0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|

2020-01-14 ―― 料理は完成するまでブラックボックス [長年日記]

「理系が恋に落ちたので証明してみた」というアニメに登場したストーリーです。

This is a story that appeared in an anime "a couple of science human, fell in love, so they try to prove the existence of love."

料理の経験の少ない人間 ―― 観測の範囲内で、男性の比率が多い ―― は、

People who have little cooking experience, in many case, who are male in my observation, "hate" rather than "disgust" the term of

『少々』

"small quantity" or "slightly"

という表記を、「嫌悪」というよりは「憎悪」しています。

"塩少々"、"砂糖少々"、"胡椒少々"などです。

For example, "Slightly salt", "Slightly sugar", "Slightly papper", etc.

最近、これを逆手にとって、「生姜チューブ5mm」という、定量表記をする料理本が登場してきているようです。

Recently, taking this as a reverse hand, it seems that cookbooks with quantitative notation, "Ginger tube 5mm" have appeared.

-----

「少々」という言葉は、

The word "slightly" is like, for example,

パソコンを触ったことのない人にとっての「ディレクトリ」、

"Directory" for those who have never touched a personal computer,

または、

or

スマホを触ったことのない人の「WiFi」

"Wi-Fi" for people who have never touched a smartphone

のイメージに近いと思います。

いずれにしても、「少々」は、料理の初心者には、理解が困難な用語であることは、間違いありません。

In any case, "slightly" is definitely a term that is difficult to understand for beginners in cooking.

-----

レシピの執筆者が、わざわざ「少々」と記載するのは、

The reason that the author of the recipe describes it as "slightly" is that they think

『この調味料の投入によって、料理の味の方向性が劇的に変わるから』

"The introduction of this seasoning dramatically changes the direction of the taste of the dish."

と考えているからです。

料理の完成前の状態のチェック、すなわち「調理プロセスの途中での味見」を行え、という意味が込められているのです。

It means that they ask us to check the state of the dish before it is completed. In other words, "tasting during the cooking process" can be performed.

そもそも、料理とは、「アジャイル開発」で行われるものなのです。

To begin with, cooking is performed by Agile development.

ところが、料理の初心者は、調理過程の状態の味見をして、最終段階の料理の味を推定することができません。

However, a beginner of cooking cannot taste the state of the cooking process, and estimate the taste of the final stage of cooking.

それは、初心者が、料理を「最終完成物」としてしか認識していないからです。

This is because beginners only recognize dishes as "final products".

―― 料理は完成するまでブラックボックス

"Cooking" is a black box until the dish is completed

「ウォーターフロー開発」で実施すると、こういうことになります。

This is what happens when performed in "Waterfall Development".

-----

塩や砂糖の量(少々)が、料理の成否(食べられるか否か)を決することを、私は良く知っています。

I know well that the amount of salt and sugar (somewhat) determines the success of a dish (whether it can be eaten or not).

特に、私は、「塩の過剰投与」が、「その後のリカバリーを恐しく難しくすること」を、思い知っています。

In particular, I know that "overdosing with salt" makes recovery difficult terribly".

しかし、私の嫁さんは、私の失敗料理を、別の調味料を使ってリカバリーすることがありります(もちろん、できないこともありますが)。

However, my wife could recover my failed dish with another seasoning (although sometimes not be possible, of course).

こんな時、私は、一人のシステムエンジニアとして、嫁さんに対して、敬意の念を抱かずにはいられないのです。

In such a case, I cannot help but respect my wife, as a system engineer.