0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2019-04-05 ―― 私を逆さにして振っても、絶対出てこない考え方だ [長年日記]

小学生のころから、私は「読書しながらの一人飯」が大好きな少年でした。

Since elementary school, I have been a boy who loves "one person while reading".

まだ、土曜日が登校日だった時代、土曜日は、午前だけの授業で給食はなく、帰宅してからの昼食となりました。

Still, when Saturday was the school attendance date, there was no lunch on Saturday, I could go home afternoon.

両親は共働きでしたので、私は、小学生のころから自炊していました。

My parents used to work together, so I cooked myself since elementary school.

1週間に1度だけ、自分の好きな料理を、自分の好きなように「アレンジ」し、かつ、自分が望むままに「手を抜く」 ―― このような「実験的」料理は、それなりに面白いものでした。

Once a week, I "arranged" your favorite food as I liked, and "cut corners" as I wished. Such "experimental" dishes were quite interesting for me.

そして、その料理を食しながら、文庫本を読むのが、至上の楽しみでした。

And it was a pleasure to read the paperback while eating the food.

どういう訳か、私は、井上靖先生の著書の中に出てくる、食事のシーンを読みながら一人飯をするのが、大好きでした。

I don't remember the reason that I loved eating a meal, while reading the book of Inoue Yasushi-sensei.

-----

今、嫁さんから、「スロウハイツの神様」の小説を借りて、読んでいます。

I am reading a novel of "The God of Slow Heights" from my wife now.

丁度、絵描きの女性の話のシーンになっていて、ふと思い出したことがあります。

I remember an old event, when reading a scene of a female painter.

昔、女の子と一緒に美術館を回っていたとき(これを、一般にはデートというのでしょう)、

When I used to go to art museums with a girl in the old days (this is generally called a date), she said to me,

『私、絵の前で10分間くらい動かなくなることがあるかもしれないけど、その間、声をかけずに放っておいて欲しい』

"I may get stuck for 10 minutes in front of a picture, but please leave me alone for a while"

と言われました。

私は、美術に対して造形が深い訳ではありませんが、「その感じ」はよく理解できましたので、当然に了承しました。

I'm not an expert in art, but I could understood "the feeling" well, I accepted her wish naturally.

私達は、それぞれに、それぞれ好きな絵に魅入って、概ね同じ時間に、出口付近で再開しました。

We were fascinated by each favorite picture, and met each other around the exit at about the same time.

-----

昨日、電車の中で、若い男性が友人と話しているのを聞きました。

Yesterday I heard on the train that a young man was talking to a friend.

『俺、もし転勤になったら、友達いなくなって死んじゃうかもしれない』

"If you get transferred, I might die without friends"

と喋っていました ―― 勿論、話を盛っているとは思うのですが。

I know that he was exaggerating,

しかし、

however, I also thought

―― 私を逆さにして振っても、絶対出てこない考え方だ

"It is an idea that I can not do absolutely"

と思いました。