0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2017-09-08 「自分には、これしかない! 」(類例:「私には、あの人しかいない!」) [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私達は、サンク(沈む)コストしか発生しないモノに ―― リターンを一切期待しないモノに ―― 私達の「一生懸命」を捧げれば良いのです。

We only need to devote our "hard work" to things that do not expect any return - to things that only generate thunk (sink) costs.

「一生懸命」を捧げて良いものは、

What we should not devote "hard" are,

(いつも貧困なイメージで申し訳ないのですが)、同人誌、コスプレ、フィギュア、趣味の写真、登山、野球・サッカー等の観戦、そして、日記(ブログ)や、コラム、週末のセキュリティシステムなど、

(I am sorry for always being a poor image)、Doujinshi, cosplay, figures, photos of hobbies, climbing, watching baseball / soccer etc., diary (blog), column, weekend security system,

そして、私たちが「一生懸命」を捧げてはいけないものは、投資、ギャンブル、資格、経営、そして恋愛です。

And what we should not devote "hard" are investment, gambling, qualification, management, and romance.

誰からも期待されず、しかし、誰からも妨害されず、経費だけがかかり、そして、それがリターンされることはない、そういうモノだけに、私達は本気になれば良いと思うのです。

Even if they happen to costs, the things not to be expected from anyone, the things not to be interfered by anyone,the things never to never be returned, I think that we should become serious only to such things.

そういうものに本気になれるか? という反論はさておき。

Aside from the refutation that "can we be serious about such things?"

で、それ以外のことについては、過度に期待せず、斜めに構えて、「いずれ、取り戻すチャンスもくるだろう」という言葉を心の中に秘めて、私たちは飄々と生きていけばいいのです。

We try to forget all things except for the above things, without excessive expectation and with not serious, hold the phrase "any opportunity will come" in the mind, and live our life as carefree persons.

-----

大丈夫です。

There is no problem.

私の経験上、

In my experience, the maximum duration of zeal

「自分には、これしかない! 」(類例:「私には、あの人しかいない!」)

"This is for my life!" (Example: "You are my life!")

という想いの継続時間は、

最長2年です。

is just two years.