0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|

2020-03-19 『存在している以上は、存在しているものとして取り扱わなければならない』 [長年日記]

今シーズンは、「虚構推理」というアニメが面白いです。

This season, the anime "fictional reasoning" is interesting.

幽霊とか妖怪とか、そういうものが登場するアニメなのですが、今回はその設定は無視します(もっとも、それはそれで面白いです)。

It's an anime that includes ghosts and youkai, but this time we ignore that setting (though it's interesting).

今、放映中の内容は、私が気がつかなかった『ネット掲示板の脅威』のようなものが見えてきて、大変興味深いです。

The content is very interesting because I can understand something like "Threat of Internet bulletin boards" that I have not noticed.

----

ご存知の通り『ネット掲示板』とか『SNSの内容』の記述は、原則としては「論」になっていません。

As you know, the description of "net bulletin board" or "contents of SNS" is not "theory" in principle.

概ね、他人の書いたコンテンツを追従するか、あるいは、非論理的に反駁するかのどちらがほとんどです。

In general, they either follow content written by others or irrationally refute.

自分で事実を探そうという努力はなく、本当にレアなケースを除けば、自力で「論」を構築しようという気合は1mmも見えません。

There is no endeavor to find the facts on my own, and I can't see any motivation to build my own theory, except in rare cases.

私は『ネット掲示板』には関わったことがありませんし、現在『SNS』は全て停止しています。

I have never been involved in "Internet Bulletin Board", and all "SNS" is currently suspended.

有用な情報が絶無で、時間の無駄であることは勿論ですが、その記載内容の無知性と、無礼なフレーズに、ムカつくからです。

Of course, useful information is inexhaustible and time consuming, but the ignorance of the description and the disrespectful phrases are disgusting.

-----

基本的に、「論」というのは、以下のような科学的アプローチで成立します。

Basically, the theory is based on the following scientific approach.

事実の確認 -> 仮説の提唱 -> 実験 -> 観察-> 論証 -> 仮説の採用or棄却(=結論)(*)

Confirmation of facts-> Proposal of hypothesis-> Experiment-> Observation-> Argument -> Adoption or rejection of hypothesis (= conclusion) (*)

(*)理系の論文の場合、この後に「効果」とか「応用」とかが続くことがあります。

(*) In the case of scientific papers, "effect" or "application" may follow.

ところが、このアニメ「虚構推理」は、『ネット掲示板』に関する驚くべきパラダイムを提示しました。

However, the anime "Fictional Reasoning" presented an amazing paradigm for "Net bulletin boards."

■別段「事実の確認」から出発しなくても良く、

- You do not have to start from "Confirm facts"

■「論証」は論理的でなくても良く「主観」や「感情」で足り、

- "Argument" does not have to be logical, but "Subjectivity" and "Emotion" are sufficient.

■「結論」には、論理的な妥当性が必須ではない、

- "Conclusion" does not require logical validity,

という、『トンデモ世界線』の中で閉じている『真実』という考え方です。

That is, the concept of "truth", which is closed in the "Fantasy World Line".

つまり「現実世界線の真実」が唯一絶対ではなく、「トンデモ世界線の真実」と併存するということを、力強く主張している訳です。

In other words, it strongly asserts that "the truth of the real world line" is not the only one, but coexists with the "fantasy of the fictional world line."

「トンデモ世界線の真実」を、バカにして、笑いものにして、無視するのではなく、

Don't make "the truth of fantacy world line" ridiculous, laugh, and ignore,

『存在している以上は、存在しているものとして取り扱わなければならない』

"If it exists, it must be treated as if it exists."

というリアルな現実を、私に迫ってくるのです。

The real reality that comes close to me.

この「トンデモ世界線」こそが、「虚構世界」と呼べるものです。

This Fantacy World Line is what you can call the "fictional world."

つまり、

That is,

―― 私が、どんなに『ネット掲示板』や『SNS』を無視し続けたって、

"No matter how I continue to ignore "Internet bulletin boards" and "SNS","

―― 『ネット掲示板』や『SNS』で作られる『虚構世界』が、私にちょっかいを出してくるぞ

"The "fictional world" created by "Internet bulletin board" and "SNS" will come to me a little"

という、怖い現実をつきつけてくるのです。

It comes with scary reality.

-----

私、科学的アプローチを経た『現実世界の事実』だけが、唯一にして最強の『事実』と思ってきました。

I have thought that only the "facts in the real world" that have gone through a scientific approach are the only and strongest "facts".

しかし、虚構世界を無視していると、どこで、足をすくわれるか分からないぞ、と、ゾッとしているところです。

However, if I continue to ignore the fictional world, I will get attacked from anywhere. So, I'm terrified.