2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2017-10-05 アイドルとファンが等価である ―― という幻想を抱かせる、情報非対称SoSは、自己矛盾を発生させてしまうのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ところが、最近は、「握手会」だの「投票」「選挙」だのという、情報の非対称性のプロトコルを破壊する、妙なシステムイベントを発生させるSoSが一般的になってきています。

However, recently, this SoS has strange system events, for example, "handshake party", "voting" "election", and the SoS destroies information asymmetric protocol.

しかし、そのようなイベントを発生させようとも、情報非対称SoSの形態が変わる訳がありません。

However, even if such an event is generated, the form of information asymmetric SoS will not change.

上位システム(アイドル)が、下位システム(ファン)と、等価の情報を有している訳がありません。

The upper system (idol) does not have equivalent information with the lower system (fan).

そもそも、下位システムの数の差が違い過ぎますし、前述した通り、下位システムは、単なる「搾取対象」です。

In the first place, the number of lower systems is too many, and as mentioned above, the lower level system is merely "targeted for exploitation".

-----

こういシステムイベントを発生させるSoSでは、低スペック(情報リテラシーの低い)下位システムが、暴走するのは、ある意味当然です。

In the SoS that generates such a system event, a low spec (low information literacy) low-level systems, of course, is going to inevitable collapse the SoS.

アイドルとファンが等価である ―― という幻想を抱かせる、情報非対称SoSは、自己矛盾を発生させてしまうのです。

The information asymmetric SoS, that gives a illusion of "Idols and fans are equivalent" to a fun, has a self contradiction in itself.

「アイドルからTwitterでブロックされたことを逆恨みして、そのアイドルに暴行に及ぶ」という、アホが登場するのは、ある意味自明のシステム障害なのです。

A"stupid guy" for example, "who will beat a idol, because of grudging against what he was blocked by Twitter from the idol (singer)" is just a system failure.

-----

で、なんで、江端は、こんな2~3行で纏められるような話を、わざわざ面倒なシステムから論じているかというと

You might think that Ebata is strange, and he has talked about such a complicated SoS system to explain such a easy story.

実は、先日、私の執筆したSoSの論文の英文チェックが戻ってきたのですが、"poor(5段階評価の2くらい)"が付けられて戻ってきまして ――

To tell you the truth, the other day, I got the invoice of English checking of my paper from a outsourcing company, which included the quality of my paper. It was "poor"(the second from the bottom).

まあ、その事実自体は受け入れ可能なのですが ―― 非常に不愉快な気分になりました。

I could accept the fact, however I could not delete an uncomfortable feelings.

―― というか、

I mean,

『なんで、発注者に対して、受注者が、発注者の提供物に「ケチ」・・・もとい「評価」を付けてくる納品書があるんだ?』と不思議に思いました。

I wondered why this oursourcing company came to find faults.... evaluate in 5 grades about my paper in the invoice.

-----

今、深く熟考するに

Now I am thinking deeply, and lead to a hypothesis

―― 仮に、お前の論文が、ジャーナルに採択されなくても、

"Even if your paper will not be accepted by a journal"

―― それは、お前の論文の内容が貧弱であるか、

"It might be for your paper's bad quality, or "

―― あるいは、お前の論文の英文が酷すぎるからであって、

"your English literacy might be terrible"

―― 私の英文チェックの品質が悪いからじゃないんだからね

"Anyway the result will not be our English checker's faults"

という風に、『あらかじめ「逃げ」を打っているのかもしれないなぁ』と思ったりしています。

As a above, they might want to include "excuse" in advance in this invoice, I think.

-----

だからといって、不愉快な気分が収まる訳ではなく、

Even if it is true, I cannot erase my unpleasant feeling in my mind.

私は、何かに八つ当たりするものを探していた、という訳です。

So, I was looking forward to taking it out on something.