easily in my house.

要するに、江端家宅は「ホットスポット」ということです。

This means that the Ebatas house is a "Hot Spot"

情報の「ホットスポット」であり、コミュニティエリアであるリビングで、全員が集まって、バラバラに作業していることは、別段、特別なことではなく、ごく自然なことなのかもしれません。

Our living room is a "Hot Spot" and "Community Area", so it not special but natural that we gather in the living room, and work individually.