2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-10-11 チームワークの価値は、「チームワークそのもの」にある訳でありません。 [長年日記]

国土交通省の「ダム建設現場見学ツアー」や「首都圏外郭放水路」とか、

I heard "Dam construction site tour tour" and "outline drainage tube tour in capital area " of the Ministry of Land, Infrastructure and Transport

地方自治体の「ダム放水見学ツアー」など、

and 'Dam flood water tour' in a regional municipal

結構な集客に成功しているそうです。

seems to have succeeded in attracting quite a few guests.

嫁さんは、こういうツアーを「全く見たいと思わない」と言いますが、私なら、会社の無断欠勤しても、参加したいくらいです。

My wife told me that "they don't attracts me at all", however I want to join these tours even I am absent from work.

そもそも、私は、道路工事から、住宅の基礎工事、マンションやビルの骨組組立のプロセスなど、―― 可能であれば、ビニールシートと弁当とビールを持参して ―― 一日中でも眺め続けることができる、という自信があります。

First of all, I am confident in myself that I can keep watching from road construction, foundation works of houses to process of assembling frameworks of condominiums and buildings with a vinyl mat and a lunch box.

-----

しかし、その一方で、私は自分が作業している様子を見つめられるのは、好きではありません。

On the other hand, I dislike having my work seen by someone.

実家に帰省して、私が料理をしたり、修理をしたりしていると、父がじっと様子を見ていることがあるのですが、そんな場合、とっとと追い払っています。

When I go back to my country house and cook and repair something in the house, my father often watches me. Then, I am going to drive away my father.

一人でできる作業であれば、一人でやりたいです。

If there is a thing I can do by myself, I want to do it alone.

例えば、嫁さんの手伝いで、フリーマーケットのテントを設営する際も、私は一人でやりたい。

For example, I also want to do it by myself when setting up a tent for my wife's flea market.

誰かが設営の手伝いを申し出ることがあるのですが、そんな時は、にこやかに『結構です』と断わっています。

Someone may offer help in setting up, but I'm refusing with saying "No, thank you".

-----

チームワークの価値は、「チームワークそのもの」にある訳でありません。

A values of "team work" is not "team work" itself.

チームワークの目的は、単なる「生産性」です。

A purpose of "team work" is just productivity,

ましてや、「和」など「絆」などが、目的である訳がない。

Neither "conformity" nor "bond"

しかし、その生産性を極めようとして動くチームには、「機能美」があります。

However, a team that are trying to reach high productivity, has a "beautility".

それは、私のようなエンジニアを魅了して止まないものなのです。

That continues to attract engineers like me.