0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|

2019-02-03 「かぐや様は告ら"せ"たい」という、"使役形"を使っている点にあります。 [長年日記]

"アニメ"で、自分のページを検索してみました。

I tried searching my page with "Anime".

「ヘヴィーオブジェクト」「PSYCHO-PASS」「ソードアート・オンライン」「サーバントxサービス」「ゴールデンタイム」「幼女戦記」「シュタインズゲート」「魔法少女まどか マギカ」「化物語シリーズ」「BEATLESS」「刀語」「氷菓」「ゆるキャン△」「夏目友人帳」「ヨルムンガンド」「ACCA13区監察課」「4月は君の嘘」「月刊少女野崎くん」「ばらかもん」「ヴァイオレットエヴァーガーデン」「俺の恋愛ラブコメはまちがっている」(多分、まだある)

"Heavy Object" "PSYCHO-PASS" "Sword Art Online" "Servant x Service" "Golden Time" " The Saga of Tanya the Evil" "Steins;Gate" "Magical Girl Madoka Magika" "Bakemonogatari Series" "BEATLESS" "Katana Story" "Frozen desserts" "Laid-Back Camp" "Natsume Yujincho book" "Jorumungang" "ACCA 13 district inspection section" "Your Lie in April" "Monthly Girls' Nozaki-kun" "Barakamon" "Violet Evergarden" "My Romantic Comedy Is Wrong,As I Expected" (probably still there)

―― どれも、文句なしに面白かった

"Everything was interesting without complaint"

です。

勿論、「シュタイズゲート」の面白さは、ブッチギリなので、これは除外するとしても、コンセプトレベルで言えば、「俺の恋愛ラブコメはまちがっている」は、凄かったと思う。

Of course, I have to exclude "Steins;Gate" because of the interesting of it. Speaking at the concept level, I think that "My Romantic Comedy Is Wrong,As I Expected" was amazing.

あえて言うなら、「『一人ぼっち』最強論」でしょうか。

Dare to say, "Single is the strongest strategy".

私が、この真実に到達するのに、半世紀近くを費していることを思えば、「"友人"幻想」に苦しむ、ティーエイジャに対する福音書とも言える、名作と言えましょう。

Let me think that I spend nearly half a century to reach this truth, I can say that it is a masterpiece to say that it is a gospel to young people who suffers from "Friend" illusion ".

それはさておき。

Aside from that.

-----

どこからも異議は出てこないと思うのですが、今クールの覇者確定なのは、

I do not think any appeal will come out from anywhere that what is definitely the champion of this season now.

―― かぐや様は告らせたい

"Kaguya-sama: Love is War"

でしょうね。

『第一話から「大爆笑」したアニメって、何年ぶりかなぁ』という感じです。

I thought "I wonder how many years ago animation that made me a big burst from the first episode"

これもコンセプトレベルで、飛び抜けて凄い作品です。

This is also an amazing work for the concept.

「恋愛は戦(いくさ)」「先に告白した方が負け」という、懐しい価値観(というか幻想)を、全面に押し出しているラブコメ作品で、正直『悔しい』。

"Romance is a battle", "Whoever confessed earlier loses". It is a love comedy animation which make me remember old sense of value (just fantasy). To be honest "It is regrettable".

「このコンセプトは、私が先に形にしたかった」と(本気)。

"I wanted this concept first," (seriously).

私の出してきたコンセプトと言えば、「英語に愛されないエンジニア」とか「ご主人様とメイドからなる制御ネットワーク」とか ―― 1mmも甘酸っぱくない(そりゃそうだ)。

Speaking of the concept I've come up with, "Engineers not loved by English" or "Control network with master and maid". They are not bittersweet at all(That makes sense).

-----

私は、このタイトルにも感心しています

I am also impressed with this title.

「かぐや様は告りたい」は勿論、趣旨が違うとしても、

I know that "Miss Kagiya wanna make him confess" is absolutely not.

「かぐや様は告ら"れ"たい」ではなく、

Not "She wants to be confessed", but "She makes him confess"

「かぐや様は告ら"せ"たい」という、"使役形"を使っている点にあります。

This is a "causative form".

"使役"をコンセプトとするラブコメそのものは新しくはないのでしょうが、このタイトルは「新しい」。

Love comedy works, based on "causative form" is not rare, but this title has novelty.

-----

このタイトルの英訳に、興味が湧いてきて、色々調べました。

I came to be interested in English translation of this title and I looked around in variously.

"Miss Kagiya wanna make him confess" は、さすがにベタベタなので、「ない」というのは分かるのですが、

"Miss Kagiya wanna make him confess" might be too direct, so I think that it is impossible .

However,

"Kaguya-sama: Love is War","Kaguya Love War" って、『何だ! そのつまらん英訳は!』と、ツッコミたくなりました。

About "Kaguya-sama: Love is War","Kaguya Love War", I wanted to say "How boring the English translations are!"

"使役"の意味が入っていないだろう、"使役"が ―― と。

"Why do they try to include "causative form"?"

とは言え、まあ、直訳しても駄目だろうなぁ、とは私も思ってはいますが。

However, I am also thinking. "it would be useless to translate literall".

-----

「ああ、そういう風に言うのかぁ」と感心しながら、YouTubeで英訳のサブタイトルを見ています。

I am watching English subtitles on YouTube, while admiring that "Oh, that way is!".

私の英語の勉強は、概ね、こんな感じです。

My study of English is almost like this.