0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2017-09-06 主人公「スズ」にとって受け入れることが可能だった解 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「サンクコストの呪縛」とは、

"Sunk-Cost Fallacy" is that,

(1)未来に対して、問題が好転する材料も、好転させる手段も絶無であったとしても、

(1)even if there is no method and expectation to resolve a problem that stares their in the face, in the future,

(2)自分でも予想もし得ない、未来の幸運に期待をかけて、

(2)they will do at the risk of their life against a lucky that even they don't know, and

(3)その状態をズルズルと続けてしまうこと

(3)the continues the present situation thoughtlessly

であり、

そして、その結果、

And as a result

(4)最終的に破滅(名誉や面子の喪失、倒産、自殺)してしまう

(4)They might come to be ruined. for example, loss of face, bankruptcy and suicide.

かもしれない、という悲劇があります。

Anyway this is absolutely tragedy.

-----

世の中、公私の違いや、事の大小はあれども、どこを見たって「サンクコストの呪縛」だらけです。

Though there are some categories, for example, "public and private", or "trivial or severe", the world is made with a lot of "Sunk-Cost Fallacy".

私達は、運命的に、この悲劇から逃がれることはできないことになっているのです。

We are destined to not be able to escape from this tragedy.

サンクコストがどんなに大きかろうが、その悲劇の最終形のコスト(倒産、自殺)を超えることは ―― 論理的には ―― ありえないはずなのですが、

No matter how big the sunk cost is, we should not go beyond the cost the tragedy (bankruptcy, suicide) "logically"

その一方、私達は、そのサンクコストが突き付ける結果(損害の総量)を、直視することができないのです。

On the other hand, we can not look at the result (the total amount of damage) of "sunk cost" directly.

-----

だから、

Therefore,

主人公「スズ」にとって受け入れることが可能だった解は、

Only two solutions that the heroin "Suzu" could accept, are

(1)日本が太平洋戦争で勝利すること

(1)Japan would win in the Pacific War

か、

or

(2)戦争によって殺されること

(2)She was killed by the War

の2つしかなかったのだ ―― と、私は思うのです。

I thought that.

(続く)

(To be continued)