0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2019-07-04 友人:「うん、江端は、何もしないでいてくれることが、最大の協力」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、私は今、『老害』の"被害者"から"加害者"へのシフトチェンジの最中です。

Now I am changing from a victim to victimizer of "fogy"

人によっては、『江端は老害そのものである』と考えている人がいても、当然だと思っています。

I think it is natural that someone thinks "Ebata is fogy truly"

ですので、最近の私は、

Recently, I stop thinking

「"自分"の生産性や付加価値を"上げる"にはどうしたら良いか」

"How can I increase my productivity and added value ?"

から、

and start thinking

「"他人"の生産性や付加価値を"下げない"ようにするにはどうしたら良いか」

"How can I avoid to "reduce" other's productivity and added value?"

を、考え始めています。

前述した通り、『老害』の成立要件は、

As I wrote, the the requirements for the establishment of "fogy" are

(A)組織において権力のある高齢者が、

(A) An elderly person with authority in an organization

(B)組織に不利益となる命令を発動すること

(B)issues an order that is disadvantageous to the organization

ですので、もっとも簡単な方法は、「権力者にならないこと」、すなわち、

So, the best way not to be "fogy" is not become the power. That means,

―― 出世しないこと

"Never promote myself"

これこそが、ベストな方法と言える訳です。

This is an extreme method, I think.

ふと気がつけば、なんと言うことか、私は、それを実践していました。

When I realized it, Oh my goodness, I am doing it.

さすがは、私です。

That is worthy of me.

まあ、冗談はさておき。

All joking aside.

-----

私、昔から、友人に良く言われました。

I had often said from my friends.

江端:「何する? 何でも手伝うよ!」

Ebata:"What do you want? I will do anything"

友人:「うん、江端は、何もしないでいてくれることが、最大の協力」

Friend:"Thanks, Ebata. Nothing is the best for me"

―― と。

私の奇抜なアイデアや、私の想定外の行動が、他人に多大な迷惑を与える ――

"My strange ideas and my unexpected behavior cause a lot of trouble to others"

多分、私は他の人より、この事実をよく知っていると思います。

Maybe I think I know this fact better than others.

つまり私は、ティーンエイジャの頃から、"被害者"としてだけでなく、"加害者"としても、『老害』の当事者だった訳です。

In other words, since I was a teenager, I have been a party to "old damage" not only as a "victim" but also as a "perpetrator".