2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2018-05-13 『だから、200万円の入ったカバンを電車の中に置き忘れてしまったんだよ』 [長年日記]

金曜日の夜の深夜の電車の中でのことです。

It was on a train at late night on Friday night.

私の前の男性が、着信したスマホで、大声で会話を始めたので、ビックリしました。

I was surprised because a man in front of me, started talking loudly at the incoming smartphone.

通勤電車は、私の貴重な書斎ですので、車内の電話の会話は、私には大迷惑ですが、最近は車内マナーが良くなってきて、このようなケースには滅多に出合わなくなっていました。

Since commuter train is my precious study, telephone conversation in the train always annoys me. However, the inside manners have improved recently, and I rarely came across such a case.

-----

その男性は、車両全体に聞こえるような、大きな声で、しゃべっていました。

The man was speaking in a loud voice, as if he could make everyone hear his story.

『だから、200万円の入ったカバンを電車の中に置き忘れてしまったんだよ』

"So, I left my 2 million yen bag in the train."

―― 何だって?

"What?"

『東京駅で、そのカバンを預かって貰っているから、今、取りに向っているところ』

"At the Tokyo station, the officer keeps that bag, so I'm on the way to taking it "

『いや、もう終電は間に合わないから、返りは東京駅からタクシーだよ』

"No, I can not make it in time for the last train, so I will use a taxi from Tokyo Station on the way home."

-----

多分、この男性は、半径20kmの範囲くらいの中であれば、「今、一番不安な気持ちになっている人間」なのだろうなぁ、と思いました。

I thought that "perhaps, this man, within a radius of 20 km, was one of the most uneasy feeling now"

その200万円を、目で確認して、手で握るまでは、不安は払拭できないんだろうなーと。

He will not be able to wipe anxiety until confirming that 2 million yen with your eyes and holding it by hand.

その不安ゆえに、電車の中で大きな声で電話しているんだろう、と思えば

Because of that anxiety, he is calling in a loud voice in the train.

If it was true, I thought,

―― 許せる

"It is O.K."

と思いました。

『不安の少しでも柔らげられうなら、いつまでもスマホで会話を続けるがよい』と、応援したい気持ちになりました。

I wanted him to cheer up, "if you can soften even a little anxious, keep talking on a smartphone forever"

-----

ただ、セキュリティの面から、この男性の発言はマズいとは思いました。

However, from the security point of view, I thought that this man's remarks were masculine.

誰かが、その男性を後をつけて、200万円の現金を受けとった後で、背後から殴り倒せば、労せずしてて、200万円を強奪できるのですから。

Someone took that man back, and confirmed he received 2 million yen cash, they knocked him down from behind. They can rob the 2 million yen without labor.

-----

ただ、この男性は、多分テンパっていたのだと思うのです。

However, I thought that this man was perhaps panicked

車内での大声に電話にしても、そのヤバい発言にしても、もう回りが見えなくなるくらいに、テンパっていたんだろうと思うのです。

Even he called a loud voice in the car, even he made a cheeky remark, I thought that he would have been panicked, and been able to see the surrounding.