0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2018-07-23 ―― 「世界」の方に諦めて貰うしかないな [長年日記]

今回、米子で開催された学会ですが、当初私は、電車を乗りついで7時間かけて、到着する予定でした。

At this meeting, I was going to arrive at the conference venue held in Yonago taking a train and then taking 7 hours at first,.

私は、「鉄オタ」ではないのですが、電車の旅が好きだからです。

I am not a "railroad mania", but because I like traveling by train.

それと今回は、電車の中で、発表の練習(頭の中でプレゼンのシミュレーション)もするつもりでした。。

Also, this time, I planned to practice presentation (simulation of presentation in mind) in the train.

それが、今回の「西日本大豪雨」によって、いきなり空路に変更になったことは、すでに御説明した通りです。

I have already explained that it was suddenly changed to an air route due to the "heavy rain in the west Japan" suddenly.

しかし、まさか、帰りも空路になるとは思いませんでした。

However, indeed, I did not think that I have to use an "airplane".

あらためて、今回の災害の物凄さを実感したものです。

Again, I realized the magnificence of this disaster.

-----

学会最終日のラストフライトのボーディングの人たちは、見覚えのある、学会参加者ばかりでした。

The people on the last flight boarding on the last day of the conference were all familiar, the participants of the conference.

その中には、講演の後の私の質問で、全く答えられず、沈黙し続けてしまった、例(くだん)の学生さんもいて、

Among them, there was a student who could not answer my question and keep silent,

―― 気まずいったら、ありゃしない

"It is too awkward"

という感じでした。

I felt it.

-----

江端:「質問は、答えやすいように十分に工夫したつもりだったんだけどなぁ」

Ebata: "I could have made an easy question for him to answer easily"

次女:「パパの質問は、それだけで十分に威圧的なんだから、人一倍、注意しないと」

SD:"The question of you is sufficiently intimidating by itself, so you should be more careful"

江端:「私は、英語の質問に『感情』を込める余裕なんて、1mmもないぞ」

Ebata: "I can not afford "emotions" in English questions"

次女:「じゃあ、パパの質問は、デフォルト(無設定)で『威圧的』なんだ」

SD:"Well, your question is "intimidating" by default"

-----

自分の性格は、自分には判断できません。

You can not judge yourself about our personality.

人から自分の性格を論評されて、『そんなことがない!』と否定しても意味はありません。

When you was commented on your personality from myself, there is no point in denying it with saying "no way"

自分の性格は、他人が判断するものが全てで、自分で観測することはできませんし ―― 多くの場合、自分で修正することもできません。

You can not observe our personality by ourselves because they are judged by others. In many cases, you can not fix it yourself.

そして、それが修正できないのだとすれば、

And if nobody can fix it,

―― 「世界」の方に諦めて貰うしかないな

"There is no change but "the world" gives up"

と諦観しています。

And I become conservative.

学生諸君は、未来で、私と「出会わないこと」を祈って下さい。

Students, please pray that you will "not meet" with me in the future,