0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2019-10-07 ―― 大量の失敗は、貴重な財産 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ここから導かれる結論は、明快です。

The conclusions given from here are clear.

―― 大量の失敗は、貴重な財産

"A large amount of failure is a valuable property"

です。

繰り返しますが、これは「精神論」ではありません。

I don't say this is a "spiritual strength".

中学生の数学(確率と統計)から、簡単に導くことのできる「事実」です。

It is a fact that comes from math(odds and statistics) in a junior high school class.

-----

冒頭の話に戻ります。

Back to the opening.

―― 稼動確認後の短かいテストプログラムを、消去せずに残しておくこと

- Leave a short test program after confirming operation

という私のお願いは、「不完全な完成物(形容矛盾していますが)こそが、貴重な財産になる」という私の経験に基づきます。

This request of mine is based on my experiments of "inefficient completed goods (preposterous epithet) are valued properties".

特定の環境下でのみ動作する完全な完成物など、私に言わせれば「ゴミ」なのです。

"Efficient completed goods" under an specified environment are just garbage for me.

-----

私は、今回の新連載で「『最初から、全ての地雷を踏み続けてきた私の経験に基づく』AWSの解説」を試みる予定です。

In this new series, I will try to write a text book of "How to make system by AWS", based on my experiments with stepping on a land mine from the start point.

私が「ゴミ」と断じた書籍よりは、役に立つものにしたいと思っています。

I will make it more useful than the books I have decided as garbage.

もし、そうでないものになれば、思いっきりディスられる覚悟があります。

If not so, I have to be criticize by not only the authors but all readers.

私は、「ゴール」からではなく、「スタート」から語る技術の読本は、きっと多くの技術者の助けになる、と信じています。

However I believe that the book which is written from the start, not from the end, is going to be helpful for many engineers.