0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|

2018-05-21 ―― 中村主水は、「国家権力の犬」であった [長年日記]

以前、私は、「ゴルゴ13みたいに有能な人が、なんで暗殺者なんてやっているのか、理解できない」てなことを書いた記憶があります。

Previously, I wrote that "I cannot understand why a person of ability like "Gorgo 13" work as a assassin"

それと同じ流れなのですが、私には「必殺仕事人」の方々が、なんで、闇の暗殺者なんて ―― 金にもならん上に、逮捕されるリスクを背負って ―― 仕事をやっているのか、訳が分からないのです。

This is a same story. I also cannot understand why "the absolute assassins" are working as assassins. Because I don't think that they can earn much money and riskless to be arrested.

一言で言えば、「ビジネスモデルとして成立しない」です。

In a word, "the absolute assassins" cannot be established as a business model.

加えて、この「仕事人」の稼業は、技術面でも成立しません。

In addition, "the absolute assassins" cannot be done from the viewpoint of technical issues.

-----

暗殺は、そもそも、そのチャンスが少ないです。実戦 ―― On Job Training(OJT) ―― の機会が得られないのです。

There is few change to assassinate routinely, in concrete form, few change of On Job Training(OJT).

さらに、暗殺術を「向上」させないまでも、「維持」するのには、日々の相応に厳しい訓練が必要なはずです。

In addition, even if they don't need to improve their performance, they need daily hard yards to maintain their skill.

暗殺術を公に提供できる機関があるとすれば、「国家」に属する警察、自衛隊、特務機関くらいで、そうでなければ、テロリストの自前の養成機関くらいでしょう。

I think that a power of the state could give them the skill of assassin, for example police, Self-Defense Forces, secret military agency. Otherwise it is a training school of terrorist.

しかし「必殺仕事人」のシリーズを見ている限り、仕事人のリーダであり、中村主水(なかむらもんど)が、『特殊養成機関で訓練を受けているシーン』は、全く登場しません。

However, watching the drama of "the absolute assassins", the hero of the drama, "Nakamura Mondo" had never got the training in a special physical plant.

-----

それと、「仕事人」達の暗殺手段(メソッドとデバイスの両方)が、なんとも不合理です。

In addition, the method and device of "the absolute assassins" is something to feel of absurdity.

そもそも日本刀は、一撃必殺の殺人デバイスではありません。

To begin with, a Japanese sword is not a killer-device for a certain death.

あれは大量出血を導くための凶器であって、即死させるのは難しいのです(その辺については、私は、かなり詳しい)

That is a weapon that leads to massive bleeding, and difficult to realize a instant death.(I know it well).

ましてや、かんざしで、即死させるなど、もっと難しいですし、弦楽器の弦で人を縊死させるのは、ほとんどフィクションといっても良いでしょう ―― フィクションなんですけどね。

Moreover, I am afraid that both topknot and string of instrument are useless for a instant death, It is likely a fiction (Absolutely it is a fiction)

即死させなければ、被害者から証言が取れて、「仕事人」は、あっという間に権力によって壊滅させられるでしょう。

If they don't realize the instant death, "the absolute assassins" will be ruined by the power at the moment by testimony of an eyewitness.

-----

私が何がいいたいかというと、

What I want to say, is that

―― 国家権力をバックとしない「仕事人」は、現実には存在しえない

There is no place in working for "the absolute assassins" without the power's backup.

ということであり、

and

逆に言えば、

conversely,

―― 中村主水は、「国家権力の犬」であった

"Nakamura Mondo" might be a kind of "police spy"

という仮説の方が、相当に有力である、ということであり、

I thin that this hypothesis is powerful.

------

つまるところ、今の私は

In short, now, for me,

国際学会のカンファペーパーの査読者のコメントに不愉快な思いをしながらも、ペーパーの修正を余儀なくさせられており ――

Though I feel disagreeable experience by the comments of reviewer of an international academic conference, I have to modify my paper.

『世の中、必殺仕事人みたいに、スマートに仕事が運ぶ訳がないだろう』

"There is no easy work like "the absolute assassins" in the world."

と、八つ当たりをしているんです。

I am just venting the anger altogether.