2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2018-02-12 ―― いつまでも、誰かと繋っていたい。誰かに覚えていて欲しい [長年日記]

昨日、新年に届いた年賀状を見ていたのですが、確実に枚数が減っています。

Yesterday, I was watching New Year's cards arriving in this New Year, I noticed but the number had definitely decreased.

勿論、私も私が出した年賀状も徐々に減らしているので、別段意外な感じもしません。

Of course, I also gradually reduce the New Year's cards I posted, so I do not feel anything unexpected.

一つ言えそうなことなのですが、

I can say one thing, I feel that

―― もう、そろそろ皆、人生のコネクションのクロージングを始めている

"Everyone might start to close the connection of their life"

という感じがします。

通信プログラムにおいては、プログラムの異常終了時であっても、通信コネクションの全てを、全部クローズすることは、とても重要なことです。

In the communication program, it is very important to close all of the communication connections even when the program terminates abnormally.

通信リソースの無駄な消費を避けることや、通信秘匿性の保持の為にも、「きっちり縁を切る」ことは、大切なのです。

In order to avoid wasteful consumption of communication resources, or maintain confidentiality as well, "disconnecting" is important.

-----

勿論、人間関係は、通信プログラムではありませんので、このような乱暴な話として語るべきではないのは、分っているのですが

Of course, human relationship is not a communication program, so I know it should not be said as such a rough story.

―― いつまでも、誰かと繋っていたい。誰かに覚えていて欲しい

"I want to stay a connection with someone, I want someone to remember me forever"

と願うことは ―― 勿論、願うことは自由ですが ―― 多分、無駄です。

To hope it - Of course, it is no problem to hope it - is useless.

なぜなら、私たちは、いなくなった人を忘れて、毎日を生きているのですから。

Because we forget people who have disappeared and we come to live every day.

だから、同じように、いずれはいなくなる自分を、キッチリと忘れて貰えるように、毎日を生きることは、かなり大切なことだと思っています。

So, in the same way, I think that living everyday to make me forget perfectly is important.

-----

とは言え、私は、コロコロと意見を変えるので、とりあえず、これは今日の時点での、私の個人所感です。

However, since I change my opinion easily, tentatively, this is my today's personal impression.

それに年賀状については、「人生のコネクションのクロージング」なんてもんじゃなくて、単に、私だけでなくて、皆も同様に、「面倒くさい」と思い始めているだけかもしれません。

Also, regarding New Year's cards, it might not "closing of connections of life". It may just be that they come to feel "bothersome" like me.

ま、みんな、半世紀近く生きていれば、人生いろいろあるでしょう。

Well, everyone has their own life.